24 JAPAN|19話ネタバレと感想。麗がついに記者会見!六花を間一髪で南条が救う!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年2月19日(金)「24 JAPAN」の19話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
アレクシスが、御殿場で5分間停電させようとした地区が、麗によって分かる。

そこには何があるのでしょうか。テロ集団の目的はなんだろう。

ラマちゃん
医師の浜畑といっしょに自宅に帰った六花、暗殺者アサノが狙っていたが、大丈夫かな。

美有も、トラブルに巻き込まれるようですが。どうなるか注目ですね。

停電させとうとした御殿場にある地区を、麗の情報から突き止め向かう獅堂。理由が分からない。自宅に戻った六花は、暗殺者の襲撃にあう。研矢に身を寄せる美有はトラブルに巻き込まれ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』19話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午後6時~午後7時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

六花は、医師の浜畑といっしょに自宅に着く、暗証番号を解除して入ろうとするが、間違えてしまい大きな警報が鳴り、警備会社に繋がる。暗殺者のアサノは、一旦諦める。

アレクシスが停電を頼んだのは、御殿場電力の木村だった。

遥平は、麗に、夕太のことを発表する記者会見を開くのを止めるが、麗の決意は固かった。

警備会社がきて、警報が止り、六花は家に入る。何も思い出さない六花に、写真でもみていれば思い出すと励ます浜畑。

家の周りを警備員が点検する。暗殺者のアサノは注視していた。

麗は、削除されたデータから、御殿場のA51地区だと獅堂に伝える。獅堂は、南条にA51地区の調査を依頼する。

美有が身を寄せる剛の彼女・チハルの家で、剛の兄・仁は、剛の帰りが遅いと落ち着かない。美有は思わず、剛は帰らないと言ってしまい。仁は取引ができないと怒る。

食事中、遥平は、2年前の夕太の行動を責めるが、麗は夕太を庇う。罪を償う覚悟ができていると言う夕太に、遥平は、初の女性総理がだめになるかもしれないと責める。

そんな家族の言い争いを聞いていた日奈に発作が起きる。麗は、日奈は何も悪くないと慰める。

鬼束は、獅堂に一連のテロは、7年前の作戦の復讐かと獅堂に聞く。CTUに戻った伊月から、御殿場のA51地区は鳥類保護区だと知らせが入る。獅堂は、その場所にあることを不審に思う。

六花は、美有の写真を見るが何も思い出せなかった。浜畑は、獅堂が家を顧みなかったのが別居の原因で、浜畑とはおつきあいをしていたが、家に六花は戻ったと説明する。

剛の家では、仁が、麻薬の売人に金が払えないと困ると、友達に武器を持ってこさせる。美有が隙を見て逃げようとするが、友達がきてしまい逃げられない。

麗の記者会見が近づく、日奈も落ち着き、遥平にも協力を求める。夕太は、遥平に確認するが、無視されてしまう。

浜畑は用心のため、元刑事の杉浦を呼ぶ。杉浦は、外に出て見張る。六花を狙う暗殺者のアサノは、アンドレに、警報が鳴り邪魔が入ったと伝える。

記者会見で麗は、選挙資金の支援者から、息子が脅されていること、証拠の音声を司法省に提出したことを伝える。支援者たちの罪に自分は関与していないと言う。

2年前、息子は罪を犯してしまったが正当防衛で、罰は受ける覚悟をしていると言い。被害者で娘に対する取材には応じないと言う。

問題は、娘の事件ではなく、息子の正当防衛を隠蔽したことである。娘をこれ以上傷つけないで欲しいと母親としてお願いをする。

母親としての過ちを認め、人は過ちを犯すものだと理解を求める。

南条は、伊月に、六花と美有が行方不明だと伝える。鬼束の命令で、獅堂に話せなかったと言う。伊月は、鬼束に伝えるべきだと進言するが、鬼束は無視する。

獅堂は、鬼束に、菫以外に、CTU内に内通者がいるはずだと言い。鳥類保護区には、変圧器があり、建物に真新しい鍵がついていた。

剛の家に麻薬の売人がくる。仁の仲間が、銃を向け売人を捕える。仁が売人を殴ると、警察が突入してくる。売人は麻薬捜査官で、美有も研矢も逮捕されてしまう。

六花は、美有のオルゴールを聞き記憶を取り戻しつつあった。

外で見張っていた元刑事の杉浦が、トイレを借りに入ってきたのを見計らい暗殺者のアサノも家に侵入。浜畑を銃撃。

美有の居場所を聞くアサノに、六花は、分からないと言い手を上げる。

アサノが銃で六花を撃とうとした瞬間、南条が駆けつけ、アサノを射殺、六花は間一髪助かったのであった。

この騒動で、六花は、美有を乗せた車が炎上したことを思い出した。

麗の記者会見を聞いていた夕太と日奈は、麗の決断を尊敬し抱き合う。

御殿場にいる獅堂と鬼束の場所に、複数の車両が迫っていた。

ここまでが第19話のネタバレです。

暗殺者のアサノが家に待ち伏せしていて、密かに、六花に銃口を向ける緊迫のシーンでしたね。警報機が鳴って騒ぎが怒り間一髪助かりましたね。

獅堂は、アレクシスが停電させようとしていた御殿場の地区が鳥類保護区なのに、変圧器や新しい鍵があって不審に思いましたね。何が隠されているのでしょうか。

ドラまる
麗の会見正々堂々として格好良かった。夕太や日奈が尊敬するのも分かるね。

総理の椅子よりも母親として正しいことをしたのですね。

ラマちゃん
暗殺者のアサノが六花に迫りました。南条が間一髪で助けてくれて良かった。

南条、格好良かった、見せ場でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』19話ネット上の反応

ドラまる
南条が、六花を助けてくれましたね。良かった。

ラマちゃん
美有捕まってしまった。どうなるのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第18話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|19話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』20話のあらすじ

2021年2月26日(金)放送の第20話のあらすじをご紹介します。

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を目論むアンドレ・林(村上淳)とアレクシス・林(武田航平)兄弟――

2人を中心としたテロ集団がなぜか午後7時20分から5分間だけ停電させようとしていた場所は、暗闇が広がる何もない場所だった!

だが、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は「何もないからこそ、何かが起こる」と直感。

「これ以上調べても無駄だ」と判断したCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)はCTUへ戻るが、現馬はただひとり現地に残り、辺りを念入りに調べる。

やがて現馬の勘は的中! 怪しげな施設を発見した現馬は侵入を試みるが、武装した男たちの急襲を受け、意識を失ってしまう――。

一方、テロ集団の暗殺者に殺されかけた現馬の妻・六花(木村多江)は、極限状態でのショックが起爆剤となり、失っていた記憶を取り戻すことに!

その頃、六花とはぐれた娘・美有(桜田ひより)は不運にも、裏取引のおとり捜査に巻き込まれ、警察に連行されてしまう。

自分の父はCTUの職員で、自分は取引とはまったく無関係だと訴える美有。

だが、さらに不運なことに、まったく信じてもらえず…。

そんな中、事態は各地で急展開を見せる。

総選挙の投票終了時間が迫る中、会見を開いて長男・夕太(今井悠貴)にまつわる一連のスキャンダルを告白した麗は、夫・遥平(筒井道隆)から「すべてが終わった」と冷たく背を向けられ、修復不可能な決裂の時を迎えることに…。

さらに、現馬が見つけた施設の正体、そしてアンドレとアレクシス兄弟の“天地がひっくり返るような真の目的”も判明! 現馬はついにテロ計画の“核心”へと駒を進める――。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』19話のあらすじネタバレ、感想、20話のあらすじを紹介しました。

テロが計画された御殿場の地区に違和感を持つ獅堂。麗は記者会見ですべてを公表。美有が、剛の兄の麻薬取引に巻き込まれ逮捕。家に戻った六花を暗殺者が狙い、間一髪で南条が助ける。

ドラまる
いっしょに御殿場に行った鬼束は、何もないと帰ってしまうようです。

獅堂はさすがですね、入念に調べ、何かに気づくようです。何が隠されているのでしょうか。

ラマちゃん
記者会見してすべてを公表したことで、遼平は、初の女性総理もすべて終わったと、麗と決裂してしまう。

麗は、総理にはなれないのでしょうか。世論がどう動くかですね。

六花が危機一髪でしたが、南条が助けましたね。本当に良かった。これで、三人の暗殺者は殺され、アンドレだけになりましたね。どうなって行くのでしょうか。

鬼束は、なぜ、六花と美有の行方が分からないことを獅堂に隠そうとするのか。作戦のためというが、張本が狙撃で一旦区切りがつき、直接獅堂と会ったのに伝えませんでした。何かあるね。

次話、御殿場の施設が気になりますね。獅堂もそこで襲われ気を失う。麻薬取引の疑いで逮捕された美有は、ある意味安全かも。麗の女性初総理の道は絶たれたのでしょうか。どうなるのかな。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA