【にじいろカルテ】2話ネタバレと感想。診察ミスをした真空に見せた浅黄の気遣いが温かい。

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年1月28日(木)にドラマ『にじいろカルテ』第2話が放送されました。

ドラまる
難病を患っている真空を受け入れた虹ノ村の人たち。

本当に豪華なキャストが勢ぞろいだったね。

ラマちゃん
その名に負けない虹色の世界の仲間入りをした真空。

今日も愉快な村人たちとの時間が始まるよ。

こちらの記事では、ドラマ『にじいろカルテ』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『にじいろカルテ』第2話あらすじネタバレと感想

虹ノ村の仲間となった真空の告白を受け入れてくれた村役場の職員・霧ケ谷桂(光石研)たち。

往診を開始した紅野真空(高畑充希)は、役場の緑川嵐(水野美紀)と看護師・蒼山太陽(北村匠海)と共に村を回ります。

お見合い写真をもらったり、冬瓜をもらったりいろいろ大変です。

往診に誘ってもらえなかった浅黄朔(井浦新)はふてくされて農作業を続けています。

もしもしおばあちゃんこと桃井佐和子(水野久美)の往診を行う真空は、スマホを買ったという佐和子にいつでも電話をかけてもいいと言ってしまいます。

嵐と太陽は毎日一日中何度もかかってくると心配します。

真空はそんな会話も楽しみながら、今日会った村の人たちを自作の地図に書き足していきます。

共同生活をする朔と太陽のやり取りは今日も朝からフルスロットルです。

そして、真空は壊滅的に料理ができませんでした。

朔「(じゃがいもに向かい)守ってやれなくてごめんなぁ。」

もう笑うしかないですね。

「女のくせに」と言わないでほしいと言っていた真空ですが、ぐちぐち文句が出てくる朔に対しついつい「男のくせに…。」と言ってしまいましたね。

そして内科医の真空が加わった村の診療所には行列ができていました。

真空は一人一人の患者の話を親身に聞いているため、他の患者の待ち時間が膨らんでしまします。

じじーずの筑紫次郎(半海一晃)はその行列を見て、「今日はいいや。」と帰っていきました。

嫌な予感です。

自分の要領の悪さに気が付きつつも、真空は患者の役に立っていることに感謝していました。

昼食中かかってきた佐和子からの電話。

切れてしまったため、かけなおしますが応答がありません。

そのことを聞いた朔は、佐和子のもとに車を走らせます。

心配しましたが畑で作業をしていただけで、安心しました。

真空は佐和子の家で指にちょっとした違和感を覚えていました。

診療所に戻るとお風呂で熱中症になった男の子の診察でしたが、裸を見られた男の子からプロポーズをされます。

かわいいですねぇ。

翌日、診察に訪れた次郎はちょっとした風邪で来たと言いますが、待合で泣いている赤ちゃんのことが気になりきちんと症状を伝えられていないようでした。

真空は風邪の内服薬を出しますが、診察後、畑仕事をしていた次郎が再び駆け込んできました。

激しく咳き込んで倒れてしまいます。

糖尿病を患っていた次郎は心筋梗塞を起こしていました。

そのことに気が付くことができなかった真空は、自分の責任だと自分を責めます。

自分で全部非を認め謝り続ける真空に朔は「俺に怒らせろ!」と伝えます。

救急車を呼び、大きな病院で治療をすることになった次郎。

手術が成功し朔たちに連絡を入れた真空の携帯には佐和子から留守番電話が入っていました。

留守電が苦手だからと童謡を録音していた佐和子。

真空はその歌声に涙したのでした。

『にじいろカルテ』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
支えてくれる存在が近くにいてくれる。

本当に心強いわ。真空はみんなに頼れるようになるといいな。

ドラまる
真空たちに迷惑をかけたくないと、どうしても我慢してしまう次郎。

ちゃんと診療所に駆け込めて本当によかった。

ラマちゃん
『過保護のカホコ』みたい~。

真空かわいい!ジャガイモに声をかける朔先生もかわいい!

ドラまる
朝からこういうやり取りができるのっていいねぇ。

楽しいな。

ラマちゃん
お話を聞いてくれるだけで力になることもあるわね。

ドラまる
真空の症状も悪化の兆候が見えてきちゃった。

無理しないといいな。

ドラマ『にじいろカルテ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『にじいろカルテ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

にじいろカルテ|2話見逃し動画無料視聴はこちら

『にじいろカルテ』第3話あらすじ

2021年2月4日(木) 21:00時から放送のドラマ『にじいろカルテ』第3話のあらすじをご紹介します。

 「私は誰なんでしょうか――?」

ある日突然、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んでくる。

真空(高畑充希)のことも、自分自身のことも、“なにもわからない”という雪乃に、衝撃を受ける真空。

朔(井浦新)から、雪乃は3年前から“認知症”を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。

雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわからない。

“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空だが、なぜか朔と太陽(北村匠海)は落ち着いた様子で…?

そんな中、ハイテンションで登場したのは雪乃の幼馴染である嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)。

2人は、そのまま真空と雪乃を連れて“ある場所”へと誘ってゆき…?

憧れていた人生がある。

だけど、どうしようもない現実も、誰にでもある。

大人だから、医者だから、諦めようとがんばっても、つらいものはつらい。

それでも生きていく。

次々に明かされる、嵐や氷月の過去。

真空自身も、自らが隠していた“現実”と向き合うことに――。

一方、無言のまま、雪乃たちを見送った晴信は、朔や太陽、そして霧ケ谷(光石研)と共に“想い出のカツサンド”を作り始め…。

果たして、すべてを忘れてしまった雪乃の運命は…?

たとえ君が忘れても、僕が全部覚えてるから――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『にじいろカルテ』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

真摯に村の人たちに向き合おうと頑張っていた真空。

少し無理をしてしまったのかもしれません。

診断ミスを犯し、もう少しのところで深刻な事態を招くところでした。

「後輩のくせに、俺に怒らせろ!」と自分のことを責める真空を気遣う朔の優しさ。

素敵な先輩です。

そして村に一軒だけの食堂“にじいろ商店”では、今日も橙田晴信(眞島秀和)の「雪乃ーーーーー!!!」雪乃(安達祐実)「いるってーーー!」のやり取りがありましたね。

認知症を患っている雪乃と、彼女を変わらず愛し続ける晴信の二人を見守りたいと思います。

ドラまる
次郎さん無事に治療が終わってよかった。

真空の体調だけじゃなく、精神面でも朔たちは支えてくれてたね。

ラマちゃん
次週は認知症を患う雪乃と、幼馴染の嵐と氷月(西田尚美)のお話ね。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA