【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】9話ネタバレと感想。釈放された木島、再び襲われる。

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年3月9日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話が放送されました。

ドラまる
小川の死の真相が明らかになったんだけど、嶋田はまだ何か気にしているようだったね。
ラマちゃん
美術教師だった岡部の事件のことかしら。

被害生徒の涌井と委員長の尾崎が気になる行動をしていたわ。

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話あらすじネタバレと感想

一年前、岡部昌浩(遠藤雄弥)の起こした事件。

それを公表しようとしていた小川香里(明日海りお)の事故を引き起こしたのは校長・木島敏文(高橋克実)自身でした。

赤嶺中学校には教育委員長・尾崎賢治(升毅)が嶋田隆平(藤原竜也)に事情を聴きにやってきました。

木島は辞表を出し副校長・福島美津子(峯村リエ)が校長代理を務めることになりました。

教育委員会からも問題視されてしまった嶋田は岡部の事件の被害者・涌井美月(米倉れいあ/821)に小川が何を聞きたがっていたのか知ろうとします。

牢屋に入っている木島にも話を聞こうとしますが、二人が真実を語ることはありませんでした。

学校では三者面談が行われていました。

帰国子女の多い高校へと進学したいと考えていた相良恭子(石井薫子)は親の意向が強く、医大付属に進学を進められていました。

親と子の希望進路先が異なるときどうすべきなのか悩む浅村涼子(真木よう子)。

嶋田「子供たちが苦しんでいるなら味方でいてやれ。香里ならきっとそう言う。」

嶋田が浅村に対し、少し優しくなりましたね。

相良は水野楓(山口紗弥加)の英語の授業をボイコットしてしまいます。

母親への反発から反抗的な態度をしてしまった相良は英語を活かした仕事に就きたいと考えていました。

浅村は相良にスピーチコンテストに参加しないかと持ち掛けます。

そして涌井の父親が三者面談にやってきました。

中卒でもいいという父親は涌井に対し、教師の前でも関係なく暴力を振るおうとします。

なぜ父親は一年前の事件の時に大騒ぎしなかったのか。

それは事件の報告をしたときに母親しかいなかったため。

家族は必至で事件のことを父親から隠そうとしていました。

そして、休日の涌井の行動を見張る嶋田は、彼女が尾崎香澄(鈴木梨央)と待ち合わせをしていることを知ります。

学校では話すことのない二人。

一年前の涌井の事件の現場に尾崎がいたことを覚えていた浅村。

尾崎が何かを隠していると直感した嶋田は、尾崎自身に確認を取りますが偶然通りかかっただけだとあしらわれてしまいました。

その尾崎は父親の賢治に会っていました。

父親は再婚し、別の家庭を持っていたのです。

教育委員長がお父さんだろうなとは思っていましたが、クラス委員長、結構複雑な家庭だったんですね。

そして、3年1組では母親からの過度の期待を重荷に感じていた子役をしている井上双葉(唯藤絵舞)が窓ガラスを割り自分の顔に傷をつける騒動が起きていました。

駆け付けた母親に向かい「あんたは娘を利用して人生を生きなおそうとしているだけだ。」という嶋田。

井上の様子を見ていた相良は、浅村にナイフを預かってほしいと持ってきました。

スピーチコンテストに参加させないという母親を傷つけてしまうのではないか。

「自分が決めろ。」嶋田のその言葉を受けた相良はスピーチコンテストへと足を向けます。

学校へ乗り込んできた相良の母「あなたが余計なことするから。」

嶋田「家族の病理は連鎖する。今断ち切らないと。一生母親を恨むことになる。」

その言葉を聞いた母親は、自分の子供のころパティシエになりたいという夢を潰された自身の母親を一生恨んでいたことを思い出しました。

自らの足で向かったスピーチコンテストに落ちた相良。

会場に現れた相良の母「来年、また頑張りなさい。」

相良は自分の夢を持ち続けることを許してもらえました。

その頃、不起訴になり警察を出る木島の姿がありました。

その後ろを付けているのは岡部でした。

自分の過去の事件が周囲に知られ、予備校講師もクビになり婚約者にも逃げられていたのです。

木島が逮捕されたことにより事件が明るみになったのではと考えた岡部に撃たれた木島。

嶋田「俺たちは騙されていたのかもしれない。」

涌井と同じ高校に志望する尾崎が図書館で建築の本を読み漁っていたことを思い出していました。

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話ネットの反応や感想

ラマちゃん
さすがの鈴木梨央さん。

教育委員長が父親なだけじゃなかったわね。

ドラまる
三枝は真理をついてくるね。

このドラマの良心だ。

ラマちゃん
今日も大人の方に問題が山積みだったわね。

ドラまる
もう最終回!?

嶋田撃たれてたよね?ねっ?!

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|9話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第10話あらすじ

2021年3月16日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第10話のあらすじをご紹介します。

木島(高橋克実)が岡部(遠藤雄弥)に撃たれた。

1年前の事件が表沙汰になったことですべてを失った岡部が、木島を逆恨みして犯行に及んだものと思われたが、隆平(藤原竜也)は、本来なら事件の真相を暴いた自分こそが狙われるはずなのに、何かおかしいと違和感を覚える。

一方で、普段はまったく接点がない美月(米倉れいあ)と香澄(鈴木梨央)が、そろって同じ高校への進学を希望していることを知った隆平は、1年前の事件について、ある仮説にたどり着く。

もしそれが正しければ、逃亡中の岡部が次に狂気の矛先を向けるのは…!?

スクールポリスとして、校内にはびこる“悪”を次々とあぶり出し、成敗してきた隆平。

志半ばで亡くなった最愛の恋人・香里(明日海りお)の思いを受け継ぎ、1年前の事件の裏に隠された真実を明らかにして生徒と学校を救うことができるのか!?

この学校の生徒に守る価値があるのか——、隆平が最後に出した答えとは!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

先週は嶋田にハサミで刺され、今日は岡部に撃たれてしまった木島。

確かに事件の隠蔽の仕方はまずかったのですが、それ以上の悪がまだ隠されているようです。

涌井と尾崎が同じ高校へと進学するために、何かを仕組んだことだったのか。

一年前の事件の真相が次週ようやく明らかになります。

ドラまる
今日は子供のためのと言いながら毒親になってしまうモンスター二人に西尾まりさんと堀内敬子 さんが。

演技力がすごかったね。

ラマちゃん
それを言ったら涌井の母に中島ひろ子さんも贅沢だったわ。

涌井家は最終話も登場するかも。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA