【にじいろカルテ】6話ネタバレと感想。母へ送った素敵なプレゼント。病を知った母の言葉は。

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月25日(木)にドラマ『にじいろカルテ』第6話が放送されました。

ドラまる
徐々に体の不調を隠せなくなってきた真空。
ラマちゃん
お母さんには虹ノ村にいることも病気のことも言えてなかったのよね。

こちらの記事では、ドラマ『にじいろカルテ』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『にじいろカルテ』第6話あらすじネタバレと感想

難病指定の多発性筋炎を患っていることも虹ノ村にいることも母親に伝えていなかった紅野真空(高畑充希)

母に送るために虹ノ村の風景をカメラに収めはじめます。

自然体が分からなくなった浅黄朔(井浦新)や、写真のウンチクを熱く語り始める蒼山太陽(北村匠海)。

朔は「太陽のくせに暗い」と口走って、太陽の地雷を踏んでしまいました(笑)

診療が始まる前に橙田雪乃(安達祐実)の記憶テストを行う真空。

簡単なテストでしたが、雪乃はいつかこれができなくなる自分を想像して恐怖を感じます。

そんな雪乃とも写真を撮ることにします。

結構辛辣な雪乃との会話を楽しんでいると緑川嵐(水野美紀)の一人娘の緑川日向(中野翠咲)が飛び込んできました。

祖父の緑川日出夫(泉谷しげる)と嵐が体調不良で動けなくなってしまったのです。

真空たちは急いで診療に向かい、重篤ではないことを確認し診療所に戻ることにします。

二人仲良く並んで氷のうを乗せられている姿はほのぼのですね。早く治れ~。

日向は霧ケ谷夫妻のもとで一時的に預かることになりました。

子供のできない霧ヶ谷夫妻の嬉しそうな笑顔。

そして忙しい中、今日の診療を終えた真空は体に力が入らず倒れこんでしまいました。

朔が病人向けの部屋ではなかったという屋根裏部屋を「生きてきた中で一番好き」という真空。

本人は知らないけれど、リフォームしてあげた朔にとっては嬉しい言葉ですね。

しばらく診療を休むことになった真空の代わりに朔が内科を担当します。

その喧騒の中、夢を見ていた真空。

それは父が亡くなった時の記憶でした。

医者になると決意した大切な思い出。

朔と太陽の献身的な看病と、村の人たちの合唱のプレゼント。

真空のためにと皆が考えてくれたことでした。

そして起きられるようになった真空は、自分が病気を患っていると知ったら、母は自分に泣いて謝ることが目に見えていることが辛いのだと話し始めます。

ようやく母自身の幸せを掴もうとしているのに、その邪魔をしたくない真空。

太陽は「そんなことは考えなくてもいいんじゃないか」と伝えます。

病気をしていなかったら、虹ノ村に来ていなかったのだから、病気も悪いことばかりはない。

そう考えた真空の言葉をそのまま伝えればいいと朔は言います。

真空が完全復活し、内科で診察を受ける嵐と日出夫。

元気になってよかったです。

日向も霧ヶ谷夫婦と共に診察室にやってきました。

そして、母に届ける誕生日のプレゼントと共に送った手紙。

「今、私は幸せだから伝えるね。」

自分の病気のことも虹ノ村にいることも隠さず伝えることができました。

母「教えてくれてありがとう。今が幸せなのは写真を見ればわかる。」

スポンサーリンク

『にじいろカルテ』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
優しい母を心配させたくなかった真空の優しさ。

そして、それを聞く太陽と朔の優しさ。素敵な人たち。

ラマちゃん
たくさんいい写真を撮っていたわ。

現像するまでどんな写真が撮れたのかわからない時代。懐かしいわね。

ドラまる
太陽のくせにって口走っちゃった朔先生。

でっかいくせにポイントゲットしちゃったね。

ラマちゃん
祖父と母の不調を一生懸命伝えようとしていた日向ちゃんの頑張りに拍手!

ドラまる
日向ちゃんが来てくれて霧ヶ谷夫妻の嬉しそうな顔が、返ってつらかったよ。

スポンサーリンク

ドラマ『にじいろカルテ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『にじいろカルテ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

にじいろカルテ|6話見逃し動画無料視聴はこちら

『にじいろカルテ』第7話あらすじ

2021年3月4日(木) 21:00時から放送のドラマ『にじいろカルテ』第7話のあらすじをご紹介します。

「あと、どれくらい?どれくらいしたら、私は何もわからなくなるの――?」

まだら認知症を抱える雪乃(安達祐実)は、定期健診で突如自分の年齢を答えることができなくなる。

覚悟していた瞬間がまたやってきた、と真空(高畑充希)は姿勢を正し、晴信(眞島秀和)から託されていたノートの記録を雪乃に説明する。

症状が出始めてから何も思い出せなくなるまで約10日…その事実に、不安そうに瞳を揺らしながらも平静を装う雪乃を、真空は気分転換に「一緒に往診に行きませんか」と誘う。

朔(井浦新)、太陽(北村匠海)と共ににじいろ号に乗り込み、佐和子(水野久美)の家を訪れる真空と雪乃。

そこで雪乃は、1枚の婚礼写真を見つける。

実は虹ノ村には、古くから伝わる“虹ノ洞穴”の伝統的な婚礼があったが、今ではウェディングドレスが人気で隣町の結婚式場で挙げることが多いのだと語る佐和子。

雪乃もその1人だったというが、結婚式の記憶がない雪乃は顔を曇らせる。

そんな雪乃の心中を察した真空は、その夜、急遽にじいろ商店に村のみんなを召集。

雪乃と晴信の結婚式を提案する。

最初は戸惑う晴信だったが、愛する妻の願いを叶えたいと一念発起を決意する。

途絶えていた村の伝統行事の復活に、じじーず(泉谷しげる、モト冬樹、半海一晃)や佐和子をはじめ、当人より村人たちが大張り切り。

しかし雪乃は嬉しい気持ちの一方で、認知症の症状が進行していることに不安を抱き…。

タイムリミットはあと10日。

もうすぐ僕を忘れる妻に、何を残せるだろうか。

神様、あと少しだけ、時間をください――。

雪乃と晴信は、婚礼の日を迎えることができるのか…!?

ねえ、また好きになってくれる?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『にじいろカルテ』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

病気のことを知った母はきっと泣いて自分に謝るだろうと考えていた真空。

しかし、母は今が幸せだという真空のことをすべて理解してくれたようです。

あんなに素敵な写真を送られたのですから。

そして次回、心配なのは雪乃の病状です。

再び記憶が消されていく恐怖。

晴信と雪乃。

二人のことを見守っていきたいと思います。

ドラまる
病状が悪化する真空を看病する朔と太陽がよかったね。
ラマちゃん
次回は、晴信と雪乃をみんなで守るわ。

素敵な結婚式ができるかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA