天国と地獄 〜サイコな2人〜|3話ネタバレと感想。日高が彩子の姿で殺人!絶望する彩子!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年1月31日(日)「天国と地獄 〜サイコな2人〜』」の3話ネタバレと感想をお届けします。
※< >内は入れ替わった後の人物名です。日高<彩子>=外観が日高で魂は彩子、彩子<日高>=外観が彩子で魂は日高。

ドラまる
日高の犯行の証拠の手袋を巡って、八巻と日高<彩子>が隠そうとする。彩子<日高>を鑑識に現れます。

八巻が気づいたことを、彩子<日高>が気づかねば良いですね。

ラマちゃん
日高<彩子>は、入れ替わるヒントが、奄美大島にあると気づき向かう。そこで、日高の過去を知るようです。

日高<彩子>は、日高の過去から何を得るのでしょうか。

犯行の手袋が見つかると、自分が捕まると考えた日高<彩子>。八巻に、鑑識に回るようなら証拠を隠すように指示。鑑識に彩子<日高>が現れる。日高<彩子>は、奄美大島に向かい.....。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』3話あらすじネタバレと感想

日高<彩子>は、日高の犯行の証拠の中に、奄美大島行きのチケットの切れ端があったことを思い出し話すと、八巻は、奄美大島に太陽と月の入れ替わり伝説があることを調べる。

そこ出てくるシヤカナローという花があれば戻れるかもしれないと考えた日高<彩子>は、奄美大島に行くと言い出すが、日高の犯行に使った手袋が見つかると、自分が捕まると話す。

八巻に、河原の手に渡る前に、日高の手袋のすり替え、彩子が入れ替わった後に、証拠として使い、日高を捕まえようと提案する。そのすり替えを八巻に迫る。

電車で、日高<彩子>が、手袋のメーカーを調べていると、彩子<日高>から、入れ替えでもしようと思っているのかと声をかけられる。驚いた日高<彩子>はごまかす。

日高<彩子>は、秘書の五木に、手袋のメーカーを聞き情報を得る。

警視庁では、河原が、捜査一課長・十久河や管理官・五十嵐に、日高には手袋がもう一つあり、トラックに落とした可能性があるとNシステムの画像を見せる。

十久河や五十嵐は、捜査を許可し、トラックの荷台に乗っていた間の道路周辺の警察に協力要請をする。大規模な捜索が始まる。

八巻は、その情報を聞きつけ、日高<彩子>に電話する。すり替える手袋のメーカーが見つかったと言い、廃盤で中古で購入するようにと命じる。

河原の手元に、手袋が集まってくる。鑑識に持って行くと、彩子<日高>がいて驚く。忙しくなるから、鑑識の新田を手伝うと言い出す。

河原は、自分の失敗を隠そうとすり替えるかもしれないと疑う。彩子<日高>は、遠くから見ただけでどれが日高のものか分からないと弁明する。

鑑識の部屋にそっと入った八巻が立ち上がり、自分も鑑識の手伝いをすると言い出す。

その夜、八巻は、日高<彩子>に、彩子<日高>が、手袋をすり替えようと思っているから安心するように伝える。

日高<彩子>は、逮捕できないと諦めきれず、八巻にすり替え手袋を用意するように怒る。

9日たっても、手袋は出てこなかった。八巻が安心していると3つの手袋があがってくる。その中に、日高の殺人証拠の手袋があることを見つける。

八巻は、中古で入手した手袋とすり替え渡す。彩子<日高>は、左と表示があり中身が右と違うことを新田に報告する。八巻は焦るが、新田が、表示間違いだろうと言い一安心する。

彩子<日高>は、手袋を見ながら八巻を睨む。

八巻は、日高<彩子>に、すり替えが無事に終わったことを報告する。八巻が、奄美大島から日高<彩子>が帰ってくるまで保管することになる。

彩子<日高>から、同じ手袋が見つかったが左右逆だったことの電話が入る。すり替えたのではと疑いの電話だった。日高<彩子>は、警察内部に協力者がいないとできないとごまかす。

日高<彩子>は、彩子<日高>の疑いが心配だったが、奄美大島に旅立つ。

奄美大島の郷土資料館の学芸員に、シヤカナローの花のことを聞くが、伝説だから分からないと言われる。展示品にホノホシの石があり、日高の凶器の石と同じ球形だった。

その石がとれる海岸に行き、その場所を以前に見たことがあると思う日高<彩子>。石を拾い上げると、地元の人から、持っていると悪いことが起こると注意され思わず捨てる。

捜査本部は、田所殺しで有力な容疑者が見つかったことと、日高の手袋が見つかっていないことから、日高を捜査線から外すことを決定。

八巻は、彩子<日高>にこれで、自分たちも無事だと話す。

日高<彩子>は女湯に入ってしまい、宿主に注意される。壁にかかった写真に日高の写真を見つけ、記憶消失で後遺症があるとごまかし、日高が、あけび集落に行くと言っていたことを知る。

八巻から、手袋の捜査が打ち切られたことを聞き喜ぶ日高<彩子>。彩子<日高>の様子を聞くと、八巻は、日高は自分が捕まって欲しくないと思っているのではと軽く言う。

彩子<日高>が捜査一課を出ようとすると、河原は、まだ手袋を諦めずに追っていた。彩子がすり替えたとしてももう一つあると言い探す。

日高<彩子>は、あけび集落を訪ねるが、何もない集落だった。

彩子<日高>は、弁当を食べながら、だし巻卵が好きだったのにとぼそりと八巻に聞く。八巻は、身体がいっしょでもと思わず言ってしまい焦る。

河原と組んでいる刑事が、彩子<日高>にインスタで手袋をとっているタグがあると教えてもらい調べたら、日高の手袋があったと、写真をとった人物と連絡がついたと言う。

河原は、これが本当だったら、今までのことをチャラにすると彩子<日高>に言い出て行く。

八巻は、このままでは日高が捕まってしまうと思わず言ってしまう。彩子<日高>は、それが何が悪いと迫る。八巻は、その言葉に慌てる。

日高<彩子>は、集落を歩くが、廃墟になった家があるだけだった、宿主に、シヤカナローの花のことを聞くが、かってにこれだと思っているが夏の花だと言われる。

河原は、手袋を持ってくる。八巻がすり替えようとするがだめだった。手袋からは、日高の指紋が出てきて、田所のDNAが出るか科捜研に回される。

東京に戻ってきた日高<彩子>は、八巻からそのことを知らされ、インスタ調べるように進言したのが彩子<日高>だと知りさらに驚く。

日高<彩子>は、科捜研に忍びこんですり替えてよと叫ぶ。八巻は、手元にあるのは左ばかりだから無理だと言う。

思わず、日高<彩子>は八巻のミスだと怒ってしまうが、自分のために八巻は協力してくれているだけだと思い直し謝る。八巻は、明日の朝、すり替えをしてみると約束してくれる。

彩子<日高>は例の歩道橋に行き、見ると4の数がペンキで塗られていたのを見つけ、耳を触りながら、「そうですか、終わりではなかったですか」と呟く。

陸に、4の数字を消すバイトが入る。一生懸命消す陸だがなかなか消えない。師匠の湯浅が飲み物を持って声を掛ける。

彩子<日高>は家に帰り、陸がバイトに行くとのメモを読んで、水を飲みながらラッキーだと呟く。

翌朝、八巻は、科捜研の前に行くが、河原が入口で寝て見張っており、すぐに、鑑識の新田もきてしまいすり替えることができなかった。

八巻は、日高<彩子>に、田所のDNAは、分解されて検出されなかったと伝える。安心した日高<彩子>は、海外に高飛びしようとしていたが、床にへたり込む。

八巻は、彩子<日高>が、科捜研を手伝うフリをして、分解させる細工をした可能性もあると言うが、日高<彩子>は、わざわざ探させてというのはないだろうと言う。

管理官の五十嵐が、昨夜、同一犯と思われる猟奇殺人が起こったと伝える。八巻が同一犯と震えている後ろから、彩子<日高>が、何があったと平然な顔をして聞いてくる。

日高<彩子>のスマホに、彩子<日高>から動画が送られてくる。再生すると、彩子<日高>が、男を吊り上げ、ゴルフシャフトで頭を何度も殴っている様子が写っていた。

白い防護服を着て血しぶきを浴びた彩子<日高>は、「これで、元に戻ろうが戻らまいが、殺人犯だと。あなたと私はいっしょだと忘れないように」と語る。

日高<彩子>は、なんで、こんなことをするの、目的はなにと崩れ落ちる。

朝帰りの陸は、ゴミ収集車に、ゴミが捨てられるのを止め、中をあさると、血だらけの白い防護服が見つかり、彩子が何をしたと思う。

ここまでが第3話のネタバレです。

八巻が、手袋をすり替えたと思ったら左右逆でしたね。彩子<日高>が、八巻を睨みつけました。その後の彩子<日高>の言動から、八巻と日高<彩子>が繋がっていると気づいている気がする。

八巻は、ぼーとしているけど良いヤツですね。日高<彩子>のために、証拠をすり替えることをしてあげたり、科捜研まで忍び込もうとするとは。協力が続けばいいけど。

ドラまる
歩道橋に、4の文字が書かれて、それを見た彩子<日高>が、終わりではなかったと言います。

だれかに、操られ殺人起こしているのか、それとも、だれかを庇って、現場を掃除しているのか。

ラマちゃん
陸に、だれが、4の文字を消すように依頼したのかな。

血をついた白い防護服を発見し、陸はどう動くのかも楽しみですね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』3話ネット上の反応

ドラまる
被害者の名前と歩道橋の数字が一致していますと皆さん洞察力が凄すぎ。

ラマちゃん
自分が殺人するところを見せられるシーンは、驚きでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

天国と地獄 〜サイコな2人〜|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』4話のあらすじ

2021年2月7日(日)放送の第4話のあらすじをご紹介します。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日高(高橋一生)がまた猟奇殺人を犯した。

人の命が無残に奪われ、その行為に自分の体を使われたことに彩子(綾瀬はるか)は言葉を失う。

翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)の事情聴取を受けるが、その様子を冷静に見つめる彩子<日高>。

聴取後、彩子<日高>と日高<彩子>がやり取りする様子を目撃した河原は、その光景に違和感を覚え、疑惑の目を向ける。

後日、彩子<日高>が捜査本部専用の情報のデータベース化を買って出てきた。一体その目的は?

一方、陸(柄本佑)もまた、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていた。

証拠不十分で解放された日高<彩子>だったが、コ・アース社では、会社の信頼が失墜しかかっていることを案じた秘書の樹里(中村ゆり)に詰め寄られ、おまけに、頼みの綱だった八巻(溝端淳平)は殺人鬼の彩子<日高>を恐れ、これ以上協力できないと言い出す。

今のままでは自分が殺人犯になってしまうことに絶望的な気分になる彩子。

そんな中、2人に疑いを向けた河原が、事件の目撃者情報をつかんだ様子で…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

日高の犯行の手袋を大捜索、日高<彩子>に頼まれ八巻はすり替える。入れ替え伝説がある奄美大島に行き、日高の痕跡が分かる。彩子の姿で殺人が行われた動画を見て絶望する日高<彩子>。

ドラまる
河原の聴取を受ける日高<彩子>。日高<彩子>と彩子<日高>が口論しているのを見て、二人を疑う。

河原は、この二人の秘密にどう迫るのでしょうか。

ラマちゃん
陸が血の防護服に頭を悩ませ、日高の秘書・樹里も、風評被害で信用が落ちてきたと訴え、八巻からも、彩子<日高>が怖くて手を貸せないと言う。

日高<彩子>の苦悩はつきないですね。

日高は、なぜ、彩子の姿で殺害をした動画を送ってきたのか。単に、脅すだけなら十分している気がしますし、彩子と日高、何か繋がりがあるのかもしれませんね。

奄美大島のあけび集落も、今回、日高<彩子>が行きましたが、何も得ることはできませんでした。日高が過去訪れていることから、何かあるのですよね。

次話、新たな猟奇殺人が起こる。河原は、日高<彩子>と彩子<日高>の関係を疑い調べる。陸は、血の付いた防護服をどうするか。八巻も、彩子<日高>が怖くなるようです。どうなるか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA