天国と地獄 〜サイコな2人〜|1話ネタバレと感想。綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わり演技がスゴイ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年1月17日(日)「天国と地獄 〜サイコな2人〜』」がついに始まります。1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
ドン詰まりの女刑事と、サイコパスな殺人鬼の魂だけが入れ替わるドラマが始まります。

女と男だけでなく、善と悪という変化もあり、どんな展開になるか楽しみですね。

ラマちゃん
女刑事・彩子が、綾瀬はるかさん、表の顔は、科学者で経営者で、裏の顔が殺人鬼・日高が、高橋一生とこの二人がどう変わるかですね。

彩子に居候している陸に柄本佑さん、彩子の先輩刑事・河原に北村一輝と大河ドラマの主演級の皆さん集合ですね。

思い込みが強く失敗も多い刑事の彩子。殺人事件が起こり挽回のチャンスが訪れる。猟奇的な反面、清掃したばかりのような現場に違和感を感じ、居候の陸から洗剤メーカーにたどり着き.....。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』1話あらすじネタバレと感想

彩子は、悪夢を見て遅れて目を覚ます。歯磨きがなく、居候の陸に勝手に使うなと言い警察に出発する。

地下鉄の中で、マスクを忘れたことに気づく、見知らぬ男が、会社のサンプルだとマスクを譲ってくれる。

ぎりぎりで着いた先は、捜査一課だった。彩子は、捜査一課が優秀な刑事の集まりと想像していたが違っており、特に、主任の河原は天敵だった。

河原のものと思われるタバコが空き缶に捨ててあり、警察では禁止になったと迫る。河原は、言いたければ上に言えと、実績を上げる俺と、風紀員とどちらをとると意に返さなかった。

彩子は、誤認逮捕した人を最後まで粘って聴取し、30億の商談をふっ飛ばして訴えかけられ、謹慎中だった。雑用ばかりでイライラしていた。

管理官の五十嵐が、殺人事件だがだれか行けるやつはいないかと言う、皆出払っており、彩子は大きく手を上げて、必ず手柄をあげると張り切って出かける。

バディの八巻と現場に着くと、男が椅子の上で、口にパチンコ玉を詰め込まれて血だらけで殺されていた。彩子が、回りが妙に綺麗なことに違和感を感じたが洗剤の匂いはしなかった。

河原が、管理官に頼まれたと、彩子に帰るように言う。河原は、遺体の手に、マルに線が入るマークを見つける。

彩子は、家政婦に、洗剤のありかを聞くが、その中には無臭のものはなかった。

捜査本部が立ち上がる。第一発見者は家政婦でアリバイがあり、侵入経路は、傘立ての下にあった合鍵からと思われた。死亡推定時刻は1月13日23時~翌1時、凶器は丸い石のようなもの。

河原は、官僚殺しとよく似ていると言い、六法全書を口に突っ込まれ、手のひらに同じようなマークがあったと説明する。捜査本部内は同一犯かとざわめく。

捜査会議が終わり、管理官の五十嵐に、最初に現場に行ったのは私たちだと言うと、臨機応変にと言われるだけだった。

彩子は、鑑識の新田を捕まえ、清掃された様子はなかったかと聞くが、何も得ることができなかった。

家に帰ると陸がまだいた。本格的にスープを作ったラーメンを料理してくれていた。部屋が妙に綺麗なのを見つけ、掃除したかと聞くと掃除したと言う。

清掃のバイトに行った時、無臭の洗浄剤を見たことがないかと聞くと、バニッシュワンダーという洗浄剤がそうだと居候の陸が答える。

バニュッシュワンダーを入手して、鑑識の新田に分析を頼むと、現場の床から採取された洗剤と完全一致はしなかったが似ていた。改良したサンプルではないかと考える彩子。

バニュッシュワンダーの製造元コ・アース社に聞くと、サンプルはあったと回答がくる。数年前に、サンプル9として社内と得意先に出しただけで、発売をしなかったこと分かる。

八巻がスマホで調べると、コ・アース社は、優秀な科学者の日高が立ち上げたベンチャーで切れ者という噂があった。その社長の画像を見た彩子は、地下鉄でマスクをもらった人物と分かる。

コ・アース社に行き、社長の日高、秘書の樹里、営業取締役の富樫が応対する。バニュッシュワンダーのサンプル9が殺人事件に使われた可能性があるので協力して欲しいと頼む。

樹里は、今朝のニュースでみた殺人かと聞き、彩子は、物証も目撃証言もコロナの影響で出てきてないと言う。

彩子は、日高が耳を触り続けるのが気になっていた。日高が、一人暮らしなのによくすぐに見つかったと感心する。その言葉にぴんとくる彩子。

彩子は、アリバイを念のため確認させて欲しいと言う。日高は、散歩に行っていたというと、そんなに長時間もと疑う。樹里は、歩いて考えるのが社長の癖だと言い本を渡し救う。

彩子は、管理官の五十嵐に、日高が、公表されてない一人暮らしと言う話をしたことや、殺人を伝えても動揺しなかったこと、3時間も散歩は怪しいと、備忘録として録音を渡す。

河原もそれは怪しいと言い、管理官にあとは、我々が捜査すると奪ってしまう。

日高は、秘書の樹里から、警察が疑っているようだったが大丈夫かと心配する。日高は、おれが殺人鬼に見えるかと笑う。一人になった日高は、一人暮らしだけ余分だったかと思う。

家に帰った彩子は、荒れて飲み、陸に文句を遅くまで聞かせていた。

翌日、陸は、バイト先で、師匠の湯浅に聞いてもらう。湯浅は、何でも知っている師匠だった。

河原が、捜査員をサンプル9の配布先を探させ、自分たちは、日高のアリバイの確認に行く。悔しくなった、彩子はトイレと言い、河原の跡をつけて、日高のマンションに行く。

防犯カメラの任意の提供を求めたが、管理会社は、管理総会の決定がいると、令状がないなら断ると言う。理事に確認を取って欲しいというと、日高が出てきて、総会の許可がないとと言う。

彩子は、河原を追うがまかれてしまい署に戻る。マンションの出入り口がダメだとすると、目撃情報を当たるしかないと考える。八巻が、捜査員が探しているが見つかってないと言う。

彩子は、犯行時間の夜に行けば何か掴めるかもしれないと、単独で調べる。幹線道路のNシステムや駅の防犯カメラには写っていなかった。

外れたところを捜査し続けた。

捜査一課長の十久河は、日高を追っても何も出てきてないと怒る。彩子が捜査線上に揚げたと知ると大丈夫かと五十嵐に迫る。河原は、明日までやってみて何も出なかったら保留だと言う。

河原は、女を使って、マンションの管理会社の中で弱みを持っている男を探し、防犯カメラの映像を盗ませた。日高は、23時から2時まで出ていたことが分かる。タクシーを調査する。

彩子は現場付近を夜調べると、貸しサイクリングがあることが分かる。その防犯カメラを確認しようとしたが、営業時間外だった。

八巻は、日高のアメリカの研究室時代の知り合いの九十九を見つけ、時差の関係で、明日の朝8時からつなぐが参加するかと彩子を誘う。

翌朝8時、九十九とネットでつなげて話を聞く。九十九は、日高について連続殺人でアメリカの警察に聞かれたことがあると言う。

彩子は、八巻に絶対この報告を勝手に上げるなと言い残し、レンタルサイクルの会社に行き、防犯カメラの映像を見せてもらう。

捜査会議が始まる。河原は、現場付近まで行ったことを示すタクシーの映像を提出する。捜査一課長はこれだけでは、付近に行っただけだと不十分だと言う。

その雰囲気に押され、八巻は、アメリカ時代に、日高が連続殺人犯と疑われたという記事を送り、不起訴になったが、その後逃げるように帰国したことを報告する。

一気に、日高に傾く、そこに、彩子が到着する。会議は終了し、彩子の出番はなかった。

八巻に、先に言うなと言っただろうと怒ると、河原は、八巻は正しいことをしたと言う。彩子のは正義ではなく、ただ、自分が手柄を立てたいだけだと言う。

彩子は、河原は違法な捜査で情報を得ているが、少なくとも足で稼いだ情報だと言い、日高が犯行後、レンタサイクルを借りて、自宅まで戻った証拠のCDを突きだす。

河原は、これで行き帰りがつかめた、ありがとうと言い去って行く。

彩子と河原が帰ろうとすると、鑑識の新田が、遺体の口に入れられたパチンコ玉に微量の皮手袋の組織片があったと結果を持ってくる。珍しいカーキ色だった。

彩子は、マスクを譲ってくれた日高が、カーキ色の皮手袋をしているのを思い出す。八巻は、明日には令状がでるのですよねと言うが、彩子は自主させ、皮手袋も提出させると言う。

日高が、接待で料亭に行っていると分かると、その料亭付近で日高を見つける。八巻に運転させ、日高の乗ったタクシーを追いかける。

日高は、横断歩道橋の近くでタクシーを降りたため、彩子は追いかけ声をかける。

彩子は、タクシーに乗って、レンタサイクルで帰ってきた映像が残っていた、明日には、捜査令状がでる。会社にも甚大な被害が及ぶから自首を勧めると言う。

日高は、警察の方が困ると言い、皮手袋を、横断歩道橋の下を通り抜けるトラックに落とす。彩子は、八巻に追いかけるように言う。

彩子は、手袋を廃棄した容疑で逮捕すると日高に迫る。もみ合う拍子に、二人とも、横断歩道橋の階段から転げ落ちる。上空には、明るい満月が光っていた。それが左右反対になる。

彩子は気がつくと、病院のベットで寝ていた。自分の姿が、日高になっていて驚く。

八巻は、看護師から、二人とも大丈夫だったから帰っても良いと言われるが、様子を見に行くと、病室に向かう。

日高も目が覚め、自分の姿が彩子になっているのを鏡で確認して驚く。ついているかもと喜ぶ。

八巻が、彩子の姿になっている日高の病室にくる。いつもと違う雰囲気に驚く八巻。日高は、月は太陽に、太陽は月になるはずだったと言い伝えの話をする。

日高の姿になった彩子は、鞄の中から、凶器の石を見つけて驚く。そこに、彩子の姿になった日高が現れる。

日高は、そんな石を持っていると、殺人者としてここで逮捕した方がいいのかしらと言う。彩子は、このまま、捕まると日高の会社の人間が困るが良いのかと反論する。

日高は、殺人者として追われる立場より、警察になった方が圧倒的に優位と言い、お前は殺人者として逮捕されると彩子を支配しようとする。

日高の姿をした彩子は、心の中で、本当は、こいつを逮捕するのは自分だったと泣きそうになる。彩子の姿をした日高は、日高の姿をした彩子に手錠をかけ、返事をしないからだと遊ぶ。

日高の姿をした彩子は、こいつはサイコパスだと気づく。

ここまでが第1話のネタバレです。

彩子の居候の陸を邪魔にしながら、でも許してしまう関係が最初から出てました。彩子が、陸に愚痴るシーンも面白かった。日高に入れ替わったらどうなってしまうのだろうか。

真っ直ぐな彩子が、違法捜査ぎりぎりの河原のやり方が嫌いでしたね。この二人の対決も見ものと思ってましたが、日高に入れ替わったらどうなるのかですね。

ドラまる
パチンコ玉口に入れた猟奇殺人。

日高の目つきが変わったり、首を鳴らしたりと、最初から、恐ろしいシーンでした。

ラマちゃん
彩子は日高に変わってしまって驚く。日高は、殺人犯として追われなくなるから幸運と考える。

最後は、サイコパス日高が全開でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』1話ネット上の反応

ドラまる
綾瀬はるかさんの一瞬で日高に変わった演技に脱帽です。

ラマちゃん
高橋一生さんの一瞬にして脅えた子猫のようになる演技にも注目が集まってます。

スポンサーリンク

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

天国と地獄 〜サイコな2人〜|10話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』2話のあらすじ

2021年1月24日(日)放送の第2話のあらすじをご紹介します。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

捜査一課の刑事・彩子(綾瀬はるか)と殺人事件の容疑者・日高(高橋一生)は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった…。

彩子<日高>は日高<彩子>に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫る。

仕方なく後者を選択した日高<彩子>は、彩子<日高>の指示通り、家宅捜索が入る前に日高のマンションからダンボール箱をこっそり持ち出す。

中に入っていたのは連続殺人の証拠となり得る品々だった。身体が入れ替わってさえいなければ大手柄なのだが…。

なんとか家宅捜索を乗り切った日高<彩子>は、そのまま河原(北村一輝)の事情聴取を受ける。

そして、その様子を別室で見つめる彩子<日高>と八巻(溝端淳平)。

八巻は彩子の雰囲気がいつもと違うことを変に思って尋ねるが、「路線変更です」と煙に巻かれてしまう。

警察は日高が犯人である確たる証拠を見つけられないまま、秘書・樹里(中村ゆり)の素早い根回しで日高<彩子>を釈放。

マンションに戻った日高<彩子>は、居候の陸(柄本佑)のことを考えた。

一緒に暮らしている陸なら、きっと本物の彩子ではないことに気づいてくれるはずだ。

ところがその頃、陸は彩子<日高>と仲良く食卓を囲んでいて…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

猟奇殺人の床が清掃されているのに気づく彩子。洗剤を作るメーカーの社長の日高を怪しむ。敵対する河原は違法な手で、彩子は足で証拠を掴む。自首させようと争ううちに日高と入れ替わる。

ドラまる
外観が日高の彩子は、日高脅しに屈し、日高のマンションに保管されていた証拠を消すのを手伝う。

正義感の強い彩子にとって辛いですね。河原の事情聴取もうけるようだが、どうなるのかな。

ラマちゃん
警察は、証拠を見つけられず外観が日高の彩子を釈放。八巻は、外観が彩子の日高の様子がおかしいと気づくが誤魔化される。

居候の陸が気づいてくれることを期待したいですね。

彩子を演じる綾瀬はるかさんの豹変ぶりが凄かったね。それまでの正義の彩子の目から、日高の魂が入り悪の目に変わった、すごく迫力があった。

日高を演じる高橋一生さんも凄かった。彩子の魂が入り、悔しさと絶望感が溢れる目に変わりました。さすがです。

次話、彩子の外観になった日高に脅され、日高の容疑を晴らす手伝いをさせられる彩子。鋭い河原、八巻、居候の陸がいつ気づくのかも楽しみな点ですね。展開に期待したいです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA