まんぷく|39話ネタバレと感想。世良、遂に疫病神認定される!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』39話が2018年11月14日(水)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」39話!

昨日は、福ちゃんたちの一生懸命な慰労会でほっこりさせられたよね!

ラマちゃん
岡くんの喧嘩騒ぎが神部くんのリーダー問題にまで発展しかけて、ハラハラしたからよかったわ!

でも、昨日のラストで鳴り響く電話が心配!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」39話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」39話の予告あらすじ

塩の品質が劣っているとされたことにショックを受けた萬平さんは、塩の品質を一層あげようと、作業をより丁寧にするよう指示します。

しかし、手間がかかる分、生産量は落ちていき、みんなへとへと。

経営が苦しく、なんとかしなければと考える福ちゃんでしたが、そんなところに世良さんから悪だくみの誘いがきて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」39話のネタバレあらすじ

お給料の少なさにがっかりしているみんなを、何とか盛り上げようと頑張った福子(安藤サクラ)たちです。

その甲斐あって、みんなの機嫌は直りました。

でも…世の中には、困った疫病神がいるんです。

翌日、電話をかけてきたのは、世良(桐谷健太)です。

「ええ話がある。」

そう、福子に切り出しました。

世良は、萬平(長谷川博己)達が作った塩を、闇市で販売するというのです。

それなら、専売局に通す必要が無いので、たんまり儲け、たっぷり従業員達にも給料が払えると言います。

しかし、萬平は、品質が劣ると言われたことを(正確には世良に騙されて思い込んでいるだけ)気にしており、専売局が最上級と認める塩を作ることに燃えていました。

萬平は、「できません。」と即答すると、世良からの電話を切ってしまいました。

そして、改めて、従業員達に最高品質の塩を作ることを徹底します。

しかし、従業員達は、生産量が落ちることを気にしています。

あの最初は茶色い塩を舐めることも嫌がった鈴(松坂慶子)でさえ、「多少茶色くても害はないのだろう。」と、言い出します。

福子は、最初は茶色い塩なんて舐めたくないと言っていた鈴に、思わずツッコミを入れてしまいます。

更には、神部(瀬戸康史)にまでツッコまれています。

それでも、萬平は高品質の塩を作ることが大事だと言います。

「自分の子どもに茶色い塩を食べさせたいですか?」

鈴は、即答します。

「孫には白い塩を食べさせたいわよ?でも、知らない人なら…。」

「ひっどい!」

その日から仕事は、一層大変なものになっていきました。

より白さを出すために煮詰める時間を長くとることは、燃料代がかかります。

そして、にがりをより一層落とすという事は、それだけ時間がかかるということです。

すっかり塩づくりに詳しくなった鈴の言葉を、福子はおだてるように茶化します。

しかし、鈴は言います。

「あの人(萬平)は、あなた(福子)のお父さんと同じ匂いがする。」

「私達、親子ね~。同じような人と結婚するのね!」

午前中の作業を終えた従業員に出すことができたのは、麦飯とたくあんだけでした。

不平を漏らす塩軍団に、鈴は自分の不満を爆発させます。

何とか、少ないお金でやりくりをして、塩軍団には3食の賄いを食べさせていますが、そのしわ寄せは、福子や鈴の食事にいっていました。

塩軍団は、閃きます。

倉庫にしまわれている竿を使って、仕事終わりに魚釣りに行こうと言います。

神部は、最初に来た時に、全然釣れなかったと止めますが、「お前が下手だからだ。」と、全員スルーします。

仕事明け、塩軍団が魚釣りに向かう中、萬平は塩を見つめ、神妙な面持ちを浮かべました。

福子は、そんな萬平を心配して声をかけます。

品質は、上がっていましたが、まだ納品できる量になっていませんでした。

福子は、お金は自分が工面するからと、萬平の背中を押します。

その頃、釣り竿を垂らす塩軍団たちは、何となく不満を漏らしました。

そして、そのきっかけとなった神部に嫌味を言います。

神部は、萬平たちが、どれだけ自分たちを大事に思ってくれているかわかっていますので、そんな不平不満を制止します。

更には、自分と萬平たちとのなれそめを話し始めました。

それは、戦争から帰ってきて家も家族も失った自分が萬平たちの暮らす家に、泥棒に入ったという話です。

それでも萬平は、自分を許してくれたこと、その恩義のために、絶対にやめないと断言します。

それを聞いた岡(中尾明慶)も、自分も同じだと言います。

すると、皆、同じような境遇であったことを、口々に話し始めます。

そして、みんな不平不満は言うけれど、萬平たちにも神部にも感謝はしていると言うのでした。

皆が、何となくジーンとしているところに、小松原(前原洸)の竿に、引きのいい大物がかかりました!

皆は、大興奮で釣り上げると、それはとんでもなく立派な鯛でした!

喜んで持って帰り、鈴に調理を頼みますが、鈴はこんなに大きな魚は捌けないと言います。

「私は武士の娘ですよ!」

がっかりする塩軍団たちですが、赤津(永沼伊久也)が挙手し、自分が捌くと言います。

かつて、すし職人を目指していた赤津は、見事なお刺身を作りました。

料理人修業も10年行っていたというのです。

萬平、福子、鈴は、明日から調理場の方の手伝いをしてほしいとお願いしますが、自分なんて半人前だと恐縮してしまいます。

寿司職人を目指していた赤津には、刺身を作るか、寿司を握るかくらいしかできないと言いますが、萬平に簡単なつまみくらい作っていただろうと、任命されてしまいました。

「今日から、君は、お義母さんの部下だ!」

「ええ~!」

「よろしく!赤津!」

赤津は、困った顔を全面に出しますが、鈴に押し切られてしまいます。

「私のしもべは嫌なの?」

「…嬉しいです。」

翌日、福子は、これで最後と、親友・ハナ(呉城久美)の夫・賢作(松木賢三)に借金のお願いに行きました。

渋々ながら、借金を承諾しますが、賢作は言いました。

「でも、今のままでは、これで最後になりませんで?きっと。萬平さんは、職人さんでっしゃろ?とにかくええもんを作りたい。せやけど、それでは社長は務まらん。」

「福ちゃんが、ちゃんと考えてあげないと、会社は潰れてしまうわよ?塩づくりは萬平さん、経理はお母さん、せやけど、あとは全部福ちゃんがやらないと。」

福子は、ハナ夫婦の正論に、何も言葉が出なくなってしまうのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」39話の感想は?

黒猫葵
遂に、ナレーションの芦田愛菜ちゃんにまで、疫病神扱いの世良さんに、吹き出してしまいました。

そして、今日の鈴さんのわがまま砲「孫には白い塩を食べさせたいけど、知らない人なら…」発言。

鈴さんらしい…。

そして、世良さんからの申し出に迷ってしまうのかと思いきや、即答でガチャ切り、その辺はよかったですね。

とは言え…どうしても茶色くなってしまった塩も捨てるのはもったいないので、それを世良に売り渡し、好きなようにさせる位のずる賢さはあっても、もしかしたらいいのかもしれませんが。

いや、そうなるとやっぱり萬平さんの良さが…う~ん。

それは、ともかく、神部くんも鈴さんにツッコミ入れてたのが、またよかったです(笑)

そして、今日の福ちゃんは、厳しい現実を突きつけられてしまいました。

鈴さんの正論を、いつものわがままと茶化していたつけが、ハナちゃんの家で回ってきましたね。

でも、いいお友達を持ったものです。

普通、あんな風には、言ってくれませんぜ。

借金断られて、終了です。

そして、ハナちゃんとの友達関係にもヒビが入って、終了です。

そうなる前に、ちゃんと言ってくれるんですから。

しかし、ハナちゃんに、「ちゃんと考えないといけない。塩づくりと経理以外は、福ちゃんが全部しなくちゃいけない。」という言葉に、甘ったれた表情を浮かべていましたが、「萬平さんを支える」ってそういうことよ!福ちゃん!

この言葉を受けて、福子はどう動くのか、見守っていきましょう!

さて、厳しい話はこの辺で、今日のほっこりは、やっぱり塩軍団の釣りシーンですね。

ある意味、みんな塩軍団の中でなら、愚痴が言えるようになったともいえるシーンだと思います。

不平不満、文句も言うけれど、萬平たちにも神部にも感謝しているというところは、何となくジーンとしてしまいました。

そして、そんな気恥ずかしいジーンムードを切り替える小松原くんの竿にかかった鯛はグッジョブでしたね(笑)

そして、今日は塩軍団の赤津の過去がピックアップされた感じです。

目立つ人目立たない人の差は、どうしたってありますが、それぞれのキャラクター設定を大事に、少しずつ見せてくれる演出が憎いですね!

鈴さんの下僕任命は、ちょっとかわいそうでしたが(笑)

「…嬉しいです。」の言い方、とっても素敵でしたよ。

今日は、残念ながら朝ドラ受けはありませんでしたが、函館朝市の話題で、まんぷくになったレポーターからの飯テロでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」39話のネット上の反応や評価は?

◇【悲報】世良、遂に芦田愛菜ちゃんにまで疫病神扱い

ドラまる
始まりのど頭から、パワーワード炸裂だったね(笑)

あの優しいナレーションの芦田愛菜ちゃんにまで、「疫病神」扱いの世良さんに、申し訳ないけど、ちょっと笑っちゃったよ。

ラマちゃん
疫病神といえば、遂に克子姉ちゃん主演の「ゲゲゲの女房」オマージュかしら?

あの時は、片桐仁さん(ラーメンズ)が…って、あれは貧乏神だったわね(汗)

ついでに言うと、今の感じの世良さん、ネズミ男ポジだから(笑)

◇今日の鈴さん

ドラまる
鈴さん、商売人としては、それは言うたらアカン!

思っているのはいいけど、言うたらアカン!

ラマちゃん
でも、経営の事を考えてるのは、鈴さんなのよね。

福ちゃんは、萬平さんの事しか考えてないと言われてしまえば、その通りだもの。

口では、どれだけみんな大事にしているとは言ってもね。

◇今日の塩軍団

ドラまる
ある意味、神部さんには、愚痴や本音が言えるという描写でもあると思うんだよね。

そこは、忠犬ワンコ・神部くんの為せる技なんだろうね。

結束力の高まってきた塩軍団を、これからも応援していきたいね!

ラマちゃん
みんなで同じところで釣ってるのが、また可愛かったわね。

数人くらい、「みんなで同じところで釣って、どないすんねん!釣れるところを探すわ!」とか言って、いなくてもよさそうなのに、15人全員がグルって座ってるんだもの!(笑)

しかも、細かい設定がちゃんと生かされているのが、ほんとに憎いわね♪

◇ハナちゃんと賢作さん夫婦に拍手

ドラまる
ハナちゃん夫婦がいてくれる泉大津で、本当に良かったよ。

ハナちゃん、ぼんやりしたお嬢様じゃなかったんだね~。

ラマちゃん
あんなふうに言ってくれて、福ちゃんがどう覚醒するのかが気になるところだわ。

今日のど頭に疫病神からの接触があったし、福ちゃん闇落ちしなければいいけど…。

◇そのほか、面白意見・反応まとめ

ドラまる
昨日の夫婦漫才の蝶ネクタイについて、可愛い反応があったね。
ラマちゃん
あんなに大きな貝殻、よく見つけたわよね。

想像でもほっこりできるのが素敵ですな。

◇あさイチ・朝ドラ受けまとめ

ドラまる
今日は、本当に朝ドラ受けが無くて残念だったね。

でも、それをも超えそうな飯テロ映像で、ある意味「まんぷく」だったね(笑)

ラマちゃん
こういう日もあるわと思いつつも、まんぷくに絡めちゃうファンが多くてうれしくなっちゃうわね!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」39話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ど頭から、疫病神扱いの世良さんに笑ってしまったけど、これが明日のムービングサーズデーのフラグになるのかな。

今日のラストは、厳しい意見をもらった福ちゃんのアップで終わったしね。

ラマちゃん
そうね。

経営について、いま一歩考えるのに、福ちゃんが頼るのは、一体誰かしら。

黒猫葵
福ちゃんの、この後の行動が気になります。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA