まんぷく|48話ネタバレと感想。萬平がマッドサイエンティスト顔に!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』48話が2018年11月24日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」48話!

無事出産した福ちゃん!

名づけバトルが勃発かと思いきや、いい機転で収束したよ!

ラマちゃん
でも、産後の肥立ちが悪い福ちゃんが、とっても心配。

萬平さんは、何を思いつくのかしら。

第8週もクライマックス!

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」48話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」48話の予告あらすじ

出産後、体調が戻らない福ちゃん。

産婆さんのアドバイスで栄養のあるものを食べさせますが、回復には長い時間がかかります。

萬平さんはその経験から、誰でも手軽に身体に必要な栄養素をとることができる栄養食品を開発することを決めます。

神部さんのツテで紹介された栄養学の先生の指導を受け、動物性タンパク質を得るため注目した材料はとんでもないもので…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」48話のネタバレあらすじ

昭和22年4月3日。

福子(安藤サクラ)は、元気な赤ちゃんを産んで、その男の子は、「源」と名付けられました。

ところが…。

産後の肥立ちが悪く、福子は、萬平(長谷川博己)鈴(松坂慶子)を心配させたのです。

お産婆さんからは、「卵」だけでなく、「野菜」「魚」、とにかく栄養をつけなくてはといいます。

そんなお産婆さんの助言で、鈴たちは、毎日福子のための食事を作り、鈴の家出の1件から、萬平はそれ以外の家事も、みんなで分け合うことにしました。

そして、段々と福子は回復し、やっと元の元気を取り戻したのは、梅雨が明けた頃でした。

すっかり、元気を取り戻した福子をみて、姪のタカ(岸井ゆきの)は、嬉しそうに「萬平おじさんのおかげね!」と笑います。

そんなタカの言葉を聞いた鈴は、「あら?私が元気にしたのよ?」と、いつもの調子が戻ってきていました。

福子は、そんな鈴に「みんなのおかげ」と笑います。

お産婆さんからは、お金のないおうちだったら、栄養が取れず、亡くなっていたかもしれないと言われていました。

たちばな塩業は、大金持ちというわけではありませんが、萬平たちの努力の甲斐あって、そこそこ余裕がありました。

だからこそ、福子に栄養のある食べ物を食べさせることができ、福子は回復することができたのです。

福子、鈴、タカは、栄養のある食事をとることができた、境遇に感謝するのでした。

その頃、萬平は神部(瀬戸康史)に、新しい事業についての考えを話していました。

それは、「栄養食品」の開発です。

今回の福子の1件で、産後の肥立ちが悪いというのは、つまりは「栄養失調」状態であることが原因です。

そのうえ、今の日本では、妊婦でなくとも栄養が足りていない人が、多いと考えられるところから、誰でも栄養が取れる食品を作りたいというのです。

とはいえ、現状、萬平には、それがどんなものなのか皆目見当がついていませんでした。

そんな萬平に、神部は言いました。

「社長。俺は、大阪帝大を卒業しました。」

そんなことは、知っているという萬平に続けます。

「俺は、工学部でしたが、医学部にも友人が何人かおります。大阪帝大の医学部には、『公衆衛生講座』という学科があって、そこで『栄養学』を研究していた人が。…確か助手やったか…講師やったか…。」

そこまで聞いて、萬平は目を輝かせます。

「その人に会わせてくれ!ぜひ会いたい!」

早速、神部の紹介で、大阪帝国大学までその人に会いに行きました。

その人の名は、医学部公衆衛生講座の教授・近江谷佐吉(小松利昌)といいました。

近江谷は、まず福子の話を聞いて、福子が「脂溶性ビタミン欠乏症」だったという事を話します。

これは、「ビタミンA,D,E,K」が不足することによって起こります。

特に妊婦は、胎児に栄養を奪われてしまい、これにかかりやすくなるのだと言います。

そして、「脂溶性ビタミン欠乏症」になると、夜盲症といって、夜暗くなると物が見えにくくなってしまいます。

萬平は、すぐに福子にも、その症状があったことを思い出します。

近江谷は、「最悪の場合、失明する。そんな可哀想な妊婦がたくさんいる。」と言います。

そんな話を聞いた、「世の中の役に立ちたい」萬平は、完全に「栄養食品」開発に夢中になり始めていました。

戻ってからも、早速、福子に聞いてきた話を聞かせます。

「脂溶性ビタミン」をとるには、動物の肉や脂肪を摂取することが必要だと言います。

それは、牛、豚、魚などです。

そして、夢中になり始めたのは萬平だけではありません。

神部もタカに、聞いてきた話を聞かせていました。

神部は、脂溶性ビタミンを効果的に摂取するには、ビタミンやミネラルも、一緒にとる必要があると言います。

萬平は、考えていました。

誰もが気軽に買うことのできる、「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」をとることのできる栄養食品を作ると言うのです!

鈴は、それを聞いて反発します。

塩づくりが順調に行っているのだから、手を広げる必要はないと考えていました。

萬平は、そんな鈴に言いました。

「お義母さん、最初はあんなに塩づくりなんて嫌だって言ってたくせに!」

「くせに!?」

早速、翌日から、萬平は新しい仕事の準備に取り掛かりました。

倉庫の半分を研究室にすると言い出し、まずは倉庫の模様替えからスタートです。

萬平は、すっかり発明家の顔になっていました。

鈴は、「絶対に失敗する」と、ため息をつきます。

しかし、福子は、「私は、萬平さんを信じていますから。」と笑うのでした。

それから1週間後、近江谷がたちばな塩業にやってきました。

そして、たちばな栄養食品研究室に配属されたのは、以下の4人です。

神部、岡(中尾明慶)大和田(梅林亮太)倉永(榎田貴斗)です。

その夜、福子は、萬平が考えている栄養食品は、「食べ物」タイプなのか、「飲み物」タイプなのか、「薬」タイプなのかを尋ねます。

萬平は、形状は決めていませんでしたが、何より一番なのは、「誰でも手軽に食べられるようなものにしたい。」という事でした。

そこで、福子は新聞で読んだ、「学校給食」の話をします。

この頃の学校給食は、GHQ(※第二次世界大戦後に日本の占領政策に当たった機関の事)の指導で、米の飯ではなくパンが出されていました。

そこで、パンに塗ることができるようなものが手軽なのではないかと提案したのです。

萬平は、そんな福子の意見に、大いに賛同しました。

翌日から、早速その方向で、考えていきます。

パンに塗るということは、「ペースト状」という形状になります。

そこから、本題は「動物性たんぱく質を何からとるか」という議論にうつりました。

鈴は、新しくやってきた近江谷は、毎日来るのかとため息をついています。

近江谷は、ここへ向かう電車の中で、本が読めるのが嬉しいと、電車で通っていました。

鈴は、「天下の大阪帝大にも、物好きはいるのね~…。」と、不思議がります。

そして、気が付きました。

「あの、近江谷先生にも、お給料払うの?」

鈴は、経理担当に、何の相談もないなんて!と、すぐに萬平の元へと向かいました。

今行かなくてもいいという福子に、「大事なこと!」と一喝するのでした。

しかし、研究室に向かいましたが、そこには誰もいません。

近くを捜索すると、何やら採取を始めた研究室メンバーがいました。

萬平は、「動物性たんぱく質の材料」を探していると言います。

すると、神部の「見つけました!」という声が!

その手に握られていたのは…カエルです!

「わしもや!」

岡は、両手に1匹ずつの、ダブルカエルです。

それを見た、鈴は「うわぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と、卒倒するのでした。

早速、ガマガエルを煮こみ始めた、研究室メンバーを、赤津(永沼伊久也)が、偵察に行かされました。

あまり、気にならない様子の赤津は、見たままを鈴とタカに報告します。

鈴とタカは、「うぅぅぅ~~~…。」と、背筋を凍らせます。

そろそろ煮込めたと、圧力釜に手をかけると…。

海で作業をしている、塩軍団たちにも聞こえるほどの大きな爆発音が聞こえました。

研究室からは、「熱い!」「水をかけてくれ!」と、研究室メンバーが飛び出してきました。

佐久間(川並淳一)に、水をぶっかけられた5人は、すぐにやけどの薬を塗ります。

「カエルが爆発した!?」

そう驚く鈴に、爆発したわけではなく、圧力釜の蓋が飛んでしまい、中の熱いものが飛び出してしまったと説明します。

近江谷は、我々も大変だが、研究室の中の掃除も大変だと笑います。

鈴は、こんなバカげたことは、もうやめろと叫びますが、萬平はやめないと高らかに宣言します。

「こんな失敗、なんてことはない。何度も失敗して、その先にこそ、成功があるんだ!」

福子は、それはわかったから、「危ない事は…」と窘めます。

「これからは気を付ける!でも、僕はやめない!世の中の、栄養失調で苦しんでる人たちの為に、必ず新しい食品を作る!」

「はい!」

「はい!やない!」

そんな鈴の言葉は届かず、盛り上がるのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」48話の感想は?

黒猫葵
まずは、OPまでの数分で、色んな事が解決したと、芦田愛菜ちゃんから、淡々と語られましたね(笑)

ドラマの中では、何も語られていませんが、克子姉ちゃんからの「源義経は家出の理由のおまけ」という言葉と、神部くんから話をスルーされたあの描写から、萬平さんは分析し、なぜ鈴さんが怒って家出をしたのかというところに、考えがいたったのかなぁ…。

そんな行間を読む訓練にもなるドラマですね(笑)

更には、福ちゃんの産後の肥立ちが悪い問題も、結局栄養を取って、温かくするしかないわけで、栄養をとって、時間が解決したというところですかね。

それが、ひとまずは、今後の萬平さんのビジョンになりました。

今週のモヤモヤは、今週の内に片付けところで、来週への導入に入りました。

新しい事業へのビジョンを、まず神部君に相談するあたり、萬平さんにとって、無意識に神部くんが右腕なんですよね。

「いつ、お前がリーダー」になった!と言われてしまいがちな神部くんではありますが、これはもうしょうがない気がしますね~。

神部くんに役職をつけてあげてほしい(笑)

しかし、萬平がすっかり発明家の顔にって、ドラマでも言われてましたが、どっちかって言うと「マッドサイエンティスト」の顔でしたよね(笑)

そして、神部くんの「大阪帝大」出身の設定が、ここで生きてきましたね~。

今日から登場の近江谷先生は、「スカッとジャパン」などで、嫌なサラリーマンなどを好演している小松利昌さんでした。

この夢中になったら、止まらなそうな面々のやり取りが面白そうです。

それにしても、萬平さんと神部くん、何か親子や兄弟レベルで、似た者同士ですね~(笑)

福ちゃんに話して聞かせる姿と、タカちゃんに話て聞かせる姿、面白いくらい一緒でしたから。

タカちゃんホノ字3兄弟に勝ち目はなさそうですね~…。

そして、何だかんだ親子になっていってるのは、萬平さんと鈴さんかなぁ…。

「くせに~(笑)」とか言えるようになったんですね(笑)

「くせに~!?」って怒る鈴さんも可愛かったですよ(笑)

そして、塩づくりチームと栄養食品チームにわかれましたが、このメンツも絶妙でしたね~。

ここまで、出演が目立っていた忠犬ワンコ・神部と、神部に次ぐリーダーっぽい岡、そして、ここまであんまり目立ってなかった妻子を戦争で亡くした大和田に、萬平さんよりのタイプの倉永という事で、主力メンバーとスポットライトを当てたいキャラという絶妙な抜擢に「おお~」って鳴りましたよ。

さて、ここで福ちゃんに忠告!

近江谷先生の給料問題は、「超大事!」です。

まず、経理担当にもちゃんと報告しないと、給料日に「近江谷先生のお給料?用意してないわよ?言われてないもの!」って話になったら、超失礼よ!

鈴さんが、ちゃんと気づいてくれて、萬平に言いに行かなかったらどうするつもりだったのかと。

「困ったおばあちゃんですね~。」

じゃない!

むしろ、福ちゃんが、そこを気にして、「近江谷先生のお給料はどうしたらいいですか?お母さんに準備してもらうようにお願いしないと!」とかいって調整するのが、福ちゃんができる「萬平さんを支える」ですよ!

っていうか、近江谷先生、本業はどうなってるんだろ…。

毎日来たら、大学の講義は?

研究は、この開発で同時進行で賄えるかもしれませんけどね(汗)

基本は、大学教授としての給料があり、この開発は自分の研究にも活かすから、交通費だけ支給でいいのかもしれないし、あくまで助言と言う形での謝礼という形になるかもしれないし、本当に鈴さんが言ってたけど、「大事なこと!」です。

さ~、先週の次週予告で流れたカエルの件が、ついに明かされましたね~…。

まぁ、カエルは、鶏肉みたいな味って言いますが、食用ガエルなんですかね…ガマガエルって…

まぁ、ガマの油とか言うから…

でも、圧力鍋で煮こまれたカエルが爆発…。

ひぃ~ってなりますよね。

赤津くんが、全然気にしてなくて、普通に報告してるのが笑えました。

でも、手の動きがおばさんになってた(笑)

赤津くん、鈴さんに偵察に行かされたんですかね~。

しかし、やけどの薬を塗るときも、ナチュラルに神部くんに塗ってたのは、タカちゃんでしたね~(ニヤニヤ)

やっぱり、タカちゃんホノ字3兄弟、勝てそうにありません(笑)

さ~次週予告の様子は、また不穏でしたね。

福ちゃんと萬平さんの初の夫婦喧嘩?

塩軍団も分裂の危機

栄養食品は売れない

更には、鈴さんが神部くんとタカちゃんの雰囲気に気づいたっぽい?

う~ん。

来週も見逃せません!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」48話のネット上の反応や評価は?

◇ナレ死ならぬ、ナレ解決

ドラまる
賛否両論あるけど、何にもないよりよかったのかな~って、僕は思うよ。

それに、萬平さんが気づいたのかもっていう、細かい描写はあったしね!

ラマちゃん
そうそう、多分、ゆっくり考えれば理解ができる萬平さんだと思うから、義経はおまけの意味を、じっくり考えたんだと思うし。

神部くんに話を聞いてもらえなかったモヤモヤを、鈴さんを、悪気なくとも無視してしまったことにつなげられたと思うし…。

って、想像ができるものね。

◇たちばな栄養食品研究室発足!~萬平のマッドサイエンティスト感がヤバい~

ドラまる
何というか、絶妙な配属だったよね。

そして、萬平さんのマッドサイエンティストの顔になった萬平さんがすごかったね!

ラマちゃん
新たなキャラも投入されて、一体どうなっちゃうのかしら…。

早速ガマガエルが爆発…じゃなかった、圧力釜が爆発したしね。

気を付けて使わなくっちゃ。

◇今日の福ちゃん

ドラまる
まず、元気になって、良かったね。

でも、元気になった途端、鈴さんの扱い雑だよね(汗)

ラマちゃん
寝込んでられたのも、みんなのおかげで、その皆には、鈴さんも入ってるんだけどね。

お給料の話については、本当に大事な話だし、経理という重要なポジションにいる人に、話していないのは、会社として本当に問題よね。

そこのところが、福ちゃんは、3歩進んで2歩下がるみたいになっちゃうのよね…。

でも、同じこと真一さんとかに言われたら、「そうか…そうよね。萬平さんとちゃんと相談します。」とか、言うでしょ?多分。

そこなのよね…。

◇今日の神部くん

ドラまる
登場人物紹介を見る限り、「生涯にわたって、萬平を支える」とあるし、やっぱり右腕なんだね~。

しかし、何気にどんどん仲良くなるね~(ニヤニヤ)

ラマちゃん
タカちゃんも、神部さんが好きな雰囲気出してるけど…

どうなっちゃうのかしら(汗)

◇今日の塩軍団および研究室軍団

ドラまる
もう塩軍団とだけは、言えないね!

研究室軍団…なんかしっくりこないな。

ラマちゃん
赤津くんが、おねえっぽいのも、個人的にツボだったわ。

塩軍団が浜辺で、爆発を意外と冷静に見てたのも、ツボだったわね。

塩軍団のわちゃわちゃ、楽しいわね。

◇今日の鈴さん

ドラまる
今日の鈴さんが、「困ったおばあちゃん」だったのは、近江谷先生もいる前で、「給料の話」をしようとしたことだけだと思うよ!

給料の話は大事!

ラマちゃん
もう少し、鈴さんの正論を、上手く染みさせる人がいてくれるといいんだけど…。

◇その他、面白意見・反応まとめ

ドラまる
いや!

これは見たい!

絶対描いてほしいね(笑)

ラマちゃん
何なら、台本無しで、源ちゃん役の子が、誰の所に行くかは、お任せみたいな感じで、撮影してほしいわね!

もう少し大きくなったら、源ちゃんと一緒にお風呂当番みたいのができて、その人はマンツーでゆっくり入れるみたいなのできたらいいのに(笑)

ドラまる
その発想はなかった(笑)
ラマちゃん
繋がってるわね…。

ドラまる
本筋とは全然関係ないんだけど、見つけて思わず見入ってしまったよ!

こうだったらいいのに!

ラマちゃん
でも、後年、福ちゃんと再会した三田村会長が、鈴さんを母と紹介されて、驚いても、萬平さんとのやり取りを見て、がっかりするかもしれないから、もしこんなことがあったとしても、再会しない方がいいかもしれないわね(笑)

ドラまる
公式さんからだけど、いいね~!
ラマちゃん
なんか、朝から癒されちゃった♡

◇次週予告まとめ

ドラまる
来週は、真一さんが、たちばな塩業に転職!?

夫婦喧嘩に、塩軍団の分裂…来週も盛りだくさんの予感しかしないよ!

ラマちゃん
でも、真一さんが来てくれるのはいいかもしれないわ!

鈴さんの話も、萬平さんの話も、冷静に聞いて、必要な情報や意見を、必要な所に仕分けて、正しい意図で伝えてくれそうね!

神部くんとタカちゃんのいい雰囲気に待ったをかけそうな鈴さんも楽しみヨ!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第9週のあらすじは?

2018年11月26日(月)~12月1日(土)8時〜放送のドラマ『まんぷく』第9週のあらすじをご紹介します

男の子を出産した福ちゃん。

しかし萬平さんは、神部さんを初めとした何人かの従業員と一緒に、「ダネイホン」と名付けた新しい栄養食品の開発にすっかり夢中です

。家族で過ごす時間が少しでも欲しいと願う福ちゃんでしたが、不満を持っているのは自分だけではないと気がつきます。

「ダネイホン」開発チームに選ばれなかった「塩作り組」は、萬平さんが自分たちのことは見向きもしてくれないと腹を立てていたのです。

不満のたまった「塩作り組」はある日、倉庫でとんでもないものをみつけます。

まさかそれが、進駐軍を巻き込んだ大きな事件の引き金になるなんて…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」48話のネタバレ有りの感想と第9週のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
ひとまず、源ちゃんが無事に産まれて、もろもろがふんわりでも解決してよかったね。
ラマちゃん
来週も、盛沢山な予感!

鈴さん砲が、神部くんに飛びそう!

真一さんもやってくるし!

でも、咲姉ちゃんは夢枕に座ってたから…鈴さんの願望かしら(笑)

黒猫葵
新規事業に着手し始めた萬平さん、でも、また周りが見えなくなってそうです!

心配ですね。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA