その女、ジルバ|6話見逃し動画無料視聴はこちら【2/13配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『その女、ジルバ』第6話(2021年2月13日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『その女、ジルバ』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『その女、ジルバ』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『その女、ジルバ』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『その女、ジルバ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『その女、ジルバ』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『その女、ジルバ』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年2月13日(土)放送終了〜2021年2月20日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『その女、ジルバ』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『その女、ジルバ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『その女、ジルバ』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『その女、ジルバ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『その女、ジルバ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『その女、ジルバ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『その女、ジルバ』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2021年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2021年冬ドラマ『その女、ジルバ』第6話のあらすじ

2021年2月13日(土)23時40分放送のドラマ『その女、ジルバ』第6話のあらすじをご紹介します。

年末の繁忙期になり、新(池脇千鶴)が働く倉庫は大忙し。

みか(真飛聖)が辞めて、シジュー3人娘の1人が欠けてしまった感傷に浸る間もなく、新とスミレ(江口のりこ)は慌ただしい毎日を送っていた。

遅めの昼休みを取りながら、今は島根の実家でのんびり暮らすみかに思いをはせる2人。

その手には、みかが送ってくれた出雲大社のお守りがあった。

出雲大社といえば、そう、縁結びの神様…。

一方、BAR「OLD JACK&ROSE」では、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。

くじらママ(草笛光子)や、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)らがツリーを飾っている中で、エリー(中田喜子)は大切な常連客へのプレゼントの準備に悪戦苦闘。

不器用なエリーを先輩ホステスたちが手助けしている、そんな姿も年末の風物詩だ。

客の中では、石動(水澤紳吾)がなぜかソワソワ。

どうやら意中の相手に告白の準備…?

「え。私に?マジ。ウソだ…」

新からクリスマスパーティー招待のチラシをもらい、独り身に慣れ切ったスミレは思わず感動。

ウキウキのスミレの様子を我がことのようにうれしく思いながら、少し前まで落ち込んでいた自分が驚くほど軽やかに生きていることを実感する新だった。

そして迎えたクリスマスパーティ当日。テーブルにはクリスマス料理やケーキが並び、ホステスたちや幸吉(品川徹)がクリスマス仕様のコスプレで客を迎える。

そこにはちょっとオシャレしたスミレや、石動ら常連客の姿も。

そして突然店を訪れた、ナゾの男…。

「OLD JACK&ROSE」のクリスマスは奇跡が起きる…聖夜は恋が始まる予感!

ドラマ公式サイトより引用)

2021年冬ドラマ『その女、ジルバ』第6話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『その女、ジルバ』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みかん
みかが居なくなった喪失感に浸る暇もないほど、職場は忙しくなっていた。

またジャックアンドローズでも、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備で、慌ただしい日々となっていた。

新からクリスマスパーティーの招待状を受け取り、スミレは喜びを感じる。

そして、パーティー当日、沢山の客が集まる中、スミレも普段よりお洒落な服装でやって来る。

パーティーが盛り上がる中、スミレは客の1人からクリスマスプレゼントを渡される。

スミレが戸惑っていると、突然交際を申し込まれるのだった。

その一方で、新の元にも謎の男性がやって来てプレゼントを渡すが、その裏にはジルバママに対する想いが隠されていた。

ペンネーム:みかん(30代・女性)

はるか
展開予想は、笛吹とスミレは、ミカとの思い出を話しながらも仕事に熱中していた。

そして、バーでは、クリスマスパーティが、準備されていた。

笛吹からパーティの招待券をもらったスミレも浮かれていた。

パーティの当日になり皆でにぎやかに過ごしていると客の石動が、スミレにダンスを一緒に踊ってと言う。

そこで石動から好きだと言われたスミレは、石動と恋人になる。

そして、お店には、前園も来る。

離婚をしたから笛吹と結婚前提に付き合いたいと言い始める。

楽しみなポイントは、クリスマスパーティが、メインの回なので楽しそうなフインキを味わえそうな所です。

恋も動きそうなのでそこも注目しています。

コスプレ姿も楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

mont
シジュー3人娘のミカさんが自主退職をしたことで本当に実家に帰ってしまうのか、それともこのままアラタ達の近くにいるのか。

ミカさんは親の期待を一心に背負い続けていくのか。

ミカさんが抜けた後の3人の関係はどのように展開していくのか。

上司の前園がアラタに接近したりしないのか。

前園のキャラクターが結構好きなので、アラタに接近してめちゃくちゃに振られて欲しいです。

あとは、クジラママの過去やヒナギクさん、ナマコさんの過去など、なぜホステスをしているのかなども知りたいです。

また、第5話で少し紹介されていましたが、ナマコさんの昼の顔の様にホステスさん達の昼の顔も覗いてみたいです。

ペンネーム:mont(40代・女性)

なお。
みかがやめてしまってしんみりする間もなく、会社は繁忙期を迎え大忙しとなった中、「OLD JACK&ROSE」でもクリスマスパーティーの準備で大忙しなのは、友が去ってしまった新の寂しさを紛らわせてくれるものと思います。

そしてスミレの前に告白する男性が現れる事で、あの男っぽいスミレの態度はどう変わるのか女性らしさがもっと出てくるのか楽しみです。

「OLD JACK&ROSE」でのクリスマスパーティーは、みんな集まってとても楽しいものとなりそうですが、そろそろ新にも新しい恋の風が吹かないかなぁと期待しています。

みかが送ってくれた出雲大社のお守りの効果に期待大です。

ペンネーム:なお。(50代・女性)

スオ
40歳になって初めて友達が出来、新やミカと話しているときが一番楽しいというすみれ。

ミカは故郷に帰ることになりましたが、新やジャックアンドローズのみんなとこれからも打ち解けて、今までの辛かった人生から明るい人生を歩むのでしょう。

そしてそんなすみれに恋の予感でしょうか。

ジャックアンドローズに来る常連客といい感じになりそうです。

すみれのリストラを止めさせるように本社を説得した前園、新からボロカスに言われていましたが、その反動で新は前園の事を見直すのではないでしょうか。

そして恋愛に発展しそうになるその時、恐らくクジラママやマスターが新の目を覚まさせるでしょう。

ペンネーム:スオ(40代・男性)

hirokki3
みかが退職して実家の島根に帰ってしまいますが、再び3人が再会することはあるのか?気になります。

みかは、新やスミレと一緒に仕事をしている方が心も安定すると、個人的に思っているのですが、この後どうなってしまうのか、気になります。

みかからは、お守りが届きますが、そのお守りは島根にある出雲大社のもので、出雲大社は縁結びで有名というところも何とも皮肉な縁だなと感じました。

次回はクリスマスパーティということで、何かサプライズがありそうな予感がするのですが、どんなサプライズが起こるのか、ちょっとドキドキしながら期待したいと思います。

新にも早く幸せが訪れるよう、応援しています。

ペンネーム:hirokki3(40代・男性)

2021年冬ドラマ『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ぱるる

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

みかが会社を辞めてしまって、それからも数人の社員たちが会社を辞めてしまいました。

新は感傷に浸る暇もないまま忙しい日々を送りつつも、自分がここにいられるのは前園のおかげなのかもしれないとも思っていました。

一方で新は夜のホステスの仕事を本業にしないかと声をかけられたことを思い出します。

ジャックアンドローズではクリスマスパーティの段取りでみんな忙しくしていました。

店の接待をしながら気になる女性にプレゼントをあげるとして、重くならないものはどんなものがいいかとお客さんに尋ねられた新。

新はおいしいお菓子やお花などがいいとアドバイスをするのでした。

『その女、ジルバ』第6話の感想

みかがいなくなった会社は寂しくなってしまいましたが、すみれはまだいてくれているのでほっとした感じもしました。

そして前園のことを少しずつ許し始めているという新の心境の変化に驚きました。

きっと前園を許すことはできないんじゃないかと思っていましたが、新もそんなふうに思えていっしょにお弁当を食べるようにまで成長できたんだなとしみじみと思いました。

クリスマスパーティは見るからに楽しそうでしたが、年齢層が高いジャックアンドローズで天使の格好をしていたり、逆にあの中ではまだ若い方の新が新人はこれから始まるのだとトナカイの格好をしているのが面白かったです。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

トマト

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

みかが去り、寂しさが残る中、新の職場は、人が減らされて忙しい毎日となっていた。

その一方で、ジャックアンドローズでは、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備で、従業員達が慌ただしく働いていた。

新はクリスマスパーティーのお知らせをスミレに渡し、来て欲しいと誘う。

独身のスミレにとって、クリスマスは寂しさを感じる嫌な一日だったが、新の誘いに嬉しそうにしていた。

クリスマス当日、常連客の石動は、ある人物に想いを打ち明けようと花を準備していた。

相手は新だったが、新が他の男性から花束を受け取った事で躊躇してしまう。

偶然居合わせたスミレに花を渡した事がきっかけで、2人の関係は進展する。

マスターとジルバの恋模様が明らかとなる中、新に花束を渡した男性が再び店を訪れる。

『その女、ジルバ』第6話の感想

クリスマスパーティーで石動とスミレの縁が結ばれる中、ジャックアンドローズに謎の男性が花束を持って現れました。

この男性が再び店を訪れた理由とは何なのか、そんな事を考えているとマスターが男性にジルバが死んだ事を話します。

マスターと男性は顔見知りのようですが、一体どのような関係なのだろうか。

男性は何故、ジルバの事を訪ねて来たのか、ジルバと男性に隠された過去が気になりました。

その一方で、ジルバとマスターの関係が明らかとなりました。

2人が恋人同士だったとは思いませんでした。マスターは、ジルバに似ている新を見ることで、心の安らぎを得ているのかもしれません。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

ぺろたん

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

ひなぎくさんが連れ子で、血の繋がりのないお兄さんに恋していたことが明かされる。

その方の訃報で、ひなぎくさんはクリスマスパーティーを欠席。

石動さんのアララに対する恋心を知っていた仲間がはやしたて、クリスマスパーティー当日、石動さんはアララに渡す花籠を用意していた。

しかしパーティーの後、バーを訪ねてきた男性がアララに花束を渡すところを見た石動さんは、アララではなく偶然その場にいたスミレに告白する。

めでたく両想いとなり、2人は結ばれる。

アララに花束を渡した男性が後日現れた際、マスターが厳しい口調で追い返そうとする。

マスターはその男性とジルバの関係性を知っているようで…。

『その女、ジルバ』第6話の感想

石動さんとスミレが、若い人では口にしないような「星」というワードを使って告白しあっているところが、1番の見どころ。たどたどしさに、観ていてキュンキュンした。

アララに花束を渡す男がいなければ、こういう展開になっていなかったかも、と思うと、人生何がきっかけになるかわからないなと思った。

番組後半、ジルバの人生が紹介されていたが、マスターと別れてもなお、同じ職場で働いたということから、マスターとの関係が非常に良いものだったことを連想させた。と同時に、ジルバが亡くなった折りには、夫と子どもの遺髪を棺桶に入れてくれるよう、ナマコに頼んでいたことから、やはり亡き夫と子どもを深く愛していたことを知れて、愛情深さを感じた。

ペンネーム:ぺろたん(30代・女性)

あっぷる

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

みかが会社を辞めて、島根の実家に戻り、スミレと二人になってしまった新、会社も忙しく慌ただしい毎日を送る。

みかから二人に出雲大社の縁結びのお守りが届きます。

BAR「OLD JACK&ROSE」はクリスマスのパーティーの準備が始まります。

エリーは常連客に渡すプレゼント、手編みのセーターを作るのですが、クリスマスまでには間に合いそうもなく、みんなで手分けをして手編みのセーターを作ります。

セーターも間に合い、パーティーの当日は常連のお客さんが家族を連れて参加しますが、スミレと石動さんは家族がいないため、一人で参加します。

石動さんは新にプレゼントのお花を渡そうとしますが、なかなか渡せません。

パーティーも終わり、渡そうとした時に、一人の男がお店に入って来ます。

その男が、新にお花を渡してしまい、石動さんはスミレに新に渡す予定の花を渡して、送って行きました。

そこで二人は互いが好きなのに気付きます。

閉店後のお店で、新は箱を落としてしまい、それはジルバの遺品でした。

ナマコは新にジルバの部屋を見せます。

大晦日、新はお店を訪ねマスターの掃除を手伝います。

その時、またクリスマスの閉店後に来た男が来るのですが、マスターは強い口調で「ジルバは死んだ」と言って6話は終わりました。

『その女、ジルバ』第6話の感想

地震の影響で来週かと思ったのですが、放送されました。

今週も期待通りの面白さでした。

エリーが常連客に渡すプレゼントを手分けして編む場面は何だかほっこりしてしまいました。

相変わらずしょうがないエリーですが、困ったら皆で助け合っていいですね。

あとクリスマスパーティーに常連客は家族を連れて参加、家族もみんなで楽しもうというのがいいですね。

ドラマですが、こんなお店本当にあったら行ってみたいです。

そしてこのパーティーがきっかけで恋をするスミレと石動さん、石動さん良い人なので、このまま良い方向に行って欲しいです。

閉店後に現れた男が気になりますが、来週のお楽しみになってしまいました。

ペンネーム:あっぷる(40代・女性)

マメちゃん

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

みかが工場を辞め年末が近づき忙しくなる工場で、少し疲れながらもまだ40だからと笑顔で、もうしばらくは工場の仕事もホステスも両方頑張るという新。

でもこの前言われたくじらママの「うちの専属になればいい」に少し揺れていました。

クリスマスが近づきOLD JACK&ROSEでもクリスマスパーティー準備が始まります。

そんな中やけにソワソワしている常連の石動は誰かにクリスマスプレゼントを渡すつもりのようでした。

新の誘いにウキウキでお洒落してやってきたスミレは店の前で、ばったりと常連の石動に会います。

優しく扉を開ける石動、パーティーも終わりに近づき帰ろうとするスミレに石動がクリスマスプレゼントの花を渡すのでした。

『その女、ジルバ』第6話の感想

新とのお弁当タイムでも、恋バナなんてずいぶんやってないって話していたスミレちゃんに、まさか運命の人が現れるなんて、しかもクリスマスに!素敵過ぎます!

クリスマスとお正月が嫌いと言ってたけど、これでクリスマスはきっと好きに変わりますね。

みかちゃんが送ってくれたあの御守りは、やっぱり縁結びの御利益があったんですね。

すごいです!

今のところ新にはまだ御利益はなさそうですが…。

近いうちに御利益があると嬉しいです。

今回もジルバママの話が聞けてよかったです。

幸吉がジルバママのことを大切に想い続けているのが伝わってきました。

ペンネーム:マメちゃん(40代・女性)

サテライト

『その女、ジルバ』第6話のあらすじネタバレ

村木が辞めてしまい、新と浜田は村木に思いを寄せると村木が出雲大社の縁結びの、お守りを送ってくれた。

浜田は優しい人が好きで新は誠実な人が理想だ。

バーではクリスマスパーテイーの準備が始まり、衿子は常連客へのプレゼント作りに苦戦し、皆が、家庭科の宿題が出来ない妹のように思い手伝う。

新は気に入った女の子へのプレゼントで、貰った相手が負担に感じないものは何かと客の石動に問われて、花と答えた。

誰に渡すのかと問うと、身近な人だと石動が言うが、誰に渡すのかは分からない。

会社で、昼休みに、浜田にクリスマスの誘いを新が渡す。

浜田はクリスマスが拷問のようだと言ったが、喜んだ。

前園も誘い、新は前園を恨まず、心が軽やかになったと思う。

新の表情がジルバのママの笑顔のようだ。

クリスマスに新はトナカイの衣装を着る。

菊子は初恋の人に会いに行ったと久慈がいう。

幸吉がサンタになった。

大田原の溺れる女という本も販売された。

石動に浜田は楽しすぎると帰ると、寂しいという。

お互い独身だと判る。

菊子の初恋の人が今朝亡くなったと判る。

戦災後、菊子は連れ子に入って腹違いの兄と毎年、サクラの季節に会っていたという。

久慈は、クリスマスに変わったことが起きると言う。

ジルバが七子を店に入れてくれたのもそうだったという。

石動は浜田に花を渡したら、大女殺すには刃物いらぬ、と浜田が警戒したようだ。

石動は気を付けてと言い、浜田は有難うと言って帰ろうとすると、石動は送ると言う。

帰り道、石動は浜田にキスをしようとするが、届かず浜田がハイヒールを脱いだ。

白浜が閉店間際に来て新に花を挙げた。

翌日、浜田は恋をしたみたいだと言い、新が村木がくれた出雲大社の、おかげかと思い、喜ぶ。

『その女、ジルバ』第6話の感想

村木がいなくなって新と浜田の心の寂しさを癒すように、出雲大社の、お守りが2人に希望を与えようとしているようだ。

新が浜田にクリスマスパーテイーの招待状を渡したときに、浜田が自分には恋人もいなく一人身には、寂しすぎるクリスマスだと告白したのが、胸に迫るものがあった。

浜田の過去も詳しく知りたいと思う。なにか悲しいトラウマがありそうだ。

新にしても、寂しいクリスマスになったのは前園のせいで、そうなったのに、今は前園も受け入れて誘うだけの心のゆとりが出来たのは良かった。

ジルバママの魂が新に宿ったのかも知れない。

一方、客の石動がクリスマスに意中の人に贈り物の相談をしたので、てっきり新に渡したいのかと思ったが、まさか浜田だったとは意外だった。

他方、菊子がパーテイーの日にいなくて、どうしたのかと思ったら、初恋の人が亡くなったと言い、おとなしくて控えめな菊子にも、辛い過去があったとは同情できて、想い出の満開の桜が物悲しく見えた。

それ以上に見ものは、石動と浜田の恋だ。

いつも世の中に対して、斜めに構えてニヒルな表情を浮かべている浜田の心理描写は巧みな演出だった。石動が花を渡そうとすると、大女を殺すに刃物はいらぬと警戒したときの、横目で石動を見た時の表情は、寂しい女が、粋がっているようで、可愛いかった。

そんな浜田の心の寂しさに、気が付いて寄り添うような石動には、ほっとする。

ただ、石動が本当は、どんな人間なのかは、謎もあり、2人の恋の行方が気になる。

ペンネーム:サテライト(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2021年冬ドラマ『その女、ジルバ』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『その女、ジルバ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『その女、ジルバ』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA