天国と地獄 〜サイコな2人〜|7話ネタバレと感想。日高と東朔也は双子の兄弟!東朔也は、陸の師匠・湯浅で殺人犯か!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年2月28日(日)「天国と地獄 〜サイコな2人〜』」の7話ネタバレと感想をお届けします。
※< >内は入れ替わった後の人物名です。日高<彩子>=外観が日高で魂は彩子、彩子<日高>=外観が彩子で魂は日高。

ドラまる
クウシュウゴウφ、東朔也とは何者なんでしょうか。真犯人なのかな。

日高は、殺人を犯していなくて、あとから清掃に入っていただけということなんでしょうか。

ラマちゃん
日高<彩子>は、実家に帰り、父・満から、日高の意外な過去を知るようです。

意外な過去とは、何でしょうか。事件を解くカギになるのかな。

彩子<日高>は、東朔也という行方不明者を探していた。日高<彩子>も河原もその名前にたどり着くが、事件とのつながりが見えない。日高<彩子>は、父・満に呼ばれ、日高の過去を知り.....。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』7話あらすじネタバレと感想

彩子<日高>は、行方不明者のデータベースから東朔也を探すがいなかった。河原も、漫画持って行った清掃員・東に、日高<彩子>も、東朔也にたどり着いていた。

日高<彩子>は、陸に、歩道橋の数字を消す依頼をしてきたクウシュウゴウが、現場に消したか確認にくると考え、歩道橋を見張ることにする。

彩子<日高>は、八王子で火災があり身元不明死体があるとニュースで見て、現場に行き、右手にほくろが、あるか確認する。ないことを確認するとまだ生きているのかと独り言を言う。

歩道橋に数字の落書きを池袋で頼まれた男を呼び出し、陸と八巻もつれて見張っている。頼まれた男は、右手にほくろがあったと言い解放される。陸と八巻は、日高<彩子>にいろと言われる。

日高<彩子>は待ちながら、漫画をよく読む。目立たない清掃員が、ある日、悪いことをした役人を消す仕事をミスターXから頼まれ、クウシュウゴウという名前を与えられる。

クウシュウゴウとは何もない、誰も気づかない君にぴったりだと言われる。数字を与えられ、清掃するがごとく人を殺して、手のひらにはφの字を残して行くというものだった。

夜、陸と八巻が、彩子<日高>がきたと言う。消した壁を見つめて、まだ生きているのですねと独り言を言う。

日高<彩子>は少し揺さぶるかと言い、彩子<日高>に、東朔也と声を掛けられたがだれだと聞く。彩子<日高>は大きく出るようになりましたねと言い、いつでも犯人にできると脅す。

別れたあと日高<彩子>は動揺していると感じる。父・満が、記憶を失ったと心配して電話をかけてきた。手紙のことと言われ、日高<彩子>はクウシュウゴウ・東朔也に近づいていると思う。

日高<彩子>は、福岡のサンライズフーズに父・満を、妹・優菜と尋ねる。会うのは夕方だと言われ、どこか行きたいところはないかと言われる。

彩子<日高>は身元不明者を探していた。医療ソーシャルワーカーの千田かんなに出会う。かんなは、身元不明者と家族をつなぐ役割をしていると言う。

彩子<日高>は、写真はないが、東朔也と言う名前で、偽名を使っている可能性があり、すい臓がんを患っていると伝える。

日高の証拠物件を入れたコインロッカーを開けようとするが空かなかった。彩子<日高>は陸たちが持ち去ったと考える。

日高<彩子>は、小学校の近くの歩道橋に、優菜と行き写真を撮る。陸から張り込み終了と連絡がある。

陸は、入金があったと言い来ないのではと言う。日高<彩子>は、なぜ、書くのは別の人に頼み、消すのは毎回陸なのかと疑念を持つ。陸は、師匠・湯浅の顔が浮かぶがないと思う。

陸が、日高のマンションに帰ると、彩子<日高>と鉢合わせる。陸は、日高さんと呼び、同じ人を探しているならいっしょに探さないかと持ちかける。

彩子<日高>は、キスをして陸を黙らせ、日高の証拠を盗む。医療ソーシャルワーカーに、日高の証拠に入っていた薬の包装から、東朔也が使っているのは、トルヒノールだと伝える。

陸は、師匠・湯浅を疑い始め、アパートに行くと、右手をやけどしたとバンソコウをしていた。

河原は、飲み屋を1軒ずつ調べてしたが、東という名前だけでは厳しかった。陸と湯浅が飲みにくる。

夜、父・満が帰ってきて、日高<彩子>にいっしょに酒を飲むぞと、そうすれば、思い出すと言われる。

陸は、湯浅と仲間と飲み、湯浅が、世の中の手を動かして支えているやつがいるから成り立っているんだと言うのを聞き、師匠はたまにはいいことを言うと言う。

お酒も無くなり、日高<彩子>は、手紙の事を聞かせて欲しいと頼む。満は、双子の兄弟の朔也からの手紙だと言う。

日高の母は、日高をおぶって、満が出したばかりのラーメン店にきてくれた。まずいという顔をしたため、もう一度来てもらおうとダダでいいと言った。

それから、日高の母は、毎日くるようになり、満も頑張らなくてはと思い、ラーメンの腕が上がり、繁盛していき、求婚して、今のサンライズフーズまで成長したと言う。

バブルが崩壊したころ、はじめて、双子の兄を奄美の裕福な家の東家に残してきたと語ったと言う。東家は、バブルの崩壊後、四方に借金を負わせられ大変になったと語る。

満と日高の母は、東に援助を申し出たが、施しを受けたくないと断ってきた。

どこからか朔也は聞きつけて、日高の小学校のロッカーに手紙を入れた。それを見た日高の母は、そっと二人の様子を歩道橋の下で見ていた。

日高は、そのころ自分の抜けた歯を集めていて、歩道橋の上で探していた時に朔也がきた。丁度、朔也の歯が抜けそれをもらい別れる。朔也の靴にガムがついていて、そこに、日高の歯があった。

日高の母は、いてもたってもいられず朔也に声をかける。母親だと名乗り、いっしょに住みたいと言うが、朔也は、父が東京でもう一度頑張ると言っていると言い帰ろうとする。

日高の母は、お金を渡し、何かあったらと連絡先を書いて渡す。朔也は、お金をだけを返し、東京に行く前に、弟に会いたかっただけだと言う。

満は、朔也の右手には、ほくろがあったと言う。日高は、朔也のことを知っていたかどうかは分からないと語る。

朔也の字を満に書いてもらい、新月と思う日高<彩子>だった。そのころ、彩子<日高>は、漫画を見直していた。

飲み会は終わり、店を出ると湯浅が急に倒れる。陸は救急車を呼ぶ。

日高の部屋で寝ようとすると、奄美の丸い石が飾ってあった。妹・優菜に聞くと、丸いから、幸福を呼ぶ石だと言う。

日高<彩子>は、寝ながら、日高は、朔也に命じられて殺人を犯しているのではと確信がでる。どこで、日高と朔也が出会ったのだろうとその接点が気になる。

彩子<日高>は、死亡データベースから朔也を探す。医療ソーシャルワーカーのかんなから、低額医療制度を受けた方で、それらしき人が搬送されたと言われ、病院に急ぐ。

慌てて出て行った彩子<日高>のPCの画面を見た河原のバディ・幅は、あずまさくやと検索の文字が残っていることを見て河原に連絡する。河原は、彩子<日高>が探していると知る。

病院の前に着くと、管理官・五十嵐から、久米の息子が殺され、手のひらにφの文字があった現場に急行するように連絡がある。

彩子<日高>は、リストにないヤツをやるとは、反則だろうと叫び、病院に入らず、現場に向かう。

病院には、陸に付き添われた湯浅がベットで寝ていた。

河原は、飲み屋で、清掃員の東朔也について聞く、日高といっしょにいたことが分かる。

実家から帰った日高<彩子>は、秘書の樹里に、東朔也と言う人物を知らないかと聞く。いっしょに、奄美に行った人だと言う。

現場に急行した、彩子<日高>は、血痕や指紋が残っている現場を見て、もうだめだと思う。

ここまでが第7話のネタバレです。

彩子<日高>は、右手にほくろのある東朔也を探していたね。右手にほくろのある男が、歩道橋に文字を書くように依頼したことから、東朔也が犯人または依頼主だね。

陸は、勘が鋭いね。日高<彩子>が、陸に文字を消すのを毎回依頼しているのかと疑念を持った時、真っ先に顔が浮かんだのは、師匠の湯浅でしたね。

ドラまる
父・満から、東朔也は、日高と幼い頃離れ離れになった双子でした。

東朔也は四方に父の恨みを持っていた。彩子<日高>は、四方で終わると呟いたので、父の復讐が終わったからですね。

ラマちゃん
湯浅が搬送された病院に、彩子<日高>が行ったことから、湯浅が東朔也と確定したね。

彩子<日高>は現場に向かったということは、証拠を消そうと思ったのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』7話ネット上の反応

ドラまる
癒しの二人組。

ラマちゃん
日高と朔也は、双子だったとは。驚きでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』8話のあらすじ

2021年3月7日(日)放送の第8話のあらすじをご紹介します。

新たな猟奇殺人が発生─。現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬はるか)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。

事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋一生)。

同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村一輝)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。

一方、陸(柄本佑)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田孝也)を放っておくことができないでいた。

そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける…。

その後、八巻(溝端淳平)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』7話のあらすじネタバレ、感想、8話のあらすじを紹介しました。

日高<彩子>は、父から、朔也が双子の兄弟だと知る。彩子<日高>は、病院に搬送された男が朔也と分かり、その男は陸の師匠湯浅だった。彩子<日高>に、予定外の新たな殺人が見つかる。

ドラまる
彩子<日高>は、新たな猟奇殺人の現場を離れ、朔也が搬送された病院に戻る。

彩子<日高>と朔也は遭遇するのでしょうか。

ラマちゃん
陸が、湯浅の手にほくろがあるか最後確認してたけどあったのだろうか。

湯浅に頼まれごとを陸は頼まれる。その頼まれごととは何でしょうか。

日高と朔也とは双子の兄弟で、歩道橋の相手は朔也でしたね。この二人に、後に何があり、猟奇殺人を起こしているのかが次の焦点ですね。いっしょに行った奄美に秘密がありそうです。

河原も、朔也と日高が会っていたことを掴みます。彩子<日高>が、朔也を調べていることも分かってしまいます。河原がどう追って行くのかも見ものですね。

次話、事件に、双子の兄の朔也が関与していると日高<彩子>は考える。陸は、湯浅が朔也で事件に関与しているのではと気づくのかな。どんな展開になって行くのだろうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA