【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】6話ネタバレと感想。岡部と通じていた浅村!何を隠していた?

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月16日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第6話が放送されました。

ドラまる
やっぱりスクールポリスに嶋田が志願した理由は、恋人の小川の死を明らかにすることだったんだね。
ラマちゃん
学校側が必死で隠す事件の真相が気になるわ。

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第6話あらすじネタバレと感想

岡部昌浩(遠藤雄弥)の居場所を突き止めた嶋田隆平(藤原竜也)は、そのマンションを訪れますが岡部はすでに姿を消した後でした。

居場所を突き止められたことが漏れている?

その事実を知っていた浅村涼子(真木よう子)に疑惑の目を向けた嶋田。

その頃、赤嶺中学校では英語教師・新津清(須賀健太)が同じ1年の教師・荒井英子(たくませいこ)と古賀一成(兒玉宣勝)からパワハラを受けていました。

同級生で同期の柴田透(泉澤祐希)は新津の心配をします。

そこは封建主義の職員室。

他学年のことには口を出せない雰囲気が漂っていました。

柴田に助けを求められた嶋田は、民事不介入だと言いながら『やりがいの搾取よ。』とぼやいていた小川香里(明日海りお)の言葉を思い出していました。

そんな新津の授業では授業崩壊が起きています。

新津の横で給食を食べる嶋田は「生徒を業務妨害罪で逮捕しようか。」と嶋田節を炸裂させます。

そこで嶋田は新津のことも守っていたという小川の姿を知らされました。

毅然とした態度の小川先生はかっこいい先生でした。

押し付けられた仕事のせいでファミレスでも仕事をしていた新津は、生徒のデータの入ったカバンを奪われてしまいさらなる残業をすることになってしまいました。

学校に残っていた校長の木島敏文(高橋克実)は岡部に引っ越しを指示していましたね。

どの事件に関係しているのでしょうか。セクハラ?小川の事故?

そして新津がひったくられたデータが流出し、問題になってしまいます。

冷たくあしらわれながらも各家庭に謝罪に回る新津と柴田。

新津「いっそこのまま消えようかな。」

職員室に戻った新津に再び辛辣な言葉を投げかける荒井と古賀。

我慢の限界を迎えた新津は屋上へと駆け上がっていきます。

嶋田は飛び降りようとする新津を止めず、先生同士の言い分をあぶりだします。

嶋田「あなたたち、やりがいの奴隷ですよ。」

新津を止めなさいという校長の言葉に立ちはだかったのは阿部裕亮(音尾琢真)をはじめとする教員全員でした。

校長から業務量を減らす約束を取り付けた教員たち。

この騒ぎは職場環境改善のために新津と柴田が仕組んだものでした。

新津「これからは生徒と向き合う時間を死ぬ気で守ります。」

荒井と古賀はしばらくはおとなしくしてくれそうです。

そして、後輩刑事・三枝弘樹(山田裕貴)の調べで美術予備校に勤務している岡部を見つけます。

一年前の事件について尋問する嶋田。

事件の日にフランスにいたという岡部「あの件ではむしろ感謝しているくらい。本来なら刑務所に入らなくてはならなかった。」

涌井美月(米倉れいあ/821)が受けたのはセクハラではなく暴行。

やはり岡部と通じていた浅村に事実を確認しに行きます。

暴行の件が明るみになった時、お互いに好意があったと証言した岡部。

涌井は交際を否定しますが涌井の気持ちを尊重し、秘密裏に処理したと言います。

小川もそのことに同調したという浅村の言葉が信じられない嶋田。

そして届いた音声ファイル。

それは小川が浅村に脅迫されている音声でした。

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
小川を脅迫するような浅村の声。

そう言えば教育委員長の升さんも忘れちゃいけない存在だったね。

ラマちゃん
先生同士も人間。

それにしても本当にひどい職場。

ドラまる
授業を崩壊させるのも法律違反に入るんだね。

ラマちゃん
小川先生、嶋田が惚れるはずね。

素敵な先生だわ。

ドラまる
山田裕貴さん、いい人だぁ。

次回は三枝がスクールポリスに!

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|5話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第7話あらすじ

2021年2月23日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第7話のあらすじをご紹介します。

何者かの告発により、香里(明日海りお)と涼子(真木よう子)が美月(米倉れいあ)の暴行事件をめぐって口論していた事実をつかんだ隆平(藤原竜也)。

当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったことや、以前に勤めていた学校での不可解な行動が気になる隆平は、自ら調査に乗り出す。

一方、三枝(山田裕貴)はそんな隆平をサポートするために、スクールポリスに就任する。

その涼子は、近ごろ欠席や遅刻が増え、体が痩せてきた深山敏春(田中奏生)のことが気になっていた。

ネグレクトを疑う涼子に対し、深山は笑って言葉を濁すが、クラブで働く母親と祖母と3人で暮らす深山の生活状況は、思った以上に深刻だった。

とある事情で深山の過去を知る三枝もまた、涼子と同じく深山を気にかけていたことから、2人は何とか深山を助けようと立ち上がるが、その矢先、金に困った深山が思わぬ行動に出て…!?

一方、涼子の過去を調べていた隆平は、涼子が前の学校を退職した衝撃の理由を知る。

香里を死に追いやった犯人は涼子なのか!?

明かされる新事実から隆平が導き出した答えは!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

小川先生の凛とした姿が見えてきましたね。

その存在に助けられていた生徒も教員も多いことが分かりました。

その一人が新津。

小川が亡くなった後、つらい日々が続きましたが旧知の柴田がいてくれて本当によかったです。

そして生徒との距離を掴みかね、フワフワとしている浅村にも何か過去があるようで。

次週、そのことが判明するようです。

ドラまる
やりがいの搾取ではなくやりがいの奴隷。

嶋田の言葉は分かりやすい。

ラマちゃん
小川先生の事件の犯人は岡部じゃなかったの?!

最後に届いた音声、怖かったわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA