【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】8話ネタバレと感想。黒幕判明に嶋田が一線を越える。

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年3月2日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話が放送されました。

ドラまる
三枝が昨日の月9に登場したね。

なんか嬉しくなっちゃった。

ラマちゃん
あちらでも嶋田にこき使われてたわ。

その嶋田の恋人・小川の死の真相はまだ闇の中よ。

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話あらすじネタバレと感想

小川香里(明日海りお)と浅村涼子(真木よう子)の会話を盗聴していた人物は誰なのか?

いつものように三枝弘樹(山田裕貴)に音声の解析を頼んでいた嶋田隆平(藤原竜也)

赤嶺中学の野球部の試合で、ピッチャー・矢島裕(長島令玖)が投球中にレーザーポインターを照射される事件が起きます。

そのことが発端となり生徒たちに休みを与えていなかった闇部活として野球部の顧問・阿部裕亮(音尾琢真)が問題視されます。

阿部は矢島の両親からしばらく外部のコーチを依頼して指導を外れるようにするように言われ、怒りを露にします。

野球部では以前にも三上という生徒が阿部に手を挙げられた際に鼓膜が破けたことがありました。

阿部に恨みを持った人間がレーザーを照射したのではないかと考えていた嶋田。

しかし嶋田に情報を提供する三村翔子(吉柳咲良)と真田一樹(中川翼)からの報告は阿部に恨みを持つ生徒はいないということでした。

阿部は見た目とは裏腹にパワハラもしない、生徒思いの熱い先生だったのです。

そして嶋田は、一年前に小川が熱中症が原因で事故に遭った坂木司(山時聡真)という野球部員のことを話していたことを思い出します。

事故後、坂木は不登校になっていました。

坂木の実家に向かった嶋田。

阿部は親身に自分の体調も気にかけてくれていたと言いますが、熱中症になった原因はほかに思い当たることがあったようです。

隠していることを吐くように詰め寄られる坂木「俺、殺されます。」

その日、阿部が帰った後、先輩部員からさらに激しい練習を強要されていたと言います。

坂木「学校には言わないでください。俺も殺されます。小川先生が…。」

事故の時に見舞いに来てくれた小川に先輩のことを伝えた坂木。

その直後、小川が事故で亡くなったことに怯えていました。

そして金をもらってレーザーを照射したという人物を特定した三枝。

嫌がらせをするように依頼をしたのは坂木の母親でした。

熱中症の原因となったのは阿部の指導のせいだと思っていた母親は、部活のあり方を訴えるために事件を起こしたのだと言います。

阿部「一つのことにどれだけ熱中できるかが将来の糧になると思います。例え負けても逃げない強さを知ってもらいたい。」

そう言いつつも、頭を下げ監督不行き届きを謝罪する阿部。

坂木達後輩に無理な練習を強いた黒石のもとに向かった嶋田は、黒石と共にいた松田を見つけます。

松田は小川と浅村の音声データを送ってきた人物でした。

三枝、ナイスタイミングで音声を送ってきた人物を特定してくれました。

坂木の件が明るみに出ると推薦が取り消されると思った松田は、ケガをさせるつもりで小川の自転車のブレーキを切断したと言います。

音声を送ったのは浅村が疑われればいいと思ったから。

そして学校に戻った嶋田は校長・木島敏文(高橋克実)に手錠をかけます。

熱中症のことを小川から聞かされた校長は松田に入れ知恵をして小川の自転車に細工をさせたのです。

証拠となったのは録音されていた木島と松田の会話。

木島は岡部昌浩(遠藤雄弥)のことを世間に公表しようとしていた小川のことをしばらく学校から遠ざけるために、坂木の件を利用したのでした。

木島「未来ある14歳のためには仕方のなかったことなんだ。」

そんな言葉を到底受け入れられない嶋田は、木島と激しくもみあいになりハサミを腕に刺してしまいます。

飛び込んできた三枝は嶋田を制し、木島は傷害の教唆容疑で逮捕されていきました。

嶋田「まだ終わってない。香里は生徒の心に土足で踏み込むような奴じゃない。」

小川が何を調べ何をしたかったのか。

まだ闇が残されていました。

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話ネットの反応や感想

ラマちゃん
この学校の隠蔽体質の象徴だった校長が、まさかの生徒を脅迫。

そしてそのことが小川先生の死につながってしまっていたのね。

ドラまる
昔は当たり前だった根性論。経験者も多かったよ。

今はかなり変わってきたよね。阿部先生は生徒想いの先生だったんだ。

ラマちゃん
心理的に攻めてくる嶋田もいいわね。

ドラまる
やったことは許されることじゃないけど、小川と浅村との音声ファイルを送ってきた松田も、校長に利用されたんだね。

ラマちゃん
か、可愛い。

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|8話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第9話あらすじ

2021年3月9日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第9話のあらすじをご紹介します。

岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だった。

木島の逮捕で一年前の事件はすべて明らかになったかに思えたが、隆平(藤原竜也)は、事件の裏にまだ何か秘密があると考えていた——。

3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まり、涼子(真木よう子)は志望先が親の意向と異なる相良恭子(石井薫子)のことで頭を悩ませていた。

自分と同じ帰国子女が多い学校へ進学し、語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるために、何としても医学部付属の高校を受験させるというのだ。

一方的な母親の言動にいら立ちを隠せない恭子は、次第に授業態度も悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をする。

一方、暴行未遂事件の被害者でもある美月(米倉れいあ)の進路相談には父親が現れる。

その態度から、家庭内に問題があると考えた隆平は、美月を尾行。

すると、向かった先には思わぬ人物が待っていた。

さらに、木島の逮捕で岡部の身にも異変が…!?

一年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか——。

亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

ずっと嶋田が来てから、その一挙手一投足を気にしていた校長自身が、小川先生の死に関係していました。

ただ、問題を隠蔽しているだけなのかと思っていたため、驚きでした。

そして、校長が逮捕されていったことを知り、お互いに目を合わせ頷く涌井美月(米倉れいあ/821)と尾崎香澄(鈴木梨央)が何を隠しているのか。

次週は赤嶺中学に教育委員長・尾崎賢治(升毅)の姿もあり、この学校の中で隠されている秘密が暴かれる予感です。

ドラまる
木島に対する嶋田の激しい怒り。

まさかハサミを刺しちゃうなんて。

ラマちゃん
必死で止めた三枝がいてくれてよかった。

次週には、スクールポリスの姿があったからクビにはならなかったみたいだわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA