【青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐】3話ネタバレと感想。音楽教師・小川香里(明日海りお)と嶋田(藤原竜也)の関係は?

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年1月26日(火)にドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第3話が放送されました。

ドラまる
マタハラにニセ教師と問題が続出する赤嶺中学。

今度は窃盗に薬物疑惑?!

ラマちゃん
びっくりするような事件が次から次へと。

でも嶋田いるから大丈夫!?

こちらの記事では、ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』第3話あらすじネタバレと感想

深夜の赤嶺中学。何者かがパソコンルームに忍び込み備品を盗んでいました。

翌日、DVDプレーヤーなどの備品が盗まれオークションに出品され校内に犯人がいると断言するスクールポリス嶋田隆平(藤原竜也)

防犯カメラはダミーのため役に立ちません。

出品されたものを落札し、犯人の出方を待つことになりました。

一見、この学校は平穏な生活を送っていると思っていたと話す英語教師・水野楓(山口紗弥加)は嶋田に膿を出し切ってほしいと話します。

窃盗の犯人から動きがあったため、嶋田は生徒教師全員の指紋を取ると言い出します。

次々と指紋を採取される生徒たち。

そんな中、サッカー部の仲村紀明(藤本哉汰)が服を脱ぎだし錯乱して教室を飛び出していきました。

その様子から嶋田はドラッグ使用の可能性を指摘します。

ドラッグを買うために窃盗の罪を犯してしまった?

学校ではサッカー部の後輩が仲村と同じように半裸になって運動場に飛び出していました。

元サッカー部の佐々木悠馬(宮世琉弥)は何かを知っているようです。

無期限の活動停止になったサッカー部。

朝練をやっていた際に後輩が仲村のドリンクを回し飲みしていたことを聞いた嶋田は、ドリンクの中に薬物が仕込まれていたと考えます。

3年1組の三村翔子(吉柳咲良)と真田一樹(中川翼)にサッカー部に恨みを持っている人物を捜すよう依頼しました。

怪しいのは野球部の角田とサッカーを辞めた佐々木。

どちらも仲村に恨みを持っていました。

出品されていた品物が到着し、採取した犯人の指紋は角田のものとは不一致でした。

先日の騒動で指紋の採取がまだだった佐々木に話を聞きに行くと、突然教室から飛び出して逃げていきました。

机に残されたノートから取った指紋で照合すると盗難の犯人のものと一致しました。

逃げ出した佐々木は懇意にしているOBの営むスポーツ店に向かっていました。

そして仲村のドリンクに付着していたのは南米で流行っているというドラッグ・スノーシャワーだと判明。

そのお店にやってきた嶋田は、店長がドラッグの常習者で売人であることをつかんでいました。

薬物を押収した嶋田は、購入した人物のリストを手に入れます。

深夜、バドミントン部に忍び込んで薬物を入れていたのは3年2組の長田彩花(豊島花)でした。

無差別だと思わせるためにバドミントン部に侵入していた長田は佐々木と付き合っていたといい、佐々木のけがの原因となった仲村を恨んでいました。

しかし真実は佐々木に交際を断られ、妄想の中で佐々木と付き合っていた長田はストーカーになっていたのでした。

佐々木の馴染みのスポーツ店にも通い、偶然薬物のことを知り仲村への復讐を始めてしまったのです。

長田「生きてても仕方ない。」

拳銃を長田に突き付ける嶋田「死んだら全部終わりだろう。」

弾が入っていないとはいえ、かなり効き目がありましたね。

前代未聞のドラッグテロとして処理され、サッカー部の謹慎は解けました。

そしてパソコン教室の盗難の犯人は佐々木でした。

そのことを知った浅村涼子(真木よう子)は、佐々木の担任であるのに異変に全く気が付かなかったことにショックを覚えていました。

嶋田は浅村に以前過労のため事故死したという小川香里(明日海りお)のことを聞いていたのです。

その頃から、この学校はおかしかったということでしょうか。

彼女が倒れていた現場に嶋田の姿がありました。二人は恋人だった?

亡くなる前にピアノの音が震えてたという彼女に何があったのか。

奈良橋英里(長澤樹)「私が先生を殺したの。」

スポンサーリンク

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
先生の求める正義と警察の求める正義。

どちらも必要な正義だということですね。

ラマちゃん
いやぁ、ドラックテロって聞いたことなかったわ。

ドラまる
佐々木は”まんじゅうこわい”の宮世琉弥くんだったね。

ラマちゃん
情報収集のために生徒を使う嶋田。

ポピットくん、私も欲しい!

ドラまる
今日は逮捕だけじゃなく銃を突きつけるという衝撃展開。

きついお仕置きだったね。

スポンサーリンク

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平|3話見逃し動画無料視聴はこちら

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第4話あらすじ

2021年2月2日(火) 21:00時から放送のドラマ『青のSP‐学校内警察・島田隆平‐』第4話のあらすじをご紹介します。

体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見された。

バレー部顧問の澤田敦子(智順)が確認したところ、これまでに撮影された映像は動画サイトに投稿されていたことが分かる。

そして、三枝(山田裕貴)と共に秘密裏に捜査していた隆平(藤原竜也)は、ある犯人にたどり着く。

昼休み、校内に他の盗撮カメラがないかを探す柴田(泉澤祐希)と涼子(真木よう子)は、男子バレー部の更衣室から、3年生部員の菊池京介(鈴木悠仁)が出てくるところに出くわす。

京介の表情はどこかぎこちなく、やがて盗撮カメラ事件は予想もしない事態に発展する——!

一方、一年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りお)の事件について調べる隆平は、岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師のことを耳にする。

香里とよくもめていたという岡部の存在が気になる隆平は、岡部が学校をやめた原因となった生徒に接触する。

さらに、隆平の行動に目を光らせ、スクールポリスとして赤嶺中学校に来た本当の目的を探ろうとする涼子に、隆平はこれまで公にされなかった、香里の死にまつわる誰も知らない真実を明かす!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

盗難とドラッグは同一犯ではなかったのですが、ドラッグの件はストーカーと化した少女の勘違いが引き起こした事件でした。

生徒を導くことができていないと断言し、強行な方法で生徒を正す嶋田。

強烈ですが、言葉はまっすぐに生徒を貫いているようです。

そして、亡くなった音楽教師と嶋田の関係が気になるところ。

最後の女生徒の残した言葉も謎が多いですね。

ドラまる
モテモテの佐々木役の宮世くん、イケメンだったね。
ラマちゃん
嶋田がライオンになりたかったというのも驚いたけど、まさか長田に向かって銃を突きつけるとは思わなかった~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA