【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】4話ネタバレと感想。亡くなった音楽教師の小川は事故?それとも他殺?

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月2日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話が放送されました。

ドラまる
本日のスクールポリスは盗撮事件に制裁をくらわすよ。
ラマちゃん
嶋田が探っている音楽教師の事故の件も気になるところね。

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話あらすじネタバレと感想


人気のない女子更衣室。

仕掛けられたカメラが発見されます。

嶋田隆平(藤原竜也)は中学生のコスプレ好きの数学教師・一ノ瀬悟(石井正則)を疑いますが、以前赤嶺中学校にいた岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師の名前を聞きます。

岡部は一年前にセクハラ騒動を起こし学校を辞めていました。

その岡部は亡くなった音楽教師・小川香里(明日海りお)ともめていたと言います。

そして3年1組には最近学校に来ていなかった涌井美月(米倉れいあ/821)が再び登校する姿がありました。

涌井は岡部からのセクハラ被害を受けた生徒でした。

そして嶋田の手足となって学校の情報を集めている三村翔子(吉柳咲良)から例の盗撮をされていた動画がアップされていることを聞きます。

動画を投稿したとされるネットカフェに潜伏していた男を警察に連れていきますが、誰かをかばっているようでした。

盗撮映像で不審な視線を送る2年の今井莉緒(藤嶋花音)はこの男の妹でした。

男は妹の部屋に入った時に、更衣室の盗撮映像を見つけたと言います。

今井本人に話を聞くと、事実を認め他の女生徒に好意を抱いていることを明かしました。

しかし兄がネットに盗撮画像を載せていたことを知らなかった今井は激しく動揺します。

盗撮騒動で陸上部のマネージャーを辞めることにした今井に、「お前みたいなやつはごまんといる。」と伝えます。

言葉は鋭いですが、嶋田なりの優しさが感じられました。

他にも監視カメラがないかどうか捜索していた国語教師・浅村涼子(真木よう子)は男子バレーボールの部室から出てきたバレー部顧問の澤田敦子(智順)と菊池京介(鈴木悠仁/少年忍者/ジャニーズJr.)と出会います。

怪しい雰囲気でしたね。

その後浅村は、澤田からセクハラを受けるようになったと告白され、菊池はそれが原因で年上の女性恐怖症となっていました。

バレー部の部員は二人の関係に気が付いていましたが、澤田に歯向かうことを選びませんでした。

浅村の気合も虚しく、澤田の魔の手から逃げることができない菊池は結果として再びセクハラの被害に遭ってしまいました。

翌日、その様子を撮影した映像が浅村のもとに届けられました。

置き忘れられた録画状態のビデオ。それはあくまでも忘れ物として嶋田が置いたものでした。

そして澤田は強制わいせつ罪で逮捕されていきました。

一方、音楽教室では「私が先生を殺したの。」と告げた奈良橋英里(長澤樹)は、学校で居場所を見つけられなかったときに小川に救いを求めたことを悔いていました。

自分のせいで死んでしまったのではないかと考えていたのです。

嶋田はさらに小川が岡部とともに校長室によく入っていったことを聞きます。

涌井の担任だった小川がセクハラの件で、岡部ともめていたのか。

校長・木島敏文(高橋克実)は一年前の事件を調べている嶋田の行動に目を光らせていました。

学校得意の隠蔽体質ですね。

そして嶋田は後輩刑事・三枝弘樹(山田裕貴)に岡部の現在の居場所を調べるよう頼みます。

さらに嶋田は公表されていない事実を浅村に教えます。

自宅階段から転げ落ち亡くなった小川は、転落の前に自転車で事故を起こしていたこと。

そして自転車にはブレーキがきかなくなる細工がされていたこと。

ただの事故死ではなく、殺害されたのではないか。

嶋田はそう考えていたのでした。

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
亡くなった小川先生は生徒のためを一番に考える先生だったみたいだわ。

ドラまる
盗撮は犯罪だよ。

どんなに好きでも、性別も関係なくね。

ラマちゃん
三枝とのやり取りが来ると微笑んじゃうわ。

ドラまる
先生におかしい人物が多めだね。

ラマちゃん
犯罪には厳しいけれど、心のケアも忘れない嶋田の優しさにキュンとするわ。

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|4話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第5話あらすじ

2021年2月9日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第5話のあらすじをご紹介します。

男子バスケ部で、アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が同じ3年生部員の市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)からいじめを受けていることが分かる。

柴田(泉澤祐希)から報告を受けた顧問の涼子(真木よう子)は、西田に代わってアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、心配する涼子や柴田を前に、アレンは余計なことはしないでほしいと笑顔を向ける。

そんなある日、市原が帰宅途中に何者かに襲われる事件が発生。

市原は相手の顔こそ見えなかったものの、犯人はアレンだと主張。

西田も次の標的は自分に違いないとアレンを激しくけん制するが、それでもなぜか、アレンはかたくなに西田をかばう。

隆平(藤原竜也)の聞き取り調査でアレンは自らの犯行を否定するも、何か心当たりがある様子。

とある場所へ一人で向かうと、そこにいたのは…。

はたして隆平は、容赦なしの荒治療で、いじめの加害者と被害者、どちらも救うことができるのか!?

さらに、隆平が香里(明日海りお)の死の真相を追う理由も明らかになる!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

嶋田が一年前の事件の真相に迫りつつあります。

真相を知られたらまずいと必死の校長の動きも気になりますね。

捜査一課の切れ者だった嶋田がスクールポリスに志願したのは小川と恋人の関係だったからなのでしょうか。

次週明らかになるようです。

ドラまる
次から次へと、生徒よりも先生の方に大きな問題が出てきちゃうね。
ラマちゃん
容赦なく学校の膿を出す嶋田だけど、今井にかけた言葉は素敵だったね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA