24 JAPAN|16話ネタバレと感想。暗殺者の襲撃に逃げる六花と美有!また離れ離れに!

  • この記事を書いた人:Kawai

2021年1月29日(金)「24 JAPAN」の16話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
番場は殺されてしまいますが、送られてきたデータから、暗殺者3名が割り出され、アレクシスの情報も分かるようです。

アレクシスと恋仲の三保を使って作戦を立てる。うまく行くと良いですね。

ラマちゃん
黒幕のアンドレの手下が、六花と有美の隠れ家に迫ってくる。

CTUが守っているのに突破されてしまうのか、心配ですね。

7年前の作戦を指揮し殺された番場からきたデータから3人の暗殺者が分かる。その内のアレクシスと男女の仲の三保を使い作戦を立てる獅堂。六花たちの隠れ家にも暗殺者の手が伸び.....。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』16話あらすじネタバレと感想

日本初の女性総理誕生に期待が高まる東京、午後3時~午後4時まで、事件はリアルタイムで進行中である。

番場と連絡が途切れ、獅堂は、大阪支部に連絡して、番場の安否確認を頼む。

マイロが、番場から送られてきたデータから、2人の殺し屋に加え、テロのボス・ビクターの息子のアレクシスが暗殺者だと獅堂に伝える。警察と麗のSPにも連絡するように指示する獅堂。

六花と美有の隠れ家をCTUが守っていた。獅堂は、六花が気になり電話をするが、六花は全て終わったあと話すと言い切る。

SPは、麗たちに3人の暗殺者の写真を見せる。アレクシスの写真を見た時、三保の顔色が変わり、麗に、三保はアレクシスとの関係を告げる。

隠れ家では、伊月が、研のことを聞くが、美有は、助けてくれただけだとそれ以上のことは話さなかった。

六花に聴取が変わる。六花は、別居中のことだったと伊月と獅堂の事は気にしてないと言い、聴取が始まる。

伊月は、美有が、研のことで何か隠しているようだと尋ねる。六花は、好意を抱いても仕方がない状況だったが、隠し事をする娘ではないと断言する。

獅堂に麗から、選対スタッフの三保が、アレクシスと男女の仲になっており、捜査に協力すると言っていると連絡が入る。獅堂は、聴取お願いする。番場が亡くなった可能性があると伝える。

美有は、研に、いろいろ聞かれたけど、助けてくれたと話したが自首するように言うと、研はもう連絡をくれるなと切る。チハルという女が研をかくまっていた。

伊月の聴取を受ける六花だったが、獅堂との関係が気になり冷静でいられなかった。伊月は、別のCTU職員の山崎と聴取を交代し、CTUに帰る。

獅堂の部屋に、支部長の鬼束が入ってくる。緑子の代わりに、獅堂を見張りにきたのだった。アレクシスと三保が会うことになっていて、おびき寄せ、テロ側の情報を得ると言う。

鬼束は、一般人を巻き込むのは良くないと反対し、一度、三保と会ってからだと言う。

麗は、息子・夕太に、塔子の代わりにこれからは力になると伝え、今は、選対スタッフに危険な人物が接触していたからうまく言えないと言う。

夕太は、いつも隠し事ばかりだと言うが、麗のことを助けたいと素直に言い理解が得られたようだった。

六花たちの隠れ家に、暗殺者のアサノが迫っていた。アンドレに電話して、CTUの警備を倒し、六花たちを殺すと伝える。

獅堂は、マイロに、まだCTU内にスパイがいる可能性があると言い、不正アクセスを調べるように頼む。

夕太は、上州に本気だと電話する。上州は、今すぐ、ホテルの公園で会おうと言う。

日奈は、夕太が出かけようとするところを止め、また、誰かを殺すのと聞く。夕太は、上州に会うだけと言い、麗の息子を殺すことはないだろう大丈夫だと言う。

CTUに三保が到着する。獅堂と鬼束が面談し、1ヶ月前に選対スタッフと飲んだ時に、アレクシスに知り合ったと話す。

獅堂は、そのまま、ホテルでアレクシスに会って欲しいと頼むが、三保は、何でもやると思ってきたのにと躊躇していた。

鬼束がやはり無理ですかと言い、獅堂があきらめて部屋を出て行こうとした時、麗のためにやらせてくださいと三保は決意した。

CTUの山崎が、写真を見せながら、テロの人物の特定を、六花と美有にしていた。隠れ家を守るCTUの職員が、次々、暗殺者に殺されていた。

山崎は、仲間が殺されているのを見つけ、拳銃を持って、六花と美有を他の部屋に鍵をかっているようにと避難させる。山崎は、家の中を警戒しながら捜索する。

山崎は、暗殺者のアサノを見つけ、銃を捨てさせるが、別の暗殺者のナカノに殺される。2人の暗殺者が、六花たちを探す。

アサノたちは、鍵のかかった部屋の押し入るが、六花たちは、カーテンを使い窓から逃げていた。CTUの職員が殺されているのを見つけ驚くが、車のキーを奪い逃げる。

アサノが気づき追いかける。ナカムラは、まだ息のあった山崎に殺される。

三保を送りながら、獅堂は、マイロに声を掛けられ、番場が殺されたこととパソコンが盗まれたことを知る。

伊月がCTUに帰ってくる。獅堂は、伊月に、三保との作戦を考えるので、ホテルに来て欲しいと言う。

アサノの運転する赤い車が迫る。六花たちは、横道にそれうまく巻くことができる。

工事中の看板があり、六花が様子を見に行くと外にでる。車のサイドブレーキが甘く動き出し、崖から落ちて炎上する。その様子を見た六花は、美有と叫びながら道路に倒れる。

夕太は、上州に、塔子先生を殺しただろうと迫る。塔子は、ジャーナリストに夕太のことを売ったと言う。動揺する夕太。

上州は、殺したと言うが、夕太だって2年前に殺しただろうと言う。夕太は、あれは事故だったと話しをすり替えるなと反撃する。

上州は、塔子の部屋に、夕太が殺したという証拠が見つかったらどうすると言い、麗と同じように諦めろと去って行く。上州とのやり取りを夕太は録音していた。

倒れた六花は、気がつくが、記憶を失っていた。

通りすがりの女が、車をとめ、大丈夫かと声をかけてくる。六花は、自分がだれだか分からなかった。女の車に乗ったあと、引き返してきたアサノの車とすれ違う。

美有は、車から投げ出され、意識を取り戻していた。母親を叫ぶがいなかった。

獅堂は、伊月とともに、三保を麗の選対本部があるホテルにつれて行く。

ここまでが第16話のネタバレです。

番場がすぐに殺されてしまって残念。送ってくれたデータから、3人目の暗殺者が、アレクシスだと分かり、その写真で、麗の選対スタッフの三保が分かって良かった。

鬼束が登場して厄介かと思ったが、獅堂の自由にやらせてくれたね。麗のお墨付きがあったから三保も安心して獅堂を信じたのですね。

ドラまる
CTUの隠れ家が、暗殺者に襲われ、CTUの見張りが殺されたね。

やはり、獅堂の言うとおり、CTU内にスパイがいるということかな。

ラマちゃん
六花と美有は、間一髪で逃げたね。だけど、六花は記憶喪失になってしまい。美有も、息を吹き返したが、また、二人は別々になってしまった。

二人は、どうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』16話ネット上の反応

ドラまる
六花が記憶喪失、美有は、無事だったが、どうなるのかな。

ラマちゃん
アレクシスが三保の異変に気づいた。伊月が裏切り者ではという予想もあります。

スポンサーリンク

ドラマ『24 JAPAN』第15話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『24 JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

24JAPAN|16話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『24 JAPAN』17話のあらすじ

2021年2月5日(金)放送の第17話のあらすじをご紹介します。

アンドレ・林(村上淳)率いるテロ集団は、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を亡き者にしようと画策。

CTUによる厳重な警護を突破し、六花と美有が身を寄せる隠れ家を襲撃した!

必死で車を走らせ、逃走する六花と美有…。

だが道中、追手の様子をうかがおうと車外に出た六花の目の前で、美有を乗せた車が崖から落下!

ショックのあまり記憶喪失に陥り、愛する家族のことはおろか、自分が何者であるかも忘れてしまう六花。

彼女は偶然通りかかった女性に声をかけられ、車に乗せられるが…?

一方、なんとか一命を取り留めた美有はパニック状態の中、現馬に助けを求めるためCTUに連絡する。

ところが、現馬は新たな任務のため不在…。

切羽詰まった美有は、自分と母を誘拐しつつも最終的に逃してくれたテロ実行グループの手下・長谷部研矢(上杉柊平)に、もう一度頼ろうとする…!

現馬はその頃、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を再度阻止するため、テロ集団の一味であるアレクシス・林(武田航平)と麗の選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)の密会現場で待機していた。

現馬とA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)、機動部隊が極秘で監視する中、CTUの捜査に協力するため、アレクシスの財布に発信器を仕込もうとする三保。

だが、密会場所へやって来たアレクシスはすぐさま、彼女の様子がおかしいことに気づいてしまう!

そこへ追い打ちをかけるように、現馬たちの想定範囲をはるかに超えた“最悪の事態”が発生してしまい…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『24 JAPN』16話のあらすじネタバレ、感想、17話のあらすじを紹介しました。

暗殺者のアレクシスが判明。麗の選対スタッフが付き合っていることが分かり協力が得られる。六花たちの隠れ家が襲われ、六花と美有は逃げる。六花は記憶喪失、美有と離れ離れになる。

ドラまる
また、離れ離れになった六花と美有。それも、六花は記憶喪失。

美有は、研に助けを求めるのかな。

ラマちゃん
三保を使ってアレクシスをおびき寄せる獅堂。すぐに、ばれてしまうようですね。

アレクシスを捕まえることは出来るのでしょうか。

伊月と獅堂との関係は、別居時に起こったことと頭では、六花も理解できているのでしょうが、やはりわだかまりが拭えませんでしたね。子供ができたことを獅堂に言えなかった。

夕太は、上州と対峙して、自分が犯した罪を認めつつも、塔子の殺害の事に迫った気がしますね。しっかりと録音を取りました。この録音が、麗が裏の支援者との決別に役立つ気がします。

次話、三保を使ってアレクシスを嵌める作戦が、獅堂によって行われる。麗も危険と心配するが、上手く行くといいですね。記憶を失った六花、山中に残された美有はどうなるのかな。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA