その女、ジルバ|8話ネタバレと感想。スミレが結婚、家族ができる!ママが倒れる!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年2月27日(土)オトナの土ドラ「その女、ジルバ」の8話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
バー専属になることを決意して、退職願を出した新だったが、前園に社宅はどうすると聞かれ困る。

マスターの提案で、住宅問題は解決しそうですが。どうなるのかな。

ラマちゃん
突然の春で浮かれモードだったスミレは、突然、石動と連絡がとれなくなる。

石動になにがあったのでしょうか。恋は終わってしまうのかな。

バー一本に絞る決意をした新。前園は心配し、社宅はどうすると聞く。新は、厳しい現実に直面する。マスターの提案によって新の住宅問題は解決。スミレは、石動と連絡がとれなくなり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『その女、ジルバ』8話あらすじネタバレと感想

新は、バー1本で行くことを決め、スミレに話そうとするが、スミレから、石動との間に子供ができたと、結婚して家族を持つのが夢だったと言われ喜ぶ。

石動は、出張中で、帰ってきたら話そうと言い、とても喜んでくれたと嬉しそうに話すスミレ。

前園が、今は、仕事がいそがしくてリストラは無理と電話をしているのが目の前に通る。話したいことがあると二人は言う。

新は、会社を辞め、バー1本で行く決断をしたと言い、前園が配慮してくれていたことは分かっていて感謝していると言う。スミレは、アララの退職に驚きながらも産休が欲しいと言う。

前園は、スミレに、病院に行き具体的な産休日程を決めようと言い、無理のない仕事をするようにと伝える。新には、退職は了解し、必要書類を取りにくるように言う。

新は、バーに行き、これ一本で行くぞと化粧にも気合が入る。ナマコは、夫の誕生日だと言いケーキを作って帰って行く。

そこに、前園が客としてくる。本部から退職願が受理されたことを伝え、社宅はどうする、本当にやって行けるのかと心配する。退職金も少ないと言い、バイトで雇おうかと提案してくれる。

アララは、社宅のことをすっかり忘れていたが、なんとかなると言う。

スミレが、元気のない顔で現れる。ナマコに相談に乗って欲しいと来たのであったが、タイミング悪くナマコはお休みで、アララが聞くことにする。

スミレは、石動と連絡がとれなくなくなったと言う。例のことを言うまでは、日に30回も連絡があったのに、1日半連絡がないと心配する。そのくらいはありそうと言うが不安顔は直らない。

滝口が店にきて、石動と連絡がとれないと言う。エリーが心配して、もしかして結婚詐欺ではとスミレに言う。スミレは、正月に、おせちやらを奢ったことを思い出す。

花山も店にきて、アララが、石動の連絡先を知らないかと聞く。この店でしか会ったことがないと言う。

滝口の会社に出入りしている業者で意気投合してこの店にきたと、石動のことは詳しく知らなかった。ますます、スミレやアララは心配する。

花山と滝口は、石動は、アララのことが気になっていて、クリスマスの時、花束を渡そうとしていたがどうなったと言ってしまう。自分が受け取った花束の意味が分かりスミレは心配する。

石動が現れ、連絡がないと怒るスミレに、出張先で携帯を落としてしまい充電もなくなりようやく使えるようになったと言う。スミレは、怒り、店を走って飛び出してしまう。

アララは、走ってはだめと言い、前園が思わず妊婦がだめだと言ってしまい、アララに睨まれる。ママも含め、スミレを心配する。

石動はスミレを追いかけ歩道橋の上で止める。直接会って言いたかった、こんなところでなんだがと言いながら、婚約指輪を出し、結婚して欲しいと申し込む。その瞬間はアララは見ていた。

スミレは、落ち着いた顔に戻りながらも、こんな場所で求婚と言い、返事もせず去って行ってしまう。

店に戻ったアララは、スミレを心配してママに相談する。本人同士しか解決できないと言われてしまう。

マスターが、住むところは大丈夫かとアララに聞く。この店に近くて、お安い物件があればと言う。マスターは、今から見るかと天井を指さす。

案内してくれた場所は、ジルバの部屋の隣で、昔ホステスたちが、泊まっていた小さな部屋だった。光熱費込で2万円と聞き、アララは喜び決まる。

2020年1月31日、新の退職日。前園に再び会えて、良かったと言い、会わなければいっしょう恨んでいたと話す。

スミレに挨拶に行くと、石動との結婚はやめたと言う。好きか分からないのに、勢いで子供までできてしまったと語る。新は、仲が良かったのにと言う。

一人で子供を育てると言うスミレに、そういう素直じゃないところが良くないと言い争いをしてしまう。

幸せな家庭で育った新にはこの気持ちは分からないと言いかけそうになりながら、いっしょに仕事ができて楽しかったと去って行く。

新は、バーの2階に引っ越しを終える。マスターからジルバに送ったリングを装飾品ケースに隠し、ジルバの部屋に置く。

ママが、片付いたなら美味しい物でも食べに行こうと言う。アララは喜び、マスターとジルバとママの写真を見つけ、ママとジルバとの関係を聞く。

ママは、マスターが好きだったが、マスターは、ジルバにぞっこんで見向きもされなかった。

戦後、14歳で父を待っていたが、父は戻らなかった。何かに頼りたくてジルバに出会って、二人で踊り子になってと語り、こんな話しやめましょうと終わる。

支度をしてアララは、ママに、ジルバと喧嘩したことがあるかと聞く。アララは、スミレに踏み込み過ぎて喧嘩してしまったと相談する。

スミレは、子供を一人で育てると言っているが、両親もいなくいて孤児院で育ったのに大丈夫かと心配していると相談する。ママは、スミレをここに呼べないかと言う。

スミレがきて、ママは、カウンターに座ってと優しく言い、両肩を抱いて、何も言わずに聞いてと言う。

あなたは幸せになるのが怖いのね。今まで辛い思いをしてきたが、だれでも幸せになれる権利を持っている。

ママは、勇気を持って目の前の幸せに飛び込みなさい。人を信じるのよ。そして、もっと、幸せになって頂戴と、スミレの頬を持ちながら、涙を流して訴える。

スミレは、なんで、私の事をそこまで思ってくれているのと聞く。

アララの目には、ジルバが若き日のママ・きら子に訴えているように見えた。ジルバは、きら子に辛いことは忘れて生まれ変わるように言い、自分は生まれ変わってジルバになったと言い抱く。

スミレは、アララに、この前怒鳴ったことを謝り、二人して涙を流し抱き合う。その二人を、ママが暖かく抱く。

スミレは、結婚を決意し、バーで結婚パーティが開かれる。純白のウエディングドレスを着て、首には、みかからもらった縁結びのお守りがかかっていた。

エリーがイヤリングを選び、ひなぎくがベールを作ったと渡す。ナマコが特製のケーキを用意し、家族ができたことを本当に喜ぶ。

みかが登場し、スミレにキレイと言う。安産のお守りと腹帯を持参してくる。アララが仕事を辞めたことを驚く。

みかは、バイトをしながら、子供たちに読み聞かせをする自由人のような贅沢な生活を送っていると答える。

ママが、そろそろ式だよと言い、マスターが、スミレの父親役をすることになり少し緊張していた。

アララが司会で、結婚パーティが始まる。スミレが、マスターにエスコートされ、石動の前に行き引き渡す。

石動は、綺麗だと言い、病める時も健やかなる時もあなたにつくすことを誓いますと新婦の言葉を言ってしまい、スミレもよろしくお願いしますと誓いの言葉を交わす。

指輪の交換をして、ナマコの作ったウエディングケーキを共同で食べ、全員で写真を賑やかに撮る。

アララは、祝辞を述べてもらいますと、最初に、まっすぐで、素直な人だとスミレを褒める。機嫌が悪い時は、バナナを食べさせるようにと石動に助言する。みかも保障する。

石動は、私たちはこの日を一生忘れませんと言う。スミレは、私たちは内気なので歌いますとロックを歌い出し、皆立ち上がって歌い出す。

マスターは、カウンターに座るママにこの店は大丈夫だと言う。

ママは、もっと人は寄り添った方が良いと言いながら、椅子から倒れてしまう。アララは、倒れたママを見つけ、すぐに駆け寄る。

皆が気づき、救急車を呼ぶ騒ぎになる。

ここまでが第8話ネタバレです。

新は、退職願を出して会社が受理したあと、社宅が使えないと気づく。前園が心配してくれたが、マスターの提案で、ジルバの部屋の隣を借りられて良かったね。

スミレが、妊娠しているとは。石動に連絡がつかなくて不安になる気持ち分かりましたね。石動も間が悪すぎ、歩道橋の上で、結婚指輪を渡すなんて。

ドラまる
新は、スミレを心配して行ってしまって喧嘩してしまったね。だけど、さすが、ママでした。

幸せになっていい、もっと、人を信じていいと諭し、スミレに優しく言うシーンが良かった。

ラマちゃん
スミレの結婚パーティ、みかもお祝いにきて良かったね。

機嫌が悪い時はバナナと石動にアドバイスもナイスでした。

スポンサーリンク

ドラマ『その女、ジルバ』8話ネット上の反応

ドラまる
くじらママのスミレさんにかけた言葉が優しすぎて、涙が出ましたね。

ラマちゃん
スミレさん結婚おめでとうの声が集まってきてますね。

スポンサーリンク

ドラマ『その女、ジルバ』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『その女、ジルバ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

その女、ジルバ|8話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『その女、ジルバ』第9話のあらすじ

2021年3月6日(土)放送の第9話のあらすじをご紹介します。

スミレ(江口のりこ)の結婚パーティの夜、突然きら子(草笛光子)が倒れ、「OLD JACK&ROSE」は騒然。

検査の結果、ただの飲みすぎだとわかり胸をなでおろす新(池脇千鶴)たちだったが、腰を強く打っていたため、念のため店の2階にあるジルバの部屋で養生、新がしばらく看病することになる。

そんな中、翌日からなぜかエリー(中田喜子)、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)が相次いで体の不調を訴え、店を休むことに。

このままでは、新と幸吉(品川徹)の2人だけで店を開けざるをえない…そんなピンチの中、颯爽と現れたのは、あの人物だった!

一方、新以外誰も見舞いにやってこない状況に少しすね気味のきら子だったが、部屋に顔を出した幸吉にポツリと告げる。

「思い出すわね…ジルバの最期」

きら子の過去、ジルバとの絆…「OLD JACK&ROSE」の語られざる物語が明らかになる、万感迫る第9話!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『その女、ジルバ』8話のあらすじネタバレ、感想、9話のあらすじを紹介しました。

スミレは妊娠し、石動と連絡がとれなくなり心配。結婚の申し込みを受けるが間が悪くスミレと喧嘩。新は、バーの2階に住むことが決まる。ママがスミレに幸せになっていいと諭し、結婚。

ドラまる
ママがスミレの結婚パーティで倒れてしまいましたね。大丈夫でしょうか。ナマコたちも調子が悪くなる。

アララとマスターだけだが、強力な助っ人がくるようです。チーママでしょう。賑やかになるね。

ラマちゃん
ママは、ジルバの部屋でしばらく療養。アララが面倒を看病するようです。

ママの過去とジルバとの絆が明かされるようです。どんな展開かな。

前園は、結局いいやつだったね。新は、前園に結婚直前で振られたことを引きずっていたけど、これですっきりし、新たな人生を歩めるのかな。

ママのスミレを抱く姿に、ジルバとママが重なるように、アララには見えました。ジルバから受け継いだ優しさが、スミレに幸せになっていいのだと背中を押しました。

次話、ママが最後に倒れ、バーの危機かな。助っ人が現れ、マスターとともに奮闘するアララが見ものです。ママとジルバとの絆。どんな優しさで包んでくれるか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA