まんぷく|10話ネタバレと感想。転院した咲姉ちゃんが危篤に…。【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』10話が2018年10月11日(木)に放送されましたね。

ドラまる
昨日、とても漢気溢れるプロポーズ(予告)を見せてくれた萬平さん。

少女漫画の主人公のようにキュンとしちゃった福ちゃんと豆鉄砲を食らった鳩のような鈴さん。

今朝は、怒り狂う鈴さんから始まるんじゃないかと冷や冷やしてるよ。

ラマちゃん
今日は、専門の病院に入院した咲姉ちゃん、。

そんな咲姉ちゃんに、克子姉ちゃんの夫・忠彦さんが絵を描いてくれるみたい!

どんな絵なのかしらね!

今日も、物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」10話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」10話の予習あらすじ

萬平さんに紹介された結核の専門病院に入り、咲姉ちゃんの病状が少し回復しました。

でも、福ちゃんは萬平さんに会わないまま。

病気が治って、また会えるようになる日を心待ちにしています。

お義兄さんで画家の忠彦さんは、春なのに外に出られないから、ときれいな桜の絵を描いて贈ってくれました。

家族の思いを受けて回復の兆しをみせていた咲姉ちゃんでしたが……

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」10話のネタバレあらすじ

姉・咲(内田有紀)が結核で入院してからというもの、福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)と会えない日々が続いていました。

福子は萬平に、手紙で近況を知らせていました。

萬平に紹介してもらった病院に転院した咲は、顔色も良くなり回復傾向にあるように思うと報告をしました。

しかし、福子は母・鈴(松坂慶子)の失礼な物言いを気にしていました。

そして、今の鈴に何を言っても、聞く耳を持たないということも。

福子は、それでも咲が元気になって、また萬平に会える日を楽しみにしているという素直な気持ちを伝えました。

そんな萬平の元には、世良(桐谷健太)から、電話がかかってくるのでした。

咲は、病室から外を見つめていました。

鈴は、「和歌山では桜が咲き始めた」、そんな外の話を聞かせています。

そこへ、真ん中の姉・克子(松下奈緒)と夫・忠彦(要潤)がやってきました。

「また来てる」と顔をしかめる克子と、忠彦が来たことを珍しがる鈴の無言の攻防が繰り広げられます。

忠彦は、咲のために絵を描いてきたと言います。

それは、満開の桜の絵でした。

忠彦は、病室の窓からでは桜が見えないからと、外に出られない咲のために、その絵を描きました。

咲は、嬉しそうに忠彦にお礼を言いましたが、少し油断すると咳きこんでしまいます。

忠彦は、そんな咲を心配そうに、何か思うところがあるような表情で見つめるのでした。

一方、萬平は世良と会っていました。

初デートで行ったラーメン屋です。

「しばらく会わない。」

福子と萬平が、そんな話になっていることに、世良は驚きます。

そうなると、当面は仕事に専念すると言う萬平に、世良は自分にも萬平の商品を売らせろと笑います。

共同経営者・加地谷(片岡愛之助)が、いい顔をしないと苦笑いを浮かべる萬平。

世良は、どうもきな臭い加地谷を好きになれないと言います。

それでも、萬平は自分が困っている時に手を差し伸べてくれた加地谷を信頼していました。

その頃、福子は、咲の事を心配しつつも何とか仕事をこなしていました。

それでも、どこか上の空で、元気がない福子を保科恵(橋本マナミ)は、心配していました。

そして、福子に想いを寄せていた調理係・野呂幸吉(藤山扇治郎)は、元気のない福子に、「お姉さんに食べさせてやって。」と、缶詰を持ってきてくれました。

そんな幸吉を見かねた恵は、福子が「萬平と別れたわけではないこと」「諦めた方がいいこと」を忠告します。

しかし、野呂は、あくまで「元気になってもらいたいという気持ち」であることを強調すると、恵にも缶詰をあげました。

野呂の心境にも変化があったようです。

仕事が休みになると、福子は咲のお見舞いに行きました。

そこには、咲の夫・真一(大谷亮平)の姿もありました。

福子は、先日忠彦が届けた絵を見て感動します。

皆が、咲を気にかけてくれていると、福子は励まします。

咲は、萬平にもお礼を言っておいてほしいとお願いします。

真一も、萬平の紹介が無ければ、こんなにいい病院の個室に入れることなんてなかったと言います。

「次は、いつ会うの?」

咲のために、会っていないことを知れば、責任を感じてしまうと思った福子は、咲に小さな嘘をつきました。

「木曜日かな…。」

その夜、鈴と2人夕食を食べていると、鈴は尋ねました。

「あの人には、会うてないでしょうね?」

会っていないと否定する福子に、鈴は感謝こそしているが、それとこれとは話が別だと言います。

福子は、なぜ萬平では、ダメなのかと尋ねます。

鈴は、会社経営をしていた夫に苦労をさせられたから、娘たちにそんな思いはさせたくない。

それが、「勤め人」にこだわる理由です。

「結婚相手は、堅実な人が一番!」

2人の話は、平行線のままでした。

一方、萬平の作った根菜切断機は、頭打ちだと加地谷が言い出しました。

そして、軍の機嫌を取るため、新兵器を作らないかと持ち掛けます。

萬平は、「人の役に立つ仕事」がしたいため、殺戮のための兵器を作るのはと躊躇します。

しかし、加地谷は、社長の自分の言うことが聞けないのかと、横柄に言います。

萬平は、この会社は2人が対等に、それぞれができることをしているはずだと思っていました。

そして、自分のアイデアが会社の役に立っていると思っていました。

しかし、加地谷は、「綺麗事だけで、金もうけはできん。」、そう言い捨てるのでした。

萬平は、口では敵わない加地谷への不満をかき消すように、アイデア帳をめくり、挟んでいた福子の手紙を見つめました。

福子も、本当は萬平に会いたかったにちがいありません。

咲の事は心配ですが…いいえ、心配で不安だからこそ会いたかったのです。

でも、その夜の事でした。

咲の容態が急変しました。

急遽、呼び出された真一・克子・福子は、医者から辛い現実を突きつけられます。

「覚悟?」

咲は、もう何日ももたないかもしれないと言うのです。

そして、ずっと予断の許さない状況であることを、真一には伝えていたと言います。

真一は、咲の希望で、黙っていたのです。

福子は、悲しみの表情を浮かべるのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」10話の感想は?

黒猫葵
咲姉ちゃん…(涙)

やはり、そんなにうまい事行かないんですね…。

咲姉ちゃんは、自分の病状を理解して、母や妹たちに笑っていてほしいと言う気持ちで、黙っていてほしいと言ったんでしょう。

今週末に向け、悲しい展開が待っていそうです。

さて、今日も鈴節が炸裂していましたね。

鈴が大変だったのは、まぁ本当でしょう。

夢を諦めた事が、ひっかかっているのもあるでしょう。

そして、その苦労を娘にさせたくないのも本当でしょう。

福ちゃんが、萬平さんを支えて生きるという事の意味をまだ理解できていないのも、わかります。

今は、いい所しか見えていないでしょうから。

ただ、夫に先立たれて、お金がない時に頑張ったのは、娘の「咲」でしょう(苦笑)

武士の娘だからか何だか知りませんが、仕事も家事も、「咲がしていなかったかい?」という、冷ややかな目で見てしまいました。(汗)

相変わらず、福ちゃんの話は、全く聞く耳持っていませんしね。

母目線の気持ちも理解はできるのですが、娘目線で見た時に、そういうところが、「毒親」って言われてしまうんでしょうかね。

何だか、話が重くなってきたので、ほっこりした方にも触れましょう。

野呂缶!

登場しましたね!

ビーフシチューの缶詰なんてあったんですね~…。

そして、何気に野呂さんの心境の変化の表情が描かれていましたね。

昨日の木陰で、やっぱりちゃんと失恋したんですね野呂さん。

とはいえ、どのタイミングで恵に…。

しかし、あさイチの朝ドラ受けが面白いですね~。

MCの博多大吉さんが、博多華丸さんに、「どうにかしろ!」という、無茶振りに、重たい気分が少し晴れました。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」10話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
なんか、福ちゃんと萬平さんの恋物語が、停滞しているからか、萬平さんヒロイン説の違う恋物語(笑)が勃発しているよね。

女性陣が、色めきだってるんだけど…。

ラマちゃん
完全に、三角関係の構図よね(汗)

萬平さんというヒロインを取り合う胡散臭い男たち。

でも、加地谷と萬平の歯車はかみ合わなくなってきているし、何か事件が起きなければいいけど…。

ドラまる
忠彦さん、言葉少ないけど、その心の中は、スゴイ色んな言葉や感情で占められていそうだね。
ラマちゃん
咲と真一の覚悟に気づいていたのではという意見もあったけど、本当にそうかもしれないわね。

すこし離れたところから、俯瞰して今井家を見ているか感じがするわね。

ドラまる
野呂缶の出演があったね!

でも、その後の恵に渡したときの表情が、おとといの牧先生を思い出しちゃったなぁ。

ラマちゃん
缶詰…色々あるのねぇって、違う感想も出ちゃったわ(笑)

そして、やっぱり、野呂さんの想いを伝える方法は、缶詰なのね。

ドラまる
あの表情の演技に、息を飲んじゃったよ!

咲を心配させたくなくてついた、下手な嘘。

ラマちゃん
何となく、咲も真一も気が付いてる気がするわね。

ドラまる
愛情はたっぷりあるのは違いないね。

ただ、今井家の大黒柱が亡くなったタイミングで、頑張っていたのは、咲だよね(汗)

ラマちゃん
少なくとも、咲が嫁入りするまで、お料理をしていた感じはしないからね(汗)

とはいえ、鈴さんの心配もわかるんだけどね…

ドラまる
本編のお話じゃないんだけど、すっかりあさイチの朝ドラ受け込みで朝ドラになっちゃってるんだよね~!

祝日や土曜日はあさイチが無いからちょっと寂しいくらいだよ!

ラマちゃん
華丸さんのはまり方もいいけど、冷静な大吉さんとのやり取りが、また面白いのよね!

近江アナも、長らくタモさんと番組やってたから、受け答えがナイスな感じがするわ!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」10話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
咲姉ちゃん…死なないで!!

そんなタイミングで時計が、8:14を表示してて「つづく」になっちゃたんだよね。

明日は、どう始まるんだろう。

ラマちゃん
そういえば、咲姉ちゃんの事でうっかりしてたけど、あのプロポーズに怒り狂う姿どころか、3か月くらいスキップしてたわね。

朝から怒り狂う鈴さんは、少しヘビーよね。

でも、それだけ長い期間、咲姉ちゃんの容態が一進一退していたのだと思うと…。

黒猫葵
咲姉ちゃんの容態が、気になるところでもありますが、不穏な空気でもあります。

続きを、早く見たいような、見たくないような。

明日の物語も、一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA