モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~|7話見逃し動画無料視聴はこちら【3/13配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話(2021年3月13日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年3月13日(土)放送終了後〜2021年3月20日(土)23時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』を見る方法について、現在ビデオマーケットで配信されています。

ビデオマーケットは初月無料となっているので、これを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
1月を例に出すと、1月1日〜1月31日が無料期間になります。

仮に1月29日に登録をしてしまうと、無料期間は1月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2021年1月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2021年冬ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじは?

2021年3月13日(土)放送のドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじを紹介します。

清水萌子美(小芝風花)は兄の俊祐(工藤阿須加)の本心を知り、衝撃を受ける。

子どもの頃から父の伸寛(田辺誠一)も母の千華子(富田靖子)も、“変わり者”として周囲から浮いていた萌子美のことしか見ていないと感じていたのだ。

それでも何とか優等生のふりをして妹を助けてきたが、一人で守ってきた「清水生花店」を萌子美の感性でリニューアルされたことで我慢の限界に。

「いいお兄ちゃんの役は、今日で降板させていただいます」と言って家を出て行ってしまう。

萌子美は家族に、俊祐が“いい人”の名でSNSに投稿していた書き込みを見せる。

乱暴な言葉で書かれた俊祐の本音を千華子は受け止めきれず、自分を責めるばかり。

そんな中でも萌子美は気丈に花屋の仕事を続けようとする。

俊祐が店を休むと知り、アルバイトの依田涼音(水沢エレナ)は自分が原因だと言い出す。

俊祐と涼音はつき合っていたが、いつまでもその関係を公にしない俊祐に腹を立てた涼音は、勢いで別れると宣言。

そのことで俊祐が落ち込んでいると思ったのだ。

萌子美は涼音やもう一人のアルバイト・桜井真由(内藤理沙)と力を合わせて店を開くものの、配達など俊祐の力が必要な業務が発生する。

そこに、萌子美の様子を見るため祖父の須田観(橋爪功)が現れて…。

常連客に注文されたフラワーアレンジメントを萌子美が作るが、客が望んでいるのは俊祐のオーソドックスなアレンジメントだった。

タイミング悪く、常連客からのアレンジメントの注文が殺到していることが判明する。

一方、店の車に寝泊まりしていた俊祐を岸田佑矢(加藤清史郎)が見つけ出す。

萌子美から兄が店を休んでいる間は会えないと告げられた佑矢は、萌子美の奮闘を俊祐に伝える。それでも強がる俊祐だが…。

萌子美はいよいよ、俊祐に似せたアレンジメントを作らなければいけなくなる。

すると萌子美は、ある道具に目をつける。

公式サイトより引用)

2021年冬ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

トマト
俊祐が家を飛び出した後、家族は皆言葉を失う。

萌子美は兄が、愚痴をこぼしていたSNSを家族に見せ、兄の秘めた想いを伝える。

今まで萌子美にばかりかかりっきりで、俊祐は大丈夫と勝手に決めつけていた事に両親は反省をする。

それ以来、俊祐は車に寝泊まりするようになり、生花店にも姿を見せなくなる。

従業員達と協力して店を切り盛りするものの、俊祐の存在の大きさを改めて実感する事となる。

萌子美から話を聞いた佑矢は、兄に会いに行き、生花店が大変な状況となっている事を知る。

意地を張っていた俊祐だったが、店の様子が気になって見に行く。

そこで自分の存在価値を感じ、今まで通りの姿に戻る。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

なお。
俊祐の気持を知った萌子美は、感性が豊かな分大きなショックを受けてしまうと思われます。

また俊祐も何もかも嫌になり全てを放棄する事で、周りにどんどんひずみが出て来そうです。

大切な花店も投げ出してしまった俊祐に対して、萌子美は頑張るもののやはり兄の力には及ばない事も多々出てくると予想されます。

そこを今いる仲間達となんとか工夫をこらして進めていきますが、最後はやはり困っている萌子美たちを捨てきれず、俊祐が帰ってきてお店はなんとか今までの軌道に乗ってくると想像しています。

そんな経験から、俊祐は自分の居場所はちゃんと初めからあったんだと自信を取り戻すと思います。

ペンネーム:なお。(50代・女性)

ベルリ
俊祐は、自分の今までの思いを一気に話して家を出て行ってしまいます。

花屋まで休んでしまうのです。母も父も、俊祐に我慢をさせ、良いお兄さんになることを求めていたことを反省します。

花屋では涼音が、別れを言ったことが原因だと悩みます。

さらに、花屋は俊祐のアレンジを求めるお客も多く、やっていくのが大変になりました。

萌子美たちだけでは回りません。誰か助ける人が現れそうです。

一方、俊祐が車で寝泊まりしているのを佑矢が知り、話をします。

みんな俊祐を心配するのです。その思いをどのように伝えてわかってもらえるかが見どころだと思います。

俊祐は、本当は良い人なのできっと気持ちが通じると思います。

ペンネーム:ベルリ(60代・女性)

ロール
家族との関係で俊祐が家族と口論になってしまい、俊祐が家を出ていってしまいました。

清水生花店がどうなってしまうのか気になりました。

店の車に寝泊まりをしてしまっている俊祐を佑矢が見つけて声をかけるシーンがあり、二人がどういう話をするのか見どころだと考えています。

モコミはお店が忙しいことと俊祐のことで、佑矢と連絡を取らなくなっていた。

再び、佑矢と連絡を取り合えることを期待しています。

俊祐は気分を悪くしているが、機嫌を直して清水生花店で再び頑張ることができるのか気になりました。

モコミの力でお店を回していくのは難しいと考えられますが、おそらくモコミは、頑張って俊祐に似たアレンジメントを作ることができるのではないかと予想しています。

ペンネーム:ロール(30代・男性)

ありま
俊祐がついに家族に怒りを露わにしたことで今後の展開が楽しみになりました。

何が起こっているのか訳がわかっていない千華子と伸寛がどんな対応をするのか次回が楽しみです。

2人が焦っている中で観が的確な態度を示す場面というのが見たいなと期待しています。

そして俊祐の不安定な状況に萌子美の精神的な部分というのも気になります。

ただ最終的には萌子美が俊祐に言葉をかけてこの問題は解決していくんじゃないかと予想しています。

そして涼音が俊祐の状況を見てどんな反応を見せるのかも注目しています。

俊祐絡みで面白くなりそうです。

ペンネーム:ありま(40代・男性)

23mitsu
自分自身が全て中途半端で、唯一自分自身の存在価値がある、と言っても過言ではなかった花屋も妹の萌子美に奪われるような形になりつつあり、遂にキレてしまった兄俊祐の今後が焦点。

その原因の一端が、妹萌子美が自分自身を良い部分を発揮する事により経営する花屋の居場所を奪われてしまっている事にあるのは明らかで、萌子美が兄にどう対応して行くのか。

真実を知ってしまったものの、元々人づきあいが苦手で引き籠りだったキャラなので、小芝風花さんがどう演じるのか楽しみにしています。

プラス、役者志望のフリーター佑矢と萌子美は恋に発展するか、といった処も見所かと思います。

ペンネーム:23mitsu(40代・男性)

2021年冬ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

柚乃

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

今回は俊祐がいいお兄ちゃんではないと、家族みんなの前で怒鳴ります。

俊祐は家に帰らず仕事も休み、車の中で一人葛藤するのです。

そんな中家族は俊祐が投稿していた文章に目を通します。

家族のことや仕事のことを思うままにも書いていることを、初めて知るのです。

そして萌子美は俊祐の投稿を知っていたことを、おじいちゃんに話します。

わかっていたのに、問いたたずこともできなかったことを後悔します。

また萌子美は俊祐がいない分、アレンジメントを頑張るけど俊祐のようにいかないのです。

最後俊祐も気持ちを切り替えて、仕事や家族と向き合うのです。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

今回は俊祐が家族に怒鳴っていたのは、見ていてインパクトがありました。

本当の自分はこうなんだと、見せつける感じが緊迫感ありました。

家族が俊祐の投稿を見ていたのがリアルです。

母親は泣いていたのが胸が痛くなりました。

こんな風に思っていたんだと、改めて知るきっかけになったような気がします。

また萌子美はわかっていたけど、俊祐を止められなかったことを悔やんでいたのが印象的です。

萌子美の優しさを感じました。

さらに岸田の存在もあって、俊祐が家族や仕事へ戻ることができたのがホッとしました。

萌子美も嬉しそうに感じました。

ペンネーム:柚乃(20代・女性)

トマト

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

今まで溜め込んでいた物を家族の前で爆発させた俊祐は、家を飛び出して車中泊をする生活を送る。

仕事にも来ず、恋人の涼音は自分が別れると告げたせいだと責任を感じる。

兄が抜けた穴を埋める為、萌子美は懸命に働くが、配達問題が浮上する。

そこでタクシーの運転手をする祖父の力を借り、萌子美が配達業務を行う。

そんな中、客が俊祐が作るスタンダードなフラワーアレンジメントを求めている事を知る。

萌子美も挑戦するが出来ず、兄が普段使っているハサミの助けを借りる。

一方で、妹が大変だと話を聞いた俊祐は、深夜店を訪れて仕事の様子を確認する。

その後、俊祐は自宅に戻り、ありのままの自分でいる事を決心する。

そんな中、萌子美は、物の声が聞こえなくなる事態となっていた。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

俊祐の裏の顔を知った家族は、とてもショックだったと思います。

いい兄を演じていたと言っていましたが、過去の思い出などを見ると決して演技では無く、妹思いの優しい兄だった事がわかります。

意地を張って仕事をボイコットしていましたが、仕事の様子を確認するなど、やはりこの仕事が好きなんだろうなと思いました。

自宅に戻り、無事家族と和解出来て良かったなと思います。

これからは溜め込まず、自分らしく生きていって欲しいなと思いました。

その一方で、物の声が聞こえなくなった萌子美の事が心配です。

一体何が原因なのか、理由が気になりました。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

なつ

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

あの真面目で優しいと思っていた俊祐が実はもう限界をむかえていた。

唯一の自分の居場所だと思っていた花屋も萌子美にとられてしまったと感じ家出してしまう。

家族は俊祐がSNSに投稿した黒過ぎる言葉を信じられずにいた。

そんな中、萌子美は自分をずっと守ってくれていた兄の俊祐の居場所である花屋を守ろうといつものようにお花たちと会話しながら、なんとか営業を続ける。

しかし、常連さんへの配達で問題が発生。

俊祐のアレンジメントを希望されてしまったのだ。

萌子美は、なんとかその要望に答えようとするがうまくいかない。

そして、花の言葉を聞くことをやめ、俊祐がいつも使っているはさみを手にし、アレンジメントを完成させる。

家で夕食の支度をしていると俊祐が戻ってきた。

これですべて元通りと思っていたら、萌子美は花やモノと話す力を失っていたのだった。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

お兄ちゃんの気持ちがついに爆発してしまってどうなるんだろうと思いましたが、実はバラバラだった家族がみんな正直になったことで、今までの放送回では、え?お母さんひどすぎるよね?とか思ったりしてたのが、うまくまとまってすっきりしました。

でも、お兄ちゃん消えたりするかと思ったら、悪い人になりきれないところがおもしろかったです。

お兄ちゃんのその中途半端さがすごいというセリフが印象的で、確かにそのままやめずにずるずるできることもすごいなと思いました。

しかし、萌子美の能力がなくなってしまったというのは、なんだか切なくなってしまいました。

急に一人ぼっちになってしまうような。

でもまわりに今いる大切な人たちの存在が救ってくれるだろうって願ってます。

ペンネーム:なつ(30代・女性)

ベルリ

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

俊祐は、今まで良い兄を演じていたと言って家を出ました。

両親は、萌子美からSNSを見せられ、家族の悪口に驚きます。

翌日、俊祐が花屋を休んだので、涼音は別れを言ったせいだと反省します。

俊祐の花のアレンジを求めるお客が多く、萌子美たちは苦心しながらなんとか仕事を続けました。

萌子美は、俊祐の花鋏を使うことで、真似をしてアレンジをすることができました。

俊祐が寝泊まりしている車に、佑矢が心配して行きますが、頑なに反発するばかりです。

その後、俊祐は、家に帰って、家出まで中途半端だと投げやりに言って、乱暴な言葉で威張っています。

すると祖父がそれで良いと認めます。

萌子美が花屋で仕事を始めると、花が話さないことに気付き、驚きます。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

俊祐は、本当は優しい人だと思いました。

家族が萌子美ばかりを気にかけているので寂しかったのだと思います。

花屋を休みますが、夜に様子を見に行き、家にもすぐ帰ってきました。

萌子美は思ったより落ち着いていて、両親に、「混乱しているときにはそっとしておいた方が良い。」と言います。

自分の体験で意見を言えて成長したと思いました。

祖父も、帰ってきた俊祐を認めたのが良かったです。

花屋でも、俊祐の存在が大切だとみんな気づきました。

自分の思いを話せて、これからは俊祐が楽な気持ちで過ごせると安心しました。

萌子美が花と話せなくなったのが気になりました。

一時的なことだと良いです。

ペンネーム:ベルリ(60代・女性)

23mitsu

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

家族への不満を爆発させ「いいお兄ちゃん」の役の看板を下ろした主人公萌子美の兄、俊裕は家出をする事に。

車中で生活し、自ら経営する花屋の仕事もサボリやさくれる日々。

家族の面々もそんな兄の姿に衝撃を受け、思わぬ事が起こりピンチに。

萌子美は兄不在の花屋を何とか支えようと必死に奮闘します。

友人佑矢も兄に、店を休んでいる間、妹萌子美と会えない事と、妹が花屋で奮闘している様子を伝えます。

さすがに心打たれたか兄俊祐も家出を切り上げ帰宅し、中途半端だ、と嘆きつつも仕事にも復帰します。

元に戻りかけたかに見えましたが、萌子美の花や物の声が聞こえるという特殊能力に異変が生じる、というストーリーでした。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

このドラマ、人間の持つ嫌な部分というか、心理を隠さず表現しているのですが、ただそれを否定せず「全て受け入れる」という事から始まっている、と改めて感じました。

そしてその「受け入れ」の次にあるのが結束感と成長。

具体的に第7話の例では、兄俊祐が家族への不満をぶちまけ家出する訳ですが、残った家族の面々はこのピンチをキッカケに日々の生活でバラバラになりかけた気持ちが1つになって行きます。

そして、家出した兄が帰ってきても怒らず否定せず、温かく出迎えています。

「中途半端、良いじゃないか」この台詞に救われる気がします。

何かと緊張感溢れるギスギスした日々なので、こういう場面は見ていてホッコリします。

ペンネーム:23mitsu(40代・男性)

ジャンボ

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじネタバレ

優等生のフリをしていた俊祐についに限界が来てしまいます。

今までの怒りを両親に伝えて家出してしまうのでした。

それにより俊祐は清水生花店にも来なくなってしまいますが萌子美は周りの従業員、観の助けなどで何とか乗り切ろうと奮闘するのでした。

そんななかその状況を伝え聞いた祐矢は車中泊している俊祐を見つけ萌子美が困っていることを告げるのでした。

その言葉から俊祐はふて腐れながらも自宅に帰り家族は出来る限り自然体を装いながら俊祐を受け入れるのでした。

無事、一件落着かと思われましたが、次は萌子美が花や物、ぬいぐるみと話せなくなってしまうのでした。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話の感想

今回は遅い反抗期が訪れた俊祐というのが印象的でした。

両親に暴言を吐くまではわからなくはないですが吸ったことがないタバコを吸い出してむせている姿はなかなか情けない姿でした。

グレたかったのかなと感じながらも真面目に生きてきた故のことなのかなと俊祐に同情しながらドラマを見ていました。

そんな俊祐の家出というのも中途半端に終わりさっさと帰ってきたのも印象的でした。

流石に車中泊は限界があるしふて腐れながらも恥ずかしげに帰宅する俊祐の気持ちはよく理解できました。

自分も似たようなことがあったなと昔を思い出しながら見ていました。

ペンネーム:ジャンボ(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2021年冬ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』見逃し動画をお得に見る方法

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA