24 JAPAN|18話ネタバレと感想。六花に向けられた暗殺者の銃!御殿場のある地区とは!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年2月12日(金)「24 JAPAN」の18話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
獅堂は、暗殺者のアレクシスになりすまし、大金を渡そうとした相手に近づく。

獅堂、相変わらず大胆ですね。暗殺集団に近づくことはできるのでしょうか。

ラマちゃん
麗は、夕太が録音した上州の告白を明かそうとするが、誰かに止められる。

おそらく、夫の遼平かな、ことごとく麗と別の判断しているしね。家族を思ってのことかな。

アレクシスが大金を渡そうとした男に近づくため成りすます獅堂。鬼束が、獅堂に恨みを持つ張本を派遣。麗は、上州が、殺しを支持し、夕太に罪をなすりつけようとした証拠を警察に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』18話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午後5時~午後6時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

獅堂は、アレクシスが大金を渡そうとした人物に会うことを決断。用意してあった1000万円の現金を伊月は見つける。

麗は、三保の罪を心配するが、突然刺したので庇い切れないと獅堂。暗殺者がいるので、麗に戻っているように言う。

鬼束は、南条に、六花と美有が見つからないことを怒る。獅堂から電話があったら伝えないようにと釘をさす。

美有と研矢は、六花が、神林たちにまた捕まったかと思い、剛のPCから情報を得ようとするが開かない。研矢は、剛の兄の仁がくるが、剛が亡くなったことを伏せておくように言う。

六花は、医師の浜畑から、六花と言う名前と、美有という娘がいて、夫と別居中に出会い、六花が踏み切れずに別れたと教えてもらう。病院には行きたくないと言い浜畑が観ることになる。

上州が塔子を殺し、その罪を夕太になすりつけようとする音声を、遥平と選挙参謀の長田に聞かせる。

遥平は、今のまま行けば、初の女性総理になることは確実で、これをマスコミに公表してもスキャンダルになるだけで何の得にもならないと消去しろという。

長田も、今公表するのは得策ではなく、総理になった後に、権力者たちに操られないようにするための武器に使えと進言する。

アレクシスになりすまして、相手の赤い帽子の男に会いに、伊月と車で向かう獅堂。鬼束に応援要請をし、家族と話したいと言うが、鬼束は、今眠っていると答える。

六花に伊月のことを話しておくべきだったと謝る。伊月が、隠れ家の山崎に電話するが通じなかった。

鬼束は、張本を、獅堂の支援に向かわせると聞いて、相性が悪いから変更するように本部に依頼する。

鬼束は、獅堂と伊月がいっしょにいることに規律を乱すと言う。南条はプライベートに口を出さないで欲しいと言い喧嘩する。

麗は、夕太に、警察に公表すれば、バッシングを受ける可能性があるが覚悟が本当にできているかと聞く、もう後悔したくないと夕太の意思は固かった。

アンドレは、アサノに連絡する。アサノは、六花をやるため、獅堂の家に張り込むと言う。

剛の兄・仁がくるからと、美有は追い出される。研矢は、保護観察中で、今捕まると困ると言い、お金を渡す。美有は他の形で会いたかったと抱き合う。

剛の兄・仁がきてしまい剛と金はどこだと言い、それが戻らない限りは、美有を一歩も出さないと言い出す。

落ち合うテラスにつく、獅堂と伊月。鬼束は、応援のチーフが張本だと言い、刺激しないようにと言う。獅堂が張本だと言うと、伊月は最悪だと言う。

獅堂は、隠れ家の山崎に電話するが連絡がつかなかった。

獅堂は、張本に、相手が赤い帽子と髭があると目印を話し、任務に集中して欲しいと頼む。張本は、挑戦的で、獅堂こそ間違えるなと言う。

マイロは、南条に、隠れ家でCTUの職員が6名も殺されたと収拾がつかないという。そこに、六花らしき人物の目撃情報が入る。鬼束は、獅堂の自宅を見張るように言う。

前畑の診察を受け、病院で精密検査を受けた方が良いと勧められるが、六花は恐ろしいことがおきそうだから病院はやめて、家に連れて行って欲しいと頼む。

麗が、金庫に何かを入れて広報との打ち合わせに行くのを遥平は見ていた。金庫を開けると、警視総監宛ての封筒の中に、USBメモリが入っていた。

麗が帰ってきて金庫を開けるとUSBメモリがなかった。遥平は、家族のために処分したと言う。それはダミーで本物は別の場所においてあった。麗は、遥平を信じられないと言う。

麗は、スタッフに1時間後に記者会見をしたいと準備をさせる。長田もその様子に無茶だと言う。

獅堂たちは配置につく。張本は、獅堂が横領で告発し刑務所にいる元CTU職員と仲が良かった。奥さんが2週間前に子供を置いて亡くなったと言う。

獅堂は、任務が終わったらなんでも聞くと言いおさめようとするが、張本が挑発する。伊月は、鬼束に連絡し、張本を制するようにと言う。鬼束は、二人とももめないようにと釘を刺す。

アサノは、獅堂の家を見張っていた。CTUの若松が到着するが、後ろにアサノが立つ。六花は、前畑の車で、自宅に向かっていた。

仁は、剛が帰ってきたら、そのお金で取引すると電話をかけていた。研矢は、剛が亡くなったことを言うなと美有にくぎを刺す。

対象の赤い帽子をかぶった男が現れる。獅堂は、テーブルに座らせ、任務を確認したいと言う。赤い帽子の男は、午後7時20分から5分間、御殿場のある地区を停電するのがすることだと言う。最初にかけてきたアレクシスと声が違うと言い出す。

男が逃げ出し、獅堂が追いかけ、回りのCTU職員が捕まえようとするが逃げられる。張本に撃つなと言うが、張本は撃ってしまい。男は転げ落ちる。獅堂は救急を呼ぶ。

前畑と六花は、六花の自宅に帰る。若松は殺されており、アサノが、六花に銃を向けていた。

ここまでが第18話のネタバレです。

美有は、もっと早く出て行けば良いのにと、CTUに連絡するとかやり方はあるはず。仁にまた拘束されてしまいました。

張本は、横領した同僚が、獅堂に追い込まれ刑務所に入り、妻が自殺したこと恨んでいたのですね。獅堂もある意味恨まれる仕事をしてきたということですね。

ドラまる
アレクシスが依頼しようとした御殿場のある地区を一瞬停電にするとは、どんな意味を持っているのでしょうか。

糸口がそこにあるようです。

ラマちゃん

家に帰った六花に、暗殺者アサノの銃口が向かってましたね。

でも、次話を見ると、家の中を六花が見ていたから、大丈夫かな。アサノは、一旦取りやめたのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』18話ネット上の反応

ドラまる
アレスシスになりすました獅堂。邪魔する張本。

ラマちゃん
仁、登場です。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第17話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|18話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』19話のあらすじ

2021年2月19日(金)放送の第19話のあらすじをご紹介します。

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、ふたたび動き出した日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻むため、テロ集団の一味であるアレクシス・林(武田航平)になりすます作戦を実行。

アレクシスが大金を払って男を雇い、午後7時20分から5分間だけ御殿場にある“例の地区”を停電させようとしていたことを知る。

政府内で顔の利く麗のツテで“例の地区”がどこか突き止めた現馬は、作戦の全体指揮を執るCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)と共に、すぐさま駆けつけることに。

一体そこには何があり、テロ集団はなぜ停電させようとしているのか…?

現馬は何とも言えない違和感を覚えるものの、答えは一向に見つからない。

一方、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は鬼束に電話し、現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)が姿を消したことを、現馬に伝えるよう懇願。

だが、鬼束は何を考えているのか、現馬にはその事実を隠し続け…!?

その頃、記憶喪失になった六花は友人の医師・浜畑圭介(西村直人)に付き添われ、自宅へ戻る。

そんな六花の命を奪うべく、テロ集団の黒幕アンドレ・林(村上淳)が手配した暗殺者はついに、家の中へ侵入し襲撃を開始!

六花とはぐれ、テロ実行グループの手下・長谷部研矢(上杉柊平)のもとへ身を寄せていた美有もまた、とんでもないトラブルに巻き込まれ、完全に逃げ場を失ってしまう――。

さらに…麗は息子・夕太(今井悠貴)が抱える問題をめぐり、家族崩壊の危機に直面!

そんな中、精神的に追い詰められた娘・日奈(森マリア)の身に突如、異変が起こり…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』18話のあらすじネタバレ、感想、19話のあらすじを紹介しました。

アレクシスになりすました獅堂は、アレクシスが大金で雇った男から、御殿場の停電計画があることを知る。美有は、研矢が身を寄せる剛の兄に拘束され、六花にも暗殺者の銃口が向けられる。

ドラまる
御殿場の例の地区を停電させる依頼をアレクシスはしていた。その例の地区の場所が、麗によって分かるようですね。

政府高官しか分からない極秘の地区には何があるのでしょうか。

ラマちゃん
アサノに銃口を向けられた六花はどうなってしまうのか、仁に足止めされた美有も、とんでもないトラブルに巻き込まれる。

鬼束が、二人が行方不明と獅堂に伝えてませんね。再会はできるのでしょうか。

麗は、夫・遥平を信じられなくなっているのでしょうね。夕太も覚悟したということかな。麗は、記者会見の準備を始めたから、夕太のことを公表する決断をしたのですね。

獅堂と伊月の車内での会話が微妙でしたね。獅堂はもうすでに、家族の心配をし、伊月に謝るばかりでした。伊月は、まだ、獅堂に未練があるのでしょうか。

次話、御殿場の例の地区が、麗の情報から分かり、獅堂は鬼束とともに向かう。そこには何があるのでしょうか。暗殺者に待ち伏せされた六花は、そして、美有もトラブルです。どうなるか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA