オーマイボス!恋は別冊で|7話ネタバレと感想。潤之介の神回!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
『オーマイボス!恋は別冊で』7話が2021年2月23日㈫に放送されたね!
ラマちゃん
中沢が奈未に告白!

恋の行方は…?

こちらの記事では、ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のあらすじタバレと感想

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。

理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。

偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し……。

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
毎回名言が出てくる「ボス恋」だけど、7話でも名言が!

ラマちゃん
前回、中沢さんから宣戦布告されたけど、7話では潤之介にキュンが止まらなかったわ!

ドラまる
潤之介の葛藤も見えて感動的な回だったわね!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』8話のあらすじは?

2021年3月2日㈫放送のドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』8話のあらすじをご紹介します。

迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

 そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

 そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

 そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』7話のあらすじネタバレと8話のあらすじをご紹介しました。

物語が佳境へ入った感じがしました。

ひたすら天然キャラだった潤之介もようやく深い部分が見えてきた気がします。

ドラまる
物語もラスト3回!
ラマちゃん
ますます波乱の展開となりそうね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA