オー!マイ・ボス!恋は別冊で|8話見逃し動画無料視聴はこちら【3/2配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話(2021年3月2日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年3月2日(火)放送終了後〜2021年3月9日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2021年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2021年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじは?

2021年3月2日(火)放送のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじを紹介します。

迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。

そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。

母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。

そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?

ドラマ公式サイトより引用)

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

花火
次回は奈未と潤之介が抱き合っているところを、中沢は見てしまいどう感じたのか気になります。

やっぱり自分には無理なのかなと思うような気がします。

そして奈未は潤之介への気持ちが、より強くなるところに期待したいです。

色々考えてしまうけど、一番大切で好きな人は潤之介だと改めて感じると思います。

また蓮見の診断結果はどうだったのか見どころです。

いままでのようにバイオリンは、続けることができるのか注目です。

きっと蓮見は結果がどうであれ、明るく受け止めるような気がします。

さらに診断結果を、潤之介に伝えるのかも注目ポイントです。

ペンネーム:花火(20代・女性)

なーほ
このまま潤之助と何事もなく仲良くって思うけど、それじゃードラマもつまらないかーもう一悶着あるのかなー。

このまま中沢先輩は引き下がるのか、もう一押ししてほしいような見守ってて欲しいような。

菜々緒とユースケも気になるし、ビジネスだけより気持ちが少し揺らいでるのかな。

楽しみなポイントはやっぱり恋愛がどう展開してくかが楽しみ!

恋愛ドラマは見ててキュンキュンさせてくれる。

こっちまでドキドキキュンキュンしちゃって、幸せ、悲しみと楽しませてもらってめす。

7話の最後に出できた、最後の化粧品のシャネルとの契約がどうなったのかも密かに気になる。

ペンネーム:なーほ(30代・女性)

マメちゃん
バイクで事故を起こしながらも奈未に会いにきた潤之介の姿に、奈未の不安は吹き飛ばされると思います。

ただだからと言って中沢がすぐに諦めるはずもなく、潤之介と中沢の絡みがどうなるのかがとても気になります。

MIYAVIの存続の危機がどうなるのかも見どころになると思います。

奈未の言葉さえヒントにして、必死にMIYAVIを守ろうとする麗子が、今度はどんな秘策を打ち出してくれるのか、密かに期待している私です。

潤之介と中沢に奈未、そして理緒と遥、もうみんなの恋がぶつかりまくりそうな予感で、心配でもありますが正直とてもワクワクしています。

ペンネーム:マメちゃん(40代・女性)

ぷーさん
編集長の恋の行方も気になってるので、さらに何か進展があったらなぁと思いますが…

毎回お洒落な服とそれをかっこよく着こなす編集長がすになので、そこが楽しみポイントの一つです。

あとは個人的には中沢さんに幸せになって欲しいと切に思ってます。

ラストの奈未と潤之助の抱き合ってる所を見て静かにブレスレットを置いて帰っていくシーンは本当に切な過ぎたので…

同じ編集部の好意を寄せてくれる子とくっついて欲しいと思いつつ、まだ奈未の事をあきらめないで欲しいと思ってしまいます。

もう少し中沢さんの男らしいかっこ良さと潤之助の子犬のような可愛さで揺れ動く奈未が見たいです。

ペンネーム:ぷーさん(40代・女性)

coco
化粧品会社とコーチのコラボが実現することでMIYAVIの存続に良い影響が起きたのか麗子がもっと先の事を考えて行動しているのかとても気になります。

会社の吸収合併まで阻止する方向に進むと良いです。

潤之介と奈未は言葉で互いの気持ちを確認したので二人の幸せそうな姿をたくさん観たいです。

そして奈未は中沢に対しどのように返事をするのか中沢がそれを聞いてどのような態度になるのか、中沢を好きな遥の行動も気になります。

副社長と麗子の恋の行方がだんだん現実的になって行っているように感じます。

こちらも応援したいですが麗子の父親の反対に合いそうで心配です。

ペンネーム:coco(50代・女性)

かものはあま
これから奈未と潤之介はラブラブさが増し、いい感じかと思いますが中沢の動きが気になりますね。

あのハグのシーンを見てしまってかなりショックを受けてる様ですが、もう一モーションかけてくるかなと予想します。

それが奈未に通じるかどうかで最後彼女にアプローチするかを決める気がします。

そして里緒の方はとても話のわかるいい子なので、このまま引き下がると思いたいですが彼女ももう一騒動あるんじゃないかと。

病気の結果を聞いて落ち込んで潤之介にもう一度だけ来て、それを彼がちゃんとそれはそれと里緒に伝えられるかがカギになる様な気がします。

楽しみです。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

くりな

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

第8話では奈未と潤之介の距離が一気に縮まります。

潤之介はカメラマンという夢を諦めて自分のお父さんの会社を継ぐことを決心し金沢の実家に帰りますが彼女も一緒に連れてきなさいと言われますがそのことをなかなか奈未に言うことができません。

そんななか、奈未が編集長にパワハラを受けているというという題で雑誌に載ってしまい今まで進めてきたプロジェクトが一旦中止になってしまいます。

ですがすぐにプロジェクトは再開して雑誌を発売したのですが廃刊が決まってしまい、吸収合併されることはなります。

雑誌を存続するには編集長の麗子さんが編集長から外れることが条件だと言われます。

その頃、潤之介は奈未が中学時代に書いた彼氏にして欲しいこと10というメモを見つけます。

潤之介はそれが中学に書いたものだと知らずに次々と実行していきスケートデートをしているときに奈未にプロポーズをします。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

奈未と潤之介の距離が一気に縮まってとてもキュンキュンするところがたくさんあり面白かったです。

もう1人奈未のことが好きな同僚の男の人は奈未のために夜中もブレスレットを探してくれて優しい性格でかっこいいので奈未も振るのが辛いだろうなと思いながら観てて泣けるシーンもたくさんありました。

麗子さんは一見怖そうに見えてしまうが本当は優しい人なのにあんな雑誌に載っけられてかわいそうだなと思いましたが奈未が誤解を解こうとしたりと主人公の優しさやお茶目さなど観れていいドラマだなと思いました。

とにかく潤之介がとてもかっこよくて2人のデートシーンがとても好きです。

プロポーズして終わったので次がどうなるかが楽しみです。

ペンネーム:くりな(20代・女性)

yuren

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

MAYAVI廃刊の危機が迫る中、潤之助と奈未の恋は順調に進んでいきます。

そんな中カメラマンをしている潤之助は家業を継ぐ事を決意します。

またMAYAVI廃刊の危機を奈未の見事な作戦で回避するのも虚しくその裏には鬼編集のが編集の座を下ろす事を交換条件として挙げられてしまいました。

鬼編集麗子はMAYAVI存続のためにライバルであるZEAL編集高橋にMAYAVIの行末わ、任せ編集部を去る決断を下します。

一方潤之助は奈未の部屋で彼氏ができたらしたい10の事と言う紙を見つけ、その願いを叶えようと奮闘します。

しかしそれは奈未が中学生の時に書いた物で奈未も潤之助の不自然な行動に察します。

やりたい事を全て叶えたのちに潤之助スカートを手を繋いでやりたいと言う願いを叶えます。

そのラスト潤之助が僕からもお願いしてもいい?と聞きプロポーズをして8話ラストを迎えました。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

とにかく玉森裕太さん演じる潤之助くんに心を奪われました。

毎度ラストにあるきゅんきゅんシーンに期待していましたが、今回のラストのきゅんきゅんの追い上げ方が凄くて圧巻です。

またkis-my-ft2でお馴染みのローラースケートを思わせる見事なスケートにも魅了されました。

MAYAVI廃刊の危機を逃れたのに麗子さんがいなくなってしまうなんて思ってもいなかったので悲しかったです。

ただ麗子さんの微動だにしない行動にはとてもカッコいいと思いました。

全てを見越しているさすが鬼編集と呼ばれるだけあって頭の切れる方だなと尊敬すら覚えました。

ペンネーム:yuren(20代・女性)

マメちゃん

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

廃刊の危機が迫るMIYAVIをなんとか守るためのコラボ企画の成功に向けて必死になる編集部のみんなと奈未は、通常の作業とコラボ企画の同時進行で忙しい日々を送っています。

そんな忙しい中でも奈未がニヤけてしまうのは、潤之介との恋が順調だからなのでした。

ただ潤之介は大きな決断をしながらも、忙しい奈未を気遣いその決断を話せずにいました。

その頃MIYAVI編集部では編集長のパワハラが週刊誌に載ることを知り慌てるのでした。

麗子と宇賀神はコラボする予定のISOBEの社長に、近々週刊誌に掲載される記事のことをお詫びに行きますが、社員や周りから反対の声が上がっていることを理由に、考える時間が欲しいのでコラボ企画は一旦ストップして欲しいと言われるのでした。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

奈未が中学生の頃に書いたメモだとは知らずに、一生懸命叶えてあげようとする健気な潤之介の姿に胸がキュンとしました。

そして潤之介の恋敵の中沢の優しさにも胸がキュンキュンしました。

こんな素敵な2人を夢中にさせるなんて奈未の魅力半端ないですね!

絶体絶命だと思った危機も麗子と奈未の2人だから乗り越えられたと思います。

廃刊を免れる条件をのんで退くことを決めた麗子の決断は、とても麗子らしいと思いましたがやっぱり正直寂しいです。

もし廃刊になったとしても麗子と一緒に働きたいと言った奈未に言った麗子の言葉はここに繋がっていたんですね。

突然のプロポーズに喜びながらも戸惑いが隠せなかった奈未の決断が気になります。

ペンネーム:マメちゃん(40代・女性)

さくらこ

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

音羽堂は吸収合併の最大の危機と「MIYABI」は廃刊に追い込まれることになり、3社のコラボの化粧水プロジェクトで乗り越えようとする。

一方、潤之介と奈未の交際は順調で、潤之介は金沢の実家の宝来グル-プを継ぐことを母・香織に相談した。

ある日、麗子が奈未へのパワハラ疑惑の実態が週刊誌の記事が掲載されることになり、プロジェクトは中止となってしまう。

編集部では記事は内部の者でないかと疑惑が浮上する仲間割れの空気になるが、副編集長の半田の言葉で一丸となろうとしていた。

そんな中。中沢に告白された奈未は断るが、中沢からは冗談だと言われる。 

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

麗子を編集長になり、ここまで奮闘してきた「MIYABI]が廃刊の危機となる悲しい知らせとなってしまった。

週刊誌の廃刊とは裏腹に、奈未と潤之介の交際が順調であると感じた。

いつのまにか大きく成長した奈未はまるで少し前の麗子の真似をしているようで、しっかり塁子の意志を受け継いでいるようであった。

二人のやり取りは磯部社長の心を揺さぶったようで面白くなっていった。

そして、まさかのパワハラ疑惑の記事の原因は副編集長とは・・・驚いた。

3社のコラボの化粧品が仕上がり「MIYABI」は話題となり、廃刊は逃れることを期待した。

ペンネーム:さくらこ(50代・女性)

渾身の土下座

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

出版社の合併に伴いMIYAVIの廃刊の可能性が浮上し打破するためコラボ企画を成し遂げようと副編集長が声を上げる中で、奈未は潤之介とのラブラブに頬が緩み、コラボ企画の相手先の社長の執筆を担当する事になり、一方の潤之介は金沢の実家で母親に家業を継ぐと伝える。

そんな最中にMIYAVIの編集長である麗子のパワハラ記事が掲載され、麗子と宇賀神が謝罪に相手先に行くが企画は止められてしまう。

潤之介はカメラマンを辞め実家に帰る事を奈未には言えず、更に奈未の自宅で彼氏が出来たらしたい10の事を見つけ悩んでいた。

奈未は副編集長と共に謝りに相手先に行き話を始めた所に麗子が到着、奈未に誰も意見を求めていないと言うが、奈未は引き下がらず言葉の応酬を展開し、相手先の社長はその光景に2人を信じてみる気持ちになったと語り、コラボ企画が動き出すが頼んでいたカメラマンが降りたため、急遽、潤之介が担当することになり無事に終わる。

潤之介は理緒の検査結果に同席できなかった事を謝り結果を聞くと腱鞘炎と理緒は話すが、実は局所性ジストニアで1人涙を流す。

麗子のパワハラ記事の雑誌が出版された中で、副編集長が持っていた名刺の中に雑誌社の人間のモノがあり、居酒屋で知り合った同じ出版業界の人だったため意気投合し色々と話していた事が判明する。

MIYAVIはコラボ企画が成功し他のブランドからの問い合わせがあるため存続が決まるが、編集長から麗子が退く事が条件とライバルの麻美から伝えられた麗子は、ファッション誌は夢を与えるもので失くしてはならないモノと話す。

麗子がいなくなる事を納得できない宇賀神は動くものの、麗子自身が受け入れていたと知る。

奈未は潤之介との楽しいデートな中で奥さんになってとプロポーズを受けたが、家業を継ぐため一緒に金沢に行く事を告げられる。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

雑誌に掲載された麗子のパワハラ疑惑の内容が詳細に書かれていただけにMIYAVIの編集部のメンバーの誰かだろうと考えていましたが、カッコ良く一致団結を言い放った副編集長に惚れ惚れとしたのにまさかの大失態を無意識に起こす輩とは一転してのガッカリには爆笑させられ、上手く面白いキャラクター性を生かしていた内容だったなと思いました。

ただ、この一件がMIYAVI存続できたのに麗子を排除する流れになっていたフラグだったとは驚かされた巧みな構成でした。

潤之介からのプロポーズに奈未は嬉しいはずですが編集者としての仕事に前向きになっただけにどうするのか気になります。

ペンネーム:渾身の土下座(30代・男性)

かものはあま

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじネタバレ

潤之介との距離がグッと縮まり、有頂天の奈未。

しかし対照的にMIYABIは崖っぷちの状況。

そして潤之介は奈未が知らないところで実家を継ぐ事を決意表明。

奈未との関係をどうするかを悩みます。

そんななか奈未と潤之介は金沢旅行を話します。

MIYABIでは、麗子のパワハラ記事が出ます。

しかし今は大事な時期。

いそべの社長も記事を気にしてあまり反応は良くなく、コラボの話が停滞します。

しかし奈未が直接会社に訪問します。

遅れて麗子も到着。

奈未が麗子を呼んだのですが、麗子と奈未はいつもの掛け合いをし、麗子と仕事をする事の大切さを話し社長に認めてもらう事に。

晴れてMIYABIの編集に向けて動き出し、記事の撮影に入ります。

カメラマンがおらず、急遽潤之介に来てもらう事に。

無事終わり、潤之介は奈未を連れ改めて麗子に紹介します。

その後、潤之介は一人で中沢の元に行きまた宣戦布告。

またMIYABIの存続をかけて役員会議が開かれますが、何と廃刊が決定。

奈未は麗子の元に行き、麗子のアシスタントを懇願しますが自分ではなくこの仕事に憧れて欲しいとの回答。

そして麗子は麻美と会い、何とMIYABIだけは存続と聞きます。

しかし条件付き、麗子が編集長を辞める事。

これを彼女は受け入れます。

そして奈未は潤之介と遊園地デート。

何と貸切にして彼が借りてますが、終盤潤之介から奈未にプロポーズ。

金沢に来て欲しいと言います。 

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話の感想

これからどうなるんでしょう。

MIYABI廃刊かー!とがっかりしてからのやっぱり存続はとにかく嬉しいのですが、麗子がいなくなると。

彼女がいなければMIYABIがMIYABIでなくなると思います。

麗子あってのこの雑誌の内容なので、また一発逆転で麗子が編集長でいて欲しいです。

そのカギを握るのはやはり奈未だと思います。

しかしまだその事実を知らない彼女は知ったらこれからどうするんでしょう。

そして肝心のプライベートの方も潤之介のプロポーズは非常に嬉しいと思うのですが、会社を辞めなければいけないという現実に直面ですね。

働き始めたばかりでちょっと早いと思います。 

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA