【君と世界が終わる日に】6話ネタバレと感想。来美を探し求めた先に響が見たものは?

  • この記事を書いた人:tomopon

2021年2月21日(日)にドラマ『君と世界が終わる日に』第6話が放送されました。

ドラまる
響たちは医薬品を求めて横須賀駐屯地を目指すことになったんだよ。
ラマちゃん
自衛隊の方でも内部で意見が対立しているみたいだわ。

こちらの記事では、ドラマ『君と世界が終わる日に』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第6話あらすじネタバレと感想

ゴーレムウイルスのワクチンを開発するために首藤公貴(滝藤賢一)の研究に参加することになった小笠原来美(中条あやみ)。

研究が行われている駐屯地では牛込浩二郎(神保悟志)が撤退を進言していました。

しかしワクチン開発をしている首藤はここを動きたくないようです。

簡単に動かすことのできないワクチン開発に必要不可欠な冷凍機。

コロナワクチンでも話題ですね。

こちらの装置はかなり大きかったので、誰かを冷凍保存しているのでしょうか。

首藤の妻?

一方、間宮響(竹内涼真)たちは横須賀駐屯地に向かうために海路を選んでいました。

燃料が不足し、ほとんど難破した状態になってしまった響たちは小島に到着します。

そこで刀集団と再び出会い、武器を欲していたリーダーの坪井(小久保寿人)は駐屯地にある医薬品を取りに行くという響たちを一時的に受け入れることにします。

そこで響は読経をする男性・御前崎(宇野祥平)と出会いました。

御前崎「行かない方がいい。行ったら心底人を憎むことになるぞ。」

響の名を聞いて表情を変えたこの人物。

御前崎は、元研究員でかつて首藤の部下だった男でした。

島に残っていた三原紹子(安藤玉恵)は狛江のコートから出てきた手帳を見つけます。

狛江の手帳に残されていたメモには「人体実験」の文字が。

そして坪井たちと船で横須賀に向かう響たち。

ユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)からワクチンの研究をしている姉・ジアン(玄理)の話を聞く響は、そこで首藤の名を耳にします。

響は首藤が自分の母が亡くなった時の主治医だったことを思い出していました。

駐屯地へとつなっがっているという地下道を進む響たちですが、見張りがいないことを不審に感じます。

そこで来美が目を離したすきにゴーレム化してしまった少女と遭遇した響は彼女にとどめを刺してしまいます。

その光景を見ていたのは少女の兄・勝利(田中奏生)。

これは復讐を生むパターンです。

その駐屯地では、牛込の姿が見えなくなり首藤が思いのままにことを進めていました。

ワクチンを作成するために協力している来美は意識が混濁しています。

そして牢屋から脱出した等々力比呂(笠松将)は、来美を実験室から助け出します。

その様子を見た響は二人の後を追いかけました。

暗闇の地下施設の中、響の存在を確認しつつ進む等々力はゴーレム化した牛込の姿を確認しました。

一方響は、暗闇の中で来美の声を聞きます。

せん妄状態の来美「あなたは死んだ。」


そして手探りの中、来美の手を取ったその瞬間、響はジアンによって捕獲されてしまいました。

目を覚ますと、手足を縛られた状態の響の前には首藤が現れました。

首藤「私にとっては君がハエなんです。」

本郷大樹(大谷亮平)が撃たれた理由を聞かされた響は、激しい怒りを覚えます。

「(響と)同型の遺伝子が解析されている。」という首藤の言葉。

何のことを言われているのかわからない響。

そこへ停電が起きたため、響の前にゴーレムとなった牛込を放ち首藤は慌てて研究施設へと戻っていきました。

響きを助けるために残っていたミンジュンと柊木佳奈恵(飯豊まりえ)が間一髪で救出してくれます。

ミンジュンに柊木のことを任せ、来美のもとに再び向かった響。

一緒に戻ってほしいという柊木の思いは届きません。

再び潜入した研究施設で響は、ゴーレムとなった自身の母親・琴子(臼田あさ美)を見つけました。

さらに響にとって最悪の状況が待っていました。

勝利の妹の姿を見た来美「約束する。こんな目に遭わせたやつは、私が殺す。」

スポンサーリンク

『君と世界が終わる日に』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
人に対して優しかった母の変わり果てた姿を見た響。

これからどうするのかな。

ラマちゃん
単独行動はお家芸ね。

ドラまる
響を助けてくれる仲間が増えてきてるんだけど、ミンジュンは次週大変なことに!

ラマちゃん
ハッピーエンドが遠のいたのは来美の強烈な言葉によるわね。

スポンサーリンク

ドラマ『君と世界が終わる日に』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『君と世界が終わる日に』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

君と世界が終わる日に|6話見逃し動画無料視聴はこちら

『君と世界が終わる日に』第7話あらすじ

2021年2月28日(日) 22:30時から放送のドラマ『君と世界が終わる日に』第7話のあらすじをご紹介します。

響(竹内涼真)が遭遇したのは、病死したはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムだった!

変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメをさせないままその場を後にする……。

一方、響を心配して引き返した佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、来美(中条あやみ)と勝利(田中奏生)に鉢合わせる!

妹を“テロリスト”に殺されたと思い込む勝利はミンジュンに襲いかかるが……!

来美は勝利を守るため、ミンジュンにナイフを向ける!

怪我を負いながらもなんとかその場を立ち去ったミンジュンと佳奈恵。

しかし、二人の前に現れたのは血の匂いに誘われた琴子のゴーレムだった!

絶体絶命の状況でゴーレムともみ合いになるミンジュン。

しかし、腕に残された噛み傷からは血が滴っていて……!!

首藤(滝藤賢一)は、ワクチン開発に必要なゴーレムがテロリストによって放たれたとうそぶき、駐屯地内に武装した自警団が必要だと主張。

皆を扇動しようとしていた。

テロリストを憎む来美もまた、首藤の影響を受け始めていた……。

その頃、御前崎(宇野祥平)に助け出された響は猿ノ島にいた。

かつて研究員をしていた御前崎から、首藤の恐るべき本性を聞く響。

首藤は研究に取り憑かれるあまり、琴子や生きた人間を実験台にしていたのだ!

さらに響は、自分が来美を助けようと危険を冒したことで、ミンジュンがゴーレムに噛まれたことを知り責任を感じる。

そんな中、響たちが駐屯地から尾けられていたことが発覚する!

尾けてきたのは、ミンジュンの姉で首藤の右腕・ジアン(玄理)……!

響はジアンからある条件を出される。

それは響がテロリストとして投降すれば、ミンジュンのためのワクチンを手配し、他の仲間たちを不問にしてもいいというものだった。

ミンジュンがゴーレムに変わるまでもう時間がない!

響は最後の望みに賭け、一人投降することを決める!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『君と世界が終わる日に』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

ゴーレム第一号と思わしき人物は響の母でした。

首藤が救いたかったという妻ではありませんでしたね。

大型の冷凍機の存在も気になります。

一時的な停電に対する首藤の慌てぶりから、妻が入っている可能性がありますね。

響としては母のことも衝撃ですが、間接的に来美に敵認定されたこともショックなことだと思います。

ドラまる
来美は結局響が生きていることを知らないままだったね。
ラマちゃん
次週はミンジュンが噛まれちゃうようね。

ワクチン間に合うかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA