まんぷく|24話ネタバレと感想。三途の川向こうの鈴さんの意味は?【NHK朝ドラマ】 

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』24話が2018年10月27日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」24話!

木曜日に大きな動きがなくて、ほっとしていたらまさかの金曜日に事件が起こったね!

ラマちゃん
赤紙からの腹膜炎。

萬平さんは、無事目を覚ましてくれるのかしら?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」24話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」24話の予告あらすじ

福ちゃんの懸命の看病と鈴さんのお百度参りのかいがあってか、目を覚ました萬平さん。

病気の峠は越えました。

それから数日後、萬平さんは入隊するものの、適性検査で落とされてその日の内に戻されてしまいます。

情けなさと悔しさで落ち込む萬平さんを、福ちゃんは散歩に連れ出します。

そこへ突然、米軍の戦闘機がやってきて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」24話のネタバレあらすじ

赤紙が来た翌朝、激しい腹痛に見舞われた萬平(長谷川博己)

福子(安藤サクラ)は、一山越えて医者を呼びに行きました。

薬出直る見込みは「五分五分」と言われた福子は、萬平から片時も離れることなく看病をしました。

鈴(松坂慶子)は、近くの神社を尋ねると、お百度参りを始めました。

その言葉は…

「福子の旦那様を助けて。」

から、

「萬平さんを助けて。」

に変わっていました。

その日のお百度参りを終えて帰ってきた鈴は、明日も行くと言います。

福子は、鈴に「ありがとう。萬平さんのために。」とお礼を言います。

しかし、鈴はいつもの表情に戻ると、「あなたのためよ」とほほ笑むと、先に休むと言って部屋に戻っていきました。

翌朝、看病に疲れてうたた寝しても、手を握りしめている福子の横で、萬平は目を覚ましました。

「福子?」

萬平の優しく福子を呼ぶ声に、福子は目を覚ましました。

何とか峠を越し、一命を取り留めた萬平ですが、医者はひと月かふた月は安静にしているようにといい渡します。

福子と鈴は医者にお礼をいい、医者も鈴のお百度参りのおかげだとほほ笑みあいます。

萬平は、驚きの表情を浮かべつつも、起こせない体なりに、鈴に会釈をしました。

そこへ、心配していた萬平のはとこ・八重(竹内郁子)権三(石井洋祐)、村人たちも顔を出しました。

みんな萬平が目を覚ましたことを喜んでくれました。

その夜、分けてもらったお米で萬平は、お粥を作ってもらい食べました。

久々のお米に、萬平は心の底から、「うまい」という言葉がこぼれました。

しかし、どこかぼんやりしている萬平を福子は心配していました。

萬平は、夢を見ていたと言います。

それは、川のほとりに立っていて、渡ろうとしていたと言います。

福子は、三途の川かとドキッとしますが、その川の向こう側には、なぜか鈴がいました。

そして、鈴の「こっちに来ちゃ、だめよ」という言葉に、引き返すと目が覚めたというのです。

その川が、三途の川かどうかはわかりませんが、状況的には三途の川であることは間違いなさそうです。

その向こう側に鈴がいたとなると、おかしな話になるので、喜んでいいのかどうか困っていたというのです。

福子は、思わず吹き出して笑ってしまいました。

福子の笑顔に、萬平はやっと笑うことができました。

腹膜炎で倒れてから数日後、2度目の赤紙が来た萬平は、入隊しました。

でも、また、その日のうちに帰されてしまったのです。

福子は、落ち込む萬平を、外に連れ出しました。

2人は、散歩には心地よい季節を楽しんでいました。

その光景は、あまりに穏やかで、日本が戦争をしているなんて、嘘のようでした。

杖をつきながら、何とか歩けるようになった萬平の姿を見つけた、八重と権三が声をかけます。

2人とも、少しずつ元気になる萬平の姿を喜んでいました。

一緒に魚捕りをした子どもたちも「おっちゃ~ん!」と駆け寄ってきます。

「早く良くなってね!」「また一緒に魚捕りしよう!」と、口々に言い、笑う子ども達の姿に、萬平もほほ笑みます。

しかし、その時、突然現れたのは、1機の戦闘機です。

萬平は、「みんな隠れろ!」と叫ぶと、少ない物陰にみんなを追いやり、かばうように身をかがめます。

すぐそばを威嚇するように爆撃すると、戦闘機は去っていきました。

何とか全員無事であり、胸をなでおろしていると、突然萬平は叫びました。

「畜生!畜生!畜生!情けない!」

萬平は泣きながら、叫びました。

「お義母さん、すみません。福子…申し訳ない。僕は、何もできない。何も…できない。」

萬平は身体を壊して、お国のために働けないことを、本当は心の底から悔しいと思っていたのでした。

福子は、そんな萬平に渇を入れます。

「そんなこと考えんといて!戦争に行かなくとも、お国の役に立てることはきっとあります!私は、萬平さんに生きていてほしい!誰に何と言われようと!あなたには、生きていてほしいの!」

鈴も、「身体を壊してしまったのだから、しょうがない。」と萬平を励まします。

八重と権三、子どもたちも、萬平を励まします。

「帰りましょ!萬平さん!」

福子に支えられ立ち上がった萬平は、呟きました。

「僕に…できること。」

「大丈夫!私が見つけてあげます!」

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」24話の感想は?

黒猫葵
今週のサブタイトルは、今日のラストの福ちゃんのセリフだったんですね~。

気にしていないような顔をしていましたが、本当は心の底から、身体検査ではねられてしまった事を悔しく思ってたんですね~。

この時代の男性は、そんな風に思ってたのか~…としみじみ思ってしまいました。

はっきり言って、萬平さんが身体検査ではねられる原因は、完全に憲兵ですから、そこまで気に病まず、戦争に行けなくてラッキーって…戦争の結末を知ってると思ってしまうんですよね。

この時代にそんなこと思って生きていける人は少ないんでしょうけど。

しかし、目覚めた時の萬平さんの複雑な顔が、目覚める直前の夢が原因で、目覚めて良かったって、喜べなかったって…福ちゃんの気持ちは、「何!この可愛い人!」ですよね(笑)

でも、何の川だったんでしょうね本当に。

まぁ、お百度参りで、生霊を三途の川の向こうに飛ばした鈴さんが、止めたと思っておきましょうかね(笑)

来週予告を見ると、来週早々には、終戦を迎えそうですね。

来週は、遂に瀬戸康史さんも登場!

そして、あの男も登場する予感!

さてさて、どうなってしまうのでしょうか!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」24話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
鈴さんのお百度参り、何だかんだ、福ちゃんの旦那様として、認めつつあるんだよね!
ラマちゃん
そうね!

鈴さんのお百度参りのおかげでもあると思うわ♪

ドラまる
本当に優しい村人さん達だよね。

確かに、こんなに仲良くなっていく過程を、見たかったかもしれない。

もちろん、こんなことしてきたんだろうな~みたいな想像に難くないけどね!

ラマちゃん
子ども達の懐き方を見ると、きっと電気以外の魚捕りを見つけたんじゃないかしら♪

そして、昨日も言ったけど、背の高さを駆使しての、神棚直したりとかしてたんじゃないかしらね♪

そんな、やり取りがあったのかもと想像できる人の良さよね♪

ドラまる
色んな意見がでてるね~。

鈴さんが三途の川の向こう側の夢の話(笑)

ラマちゃん
ちょっとまとめてみると…。

あ!私の意見も入れておくわね♪

  • 直接会ったことのない萬平さんのために鈴さんの姿に変装した咲姉ちゃん
  • 萬平さんの深層心理による願望
  • 亡き母と鈴さんのイメージが重なった結果(お母さんの記憶はほぼ無いと想定)
  • お百度参りにより生霊を飛ばして立ってみた

どの説がいいかは、皆さんのお好みという事でどうかしら♪

ドラまる
萬平さんの悲痛な思いが溢れていたね。

福ちゃんと結婚して、今までちゃんとは持ってなかった家族ができて、その家族が一緒に夢を探してくれるって、本当に素敵だね。

ラマちゃん
本当は、どんな人たちも福ちゃんと同じ気持ちを、出征していった家族に伝えたかったと思うのよね。

それが、大っぴらには言えない時代だったのよね。

ある意味、あの時代の女の人たちの本音を叫んだ気もするわ!

ドラまる
とりあえず、来週早々終戦を迎えて、焼け野原になった大阪に帰ってくるみたいだね。

あの男が登場するのは、確定みたいだけど…。

ラマちゃん
みんなとの再会も楽しみにしたいわ!!

きっと、みんな無事に大阪に帰ってくるわよ!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第5週のあらすじは?

2018年10月29日(月)~11月3日(土)8時〜放送のドラマ『まんぷく』第5週のあらすじをご紹介します

長く続いた戦争がようやく終わり、疎開していた福ちゃん、萬平さん、鈴さんは大阪に帰ってきました。

待っていたのは、敗戦後の厳しい現実。

大空襲を受けた大阪は、ほとんどの家々が焼け、食料が大きく不足していました。

配給では足りないため、闇市で高いお金を払って食料を買わなければなりません。

福ちゃんたちはお金を手に入れようと、持っていた着物を売っていきますが、だんだん売る物もなくなり、困っていたある日、萬平さんがある商売を思いつきます!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」24話のネタバレ有りの感想と第5週のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
萬平さんが無事に目を覚ましたものの、入隊できなかった悔しさを溢れさせる回。

福ちゃんの支え、鈴さん、村人さんたちの優しいまなざしが素敵なお話だったよ。

ラマちゃん
来週には、終戦を迎えて大阪に帰ってくるはず…焼け野原になった大阪を見て、3人がどんな表情を浮かべるのか気になるわ。

そして、新キャラも登場するかと思えば、あの男の再登場が確実よ!

黒猫葵
来週も色んな事件が起こりそうですね!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA