【君と世界が終わる日に】9話ネタバレと感想。今度は来美が響を撃つ?!

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年3月14日(日)にドラマ『君と世界が終わる日に』第9話が放送されました。

ドラまる
とうとう再会を果たした響と来美は最悪の結末を迎えてしまった?!
ラマちゃん
来美を知らぬうちに敵と認識していた響は、矢を射ってしまったのよ。

来美は助かるかしら?

こちらの記事では、ドラマ『君と世界が終わる日に』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第9話あらすじネタバレと感想

探し求めていた小笠原来美(中条あやみ)に向かい矢を放ってしまった間宮響(竹内涼真)。

後ろ姿だったとはいえそのショックは果てしないものでした。

自衛隊員と対峙した柊木佳奈恵(飯豊まりえ)は、先に撃ってきたのは自衛隊だと伝えます。

来美は治療のために首藤公貴(滝藤賢一)のいる駐屯地へと運ばれ一命を取り留めました。

驚異的な回復力は首藤の治験によるものでした。

まだまだ来美を利用するつもりですね。

一方、柊木の話を聞いた自衛隊員の桑田陸斗(浅香航大)は首藤への疑念を抱きます。

本郷大樹(大谷亮平)を射殺した時の報告書が首藤によって書き換えられたことを突き止めた桑田は駐屯地から脱走を図りました。

その頃、アジトでは来美がユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)を刺した女だと柊木が告白していました。

さらにアジトに残っていた勝利(田中奏生)は、妹の敵である響にナイフを向けますが、響はそのナイフから逃げることはありませんでした。

響「殺してくれ…。」

勝利はナイフを振り下ろそうとしますが、震える手を止めたのは元研究員の御前崎(宇野祥平)です。

そしてアジトには駐屯地から脱走した桑田が姿を現しました。

一般市民の響たちをテロリストだと信じ込んでいたことを謝罪します。

さらにワクチンの接種が始まったという桑田の話でしたが、それはワクチンではなく首藤の実験の一部だと御前崎は断言しました。

来美は首藤の言いなりになっている可能性があることを知った響。

来美のもとに向かうことを恐れていました。

響の様子を見た等々力比呂(笠松将)は一度だけ協力すると言ってくれました。

そんな中、勝利に銃撃された三原紹子(安藤玉恵)の容体が悪化し、抗生剤が必要となります。

しかし、抗生剤があるのは駐屯地だけ。

駐屯地に交渉するために勝利が自分が紹子を撃ったことを明らかにし人質になると名乗り出ます。

桑田と同様、響たちをテロリストと認識していた自分のことを後悔し、協力を申し出てくれたのでした。

そして来美のことも見捨てないでほしいと伝えます。

ミンジュンを刺した来美を助けるべきか否か。

悩む響に、ミンジュンが響に本当のことを伝えるべきではないと言ったことを話す柊木。

駐屯地と交渉のため通信をする響たちは、その先で来美と直接会話をすることになります。

来美「医師の小笠原です。」

響「聞こえています。こちら間宮。」

抗生剤と鎮痛剤を勝利と交換したいと伝えました。

そして響は、その現場に来美も同行することを求めました。

響「許し合うのは簡単じゃないかもしれない。戻れるならなんだってするよ。」

同時に柊木の恋は終わりを告げました。

その直後、研究員に呼び止められた来美はワクチンを投与されたという女性が急変したと伝えられます。

その女性にはゴーレム化の兆候が見られました。

来美は捕らえられているジアン(玄理)に首藤の狙いを聞きに行きます。

ジアンの予想では現在の首藤は冷凍保存装置を破壊した響への復讐だけで動いているということでした。

研究を進めている首藤の部屋へと向かう来美。

首藤「ワクチンだと言っておけば人々を操れる。」

”ゴーレム=操り人形”

だからゴーレムウイルスだったんですね。

首藤「私のすべてだった。」という冷凍保存庫の中に入っていたものは?

そして、抗生剤と勝利との交換が行われ響と来美は再び再会を果たすことになりました。

「一緒に帰ろう。」差し出された響の手を来美は取ることはしませんでした。

そして、代わりに銃を手にし響に銃口を向けました。

来美「さようなら。」

そして、アジトでは御前崎が紹子の夫・狛江(長谷川朝)が残した手帳の中にあるラジオ局の番号を目にします。

その番号のラジオから流れてきたのは生存者を捜しているという『シェルター希望の家』の放送でした。

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
冷凍保存庫の中が気になる!

首藤の奥さんが有力かな?響のお父さんの線も残ってる?

ラマちゃん
勝利くん、ようやく自分が紹子を撃ったと告白したね。

紹子、心が広かったー。

ドラまる
え?え??どうして?

なぜ撃ったのか。次週どうなっちゃうの。

ラマちゃん
ミンジュン、大きな存在だったのね。

ドラまる
ゴーレムウイルスの名前の由来判明。

操り人形だったんだ。

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第10話あらすじ

2021年3月21日(日) 22:30時から放送のドラマ『君と世界が終わる日に』第11話のあらすじをご紹介します。

(竹内涼真)に銃口を向け発砲した来美(中条あやみ)!

さらに突然、その場にいた駐屯地の人々の間で次々とゴーレム化が起こり……!?

首藤(滝藤賢一)の元へと逃げ帰る来美に響はショックを受ける。

その日、響たちが持ち帰った抗生剤のおかげで紹子(安藤玉恵)が持ち直す一方、桑田(浅香航大)は首藤が完成させたという『ワクチン』が何か恐ろしいものであることに気づき始めていた……。

そんな中、御前崎(宇野祥平)は紹子の元夫が残した手帳の内容に、気になる記述を見つける。

そこには『緊急シェルター73.4』とあり……。

ラジオのチャンネルを合わせてみると、『希望の家』と名乗る発信者が生存者たちに港に集まるよう呼びかけていた。

呼びかけの時間は翌日。

来美のことを諦めきれない響だが、皆に説得され、一緒にシェルターを目指すことにするが……。

一方、駐屯地では来美が首藤からある約束を迫られていた。それは「響を自分の手で殺す」というもので……。

翌朝——— 。

島から響の姿は消えていた。

仲間たちに別れも告げず、一人で駐屯地の来美の元を目指す響。

そんな響の行動に憤慨する仲間たちだが、その時、港から希望の鐘のような船の汽笛が聞こえて来る!

それは『希望の家』と名乗る船の汽笛で……。

響はいよいよ駐屯地へ!

変わり果てた駐屯地を警戒しながら進む響。

そこには首藤に閉じ込められたジアン(玄理)がいて……。

ジアンから冷凍保存装置の中にあったある物の正体を聞く響。

ついに首藤の倒錯した本性が明らかに!

そして、首藤が用意した最も残酷な復讐の舞台が、響の前で幕を開ける!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『君と世界が終わる日に』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

来美は首藤に操られているようでしょうか。

自分にも打たれていた治験薬がゴーレム化を促進するものだとすれば、自分もゴーレム化すると考えたのかもしれません。

響に向けられた銃口も、首藤を欺くため?

この疑問を打破するためには、来美が言いなりにならなくてはならないほどの衝撃を受けたのですから、冷凍保存庫の中身が誰なのか?が最重要ポイントになりますね。

ドラまる
紹子の夫の遺した手帳の中にあった『シェルター希望の家』の放送局番号も出てきたよ。
ラマちゃん
またまた怪しい集団が登場よ。

今度はちゃんと味方だといいね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA