24JAPAN|15話見逃し動画無料視聴はこちら【1/22配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『24JAPAN』第15話(2021年1月22日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『24JAPAN』第15話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『24JAPAN』第15話の見逃し動画配信を無料視聴する方法をご紹介するわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『24JAPAN』第15話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『24JAPAN』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『24JAPAN』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『24JAPAN』第15話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年1月22日(金)放送終了後〜2021年1月29日(金)22時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『24JAPAN』を見る方法について、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『24JAPAN』はポイントレンタル配信されると思うので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『24JAPAN』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『24JAPAN』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円[税別]
  • プレミアム&見放題コース:月額980円[税別]

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『24JAPAN』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『24JAPAN』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

2021年冬ドラマ『24JAPAN』第15話のあらすじは?

2021年1月22日(金)放送のドラマ『24JAPAN』第15話のあらすじを紹介します。

テロ集団からいまだ命を狙われている日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)が突然、CTU(テロ対策ユニット)第1支部を訪れ、今すぐ第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)に会わせるよう要求! 

麗は数時間前に暗殺されかけた際、現馬が自分の命を救おうとしてくれたとはつゆ知らず、現馬こそが主犯だと思い込んでいたのだ。

そんな麗と対峙した現馬は真摯に誤解を解き、自分たち2人と今回の暗殺計画をつなぐ“起点”と思われる、7年前の「夜のとばり作戦」について回顧する。

そんな中、“思いもよらなかった暗殺計画の動機”が、あの作戦の裏側に隠されていたことに気づく現馬と麗――。

2人は、麗の指名で「夜のとばり作戦」の指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二(六角精児)にすぐさま連絡を入れ、連携プレーで麗の暗殺計画に関する情報をかき集めようとするが…!?

一方、テロ集団の黒幕=アンドレ・林(村上淳)の弟であるアレクシス・林(武田航平)は、麗の選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)に甘い罠を仕掛け、刻一刻と変化する麗の行動予定情報を極秘入手。

アンドレに向かって、今日中に麗を暗殺すると宣言する!

その頃、現馬によってテロ実行グループのアジトから救出された妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)は、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)らに警護され、隠れ家へ移動。

まもなく六花の腹痛の事情についても分かるが…?

公式サイトより引用)

2021年冬ドラマ『24JAPAN』第15話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『24JAPAN』第15話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はち
CTUに現れた朝倉麗が獅童と何を話そうとしているのか気になります。

2人と今回の暗殺計画を結ぶ過去の事件の全貌はいつ明らかになるのでしょうか。

朝倉家の事情も回を追うごとに複雑になってきていて、息子夕太や夫の行動も怪しく、目が離せないです。

何より、六花と美有はもう安全だと思っていてよいのか、不穏な影を感じざるを得ないので、ドキドキハラハラの展開がまだ続いていくような気がしています。

何もないのが一番なのですが、家族がまた平和な暮らしができるるといいなと思います。

水石チーフ役の栗山千明さんの演技が好きなので、今後もドラマのキーパーソンとなる活躍を期待しています。

同時進行で話が動いていくので、どの場面も見逃さないよう視聴していきたいです。

ペンネーム:はち(20代・女性)

YK
第15話の見どころは、突然CTUにやってきた麗が現馬に対してどのようなことを言うのかという点です。

麗は現馬をテロの主犯だと勘違いしているようなので、現馬がこれまでのことを説明する展開になりそうです。

麗が説明に納得したことで、現馬は麗の指示により現場に復帰できると予想しています。

今回の一連の事件の鍵である7年前の「夜のとばり作戦」についても、新事実が判明しそうなので注目しています。

この作戦に関わっていた人物も新たに登場するようなので楽しみです。

隠れ家に移動することになった六花と美有にも危険が迫りそうですが、美有が伊月と現馬の関係性に気づく展開になりそうです。

ペンネーム:YK(30代・女性)

なお。
現馬を自分に対する暗殺犯の一人と思っている麗は、さらに「夜のとばり作戦で」指示を出したのが麗で、その時に現馬の部下が全員やられた事に対する逆恨みと取ってしまい、CTUに拘束されている現馬の元へやってきますが、その話し合いの中で今回の暗殺計画につながる原因が浮かび上がって来ます。

それがきっかけで、本当の黒幕が誰なのかが分かってくるのではないかと思います。

敵の正体が分かってくることで、その対策も今までよりはしっかりとできるようになる気がしています。

しかし、今のままでは心配な麗らを移動させたい南条の計画が進められるのか、水石に匿われた立花らは無事でいられるのか、どうなるのか特に展開を見守りたい部分です。

ペンネーム:なお。(50代・女性)

イカロス
まずは、新たに到着したテロリストが麗の関係者と密会をしていて、麗の情報が筒抜けになっていると思うので、麗が危ないと思います。

味方をもなんとも思わないで殺してしまうような非情な人物なので危険すぎると思います。

そして、テロリストたちは六花立ちのことも付け狙っている様子なので、再び危機に陥ってしまうかもしれないと思います。

水石は頼りがいがありそうですが、テロリストたちも一筋縄ではいかない感じなので心配です。

そして、現馬が捜査に復帰できるのかも気になります。

小畑はすっかり班長気取りですが、協力的になれば良いと思いました。

ペンネーム:イカロス(40代・男子)

スオーネ
テロリストの黒幕は、既に次の暗殺者を3人も入国させており、そのうちの一人が六花と美有の病院にいました。

これはCTU内部から情報が漏れているとしか思えません。

誰かテロリストと繋がっているのか。新本部長から取り調べを受ける獅童は、自分の話をまともに聞いて貰えず、イライラが募るばかり。

この状況をどうやって挽回するのか。

新たな暗殺者は朝倉麗や獅童に何を仕掛けて来るのか。

六花の腹痛の原因は何か。7年前の任務で仲間が亡くなった事での逆恨みから獅童が自分を狙ったと思った朝倉麗、7年前に何があったのか。

そこに朝倉麗はどのように関わっているのか。ここから第二章の幕開けです。

ペンネーム:スオーネ(40代・男性)

masayuki_f6f4
結論から言うと、今後の展開としては以下の2点がポイントとなる。

「まだ残っているCTU内部の内通者がだれか?」と「朝倉麗が獅堂に対してどういうアクションを起こすか?」である。

まず、「まだ残っているCTU内部の内通者がだれか?」に関してだが、水石の可能性は低い。

水石は単独行動するシーンもあり、テロリスト側に有利な情報を提供できる状況が整っていたからだ。

もし、水石が内通者だったとしたら六花と美有を神林から救出することは不可能だったであろう。

そして、「朝倉麗が獅堂に対してどういうアクションを起こすか?」だが、ここで私が思うに、最終的に朝倉と獅堂が手を組んでテロリストに立ち向かうようになるのではなかろうか。

私はそうあってほしいと願わずにはいられない。

ペンネーム:masayuki_f6f4(40代・男子)

2021年冬ドラマ『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

YK

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

突然CTUにやってきた総理候補の朝倉麗は、獅堂現馬に話があるから会わせるようにと伝える。

一方の現馬は聴取中だったが、自身に無断で妻子が病院から別の場所に移されていたこと知る。

現馬が主犯だと考えた麗は二人きりになった状態で、テロのことを聞き出そうとする。

数時間前に起きた暗殺未遂を阻止したことを話して誤解を解いた現馬は、麗と共に7年前の極秘任務「夜のとばり作戦」について振り返る。

当時、作戦の指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二のことも知られていると考えた二人は番場に連絡をする。

そんな中、麗の選対スタッフ・真行寺三保に近づいたテロ集団のアレクシス・林は麗の今後の行動予定を聞き出していた。

『24JAPAN』第15話の感想

麗が現馬を疑うのは無理もないなと思いましたが、誤解が解けて安心しました。

有能な二人が情報を共有できることによって、解決に近づいていけそうなのでワクワクしました。

麗側のスタッフに情報を流している人がいる限り、麗はどこにいても危険なので心配です。

六花が現馬と伊月の関係性に気づいたシーンは緊張感があって、女の勘の凄さを感じました。

誘拐の救出に尽力してくれた伊月は、六花にとっても頼れる存在なので複雑だろうなと思います。

今回明かされた「夜のとばり作戦」の裏事情を知って、黒幕であるアンドレたちの恨みは相当なものだと感じました。

ペンネーム:YK(30代・女性)

ueken

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

総理大臣候補朝倉麗はCTUにのりこんで来て、自分のことを暗殺しようとしていると思った獅童現馬に直接話をするという展開になりました。

最初は強い口調で責め立てるような口ぶりで話をしていましたが、現馬の家族が人質に捕られていたことなどの事情を聴くと素直に聞き入れ、そこからは冷静に会話をするようになりました。

そこで、今回の暗殺事件は過去に2人が関連ししていた事件が引き金になっているということに気づき、当時の現馬の上司との連絡をとって暗殺犯を調べるような体制を整え、さらに現馬を復帰させるように本部長を説得して1日だけ復帰する許可をもらうということになりました。

『24JAPAN』第15話の感想

過去に獅童現馬が関わった夜のとばり作戦で作戦の指揮を取った番場衛二という人物が登場し、今回の暗殺計画を画策したグループを一緒に調べることになり、頼もしそうな人が協力してくれるんだと思ってみていたら、現馬との会話中に殺されてしまい驚きました。

今回が初登場のキャラクターでCTUでも上の位の人物だったし何かしら有力な情報を教えてくれそうな感じがあったので活躍が楽しみだったのですが、まさか登場してすぐに殺されることになるとは思いませんでした。

ですが、今回のことでさらに獅童現馬と朝倉麗が関わっていた夜のとばり作戦に関わった人物達が主なターゲットということがふんわりとわかりました。

ペンネーム:ueken(30代・男性)

かものはあま

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

ようやく朝倉麗党首とCTUとの邂逅になりました。

彼女は単身CTUまで来て、現馬が自分を狙う暗殺犯かと疑っている様子。

そして彼を呼び出し待っていますが、程なくして現馬が来ます。

最初揉めましたがなんとか誤解は解け、協力する事に。

また、7年前の作戦に関わった現馬の当時の上司、番場がいる大阪に連絡をし密に連携を取り合います。

そして現馬のその日限りの拘束を解き動きます。

また六花は現馬の別居中の恋人が水石であると予感し本人に問い詰めます。

そして六花のお腹には現馬の子が宿されていますが、その事があり本人には伝えられず。

また、何と番場がテロリストに殺されます。

『24JAPAN』第15話の感想

なかなか衝撃のスピードで展開されましたね。

まず六花の妊娠の件ですが、いくら別居中とはいえ浮気されてはそれは言えないですよね。

さすがに産むとは思いますが、現馬と溝を埋めるのはこれからでしょう。

しかしそれも大変だとは思いますが。

でも何気にその辺りが一番面白かったです。

そして番場役で六角さんが出てきて、もう少し連絡を取り合って連携してこれから活躍するのかなと思いましたが1話で殺されるとは早すぎる死でした。

むしろ裏切って現馬に立ちはだかるくらいの事をするかと思いましたが。

これからケンの行方もありますし、もう少しもつれそうですね。

ペンネーム:かものはあま(30代・男性)

イカロス

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

現馬は、麗に過去の夜のとばり作戦で現馬が部下をたくさん失ったことに対する恨みで、暗殺計画を企んでいると疑われます。

しかし、現馬は妻と娘を人質に取られていて、仕方なく神林に協力させられていたといい、麗も受け入れて誤解が解けます。

そして、二人は情報を探るために、夜のとばり作戦で指揮を執ったCTU大阪の番場に連絡します。

そして、夜のとばり作戦で主犯の妻と娘がなくなっていたことがわかり、アンドレは息子だと言うことがわかります。

その頃、妊娠の疑いがあった六花は検査薬で、妊娠が判明しますが、現馬の子供であることが判明します。

『24JAPAN』第15話の感想

まずは、麗が現馬のことを疑っていたので、状況が悪くなるかと心配していましたが、疑いが晴れて、逆に協力体制になったので良かったと思いました。

現馬も捜査に復帰できることになったので、総理候補の権力は流石だなという感じがしました。

そして、六花は妊娠が分かった時は、犯人の子供かもと心配しましたが、現馬との間に出来た子供だということでほっとしました。

本当に良かったと思いますが、六花の犯人の暴行されたという過去があるので心配です。

そして、六花は水石に現馬と不倫していたことを問い詰めたのが、気まずい展開だと思いました。

ペンネーム:イカロス(40代・男子)

モモカリン

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

朝倉麗が突然、CTUを訪れ、獅堂現馬と面会します。

麗は7年前、麗が指示した「夜のとばり作戦」で現馬が部下を失ったことを恨んで、今回自分の命を狙ったと誤解していましたが、現馬は麗の誤解を解きます。

そして、今回の暗殺計画は、その「夜のとばり作戦」で暗殺したビクター林の息子であるアンドレ林たちの復讐であることに気付くのです。

「夜のとばり作戦」で指揮を執ったCTU大阪支部の番場とともに情報収集に入ります。

するとビクター林の暗殺時に彼の妻や娘たちも巻き込んで殺してしまったことが判明します。

麗の要請もあり、現馬は一時的な復職が認められます。

一方、アンドレ林の弟であるアレクシス林は、麗の選対スタッフの真行寺に近づき、麗の行動予定を聞き出します。

その頃、六花と美有は、伊月らとともに隠れ家へと移動します。

妊娠検査薬で六花の妊娠が判明しますが、現馬との子どもであると言います。

六花は伊月から事情聴取を受けますが、現馬が六花と別居中に伊月と付き合っていたことを追及し、伊月も認めます。

『24JAPAN』第15話の感想

アンドレ林が、朝倉麗だけでなく、現馬と六花と美有までの命を狙っている理由がわかり、少しスッキリしましたが、アンドレとアレクシス兄弟の魔の手は伸びているので、ますます緊張感が高まってきました。

CTUでの麗の素早い調整力と行動力はさすがだと思いました。

麗の誤解がしっかり解けて、麗と現馬が握手したシーンはとても良いシーンでした。

また、六花は現馬との子どもを妊娠したことがわかった日に、現馬と伊月が不倫関係にあったことを知ることになるなんて、とても残酷すぎると思います。

伊月も証拠を示されたわけでもないのに認めてしまう必要はなかったのではないかと思います。

ペンネーム:モモカリン(40代・男性)

スオーネ

『24JAPAN』第15話のあらすじネタバレ

朝食会で自分の命を狙った獅童(唐沢寿明)に会うために朝倉麗(仲間由紀恵)が、CTUに訪れ、その理由や仲間について問い詰めます。

が、獅童から自分も家族を人質に取られ、あなたの命を守るために発砲した事を聞きます。

そこで7年前に二人が関係したマデレーバ連邦での日本人の救出作戦に繋がります。

二人はその作戦の指揮をとった番場(六角精児)に連絡し、相手の調査を始めます。

一方、病院から一軒家に移動した六花(木村多江)と美有(桜田ひより)ですが、六花は自分が妊娠している事を知ります。

それを知った美有は、始めは母親を軽蔑しますが、獅童との子と聞かされ、落ち着きを取り戻します。

そうこうしている間にテロリストは、朝倉麗の選挙委員の女に近寄り、行動を聞き出し、暗殺準備を進めていました。

『24JAPAN』第15話の感想

7年前の日本人救出作戦で、獅童は現場の指揮を取りましたが、そこで自分の部下8名の命をを失っていました。

朝倉麗は始め、その事で獅童が、その作戦の命令を下した自分を恨み命を狙ったと勘違いします。

ここの勘違いは少し無理があります。

しかし、獅童からの話を聞き、協力する事にします。

そうなると次期首相候補であるため、CTUで規律違反に問われ懲戒免職寸前だった獅童を権力を使って捜査現場に戻します。

やはり、国家権力は強い。どんな容疑があろうと従わざるを得ません。

調査を進めると、例の作戦で相手のボスであるビクターだけでなく、家族まで亡くなっていた事が判明し、その復讐で狙われた事を二人は知ります。

ようやく暗殺理由の核心に近づいて来ました。

一方、六花は取り調べの最中で、獅童の話をする水石に対して、獅童と関係があるかと逆に問い詰めます。

そこで水石は素直に謝罪します。

二人の微妙な空気感が見ていても伝わりました。

ペンネーム:スオーネ(40代・男子)

まとめ

ドラまる
2021年秋ドラマ『24JAPAN』第15話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
16話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『24JAPAN』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『24JAPAN』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA