オー!マイ・ボス!恋は別冊で|3話見逃し動画無料視聴はこちら【1/26配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話(2021年1月26日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年1月26日(火)放送終了後〜2021年2月2日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2021年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2021年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじは?

2021年1月26日(火)放送のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじを紹介します。

付き合っている振りを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。

さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。

編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。

光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

ドラマ公式サイトより引用)

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

チョコチップ
編集部の編集者と麗子がもめていて、みんないなくなってしまったのでどうなるのかが見どころだと思います。

編集者が来なくなってしまい、奈未たちがバタバタしているシーンもあったので、どうやって乗り切ったのか気になります。

麗子がどのようにして編集者たちの心を動かすのでしょうか。

潤之介が奈未の手を引いて「俺のこと好き?」と聞いていた後の展開も気になります。

2人のほのぼのとしたシーンを見ることができたらいいなと思います。

また、奈未と潤之介が合コンで鉢合わせしていたのでこれからどうなるのかが見どころです。

潤之介の個展がどのような感じになるのかが楽しみです。

ペンネーム:チョコチップ(30代・女性)

きりみちゃん
結果麗子と共に6000万円の広告料を生み出し「人並み以上」をこなした奈未が、今後どう仕事と向き合っていくのか、仕事に対する意識がどう変革していくのかが楽しみです。

また、終わってしまった潤之介との恋の行方も気になります。

全くその気のなかった潤之介の思わせぶりな発言に振り回されつつ、その気にさせることはできるのか、できたとしてもラスボス・麗子の攻略はできるのか。

そして潤之介は親の会社を継ぐのか、カメラマンとしての道を歩み続けるのかどうかも気になります。

1話2話と続いているサプライズですが、次回のスペシャルゲストは誰なのかというところも楽しみにしたいと思います。

ペンネーム:きりみちゃん(30代・女性)

たまこ
麗子の雑用係として成長していく奈未の姿が楽しみとなってきた。

潤之介が奈未に彼女役を演じたことで、麗子との距離が縮まったのか!?と思える関係となっていくのだろうか。

しかし、やはり麗子の毒キャラと、まっすぐな奈未のキャラの対照的な姿が楽しみです。

そして、潤之介との本当の恋が始まる予感が感じられます。

麗子は次から次へと仕事の交渉が上手く進むことになり、彼女の才能に奈未は感銘を受けていくことになった。

しかし、麗子の剛腕な仕事ぶりに、スタッフから不満が続出していく。

次第に騒動となっていくことで、奈未の行動が気になります。

ペンネーム:たまこ(50代・女性)

Ryurei
鈴木奈未がファッション雑誌編集部の仕事に目覚めて、前向きに頑張ってほしいと思います。

ワンマンで横暴な麗子と編集部員との間に問題が生じるようですが、鈴木奈未がみんなの間を取り持って、解決してくれるように思います。

麗子も編集長としての自分の立場を、この際見直してほしいと思います。

雑用係の奈未に助けられるところもあって、一目置く存在になっていくのではないかと思います。

潤之介 との関係も気になります。

潤之介は、すでに奈未の良さに気づいているはずです。

彼女のフリでなく、本物の彼女になっていくような気がします。

ペンネーム:Ryurei(60代・女性)

成りすましチャンピオン
恋人の成りすまし関係を止めたばかりの所に潤之介から好きかを問われた奈未は呆然としてしまうものの上手く物事が進み出した事も影響してすぐに有頂天となってしまう単純な性格を面白く描きながら、前向きに仕事を取り組み編集部の同僚たちともイイ雰囲気で働き始めた所に麗子の急転直下の指示によって編集部の連携がガタガタになり、奈未はまだ仕事を始めたばかりで内容がわからないままながらどうにか上手くいくようにと双方に歩み寄るように奔走する世話役係になり、同僚たちの考え方を深く理解するキッカケとなる回で、麗子が差し替えを言い出したのは問題が発覚すると知っていたからと未然に危機を避けていたとわかる物語になると予想しています。

ペンネーム:成りすましチャンピオン(30代・男性)

かものはあま
次回は何と中沢を中心とし、宝来麗子に対しボイコット騒ぎの様ですがまだ物語序盤にしてかなり緊迫の展開ですね。

もちろん毅然とした麗子の事だから、それが理由で謝るなんて絶対にないでしょうしその柔道家からインタビューをする人を急に変えるなんてのは確かに大変だと思います。

しかし、こういうことをするのはきっと何か理由がある気がします。

その柔道家に何かスキャンダルがあるとか、問題があってインタビューを辞めたと。

それが後からわかって、結果他の人に変えて正解で中沢はじめ他のスタッフも麗子の事を尊敬し直し元の鞘に戻る展開だと予想します。

それも振り回される奈未がきっかけで元通りになり、皆にも認められていくのではないかなと思います。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

izumi with mee

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

じゅんのすけに「好き?」と聞かれたなみは恋愛感情なのかと戸惑うが、友人として好きなのかという質問の意図で安心する。

子犬のようなじゅんのすけの笑顔に惹かれているが、距離を置こうとじゅんのすけを避けるなみ。

その中、音羽出版堂の校了前に、編集長から急遽変更を言い渡され、スタッフは我慢の限界を迎え、ボイコットをする。

なみと残りのスタッフでなんとか乗り越えようとするが、無理があった。

仕事が忙しい中、ひょんなことから、合コンに参加したなみは偶然じゅんのすけと再会する。

きもちを一生懸命、抑えようとするなみだが、やはり惹かれていることに気づく。

一方、仕事では、なぜ校了前に編集長が差し替えを言ったのかが、わかり、編集長の凄さに気づき、スタッフも戻ってくる。

無事、編集長からのOKも出て、スタッフで祝杯をあげていたが、じゅんのすけに誘われていたじゅんのすけの個展になみは行く。

たくさんの写真に自然と笑顔になるなみ。

じゅんのすけは仕事後、個展に立ち寄り、なみが来ていたことを知り、追いかける。

なみの笑顔にじゅんのすけも気持ちが抑えきれず、おでこにキスをする。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

じゅんのすけとなみの気持ちがどんどん近付いていくのが、わかりドキドキした第3話。

なみが自分のきもちを抑えようとするところもドキドキしたが、じゅんのすけも自分のきもちにきづいて、どうしようと戸惑うところが可愛かった。

仕事では、編集長の凄さがわかり、お金だけではなく、編集長として、1人の人として、インタビューした相手のきもちになる優しさがあるんだと思った。

また、中沢がなみに惹かれている様子がどきどきした。

なみがじゅんのすけと中沢の間で揺れ動くのを今後楽しみと思った。

個人的にはスムーズにじゅんのすけとくっついて欲しい。

ペンネーム:izumi with mee(30代・女性)

リボン

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

校了締切間近、MIYAVI創刊号の特集になっていた柔道家・瀬尾光希のインタビュー記事を、麗子は、他の著名人(経済アナリスト小早川)に差し替えると決め、編集部員の不満が爆発し出社拒否。

瀬尾の肩の怪我が完全に治っていないことを麗子は見破っていたおり、もし特集がそのまま雑誌に掲載されると彼女の負担になることも危惧していた。

麗子の真意を知った編集部員たちは、出社し、雑誌校了は無事に進められた。

麗子は副社長と食事へ。

ちょっと麗子の態度が気になる。

副社長へ恋心を抱いているようにも思える。

潤之介の写真の個展に、奈未は最終日に訪ねた。

潤之介と行き違いになるが、潤之介は奈未を追いかける。

潤之介は奈未のおでこにキスし、手を握った。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

雑誌の編集の現場は知らないが、校了前に特集を差し替えるなんて現実に有り得ることなのか?と思った。

自分の知らない世界は想像がつかないから仕事に関する描写には感情が入らないまま見ていた。

奈未と潤之介の恋の行方も気になるのだが、今回描かれていた麗子の副社長への「好き……鳥皮」の場面が、あれ?麗子もしかして…と面白い展開を予想させて、2人の関係のこれからが楽しみになった。

助っ人で来た、元校閲のおじいさんが今回限りなのか、これからも出るのか個人的には気になった。

オシャレな雑誌に一見不釣り合いなおじいさんが、編集部員や麗子の仕事のアシストをするキラッとひかるキャラでこれからも登場して欲しいところだ。

ペンネーム:リボン(40代・女性)

たまこ

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

奈未は愛らしい潤之助と鬼のような麗子の姉弟のギャップがあり、戸惑いながら付き合うフリを続けていた。

一方、「MIYABI」の編集部で働く社員たちは校了に向けて慌ただしく動いていた。

そんな中で、編集長・麗子は柔道家のモデル瀬尾光希のインタビュ-の差し替えを、別の人物に指示した。

奈未は麗子の指示には何か裏があると感じている中で、これに対して編集担当の中沢は編集長についていけないと、編集長が辞めるか編集部員が辞めるかと選択を迫った。

次第に編集部員が麗子に対して不満が爆発となっていく。

そして、中沢は瀬尾柔道場に行くが、光希に声を掛けることが出来なかった。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

突然の瀬尾光希インタビュ-の差し替えに、日頃の麗子に対して編集部員は怒りがマックスとなってしまったようです。

仕事が全くできなかった奈未が仕事に向き合う姿に変わり、麗子の下で働くことで信頼していく様子があり、麗子や中沢に物言う勇気に驚かされた。

麗子の仕事ぶりは父親との確執を埋めているように思えました。

そんな中で麗子と編集部員との確執もあり、潤之助と奈未がクッションになっているように見えました。

そして、光希にも父親との関係が浮き彫りとなり、全て麗子もその気持ちがわかっていると感じた。

ようやく中沢が優しくなっていくシーンが見どころであった。

ペンネーム:たまこ(50代・女性)

coco

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

奈未は付き合っているフリを解消したのに潤之介から「自分のことを嫌いじゃなくて良かった」と言われたり、写真展の案内状を渡されたりしたことで仕事中も潤之介のことが気になって仕方ありませんでした。

編集部は創刊号の校了が1週間後に迫っているのに急にインタビュー特集の変更を麗子から言い渡されました。

その記事を担当していた中沢は納得が出来ず他の編集部員からも不満の声が次々上がり編集部員が皆ボイコットしてしまいました。

奈未は慣れない仕事まで増え大忙しです。中沢が進めていた柔道家の光希の記事は光希自身が麗子の説得で雑誌に載らないことを理解していました。

麗子の働きを理解し中沢も編集部員も戻り無事、校了しました。

奈未は誘われていた写真展を見に行きました。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

編集部員たちは麗子のことをリスペクトしていましたが急な変更や自分たちの意見を全く聞き入れないことで仕事をボイコットしてしまいました。

麗子の雑用をしている奈未は編集の仕事がわからないなりにその仕事もしないといけません。

今まで普通が良いと言っていた奈未ですが創刊号が発売されないのは大変だと思い今までで1番仕事をしていました。

その合間をぬって編集部員たちの説得もしていました。

とても頼もしく感じました。潤之介の写真展は父親のご機嫌伺いの来客がほとんどでとても辛そうです。

潤之介、麗子、父親の間に何があったのかとても気になります。

ペンネーム:coco(50代・女性)

子犬の潤之介

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

潤之介の俺のこと好きと言われた理由が恋愛ではなかったと奈未は知りガッカリしながら個展の案内状を渡される。

校了が近づき編集部内は大忙しだったが中沢だけは柔道とモデルで活躍する瀬尾光希の記事を書き上げ余裕でいたが、会議で麗子から差し替えを言われ激怒した中沢はボイコット、奈未に半田と遥の3人だけとなる。

麗子の仕事に寄り添う奈未ながら本心がわからず、帰りに可愛らしい潤之介を見かけるが立ち去る。

3人だけの編集部はパニック状態、来ない和美に連絡し会う事になるが合コン、潤之介も来て奈未は以前に貰った個展の案内状を全員に配る姿に自身は特別のではないと認識、帰る奈未は道でカップルとぶつかり男性が激怒し騒動となるが、潤之介に助けられ素早くその場から逃げ、潤之介から連絡先の交換を言われたものの、付き合ってないからと断り奈未は帰る。

麗子からの指示によって半田は新しく編集者を連れてきた小笠原は高齢な男性だった。

奈未は使いで出掛け時に中沢を見かけ戻って来るように伝えるが、念願の記事がかけた拘る中沢は戻る事はないと返す。

奈未は瀬尾の記事の差し替えの理由を麗子に聞くと、省いた事がないかを一歩引いて見ると言われ、中沢の取材ノートを見て気が付き瀬尾に会いに奈未は中沢と共に行く。

瀬尾の肩は完治せず父の七連覇を目指し越えるため復帰アピールを考えていたと告白、麗子は選手生命を考えての決断だった。

帰りに奈未は中沢に潤之介から預かっていた案内状を渡され悩む中、全員が編集部に集い校了に向けて動き、麗子から責了を貰い安堵、奈未は個展に急ぎ行くが展示時間を過ぎた上に潤之介もいなかったが入れてもらえ、展示の中に奈未の座ってしまった塗りたてベンチの写真もあった。

奈未が帰った後に来た潤之介はすぐに追いかけ個展の感想を楽しそうに話す奈未の姿に、不意に腕を掴み体を引き寄せてオデコにそっとキスをする。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

長身のイケメンである潤之介を小柄な奈未が子犬と例えて可愛いと見ているメルヘンな世界観が映像化された時の可笑しさは最高で、探していた家族と去っていく潤之介の後ろ姿を見ている悲しく寂しい感情が現れた奈未の表情の上手さに爆笑、奈未の潤之介への思い入れの凄さは面白すぎました。

麗子の今までの行動のどれもが儲けを考えた策略だったのを今回は選手生命という事と責了となった後に編集部員たちに労いの言葉をかけた行動から、麗子の人として性格が若干ながら丸みを帯びたかなと感じましたが、すぐに奈美に対して上から目線での指示に恥ずかしくて誤魔化した気がして麗子の可愛らしい1面が見れたと思いました。

ペンネーム:子犬の潤之介(30代・男性)

かものはあま

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじネタバレ

MIYABI創刊号の発刊にあたって、完成までもう少しというところです。

今回は奈未の先輩の中沢なのですが、彼が昔から憧れて大好きだった柔道家親子のインタビューを取り上げられる事で意気揚々としていました。

そしてモデルでもあるその娘が世界選手権7連覇をかけ、ケガから復帰の初戦を迎えるとこれ以上ない状況でした。

しかし麗子により突然のインタビュアー変更。

反発した中沢は同僚たちとボイコットし麗子に反論。

しかし奈未はまた麗子には何か考えがあると奔走。

潤之介の力を借りながら、見つけた真相はまだ彼女がケガから完治していない事を麗子はいち早く見抜き彼女の為にも撮影と試合の取り止めに繋がる行動をしていた事がわかります。

中沢はそんな麗子に対し思い直し職場復帰。

他の同僚達も納期ギリギリのところでしたが復帰し、無事麗子から校了のお墨付きを得ます。

かくして若干のトラブルがありましたが、創刊号発刊に向かいます。

そして奈未は潤之介の個展に招待されていましたが最終日になってようやく現れます。

入れ違いで帰ってきた潤之介は帰った奈未を追いかけ二人はとてもいい雰囲気になります。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話の感想

一筋縄ではいかないラブストーリーだと思います。

恋愛もしながらもわりと仕事がメインで、とにかく宝来麗子のそのプロフェッショナルな意識に奈未が触れ社会人としても人としても成長していくそんな複雑なストーリーだと思います。

奈未の一つ一つに驚き戸惑い焦らされながらも、少ないながらも自分が麗子から得たものを拾い集め打開する為の何かを考えていくところが面白いです。

まだまだ麗子には翻弄されっぱなしですが、少しずつ自分でなんとかしていってるところに妹の成長を観てるみたいでとても微笑ましく思います。次何が起こるか楽しみです。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2021年冬ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA