オーマイボス!恋は別冊で|2話ネタバレと感想。潤之介の天然キャラが加速!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
『オーマイボス!恋は別冊で』2話が2021年1月19日㈫に放送されたね!
ラマちゃん
潤之介から恋人のふりをしてと言われた奈未。

しかし、彼は麗子の弟で…!

こちらの記事では、ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』2話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』2話のあらすじタバレと感想

お見合話を断る口実として潤之介 (玉森裕太) の彼女役を引き受けた鈴木奈未 (上白石萌音) は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのはなんと鬼上司の宝来麗子 (菜々緒) だった。最悪の状況に焦った奈未はその場しのぎに麗子にいろんな嘘をついてしまい、より事態は複雑な状況に……。

 翌日、『MIYAVI』の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用された。さらに麗子の発言で人気漫画家・荒染右京に依頼することが決定する。

 何かを企んでいる様子の麗子は、前日についた“奈未の嘘”がきっかけで奈未に荒染との交渉の席につくよう命令。交渉の大役を押し付けられてしまった奈未は、潤之介にSOSを求め……。

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』2話のネットの反応や評価は?

ドラまる
上白石萌音さんの演技は自然でグッド!

ドラまる
潤之介の不思議ちゃん的なキャラがいいわね~

スポンサーリンク

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』3話のあらすじは?

2021年1月26日㈫放送のドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』3話のあらすじをご紹介します。

付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

 一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

 さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』2話のあらすじネタバレと3話のあらすじをご紹介しました。

麗子vs奈未のインパクトが強いですが、それだけに潤之介のシーンには癒されますね!

ドラまる
来週はどんな潤之介が見られるのかな?
ラマちゃん
楽しみだわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA