まんぷく|37話ネタバレと感想。世良の悪行に怒り!鈴さん鋭い!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』37話が2018年11月12日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」37話!

最初の塩が完成して、その量の少なさにがっかりしていたけど、塩づくりの意義を見出していたね!

ラマちゃん
今週は、塩づくりの認可もおりて、会社となるみたい!

なのに、何やらまた事件が起こるみたい!

今週もどうなっちゃうのかしら!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」37話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」37話の予告あらすじ

国の認可を受け「たちばな塩業」が創業。

塩の初出荷を迎えます。

満額3000円の売り上げを期待して、福ちゃんたちはそわそわ。

ところが代理で塩を納入した世良さんが差し出した売り上げ金は半額の1500円。

みんな当てが外れてガッカリです。

特に萬平さんは塩の品質が劣ると言われたことに大ショック。

追い打ちをかけるようにその夜、更なる事件が…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」37話のネタバレあらすじ

それは、福子(安藤サクラ)たちにとって、記念すべき日でした。

「おめでとうございます。」

「ありがとうございます!」

受け取った書面をもって、福子は、海辺で作業する萬平(長谷川博己)神部(瀬戸康史)達塩軍団の元に向かいます。

「萬平さん!認可がおりました!」

ついに、製塩業の認可が国からおりたのです。

喜ぶ福子たちですが、本格的に動くとなれば、色々決めなくてはいけなこともあります。

福子は、早速、女性陣の役割分担を明確にしていきます。

福子は、事務兼神部達塩軍団のお世話係!

鈴(松坂慶子)は、経理兼塩軍団のお世話係!

タカ(岸井ゆきの)は、これまで通り、週末にお手伝いという流れになります。

「私は、経理だけでいいわ。」

相変わらずの鈴に、「それはダメ。」と、バッサリあしらう福子です。

これから、萬平たちの作るお塩が納品されていくのです。

記念に、みんなで集合写真を撮りました。

背景は、看板に掲げられた「たちばな塩業」の文字がありました。

そこに、ジープで乗り付ける男が…。

世良勝夫(桐谷健太)がやってきたのです。

お祝いに来たと言う世良ですが、お祝いに来たとは、口では言うものの、お祝いの品を忘れたと、相変わらずの様子です。

現状で、880キロの塩が完成しており、十分納品できる量になっていました。

世良は、自分の車で専売局に運ぶと、申し出てくれました。

自分も一緒に行くという萬平に、「役所の手続きなんて誰がいっても一緒!」だと、塩づくりを進めるように進言します。

こうして、これが「たちばな塩業」の初出荷となりました。

万歳三唱で世良を送り出します。

鈴は、全部売れたら、一体いくらになるのか福子に尋ねます。

萬平の見立てでは、「3000円」くらいになると考えていました。

その金額を聞いた鈴は、いつもの態度はどこへやら、一緒に万歳三唱を繰り出すのでした。

専売局に運んだ塩の金額は、「3000円」

世良は、その高額さに驚きます。

その夜、たちばな塩業では、初出荷のお祝いにと、食後のデザート付きです。

「デザート」という言葉の意味を知らない者もいましたが、とにかく甘いものがたべられるということで、大喜びです。

鈴も、「3000円」も入るならと、ご機嫌で配ります。

そんな中、塩軍団の最年少・小松原(前原滉)は、嬉しいけれど、どうせなら、タカからこの大福を受け取りたかったとうっとりしています。

「可愛いやないですか♡タカちゃん!」

それに賛同するように、堀(原 雄次郎)増田(辻岡 甚佐)も、給料をもらったら、清香軒に誘おう等、ウキウキしています。

年長者の方の部類に入る森本(毎熊克哉)には、いまいちピンと来ていません。

神部は、そんな森本に「若い奴等には可愛く見える。」と、いまいちピントのずれたフォローをします。

そんなタカへの片思い集団に、岡(中尾明慶)は、言います。

「でも、手ぇ出したら、大奥様に殺されんで(笑)」

小松原、堀、増田は、それを思い出してしょんぼりします。

森本には、やはりピンときません。

そこへ、世良が帰ってきました。

期待とは裏腹に、世良が持ち帰ったのは、「1500円」でした。

世良は、塩には上限があるうえ、専売局の裁量で値段が決まり、茶色い塩が混じっていたがために、そう判断されたのだろうと言います。

「茶色い塩」、それを聞いた萬平は、確認に行きます。

しかし、鈴は、何となく疑問に思い、世良に尋ねます。

「本当に、1500円だったの?」

それを聞いて、世良は怒りだし、自分だって悔しいのだと言いはなちます。

萬平は、今残っている在庫の塩を見ますが、倉庫の電球では、細かく見ることができません。

そこへ、佐久間(川並 淳一)長久保(スチール哲平)峰岸(三好 大貴)が、飛び込んできて、謝りました。

彼らは、少し茶色い塩が混じっていたと申告しました。

謝る3人に、「あれほどいったじゃないか!」と、叱りつけます。

それがきっかけに、世良への嫌疑は一応晴れました。

しかし、帰り際、世良はつぶやきます。

「悪いなぁ。僕も金に困ってるんや。」

翌日、初めての給料が配られました。

その金額は、本当に雀の涙でした。

来月は、もっと渡せるように頑張るからと、社員たちを諭す福子たちです。

不満げな塩軍団たちを見て、鈴も不満を漏らします。

「私には、お給料ないのに。」

そして、いいお塩を作って、私のお手伝いさんを雇えと、嫌味を言うのでした。

福子は、萬平に鈴の無礼を詫びますが、萬平の目には気合が入っていました。

「絶対に最高の塩を作ってやる。」

ところが、週末の夜、事件は起こったのです。

憂さ晴らしに出かけた、岡、小松原、高木(中村 大輝)野村(南川 泰規)です。

岡は、すごい勢いで酒を煽ります。

3人は、無駄遣いしちゃダメだと止めますが、「割り勘だ!」と、未成年で酒を飲むことのできない小松原もいるのに、無茶を言います。

すると、隣でチンピラが店員の女の子に、ちょっかいをかけ始めます。

それを見た岡は、酒の勢いもあり、文句をつけます。

もちろん、黙っているチンピラたちではありません。

こうして、喧嘩が始まってしまったのです。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」37話の感想は?

黒猫葵
遂に認可が下りたというのに、早速事件勃発です!

世良~!(怒)

あれ、あの3人が、自分たちが見逃したというところが無ければ、鈴さんの鋭さで、世良を糾弾できたのかもしれませんが、あれがあったせいで、見逃されてしまいましたね。

世良が加地谷寄りになってきましたよ~。

半額もせしめるとは…。

あれは、萬平さんの人の良さが仇となりましたね。

初出荷なのですから、ちゃんと社員が行かなくちゃダメでしたね。

いくら何でも信用しすぎです。

そして、相変わらずの鈴さん、今日も絶好調でした。

儲けが出そうと分かるや、超ご機嫌で、1500円とわかった後の手のひら返し。

お見事でした(汗)

そんな中、タカを巡る恋のバトルも、静かに始まり…

年少者には、タカの笑顔が癒しなんでしょうね~

森本は、多分可愛いタイプより、美人なタイプが好きなんでしょうね。

年齢的な意味もあるとは思いますが。

しかし、「若いもんには可愛く見えるんや。」って、神部さん結構ひどい(笑)

そして、ラストの岡の喧嘩…。

月曜から、事件が起きすぎでしたね。

これを、今週いっぱいかけて、1個ずつ、解決していくのでしょうか…。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」37話のネット上の反応や評価は?

◇たちばな塩業発足

ドラまる
起業人としての弱さが露呈した格好になったね。

やっぱり、肝心なところは、社員を関わらせなくちゃダメだったね。

ラマちゃん
恐らく、今回の事が結果オーライという形に導かれていくのだと思うけど、何となく腑におちないわね。

とはいえ、あの謝りに来た子たちも、「このくらいいいだろう」の考えが改まって、茶色さをいかに抜くかという丁寧さにつながり、結果「いいお塩」になるのかもしれないけど…。

とりあえず、出荷には社員が行って、改善点を専売所で確認するくらいは、必要なんだから、直接聞いてきた方がいいと思うわ!

◇今日の鈴さん

ドラまる
相変わらずの鈴さんだったけど、着物の1件があって、完全な信用はしていないから、あの疑惑に向かったんだよね。
ラマちゃん
実際に、少し茶色い塩が混じっていたから、それ以上の追及にはならなかったけど…

鈴さんの鋭さをあしらわないでね!

◇今日の世良さん

ドラまる
世良さんが、加地谷2号になっちゃった…って、元々彼は、萬平さんのためじゃなくて、基本自分のために動く人だからね(汗)

いい金づるを見つけに来たんだね…。

ラマちゃん
今回の事を、どう落とし前つけるのかしらって思うけど、でも、これが世良さんへの貸しにして、うまく福ちゃんが脅すというと言い方が悪いけど、いい営業として動かしていくことができるといいわね!

◇恋のバトル勃発

ドラまる
タカちゃん、乙女ゲーの主人公みたいになってきたよ(笑)

でも、みんなが、マドンナにメロメロ的な展開とは違うところがリアルだね!

ラマちゃん
この3人の中から、タカちゃんの将来のお婿さんが決まるのかしら?

他の人の所にお嫁にいくかと思った恵さんも野呂さんか牧さんかの2択だったからね!

でも、私は何となく、神部くんがちょっと好きなような気もするのよね…。

◇その他、面白意見まとめ

ドラまる
忠彦さんの心配が面白すぎるよ!

でも、多分だけど、タカちゃんは、萬平さんの仕事が見たい兼神部くんに会いたいじゃないかな?忠彦さん(笑)

ラマちゃん
一緒にひとつ屋根の下で過ごして、勉強教えてもらったって、結構ポイント高い気がするのよね。

私も、神部くんがいいなぁ、お相手は(笑)

◇あさイチ・朝ドラ受けまとめ

ドラまる
月曜の朝から、渋い顔になっちゃったね。
ラマちゃん
確かに、週末位の濃厚さだったわね!

これを、いかに回収していくのかしらね。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」37話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
いや~月曜の朝から、ジェットコースターみたいな展開だったね!
ラマちゃん
そうね。

塩の認可が下りて喜んで、初出荷に万歳してからの急降下。

ラストは、岡くんが喧嘩になっちゃうし。

黒猫葵
う~ん。

今週も、ハラハラでいっぱいになりそうですね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA