【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】7話ネタバレと感想。身も心もかっこいい三枝のスクールポリス姿!

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月23日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話が放送されました。

ドラまる
恋人だった小川の学校での姿が徐々に見えてきたね。

生徒のためにまっすぐだった小川先生。

ラマちゃん
嶋田は、彼女が岡部の事件の隠ぺいに関わったことを信じていなかったわ。

今日は三枝のスクールポリス姿も見られるわ。

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話あらすじネタバレと感想


小川香里(明日海りお)の自転車のブレーキを切断し事故を起こしたのは誰なのか。

そして小川は生徒相手に婦女暴行未遂を起こした岡部昌浩(遠藤雄弥)の事件の隠ぺいに関わっていたのか。

そんな時届いた小川と浅村涼子(真木よう子)が言い合っている音声ファイル。

浅村は一年半前に臨時教師として赤嶺中学校に採用され小川が亡くなったと同時に本採用になっていました。

なぜ急に浅村が赤嶺中学に移動になったのか調べるため、三枝弘樹(山田裕貴)にスクールポリスの代理を依頼した嶋田隆平(藤原竜也)。

そしてその浅村は担任をしている3年1組で家庭環境に問題のある深山敏春(田中奏生)の様子を気にしています。

祖母とホステスとして働く母と三人暮らしをしている深山はネグレクトを受けている可能性がありました。

ボランティアをしている子ども食堂に寄る三枝は以前から深山のことを知っていました。

幼いころに母親に捨てられ、現在は寝たきりの祖母の介護を押し付けられている深山。

祖母に食事を持っていくために給食の時間に登校してきた深山を捕まえた三枝は、母親が再び消えてしまったことを聞かされます。

当座の食費を手渡してあげる三枝「辛かったろう。」


在宅介護にネグレクト。

さらに三枝から受け取ったお金も借金取りに奪われてしまいました。

母親を捜すことにした三枝と浅村は、母親を見つけ出し行政の力を借りるよう進言し、子供のもとに戻るよう説得します。

しかしその決意は間に合いませんでした。

お金を無くした深山は、コンビニで万引きをしてしまいます。

呼び止められた店員を振り払った時、倒れこんだ男性が頭を打ち倒れてしまいました。

母は帰ってきましたが、祖母を連れて出かけていた深山。

けがをさせた男性が死んだと思い、祖母と無理心中をしようと河原に向かっていたのです。

河原に到着した三枝「シャキッとしろ!コンビニのおっさんも死んでねえから!母ちゃんも戻った!」

そのことに安堵した深山が借金取りから暴行を受けたことに気づいた嶋田は、借金取りのアジトに向かいます。

嶋田「お前(三枝)にはしこたま借りがあるからな。」

そして小川の事件を追う嶋田は浅村の前任校の校長のもとに訪れ話を聞いていました。

二年前に浅村が原因で自殺未遂をした芦田薫という生徒。

いじめを収めようとした浅村は、学級崩壊を起こしてしまいました。

いじめの首謀者である芦田が責められ自殺未遂を起こしたのです。

校長は必死になっていた彼女に一方的に責任を押し付け退職に追いやったと後悔していました。

赤嶺中学校で嶋田が小川の事故の原因を探っていることを校長・木島敏文(高橋克実)に伝える浅村。

岡部の事件を探っていたのではないと報告しますが、校長は岡部の事件をもみ消したかっただけではなさそうです。

執拗に事件の真相を明らかにしようとする小川から被害者の涌井美月(米倉れいあ/821)を守ろうとしていたという浅村。

過去の自分のように被害者生徒を追い詰めたとバッシングを受けてほしくなかった。

あの脅迫の後、小川は「本当にこのままうやむやにしていいのかな。」と話したと言います。

その言葉がどんな意味を持つのか。

そしてその会話を盗聴した際に使われていた電池切れの盗聴器を見つける嶋田。

浅村の疑惑は晴れましたが、誰が盗聴器を仕掛けたのか?

新たな疑問がわいてしまったのでした。

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話ネットの反応や感想

ラマちゃん
あの三枝も過去に辛いことがあったなんて。

深山もいい人になるんだよぉ。

ドラまる
浅村先生、もう失敗したくなかったんだね。

ラマちゃん
小川先生の事件、簡単じゃなさそうね。

ドラまる
盗聴器を仕掛けた犯人が、なぜ浅村と小川の会話を嶋田に送ったのか?

いろいろわからない~。

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|7話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第8話あらすじ

2021年3月2日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第8話のあらすじをご紹介します。

野球部のピッチャー・矢島裕(長島令玖)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。

矢島によると、マウンドから投球する際、目にレーザーが飛び込んできたという。

矢島は友達からの信頼も厚く、恨みを買うようなタイプではない。

そのことから隆平(藤原竜也)は、学校へ報告なしで部員たちに休みなく厳しい練習を課す“闇部活”を常態化させたり、いきすぎた指導で部員の鼓膜を破裂させたこともあるという顧問の阿部(音尾琢真)に対する嫌がらせではないかと考える。

さらに、亡くなった香里(明日海りお)が、熱中症で部活帰りに誤って道路に出て、事故にあった野球部員がいると話していたことを思い出した隆平は、事故以来、学校に来られなくなった坂木司(山時聡真)の家を訪ねる。

その一方で、自らの携帯電話に送られてきた香里と涼子(真木よう子)が口論する音声データの送信元をたどると、野球部の一件と意外なつながりが見えてきて…。

恋人の死の真相へ近づく隆平。

香里を死に追いやったのは誰なのか…学校が隠し続けてきた秘密がついに明らかとなる!

そして、隆平が追い続けていた黒幕の正体も明らかに!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

今回は、在宅介護、貧困、ネグレクトと重いテーマが重なりました。

今日に限って三枝がスクールポリスとしていてくれて本当によかったです。

そして、生徒のことを一番に思う小川が、真意なしに涌井を問い詰めるようなことをするとは思えませんでしたね。

しかし、浅村は話した言葉の通り、彼女たちに自分の二の舞になってほしくないと心の底から思っていたようです。

盗聴器を仕掛けたのは誰か?

次週が待てません!

ドラまる
浅村の過去も明らかになったね。

熱血が裏目に出て、生徒を傷つけてしまったと深く反省していたんだ。

ラマちゃん
浅村の疑いは晴れたけど、まだまだ謎が残っているわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA