天国と地獄 〜サイコな2人〜|6話ネタバレと感想。日高は犯人ではないのか!クウシュウゴウΦ、東朔也が犯人か!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年2月21日(日)「天国と地獄 〜サイコな2人〜』」の6話ネタバレと感想をお届けします。
※< >内は入れ替わった後の人物名です。日高<彩子>=外観が日高で魂は彩子、彩子<日高>=外観が彩子で魂は日高。

ドラまる
彩子<日高>が隠し持っているラブレターの歩道橋の彼女が関係していると日高<彩子>は睨む。

秘書の樹里や、妹の優菜に聞き調べる。何か出てくるのでしょうか。

ラマちゃん
河原は、3年前の事件で証言した人物を追い詰め、八巻は、九十九から、日高が人を殺す日の共通点を得る。

日高を追い詰める材料が集まってきそうですが。どう展開しますかね。

日高へのラブレターの差出人について、秘書や妹に探りを入れる日高<彩子>。河原は、最初の3年前の証人からある人物にたどり着き、八巻は、九十九から、日高が殺す日の共通点を得て.....。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』6話あらすじネタバレと感想

日高が保管しているラブレターらしきメモの差出人が真犯人ではと疑う日高<彩子>。秘書の樹里や、妹の優菜に聞くが、ラブレターならノートの切れ端は使わないと言われてしまう。

河原は、発端となった最初の被害者一ノ瀬の事件の証言者・戸田かずきが嘘の証言をしたと考え、話しを聞く。

かずきは金に困って顧客名簿を売り、一ノ瀬の殺害の件で警察がきて、自分が捕まるのではと、この世にはいない嘘の人物の人相を言ったと答える。

ネットでやりとりした人物のハンドルネームは、Φだと答える。河原は、入金記録が残っていないかと迫る。

奄美大島では、ある男が、先日、日高<彩子>が泊まった民宿に泊まる。

八巻は、九十九に司法取引を申し込まれる。日高の殺しについて、気づいたことがあると言う。

日高<彩子>は、ラブレターの差出人を調べるため、日高の小学校時代の同級生と連絡をし始める。

彩子<日高>から熱が出て感染の疑いがあるから、濃厚接触の日高<彩子>も、明日は外に出ないようにと言う。電話を切ったあと、彩子<日高>は、これで、明日、会えますかねと言う。

翌日、八巻が、捜査一課に行くと、彩子<日高>が、熱を出したと休みだから自宅待機と管理官から言われる。

八巻は、日高<彩子>に電話をかけ、九十九が司法取引で、日高の犯行は新月の夜だと、確認するとそうで、今日が新月の夜だった。

彩子<日高>の発熱は嘘で、今日犯行を犯しても大丈夫なようにしたとすぐに分かる。八巻に彩子<日高>のGPSの追尾を頼むとともに、このチャンスで謎がとけるのではと思い張り切る。

河原は、かずきから預金通帳を見せてもらい、Φというハンドルネームで、クウシュゴウという口座から入金があったことが分かる。

日高<彩子>は、陸に電話して、家に、彩子<日高>がいないことを確認すると、コインローカーの名簿を探しに行くが、別の利用者だった。

彩子<日高>が残した付箋を見つけ、陸に、この付箋があるロッカーを便利屋として夕方までに探すように命じる。

陸の師匠・湯浅は仲間をつれてきて、陸は、付箋のついたロッカー探しを、1万で、見つけた人にはボーナス10万で頼む。

河原は、新田にクウシュウゴウの口座を調べてもらい、十和田 元という男であることが判明する。

日高<彩子>と八巻は、例の歩道橋で、今日、彩子<日高>が、ラブレターに書かれたようにくる可能性があるという。

フードを被った男が現れ、脚立を使って、赤いペンキで落書きをしていた。八巻が止めに入り、池袋で頼まれたと言っているのを聞き、日高<彩子>が、どんな男だったと聞く。

その落書きは、9の文字であった。日高<彩子>は、彩子<日高>が見に来るかもしれないと思う。

彩子<日高>は、久米の家を、うららクリーンサービス 榊 悦子を名乗り訪問していた。奥様は、バスで会った女性で具合が悪かったから席を代わったお礼に掃除をしにきてくれたと語る。

警備会社社長の久米は疑う。彩子<日高>は掃除をしながら、部屋を確認して、2階に上がる橋を見つけそのドアを開けておく。

掃除が終わり、奥さんは、無料で満足していた。彩子<日高>は一旦、外に出て、もう一度忍び込む。

日高<彩子>は、八巻といっしょに、彩子<日高>が必ずくるはずなのにと思っていると、歩道橋に防犯カメラを見つけ、これで見張っていたと怒る。

湯浅の仲間によってコインロッカーをつきとめた陸は、日高<彩子>に、殺人リストを送る。入っていた漫画がΦで、清掃員の主人公が、Xという人物から数字で指示され殺害すると伝える。

日高<彩子>と八巻は、リストの名前の一部が数字と気づき、今晩殺されるのは、久米だと分かる。

八巻が呼び鈴を押すと、奥さんがでて無事であることを確認し、日高<彩子>と見張る。ある男が、二人の姿を見て帰っていった。

河原は、十和田 元のアパートに張り込むが留守だった。バディの幅とまさか今やってないよねと思う。

八巻は、日高が犯人でなかったらどうすると聞く、日高<彩子>は、日高が犯行に加担してないことはないので、まずは、真犯人を確保すると言う。

もし、日高が犯人だったらと八巻は聞く。今回犯行を止められなかったら、送ってきた映像を使い捕まえると言う。そうなることを予想している気がし、それでは止められない気がと言う。

すでに、彩子<日高>は、久米の部屋に侵入し、白い防護服を着て隠れていた。寝室に侵入し、久米の口を塞ぎ殺したかのように見える。

翌朝まで、日高<彩子>は、ずっと見張っていた。彩子<日高>が出てくるのを見つけ、八巻を起こし、追いかけるが逃げられる。

日高<彩子>は帰ると言い、八巻に、これ以上犠牲者は増やしたくないから、普通に捜査するように言う。八巻は、それだと、彩子が捕まってしまうが良いかと心配する。

久米家の門が開き、久米夫婦が、朝のジョギングに出てくる。それを見た、日高<彩子>は、誰も死ななくて良かったと泣き崩れる。

彩子<日高>も、歩道橋の9の文字を見つめながら、こなかった、何があったと思う。

日高<彩子>は、家に帰り、陸からの着信に気づき、電話をしながら疲れて寝てしまう。陸は、電話に出るが寝ていると気づき安心する。また、落書き除去の依頼がくる。

以前の数字を思い出し、陸は、歩道橋に行くと、彩子<日高>が見つめているのに気づく。陸は、その数字が犯行に関与しているのではと思う。

日高<彩子>のマンションに、陸が訪ねてきて、殺人のあった日に歩道橋の数字を消す依頼があり消していたと言い、今日、彩子<日高>がそれを見つめていたという。

その仕事を依頼してきたのが、クウシュウゴウ、Φであるという。陸は、コインロッカーの証拠を持ってきて、例のΦが書かれた漫画を見せながら、クウシュウゴウが黒幕ではという。

日高<彩子>のところに、奄美大島の民宿の家主から電話があり、記憶がないと言っていた日高に会ったことがある旅人に見せたところ、日高は、東朔也と名乗っていたと言う。

河原は、十和田 元のアパートに張り込んでいたが自殺したことが分かる。その遺品を処分した清掃会社に聞くと、東朔也が、十和田 元の漫画を持って行ったことを知る。

彩子<日高>は、朝早く、一人で、捜査一課に行き、身元不明者から、東朔也を調べていた。

ここまでが第6話のネタバレです。

八巻が、九十九との取引で、新月の夜に犯行が行われると知り、日高<彩子>は、例の歩道橋か鍵だとすぐに気づきましたね。でも、防犯カメラで、彩子<日高>は見ていたのですね。

陸がお手柄でした。うまく、師匠の仲間を使い、コインロッカーを見つけ、犯行リストだけでなく、Φの書かれた漫画。数字で殺人が指示されることに気づいたね。

ドラまる
日高<彩子>と八巻が張り込んだ時には、すでに、彩子<日高>が忍び込んでいたね。

日高<彩子>の思いも空しく、彩子<日高>が殺人を犯したように見えたね。

ラマちゃん
久米夫妻が、元気に朝出てきた時、日高<彩子>のほっとし涙を流しました。

日高のことを心配し始めた彩子の気持ちが良く出てましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』6話ネット上の反応

ドラまる
陸がお手柄と言う声、彩子<日高>が殺さなかったと喜ぶ日高<彩子>に良かったですね。

ラマちゃん
日高が、東朔也とすでに入れ替わりしていたのではとの考察。東朔也は、湯浅で、黒幕という説もでてますね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』7話のあらすじ

2021年2月28日(日)放送の第7話のあらすじをご紹介します。

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。

日高<彩子>(高橋一生)と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。一体何者なのか──。

陸(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。

しかし、やって来たのは彩子<日高>で・・・。

ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・満(木場勝己)から連絡が入る。

妹の優菜(岸井ゆきの)と実家へ行った日高<彩子>は、満から日高に関する意外な過去を聞かされるのだった。

そしてその頃、誰にも発見されていない新たな犠牲者が──。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

殺人が起こる新月、例の歩道橋に9が書かれる。日高の証拠の漫画から、9が殺害される人の名前だと分かる。日高<彩子>は見張るが、彩子<日高>が翌朝出てくる。殺害は行われなかった。

ドラまる
彩子<日高>が探していたのも、河原や日高<彩子>が行きついたのも、東朔也でしたね。

東朔也が真犯人なのか。日高との関係は。

ラマちゃん
日高の実家に帰った日高<彩子>は、日高の父・満から、日高の意外な過去を知る。

意外な過去とはどんな過去だろうか。

日高は、歩道橋の相手が殺人を犯したあとに、現場に証拠が残らないように、掃除をする役割をしているのかな。久米家に潜んでいたが、犯行が起こらないと知ると何もしなかったからね。

彩子<日高>が調べているのも、河原が行きついたのも、日高<彩子>が、奄美大島の宿主から聞いたのも、東朔也でしたね。東朔也が持っていたのが、Φの漫画だろうか繋がってきたね。

次話、誰にも発見されたない被害者がいるようですね。クウシュウゴウΦ、東朔也、漫画、歩道橋の相手、このあたりが少しづつ明らかになってくるのかな。楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA