【NHK朝ドラ】まんぷく|第1週1話ネタバレ感想。福子の家族と仲間の紹介!

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度下半期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』第1週1話が2018年10月1日(月)に放送されましたね。

ドラまる
さ~2018年度下半期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」の放送が開始されたね!

今の時代には欠かせない、インスタントラーメンの開発に携わった夫婦のお話なんだよね!

ラマちゃん
そうよ!

今回のヒロインは、その開発者の奥さんという事で、スタイル的には2010年の「ゲゲゲの女房」を思い浮かべる人も多いような気がするわ!

それに、ヒロインのお姉さん役には「ゲゲゲの女房」ヒロイン松下奈緒さんもいるしね!

黒猫葵
これから、長いお付き合いとなりますが、一緒に物語を追いかけていきましょうね!

それでは、第1週「結婚はまだまだ先!」1話の始まり始まり!

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週1話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」第1週1話の予習あらすじ

舞台は1938年の大阪。

高等女学校を卒業したヒロインの福ちゃんは、三人姉妹の末っ子。

お母さんの鈴さんと一番上の咲姉ちゃんと3人で暮らしていました。

お父さんを早くに亡くしていたので、家計を支えようとホテルの電話交換手として働き始めた福ちゃん。

初めてとった電話の相手が、後に夫婦となって共に世紀の大発明を成し遂げる萬平さんなのでした!

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週1話のネタバレあらすじ

舞台は、1938年(昭和13年)の大阪です。

昨年、始まった日中戦争で世の中は軍需景気に湧いていました。

そんな好景気の大阪の一角にあるテーラーで、就職祝いのスーツを作ってもらっている女性こそが、この物語の主人公・福ちゃんこと今井福子(安藤サクラ)です。

この春、高等女学校を卒業し、市内のホテルに就職することが決まっていました。

今日は、一番上の姉で、宝飾店に勤める今井咲(内田有紀)が、張り切って就職祝いのスーツを仕立てるため、ウキウキと生地を選んでいました。

店員さんも、「優しいお姉さんですね!」と、ほほ笑みます。

しかし、福子は満面の笑みを浮かべて言いました。

自分の就職よりも、もっと大きいお祝いがあると。

「結婚するんです!」

自宅に戻ると、福子の父の仏壇の前で、咲の嫁入りをウキウキと報告する人の姿があります。

福子の母・今井鈴(松坂慶子)です。

その後ろでは、既にお嫁に行き、お腹の大きな真ん中の姉・香田克子(松下奈緒)の姿がありました。

克子は、咲のお相手は、大きな会社に勤めていることも報告しろと茶々を入れます。

克子は、数年前に、突然連れてきた画家の男・香田忠彦(要潤)と、鈴の反対を押し切って結婚しました。

忠彦は、売れない画家でした。

3姉妹の父親は、比較的忠彦を気に入っていたようですが、鈴は稼げない忠彦をよく思っていませんでした。

今でも、鈴と克子はその時の事で、火花を散らしています。

それでも、克子はめげずに実家に遊びに来ているあたり、図太いのかもしれません。

鈴は、そんな克子を見て、福子の相手は、絶対に見合いで決めると断言します。

福子は、そんな鈴を見て、満面の笑みを浮かべて、言いました。

「私の結婚は、まだまだ先!」

ある日、咲は婚約者の小野塚真一(大谷 亮平)と街を歩いていました。

真一と咲は、結婚式の規模などを話し合っています。

いや、真一の提案に、粛々と頷く咲です。

その夜、自宅で鈴・福子と3人、食卓を囲みながら、鈴は咲に嫁入りの心得を説きます。

「結婚したら、何事も控えめ。旦那様を立てるのよ。旦那様より、あなたが先に寝てはいけません。起きるのは、あなたが先。」

福子は、そんな鈴に、咲なら大丈夫だと止めますが、鈴は「生半可な気持ちで結婚はできない。」と、急に懇々と説き始めたのです。

何で急にそんなことと福子は、呆れ声で言いますが、そんな福子に鈴は、「あなたは食べ過ぎ!」と笑うのでした。

その夜、咲は自分が嫁に行った後の事を案じていました。

自分が家を出ると言うことは、福子の給料で鈴と2人やっていかなくてはいけません。

それでも、福子は「2人になれば、食費も安くなる。」と、咲を安心させました。

一方、鈴は不安げな表情を浮かべるのでした。

福子の初出社の日です。

大阪東洋ホテルは、当時、大阪で一番大きなホテルでした。

福子は、そこの電話交換手として、採用されました。

初めての電話に、福子はとまどうばかりです。

先輩交換手の樫田うた江(なるみ)が付きっきりで、福子をフォローします。

初めてつないだ電話をかけてきたのは、たちばな工房の立花萬平(長谷川博己)という人でした。

何とか、午前の仕事を終え、やっと昼ご飯にありついた福子は、大きなため息をつきます。

そこへ料理人・伴に声をかけられました。

福子は、張り切って挨拶をします。

しかし、福子が電話交換手だと聞くと、その人は「そうだろうな!」と意地悪気に笑います。

その人が言うには、新人は、器量が良ければお客と接する仕事に、そうでなければ電話交換手だと言うのです。

福子は、言われている意味をとっさに気づけませんでしたが、後ろにいた料理人・野呂幸吉(藤山 扇治郎)は、「嘘だから、気にするな。」と、フォローします。

伴の言った意味を、飲み込んだ福子は、そっとフロントを覗いてみます。

そこには、見目麗しいフロント係の保科恵(橋本マナミ)が、お客の対応していました。

福子は、そんな恵をみて、自分の顔を押さえるのでした。

社会人になって、やっと取れたお休みを、福子は女学校時代の親友・鹿野敏子(松井玲奈)池上ハナ(呉城久美)と過ごしていました。

久しぶりといっても、10日ぶりでありましたが、女学校時代に毎日会っていたことを思えば、久しぶりといっても過言ではないでしょう。

仕事で疲れている福子を見て、敏子とハナは、ある提案をします。

「ラーメンを食べに行こう!」

当時、ラーメンは「しなそば」と呼ばれていましたが、このころから「ラーメン」という呼び名にシフトして行っていました。

食いしん坊の福子を元気づけるには、美味しいものが一番です!

3人は、屋台のラーメン屋に並んで座ります。

福子は、ラーメンを作るところをウキウキと見つめます。

そんな中でも、3人はかしましく、近況を報告し合います。

そして、福子は、先日の伴に言われた一言を、ずっと気にしていました。

「ねぇ、私って器量悪い?」

ずっと、女学校育ちだった福子は、今までそんなことを考えたことがありませんでした。

しかし、敏子もハナも、元々お嬢様学校の女学校で、福子だけ貧乏でも、全く気にしていなかったところを、好きだといい、そんなこと気にする必要はないと励まします。

出来上がったラーメンが3人の前に置かれました、かしまし3人娘は、歓声を上げラーメンをすすります。

福子の楽しい休日でした。

その数日後、福子の家には、仕立て直しに出していた咲の花嫁衣装が届いていました。

その衣装は、30年前に鈴が来たものを、咲用に仕立て直したのです。

克子の子どもたちは、克子は着なかったかと尋ねますが、鈴はいつもの調子で克子は結婚式を挙げなかったからと嫌味を言います。

克子は、「今はそんなこといいだろう」と気にもとめません。

みんな咲の花嫁姿を楽しみにしていました。

しかし、突然、鈴がお腹を抱えてうずくまってしまいます。

騒然とする今井家!

さぁ、ここからが始まりです。

福ちゃんと、この萬平さんの物語!

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週1話の感想は?

黒猫葵
まずは、始まりましたね!

2018年後期朝ドラ「まんぷく」です。

芦田愛菜ちゃんのナレーション、中学生とは思えない落ち着いた声で、とても馴染んでいました!

これから半年、このナレーションで朝を迎えるのは、とても楽しみです!

最後のセリフにもありましたが、物語はこれからスタート!

今日は、福子の周囲の人たちを紹介する回でした。

そして、さりげなく将来の旦那様とも電話越しで出会っていました!

これから、福ちゃんがどんな人生を歩んでいくのか、楽しみな第1話でした!

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週1話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
うんうん!

18歳の元気で食いしん坊な女の子って感じだったよ!

ラマちゃん
安藤サクラさんのポテンシャルの高さに、また一つ驚かされたわ!

ドラまる
ナレーション最年少の芦田愛菜ちゃん、堂々としたものだったね!

明るいはじまりで、僕も楽しみだよ!

ラマちゃん
まだ、これから、戦争時期も挟むと思うから、ずっと明るいままというわけにはいかないかもしれないけど…。

それでも、楽しみな事には変わりないわね!

ドラまる
早速、この物語のキーワードである「ラーメン」とも出会ったね!
ラマちゃん
この出会いが、物語後半の核になるのは必至ね!

ドラまる
この時代は、まだ鈴の考え方の方が、一般的だろうね。
ラマちゃん
新旧が混ざり合いつつもあったんだろうけど、克子の生き方は、当時にしたらモダンだよね。

この新旧のふんわりバトルを繰り広げつつも、克子が普通に実家に遊びに来ているのが、ほっこりもするのよね。

ドラまる
それ、僕も思ったよ!

元々、安藤サクラさんの家族もお芝居一家だし、とんでもないサラブレッドが、いいお芝居一家に嫁いで、さらに演技力を磨いたって感じだね!

ラマちゃん
安藤サクラさんって、こんなコミカルな演技もできたんだなぁと、目から鱗だったわね!

ドラまる
うんうん!

敏子なんて、本当はお仕事したかったんだろうなぁって感じで、すこしモダンな考えの持ち主なのかなって思ったよ!

ラマちゃん
ハナちゃんも、お嬢様なのに、気取らない感じでよかったわ!

この先も、福ちゃんとかしましくしていってほしいわね!

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度下半期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第1週1話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
まずは第1話で、福子の生い立ちや、家族・仲間たちが、一同に紹介されたね!
ラマちゃん
掘り下げていくのは、これからだけど、このたった15分で、面白そうなキャラがたくさんいるなと感じたわ!
黒猫葵
まずは、第1話という事で、物語の世界観が描かれていましたね!

鈴の腹痛も原因は何なのか?

明日の第2話を楽しみにしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA