【君と世界が終わる日に】7話ネタバレと感想。首藤が完成間近だというワクチンは存在するのか?

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月28日(日)にドラマ『君と世界が終わる日に』第7話が放送されました。

ドラまる
響の母・琴子の変わり果てた姿が衝撃だったね。
ラマちゃん
まさかゴーレムになっていたなんて。

首藤はこの実験の首謀者なのかしら。響の父は?

こちらの記事では、ドラマ『君と世界が終わる日に』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第7話あらすじネタバレと感想

小笠原来美(中条あやみ)の姿を探し求めていた間宮響(竹内涼真)の前に飛び込んできたのはゴーレムとなった母・琴子(臼田あさ美)の姿でした。

手錠でつながれ、腕には001の刻印が。

それはまるで研究所のモルモットのようでした。

琴子の鎖を切断した響は、襲われそうになりとどめを刺そうとしますができずにその場を立ち去ってしまいます。

そこへやってきたのは御前崎(宇野祥平)です。

首藤公貴(滝藤賢一)の元部下だという男でしたね。

一方、テロリストに妹を殺されたと思っている勝利(田中奏生)は、響を助けようと研究施設に残っていたユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)と柊木佳奈恵(飯豊まりえ)を見つけ飛び出していきます。

勝利と共にいた来美によってけがを負わされたミンジュンの前に現れたのは琴子のゴーレムでした。

そして一緒にいた柊木を助けようとしたミンジュンは琴子に噛まれてしまいました。

琴子はとどめを刺され、その姿を発見した自衛隊員は響たちを危険なテロリストとして再認識しました。

アジトに連れ戻された響はゴーレムに関する実験の真相を聞かされます。

御前崎「(琴子は)最初の犠牲者だ。」

遺伝子治療のために開発された”ウイルスベクター”というウイルス。

首藤が認可を待たずに最初に投薬された琴子は、実験体第一号だったのです。

そのことを知られたくなかった首藤は響たちを一方的に遠ざけたと言います。

さらに、ミンジュンから琴子のゴーレムに噛まれたこと、そしてとどめを刺したことを告白された響。

響はミンジュンを危険な目に遭わせたとミンジュンの上司・甲本洋平(マキタスポーツ)から責められます。

そして、ミンジュンの姉・ジアン(玄理)が響たちの跡を付けアジトに乗り込んでいました。

弟が噛まれたことを知っていたジアンは、ワクチンを渡す代わりに響にテロリストとして投降するように取引を持ち掛けます。

さらに響以外の人間を不問にするというのです。

しかし御前崎はワクチンの存在を不審に思っていました。

アジトを出ていこうとするミンジュンを留め、一人出ていく響。

研究室で首藤は、響が生きていることを知られないよう等々力比呂(笠松将)に来美の監視を任せます。

そこへ投降してきた響をジアンは、ワクチンが保存されているという冷凍保存装置のある部屋に連れていきます。

信頼している人物しか開けられないという装置。

ミンジュンを助けるために首藤を欺き、響にワクチンを渡そうとするジアンでしたがその開錠装置が開くことがありませんでした。

そして鳴り響くアラーム。

飛び込んできた首藤が装置を開けると中にはワクチンは入っていませんでした。

荒れ狂う首藤を横目にジアンから現在開発中の治験薬を受け取る響。

治験薬を持ち逃走中の響は等々力と遭遇し来美のことを守ると宣言を受けますが、ミンジュンのために再び走り始めました。

ミンジュンの限界を悟った甲本はとどめを刺そうとしますが、その時響が帰ってきました。

途中、自衛隊員に撃たれた響が持ち帰れたアンプルは一本だけ。

御前崎によって治療薬が投与されましたがゴーレム化が止まることはありませんでした。

夕日を見たいと願ったミンジュン。

子供のころ夜が怖かったというミンジュン「よかったこと一つだけあるよ。一人で眠らずにいられた。いつもみんながいた。」

最期の時を一人にさせまいとするみんなに「なんだか家族みたいだ」という言葉を残し人としての息を引き取るミンジュン。

ゴーレムとなった瞬間、とどめを刺さなければならなかった響。

来美を見たというのは幻だったのかもしれない。

そのせいでミンジュンを死なせてしまったという深い後悔を抱きます。

柊木は来美に遭遇しているわけですから、来美の生存を伝えてもよかったのですが、ミンジュンに止められていましたね。

そして、ふと口走ってしまった柊木の「ゴーレムに噛まれたのは、その前にミンジュンを刺した女のせいだ。」という言葉。

甲本「ミンジュンの恨みを晴らすとしたら首藤とその女だ。」

一方、ワクチンがないことを知ったジアンは弟の最期を覚悟しました。

そして首藤は来美を呼び出し、響が生きていたらどうするかと問います。

来美「もう愛していません。」

変わってしまった自分を見せることができないという来美は、もう首藤の手の中に落ちていました。

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
ミンジュンの最期、悲しかった。

とどめを刺さなければならない響たちのことを思うと、つらいよ。

ラマちゃん
いつも嫌味なことばかり言ってた甲本が、ミンジュンへの愛を見せてくれたわ。

嫌味なだけの人だと思っててごめんなさい。

ドラまる
等々力の響に対する嫉妬心がすごすぎて。

響を貶めるためなら他はどうでもいいって感じだね。

ラマちゃん
自衛隊員で唯一まともなのは桑田ね。

味方になってほしいわ。

スポンサーリンク

ドラマ『君と世界が終わる日に』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『君と世界が終わる日に』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

君と世界が終わる日に|7話見逃し動画無料視聴はこちら

『君と世界が終わる日に』第8話あらすじ

2021年3月7日(日) 22:30時から放送のドラマ『君と世界が終わる日に』第8話のあらすじをご紹介します。

ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響(竹内涼真)は、“女”の正体が来美(中条あやみ)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。

仲間たちもまた、ミンジュンを失ったことで復讐心に駆られる。

一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。

首藤(滝藤賢一)を裏切り、冷凍保存装置の中にワクチンが存在しないことを知ったジアン(玄理)は、駐屯地の一室に幽閉されていた。

ワクチンの代わりに冷凍保存装置の中にあったものとは一体何なのか?

そんな中、駐屯地で結成された自警団は、安全な場所を求めて駐屯地外への調査を始める。

そして、首藤がワクチン開発に尽力していると信じる来美は、首藤への信頼を益々厚くしていた。

償いのため、自分の体を使った臨床実験を進める来美。

そんな来美の心の傷を目の当たりにした等々力(笠松将)は、思わず来美を抱きしめて……。

響は仲間たちと生き残るため、まだゴーレムが発生していない島を協力して守ることを坪井(小久保寿人)に持ちかける。

冷静を装い、淡々とやるべきことをこなす響。

しかし、来美を忘れようと誓ったその心は復讐の怒りに支配されていて……。

響を心配し、思いを募らせる佳奈恵(飯豊まりえ)は、寝ている響に思わず……。

翌日、島に見慣れないゴムボートが接近!

乗っていたのは駐屯地から偵察に訪れた等々力だった!

首藤の下につき、島を明け渡せと迫る等々力に、響は激しい怒りを爆発させる!

その頃——— 。

駐屯地では帰りの遅い等々力を案じて、自警団のメンバーが再び島を目指す準備を始めていた。

その中には、来美の姿もあり……。

響と来美、二人の運命の歯車が再び動き出そうとしていた!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『君と世界が終わる日に』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

響と来美の二人はお互いにそれとは知らず、復讐を果たすべき敵同士になってしまいました。

二人が生きていることを知らせない等々力や柊木には怒りさえ覚えますが、お互いに守りたいものがあるので仕方がないでしょう。

しかし、首藤のキレっぷりが今日は最高潮でした。

冷凍施設を守るために人を人とも思わない首藤。

やはり守りたいと思っていた妻が入っているのでしょうか?

ドラまる
等々力が次回はアジトのある島にまでやってくるよ。
ラマちゃん
来美のためだけど、何とかならないかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA