まんぷく|42話ネタバレと感想。世良問題収束!ふくちゃんおめでとう!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』42話が2018年11月17日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」42話!

忠彦さん問題が解決したのも束の間、世良の悪事がばれて、福ちゃんには密会疑惑!

ラマちゃん
第7週もクライマックス、一体どうなるのかしら!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」42話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」42話の予告あらすじ

闇市を歩き回り、ついに世良さんが塩を密売した業者を見つける福ちゃん。

予想通り、世良さんが売り上げをかすめ取っていたことを突き止め、世良さんを問い詰めようと向かった先にいたのは、大阪商工会の三田村会長。

どうする福ちゃん!?

一方、福ちゃんの密会疑惑で揺れる「たちばな塩業」。

萬平さんはモヤモヤ、鈴さんはイライラ。

その真相は…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」42話のネタバレあらすじ

世良(桐谷健太)の悪事が、福子(安藤サクラ)の耳にも入りました。

世良への疑惑で慌てふためく福子を見ながら、萬平(長谷川博己)は、森本(毎熊克哉)たちから聞いた福子の密会疑惑に気が気ではありませんでした。

警察に訴えようという鈴に、「証拠がない」という萬平は、世良問題と福子問題(福子問題を鈴と福子は知りませんが)で頭がごっちゃになり、考えを整理する時間をくれと、部屋にこもってしまうのでした。

塩軍団の中では、福子の密会疑惑が、すっかり広まっていました。

いい男だった。(真一さんですから。)

手を繋いでた…ようにも見える。

浮気だ!

その話は、尾ひれがつき過ぎて、最初は小さな金魚のような話も、立派な錦鯉のようになっていました。

その夜、福子と萬平が、それぞれ眠れぬ夜を過ごす中、福子が言います。

「あの人は、売り上げを抜いたかもしれないけど、あの人の事が嫌いになれない。」

「僕もだよ。でも…裏切られても、嫌いになれないというのは…つらい。」

萬平は、世良の事とも福子の事ともとれる返し方をしました。

萬平に疑惑を持たれているなど、微塵も感じていない福子は、会社を支える覚悟を萬平に伝えると、にこりとほほ笑みます。

翌日から、福子は、早速難波の闇市に向かいました。

世良が、塩を売った闇業者を探しているのです。

ようやく見つけ出した福子は、世良をとっちめるため、本人に会ってくると鈴に告げました。

その直後、すっかり鈴のしもべとなった赤津(永沼伊久也)が、不安な気持ちの根源を確かめに、鈴へとストレートすぎる質問を繰り出しました。

「大奥様!この会社は、潰れるんですか?萬平さんと奥様が離婚して、たちばな塩業は解散やって!」

鈴は、寝耳に水すぎる話と、世良への怒りが相まって、叫びのでした。

「そんなわけないやない!」

福子は、早速世良の会社に電話をしますが、生憎留守でした。

しかし、いい情報をゲットします。

今日は、商工会の会合があり、そこへ行くというのです。

福子は、商工会と聞いて、思い当たる節がありました。

一方、泉大津では、鈴が萬平を呼び出していました。

赤津から聞いた、福子と萬平の離婚疑惑を問いただすつもりです。

率直に萬平へ確認しました。

「福子を疑っているの?」

萬平は、返す言葉もありません。

鈴は、「そんなふしだらな娘ではない。私の反対を押し切ってまで、あなたと結婚したのよ?そんな子が、あなたを裏切るわけないやない。」と、福子を庇います。

そんな鈴の言葉に、萬平は、言葉を返せません。

鈴は、深く頭を下げてお願いしました。

「どんな噂が流れようと。私は、福子を信じます。そやから、お願い。福子を信じてやって。萬平さん。」

萬平は、ついに口を開きました。

深く頭を下げると。

「申し訳ありません!福子がそんなことをするはずがないと思っていながらも、ついつい疑ってしまいました。福子を信じます。福子は、僕の妻です!」

その頃、福子は、商工会の会場である大阪東洋ホテルにやってきました。

商工会の会長・三田村(橋爪功)の腰巾着のように世良も、そこにいました。

福子は、勝手知ったる元職場で、三田村にお茶を運んできました。

世良は、お茶を運んできた女性を見て、顔が青ざめます。

そして、三田村は、福子の顔を見るなり、笑顔が広がります。

戦中、楽しく話をした福子だったからです。

今井福子が立花萬平になったと聞いて、すぐに三田村は、福子が立花萬平と結婚したのだと理解しました。

福子は、三田村に萬平の濡れ衣事件の際のお礼を伝えました。

そして、今は、世良の紹介で、たちばな塩業という会社をやっていることを報告しました。

萬平の目の付け所に、三田村は感心します。

しかし、福子は、萬平がずっと塩を作り続けるわけではないと考えていると言います。

今は、次にやりたいことの資金集めをしていると思っていることを伝えます。

すると、三田村は、「それなら上等な塩ではダメだな~。」と、上等な塩100キロより、少し品質が劣ったとしても、300キロ作った方が、金になると言います。

福子は、でもそれはできないという事を伝えます。

萬平は最上級の塩しか作らないし、「闇市に売るようなこともしない。」と。

三田村は、そんな職人気質な萬平の意固地さに笑います。

闇市と聞いて、気が気でないのは世良です。

福子は、世良に説教をするような言葉で、三田村に萬平の志を語ります。

「世の中の役に立つ仕事がしたいんです。『正しいやり方』で。それが難しい事も重々承知しています。でも、私は、主人なら必ずやってのけると信じています。」

三田村は、そんな福子の言葉を聞いて、昔のことを思い出していました。

「君は言ってたな。立花萬平は、大阪経済を、いずれは背負って立つ人材だと。彼が、これからどうなっていくのか、興味深いな。」

そういうと、三田村は萬平に、投資をしようと言い出しました。

投資額は3万円。

今で言うなら…3千万円ほどです。

その投資額に、世良も驚きの表情が隠せません。

三田村は、福子ににやりと笑って言います。

「あくまで投資やで!儲かったら、倍にして返してな!」

三田村の部屋を後にした世良は、慌てて福子を追いかけます。

そして、自分も投資すると言い出しました。

もちろん、福子は「会長からの透視だけで充分です!」と、つっぱねます。

本来は、その売り上げは自分たちのお金だからです。

世良は、「…これは、立花くんとの友情の証や…持ってってくれ。」、財布の中身5500円を差し出します。

しかし、福子は最初にピンハネした1500円だけでいいと言います。

4000円は、世良が闇業者に売ったことで儲けたぶん。

それを受け取ることは、自分たちも闇業者と取引したことになると、きっぱり言います。

福子は、どうにも嫌いになることができない世良を、告発せず、大きな貸しを作る形で、落とし所をつけました。

更には、三田村からの投資という豪華なおまけつきです。

世良は、なぜ福子が、自分が闇市に塩を流したことを知っているのかわからず、福子の背中を見つめ、呆然と立ち尽くしていました。

福子は、色んな事が解決したと、嬉しそうに会場を後にします。

しかし、その時、突然の吐き気を催すのでした。

泉大津に帰ってきた福子は、取り返してきた1500円を渡します。

鈴は、世良が掠め取ったのは、5,500円なのに、不満そうですが、萬平も福子と同じ気持ちでした。

「正しいやり方」で、世の中の役に立ちたい萬平にとって、闇で稼いだお金はいりませんでした。

でも、そんな鈴を黙らせる秘策を、福子は持って帰ってきていました。

三田村から、3万円の投資の約束と取り付けてきたことです。

萬平と鈴は、大喜びです。

そして、福子は、もっと嬉しい報告があると言いました。

目を丸くする萬平と鈴に、福子は告げます。

「妊娠3か月ですって♡」

「福子!よくやったな!」

萬平と鈴は、嬉しそうに福子のお腹に手を当てるのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」42話の感想は?

黒猫葵
ひとまずは、福ちゃん、ご懐妊おめでとう!

そして、今週起こったごたごたは今週の内にという信念があるように感じている「まんぷく」らしく、何となく丸く収まりましたね。

色々ツッコミどころはありますが…。

福ちゃんが三田村さんに会いに行ったのは、三田村の力で世良を何とかしようと思っていったのかと思いましたが、違いましたね~。

三田村に会いに行ったのは、世良が腰巾着のように100%そこにいると踏んでの事だったんですね~…。

場所は、勝手知ったる大阪東洋ホテルですから、きっと当時からいる人にお願いして、三田村会長のお茶運びをお願いしたんですかね(汗)

そして、あくまでも萬平の信念を三田村会長に話すという形で、世良さんに圧力をかける福ちゃん。

私は、あの時に、バレた…って世良が思ってると思ったんですけど、お金を渡した所で、「何で知ってるんだろう」って、え?まさかの気づいてない!!

だから、投資とか厚顔無恥なこと言いよったのか…。

世良も意外と抜けているなと驚きましたよ(笑)

この顛末の伏線として、予想よりも多い塩軍団がいることが、世良さんが塩軍団の全員の顔は覚えきれないけど、塩軍団は世良の顔がわかるという状況を作り出したのかと。

憎い。憎すぎる演出です。

福ちゃんと萬平さんは、やっぱり命の恩人であるところの世良を憎み切れませんでしたね。

でも、今回の事が、大きな貸しとなって、今後の2人の仕事に関わってくれるのかもしれませんね。

世良問題は、まぁ、丸く収まったと言えるかもしれません。

しかし、問題は福子の密会疑惑です。

結局、森本たちは、福子が密会したかものまま、進んじゃうのでしょうか。

それとも、妊娠して、萬平と鈴が大喜びの姿を見て、森本たちが、「お前らの見間違いじゃ!」的な展開になるのか…。

忠犬ワンコ・神部くんは、真一さんに面識があるので、ぴ~んと来て、「どんな人やった?」的な流れから、「それは義兄の真一さんや!」ってなって、な~んだの展開が描かれるのか、否か。

しかし、塩軍団の噂話は、尾ひれが盛大についていましたね~(笑)

そして、結果、たちばな塩業が解散かもと思った赤津くんが、鈴さんにストレートすぎる(笑)

結果、鈴さんと話をすることができた萬平さんは、疑惑を抱いた気持ちを払拭できたわけですけど、赤津くんのストレートすぎる質問に、驚いてしまいました。

でも、あんな風に鈴さんに直球でぶつけられるほど、しもべ度は上がってるのかもしれませんね(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」42話のネット上の反応や評価は?

◇今日の塩軍団

ドラまる
赤津くんは、いい感じにしもべ感が増したね~(笑)

真っ先に鈴さんに相談する辺りが可愛いかったよ!

大吉先生の予想、鈴さんの運命の人!?(笑)

ラマちゃん
塩軍団の噂の広まり方が、女子高もののようだったわね~。

でも、何となく、今後の展開として、真一さんがたちばな塩業にやってくる展開が、割と直近であるんじゃないかしら。

それこそ、ご懐妊を聞きつけて、みんなで様子を見に来る。→真一さんと塩軍団の初対面→森本たちが、「あ!?」ってなる。→リーダー(仮)の忠犬ワンコ・神部「まさかお前らがみた、ええ男って…」→森本たちが福ちゃんに「すみませんでした!」→思わぬ展開に福ちゃんの「えぇ~~~!!??」→一同爆笑→「だから言ったでしょ、福子は武士の娘のむs…」「そういうのいいから!」

こんな流れを期待する(笑)

◇思ったより抜けてる世良

ドラまる
思ったより、世良が間抜けなのが、びっくりしたよ。

あのけん制で、「ばれた~」って思ってると思ったら、何で気づかれたのかわからなかったのが、個人的にツボだったよ。

ラマちゃん
これで、とりあえず首の皮一枚つながった世良だけど、この大きな貸しを返してくるときは来るのかしらね。

ドラまる
いや、福ちゃんはほぼ100%あそこに世良がいると思って、来てると思うんだよね。

そう思わせるだけの、ここまでの世良の三田村へのごますり具合だからね。

ラマちゃん
そうね。

そして、萬平さんの塩を横流すくらいお金に困っている状況なら、片時もはなれず三田村会長にごまをすってるはず!

そう思わせてくれる、演出がされていて、ほんと憎いわぁ~。

福ちゃん策士!

ドラまる
福ちゃんのポンコツな時と策士な時の落差が結構あるよね(笑)

でも、1歩ずつ職人萬平を支える商売人になるのかもねきっと。

ラマちゃん
憎き相手の心を、ある意味一番抉る形で、でも首の皮一枚残しておいてあげる、優しさなのか、打算なのか。

福ちゃん、恐ろしい子!

◇パニック萬平

ドラまる
知ってる?

今日の萬平さんは、実は何もしていないんだよ(笑)

ラマちゃん
(笑)

確かに、布団の中で、「裏切られても嫌いになれないのは辛い」の名言飛び出したくらいね~(笑)

鈴さんとの話だけで、すっきりしたのかしら??

夜、眠りにつくときに、っていうか、「本当に俺の子?」って悶々としないか心配ね(笑)

◇ブシムスの母らしい姿

ドラまる
今日は、いい母だったね~!

あんなに土下座を嫌がってた鈴さんという描写があったからこそ、今日のお願いのシーンが、福ちゃんを思っている母として最高にカッコイイ姿として描かれたよね。

流、武士の娘!

ラマちゃん
今日の、鈴さんは、本当に素敵だったわ。

ここまでの鈴さんなら、萬平さんに怒鳴り散ら住んじゃないかって心配になるところを、あの冷静に話す姿に涙が出そうだったわ。

◇福子のご懐妊!密会疑惑は、これにて収束??

ドラまる
福ちゃんおめでとう!

でも、一緒に歩いてた男の正体については、解決してない気が…

ラマちゃん
さっき、真一さんがやってくる展開を想像してたけど、今度の週末にタカちゃんがお手伝いに来て、解決の流れが自然な感じがするわね!

すごい笑顔で、塩軍団に「福子おばちゃんと真一おじさんのおかげ♡」→忠犬ワンコ・神部が閃いた!「ええ男って真一さんか!」だね(笑)

ふふ、持越しかと思ったけど、多分月曜早々に解決しそうね!

◇次週予告まとめ

ドラまる
来週も盛りだくさんな予感だね!

鈴さんが、忠彦さんに絵を描いてもらってたのも、何でだろうって気になるし…。

克子姉ちゃんがヤキモチ妬いてたね(笑)

ラマちゃん
あのカエル…どうなるのかしら。

予告だけ見ると、何かヒロインは鈴さんみたいよね(笑)

そういう意図で作ってるのかしら(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第8週のあらすじは?

2018年11月19日(月)~11月24日(土)8時〜放送のドラマ『まんぷく』第8週のあらすじをご紹介します

福ちゃんは臨月を迎えていました。

もともと、製塩所で働く従業員たちの世話の大変さに不満をもっていた鈴さんは、身重の福ちゃんの分まで働かざるを得ず、我慢の限界に。

ある日、萬平さんとのささいな口論をきっかけに鈴さんは家を飛び出してしまいます。

福ちゃんと萬平さんは鈴さんを探すもののみつかりません。

その途中、萬平さんの目にとまったのは、戦後の焼け野原で食べる物に困り、栄養失調で倒れている人々。

それを見た萬平さんは、困っている人々を救うある新規事業を思いつきます。

そんな時、ついに福ちゃんに陣痛が…!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」42話のネタバレ有りの感想と第8週のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
今週の汚れ、今週のう~ち~に!

って、何か〇王さんの掃除用洗剤のCMフレーズみたいだけど、それがまんぷくの見やすさでもあるよね!

月曜からのモヤモヤを全部解消した形で、終えた第7週!

来週も気になりどころがたくさんだね!

ラマちゃん
本当ね!

本当に、カエルが爆発はちょっと…。

そして、塩軍団のわちゃわちゃもたくさん見られそう!

鈴さん、忠彦さんと克子姉ちゃんのとこにいるけど…まさか、家で??

来週は、すでに臨月ってことだから、半年くらい時間がスキップしそうね!

黒猫葵
本当に、来週も盛りだくさんの事件に翻弄されそうですが、頑張って応援していきましょう!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA