まんぷく|4話ネタバレと感想。咲姉ちゃんの嫁入り。【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度下半期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』第1週4話が2018年10月4日(木)に放送されましたね。

ドラまる
NHK朝ドラ「まんぷく」4話!

今日は、姉の咲の嫁入りを鈴が認めてくれたね!

ラマちゃん
福子も未来の伴侶・萬平に出会う予感!

今日も、一緒に物語を追っていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週4話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」第1週4話の予告あらすじ

ついに鈴さんが咲姉ちゃんの結婚を認めてくれて、嬉しくてたまらない福ちゃん。

結婚式の時に何か特別な出し物をしたいと思い、親友の敏ちゃんから聞いた場所を訪ねると…出会ったのは幻灯機(映写機)を開発する萬平さんでした。

萬平さんの協力を得て、福ちゃんが披露したのは…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週4話のネタバレあらすじ

大阪東洋ホテルで働き始めて1か月、今井福子(安藤サクラ)は、電話交換手からフロント係に異動になりました。

フロント係は、ホテルの顔です。

福子には嬉しい事ばかりです。

仮病を使ってまで、一番上の姉・咲(内田有紀)の結婚を延期させようとした母・鈴(松坂慶子)も、咲の結婚を認めました。

嬉しさのあまり、満面の笑みを浮かべていると、同じフロント係の保科恵(橋本マナミ)に、「そんなに笑わなくていい」と、言われてしまうのでした。

咲のお嫁入りを前に、鈴と福子と咲は、節約と家事を習っています。

そんな中、咲は今日の出来事を嬉しそうに話します。

何と、婚約者の小野塚真一(大谷亮平)が、お店にやってきて、「指輪を見せてほしい」と。

「結婚指輪です。」

咲のノロケ話に、歓喜の雄たけびをあげる福子を、窘めます。

また、真ん中の姉・克子(松下奈緒)の夫・忠彦(要潤)も、お祝いの絵を描いてくれていると言います。

幸せいっぱいな咲に、福子も満面の笑みを浮かべます。

次のお休みの日には、福子は親友・敏子(松井玲奈)ハナ(呉城久美)とラーメンを食べに来ていました。

福子は、2人に咲へのお祝いに何かしたいと張り切っています。

敏子は、父が見本市で面白い機械を見たと教えてあげます。

早速、教えてもらった「たちばな工房」へと、足を運ぶ福子です。

中では、店主の立花萬平(長谷川博己)が、写真を映写する幻灯機を見せてあげていました。

福子は、これを結婚式で使わせてほしいとお願いします。

萬平は、快く無料で貸し出してあげることにしました。

しかし、共同経営者で営業担当の加地谷圭介(片岡愛之助)は、そんな萬平に貸し出すなら尺容量を取るようにと反対するのでした。

いよいよ咲の結婚式が明日に迫っていました。

鈴は、花嫁衣裳を感慨深げに見つめます。

娘たちの部屋では、克子もやってきて、思い出話に花を咲かせています。

咲は、昔から、男性にモテていたという話になりました。

その中でも印象深いのは、近所の歯医者で馬に乗ってやってきたという男の事です。

その男の名は、牧善之介(浜野謙太)と言いました。

馬に乗って、今井家へやってきて、咲との交際を申し込みに来たのです。

しかし、鈴が「背が低すぎる」という理由で、けんもほろろに断ってしまいました。

その夜、咲は夜中に目を覚ましました。

仏間へ行くと、鈴がまだ起きています。

咲は、嫁入り前の挨拶をしました。

「幸せになるのよ。咲。」

鈴は、咲の手をとりながら、優しく言うのでした。

結婚式当日、和やかに結婚式が進む中、福子が話し始めます。

この日のために、特別な出し物を用意したというのです。

しかし、機械トラブルで映像が映し出せません。

萬平が機械の調整をしている間、福子は場を繋ぐために、昔話をします。

それは、母・鈴が厳しく、咲が外で男性と会う時に、監視役としてついて行かされたこと、新郎・真一と初めて会った時もついて行かされたが、自分ももうだいぶ大人だったこと、それでも、真一だけは今までの男性とは違うと思ったことを話します。

そして、真一が結婚の挨拶をしに来てくれて嬉しかったこと、咲が幸せになれると喜んだことを話しました。

「真一さん…咲姉ちゃんを幸せにしてください。咲姉ちゃんも、真一さんをしっかり支えてあげてね!」

そんな感動的な挨拶に、萬平は思わず見とれてしまいますが、我に返り幻灯機を動かし始めます。

福子は、咲が産まれてからこれまでの写真を映し出していきます。

その写真を見て、皆が感動します。

喜ぶ親族たちの姿を見て、萬平も笑顔を浮かべます。

役割終え、萬平は帰路につきます。

その足取りは軽やかです。

福子は、そんな萬平を追いかけ、お礼を言うと、謝金を渡そうとします。

しかし、萬平はそれを固辞しました。

「自分が作った幻灯機が役立ってくれて、皆さんがあんなに感激してくださって。僕は胸がいっぱいです。お礼を言いたいのは僕の方です。」

そういうと、頭を下げて帰っていきました。

福子は、そんな萬平の背中に深々と頭を下げました。

萬平は、福子の挨拶を思い出し、また笑顔を浮かべ帰っていくのでした。

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週4話の感想は?

感動的なお式でしたねぇ…。

内田有紀さんのおきれいな事(涙)

福子が用意した出し物は、今でいうスライドショーですよね。

これが走りかしらと思うほどの。

今は、みんなお色直しの間の余興に、これやりますよね♪

そして、そして、萬平と福子も出会いました。

しかも、福子の挨拶を聞いて、完全に憎からず思っていますよね。

この出会いから、2人はどう発展していくのでしょうか。

楽しみですねぇ。

[/voice]

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週4話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
本当!

粋な男だねぇ~(ニヤニヤ)

ラマちゃん
朝ドラだからこそ、安心して咲への指輪だとわかるからいいわよね♪

何かドロドロラブストーリーだったら、そう見せかけて違う女に上げたりしない???なんてうがった見方をしてしまうもの(汗)

ドラまる
会うたびにラーメン食べてるのかなぁ(笑)
ラマちゃん
ラーメンはいつ食べても美味しいわよね♪

これが、3人の楽しいひと時なのね!

ドラまる
演出過多じゃない出会い方に、好感が持てたね!

でも、随分さらっとしてたとは思ったけど。

ラマちゃん
えも、何となく福ちゃんと萬平さんらしい出会い方よね!

ドラまる
この時代に、このサプライズは粋だねぇ。

写真もそんなにたくさんあるもんでもないだろうし。

ラマちゃん
今は、当たり前になったスライドショーだし、お色直しの間の繋ぎって感じもするけど、こうして新郎新婦も一緒に見るのもいいわねえ。

私も結婚式にお呼ばれする時は、これが楽しみだったりするのよ♪

ドラまる
感動の嫁入り前の挨拶を前に、だいぶインパクトのある映像だったよね(汗)

ハマケンさん、これで終わりじゃないよね??

ラマちゃん
登場人物紹介にもいるし、これから誰かに恋に落ちるみたいだから、まだ出番がありそうよ!

ドラまる
最初は、誰か止めて感のある話も、最後は感動で締めたから、みんなの印象は感動だよね♪

萬平さんの「まだ」からの機転が最高だったよ!

福ちゃん!

ラマちゃん
最初のデートに福子がついてきて、目障りだったでしょ?って聞かれて、否定しない真一さんも、何だか可愛かったわ(笑)

義兄の要潤さんも、妻の家族も含めて、家族を大切にするキャラという事が巧みに描かれていたわ!

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週4話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
内田有紀さんの花嫁姿、本当にキレイだったね。(照)

なんかドキドキしちゃったよ…

幸せになってほしいなぁ。

ラマちゃん
福ちゃんと萬平さんも出会ったし、ここからどうやって仲を育んでいくのかしら…。

週末は、来週に向けて事件が起きがちだし、少し心配ね。

黒猫葵
本当にほっこりする結婚式でした。

咲姉ちゃんお幸せに♪

また明日お会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA