イチケイのカラス|4話見逃し動画無料視聴はこちら【4/26配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話(2021年4月26日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『イチケイのカラス』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『イチケイのカラス』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『イチケイのカラス』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『イチケイのカラス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『イチケイのカラス』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『イチケイのカラス』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2021年4月26日(月)放送終了〜2021年5月3日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2021年春の月9ドラマ『イチケイのカラス』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『イチケイのカラス』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『イチケイのカラス』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『イチケイのカラス』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『イチケイのカラス』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『イチケイのカラス』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『イチケイのカラス』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2021年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話のあらすじは?

2021年4月26日(月)21時00分より放送のドラマ『イチケイのカラス』第4話のあらすじをご紹介します。

みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真(馬場ふみか)と出会う。

絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴してみてはどうかと言い出す。

その後絵真は、みちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいくつかの公判を傍聴することに。

そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。

被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。

半年前に高校を中退した博人は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。

警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。

みちおは裁判長は坂間がいいのではないかと提案し、坂間も決意を表明する。

そして始まった第1回公判。

博人は完全黙秘を貫き……。

ドラマ公式サイトより引用)

2021年春ドラマ『イチケイのカラス』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イチケイのカラス』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

トマト
裁判官官舎に坂間の妹絵真が訪れ、偶然入間と出会う。

姉と同じくイチケイで働いている事を知り、姉がどんな裁判官かを尋ねてくる。

入間は口で説明するより、実際に見た方が早いと坂間の裁判が行われている傍聴席へと案内をする。

そこには凛とした様子で、裁判を淡々とこなす坂間の姿があった。

そんな中、駒沢から合議制で行いたい案件がある事を伝えられる。

被告人は17歳の少年望月で、高校中退後、レジャー施設でアルバイトをしていた。

売上金5000万円を強奪し、逃走を図る中、何故かビルの階段から金をばら撒いていた。

この案件の裁判長を任された坂間は、入間同様に真相を確かめる為、捜査を行うのだった。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

マメちゃん
民事に少しでも早く移りたいと思っていた千鶴の気持ちは、イチケイに来て駒沢部長やみちと一緒に裁判をするようになって、改めて刑事裁判官として経験を積むことを決断します。

相変わらず自由奔放なみちおに振り回されながらも、正しい判決を下すことの大切さに気づいた千鶴はさらに頑張ると思います。

今までの合議制裁判では全てみちおが裁判長を務めていたが、今回の合議制裁判は千鶴が裁判長がいいのではとみちおが提案するのですが、なぜみちおが千鶴を裁判長にしたのかその理由が気になります。

黙秘し続ける被告人に千鶴がどう向き合うのか人気注目です。

ペンネーム:マメちゃん(40代・女性)

coco
立て直しを図るためにイチケイに配属された千鶴ですがここでのやり方に納得する部分が出て来たように感じます。

実際、民事裁判官への道を少し遅らせ刑事裁判官として働く決断をしました。

未成年が盗んだお金をばら撒く事件が起こりました。

千鶴がイチケイに来て初めて裁判長を務めるようです。

今まで威圧的な話し口調でしたが裁判長としてどのように進めて行くのかとても楽しみです。

入間たちと同じようにこと細かく精査し自ら調べ直すように持って行くのかたくさんの裁判の事案が溜まっていることでそのまますんなり進めていくのか気になります。

ペンネーム:coco(50代・女性)

なお
千鶴を訪ねて彼女の妹がやってきた事で、千鶴は初めて裁判長として中央の席に着く様です。

ついに彼女の主導していく裁判風景がみられる事に興味津々です。

普段からのみちおの言動に対して、特に心の声では強気の姿勢ですが、実際に自分がやってみると想像以上に難しさを感じてしまうと予想します。

そこには17歳という若い被告人との対峙が待っており、同じく若い千鶴がどう対応していくのか気になる所ですが、きっと横でみちおが上手い助け舟というか、さりげない言葉がけで裁判を進めていくように思っています。

そんな様子を見学したり、みちおらとの出会いが、千鶴の妹にも良い影響を与えていきそうです。

ペンネーム:なお(50代・女性)

ニューヨーク
第4話では、坂間がイチケイに赴任してきて、初めて裁判長を務めるということなので、裁判長としてどのような采配、そして判断をするのかがとても楽しみです。

これまでみちおや駒沢のやり方に異論を唱えながらも、みちおの影響を少なからず受けていると思われるので、変わった坂間が見れるか楽しみです。

また、坂間の妹が訪れて、裁判を傍聴するというのもポイントになる気がします。

家族を前にして裁判長として恥ずかしくない決断を求められる状況なので、そのあたりが坂間の決断に大きな影響を与えるような気がします。

坂間と妹役の長崎弁での会話も楽しみです。

ペンネーム:ニューヨーク(40代・男性)

モモカリン
毎回、傍聴マニアとしてお笑い芸人が出演するのが面白いです。

これまで、チョコレートプラネット、ミルクボーイ、鬼越トマホークが出演していて、第4話では誰が出るのか気になります。

お笑い第七世代あたりが出るのではないかと予想します。

こういった演出のうまさはフジテレビらしいなと思いました。

また、次話ではいよいよ坂間が裁判長を務めるようなので、どのような裁判になるかとても気になります。

いつものようなパパッと判断して結審させるのか、それともみちおのように職権を発動するのか、坂間の判断がどうなるのか、事件の中身と合わせて気になります。

ペンネーム:モモカリン(40代・男性)

2021年春ドラマ『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

トマト

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

坂間の元に妹の絵真が、突然やって来て、彼氏が裏切り行為をしていた事を愚痴る。

彼氏と休暇を過ごす予定だったが、空いてしまった為、姉の元を訪れていた。

部屋での騒ぎが下の階に響き、心配した入間が部屋を訪れる。

裁判官としての姉の姿を気にする絵真に、裁判を傍聴する事を入間は勧める。

そんな中、遊園地での強盗事件の案件が入ってくる。

被告人の博人は、何故か盗んだ金をばら撒き、完全黙秘を貫いていた。

その理由には、同じ児童養護施設に暮らす、陸と未希が関係していた。

未希は、遊園地でのジェットコースターの整備不良により、ピアニストの夢を断たれていた。

最先端医療で完治する可能性があり、博人は高額な手術費を用立てる為、ばら撒く事で被害額を不明にして、本来の目的がバレないようにしていた。

その件に陸が関与していて、博人は全ての罪を1人で被ろうとしていた。

その後、未希の手術費は遊園地の不正を暴き、民事での損害賠償請求を行う事となるのだった。

『イチケイのカラス』第4話の感想

イチケイにバレエ団で起きた傷害事件の案件が入ってくる。

振付師の槇原とトレーナーの矢口が揉めた際、矢口は頭を強く打ち、意識不明の重体となっていた。

そこのバレエ団には、石倉の初恋の相手である恭子が所属しており、久々の再会に石倉の胸は高鳴るのだった。

その後の調べで、矢口が複数のダンサーにセクハラをしていた事実が発覚する。

この事から、槇原には情状酌量の余地があると考えられたが、入間は何故かこの件とは無関係そうな、食い逃げの案件を繋げて裁判をするように勧めてくる。

この件が、傷害事件の真相を暴く上で、重要な役割を果たすのだった。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

syh1003

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

入間は坂間の元を訪ねてきた妹の絵真と一緒に、坂間が裁判官を務める公判を傍聴することになったのでした。

今回、17歳の少年がバイト先の遊園地のお金を盗み、現金をばら撒いたという事件だったのです。

しかし、被告の少年の博人は完全黙秘を貫いていたのでした。

そして、イチケイのメンバーは博人が育った施設を訪れたのです。

そこで博人と同じように育った未希と陸に出会ったのだった。

また、1年前遊園地の整備不良によって起きた事故のせいで未希は手を負傷してしまい、ピアニストを断念していたのでした。

納得がいかなかった博人は真相を突き詰めようと遊園地でアルバイトをして、未希の高額な医療費欲しさに事件をおこしてしまうのだった。

『イチケイのカラス』第4話の感想

坂間の妹が姉が心配で訪ねて来たのですが、この姉妹お互い口がキツくて言いたいことをズバズバ言っているのですが、あんなに正直に言い合える関係が見ていて逆に羨ましかったです。

今回、未成年の事件でしたが最初被告の少年は一切しゃべらなかったのに、入間が上手く持っていったことで、心を開いて話してくれた展開はさすがだなぁっと思いました。

あと、1年前の遊園地側がきちんと悪い部分を認めていたら彼も事件をおこさなかったはずだし、結局悪い大人がいることによって負の連鎖みたいになってしまうのではないかと感じました。

最後に坂間が部屋で1人泣いていた時、入間が掃除のおばさんに後にして欲しいとさりげなく気を利かせた感じが格好良かったです。

ペンネーム:syh1003(30代・女性)

イチコ

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

坂間の妹が姉の裁判に来る。

坂間の裁判はベルトコンベアー裁判と言われていた。

未成年がバイトしていた開示から5000万を盗んでばら撒く事件の合議制裁判をすることになった。

入間の推薦で、坂間が裁判長になった。

第一回公判で、被告はずっと黙秘を貫いている。

入間は場所を和ますために、坂間裁判長の心情を話して、被告も少し笑顔が出る。

黙秘をしているので何もわからないという事で、被告が育った児童養護施設へ。

リクと、ピアノをひく少女と被告は兄弟のように仲が良かった。

ただ少女は左手が麻痺して動かなくなったしまった。

第2回公判、被告はまだ黙秘。

みんなの圧力あり、坂間は、職権発動へ。

イチケイと検察の捜査から、一年前に、被害があった会社では、ジェットコースターが止まる事故が起きていて、その事故のせいで、被告と兄弟同然の施設の女の子は左手が麻痺をしてしまったことがわかった。

ジェットコースター乗るのを誘ったのが被告だった。

結局刑事事件で、本当は過失があったにも関わらず、そこの会社は、無罪に。

被告は、真相を調べようとバイトとして入って真相を知ってしまう。

そして今の事件が起きてしまったのだった。

しかも、リクに少女の手術代だけ渡して、残りをばらまいて、カモフラージュしていた。

事件の裁判で間違った判決が出なければ事件は怒らなかった。

しかも黙秘してたのは、リクが共犯だとバレないようにだった。

被告は、法律を恨んでいたのだ。

そんな被告に坂間は、苦しいときがあったからこそ、将来生きて来てよかった思える時が来るように願ってますと。

入間のように、被告のための優しい言葉をかけた。

そんな坂間に自分のためにこんなに裁くことに迷ってくれた人がいた事被告は救いになると。

イチケイのカラスのカラスとは何者にも束縛されない自由の象徴であったのだ。

『イチケイのカラス』第4話の感想

坂間が裁判官というので、いつもと違う裁判になるかと思いました。

でも、坂間の裁判も、被告によりそい、最後は、被告の人生が前を向いて行けるような優しい言葉をかけてくれた裁判になりました。

入間さんのやり方にとても似ていました。

普通に女の子の手術代だけに5000万を盗んだと思ってましたが、手術代は一部で、ばらまいてわからないようにしたとは考えもつきませんでした。

結局、中止になった手術も民事裁判での慰謝料でなんとかなることになってよかったです。

毎回思うのですが、いちけいの皆さんのチームプレーはすごいですね。

イチケイのカラスになれの意味がわからなかったのですが、何事にも束縛されない自由の象徴。

まさに裁判官の事だったとは、とても深い意味だと知りました。

ペンネーム:イチコ(40代・女性)

まるく

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

千鶴が心配になって長崎から上京してきた絵真は、千鶴の部屋でみちおと意気投合します。

お姉ちゃんはどんな裁判官なのかと絵真に尋ねられたみちおは、とても本人の目の前では伝えられないから法廷を見学にくるように勧めます。

早速千鶴の仕事っぷりを傍聴席で見る絵真でしたが、傍聴マニアたちが言っていたある言葉を耳にします。

次から次へとサクサクと裁判をして判決を下していく千鶴の姿を見て「ベルトコンベアー裁判官」と言っていたのでした。

そんなの気にしないと言いながもやっぱり傍聴マニアたちの声が気になる千鶴でした。

そんな時に駒沢部長から少年裁判を合議制で扱いたいと言われ、それを聞いたみちおは裁判官は千鶴がいいと推薦するのでした。

『イチケイのカラス』第4話の感想

ベルトコンベアー裁判官はさすがの千鶴にも少しこたえたのではと思いました。

ただでも少ない少年裁判を担当するだけでもかなりのプレッシャーだったと思います。

そんな中被告人が完全黙秘だなんて、私が千鶴の立場だったらきっと頭が真っ白になっていたと思います。

みちおの助け舟がありながらでしたが、被告人の未来に責任を持って裁判に臨んで、正しい判決を下すためにたくさんの時間をかけて取り組む姿には胸が熱くなりました。

真実にたどり着いた千鶴がどれだけ辛い気持ちで悩んで迷ったのかを、あの判決を聞いた時に思いました。

その場だけではなく被告人の未来を考えた判決に涙が出ました。

ペンネーム:まるく(40代・女性)

coco

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

家庭裁判所から逆送されて来た少年事件を合議制で扱いたいと部長の駒沢が言いました。

入間から千鶴が裁判長をするのが良いと提案され千鶴はそれを承諾しました。

遊園地でアルバイトしていた望月はその施設から売り上げ金を盗みビルの非常階段から盗んだ金をばら撒いたのです。

黙秘を続けている望月の真意を明らかにするために裁判官主導で調査をすることにしました。

遊園地の整備不良で怪我をしピアノが弾けなくなってしまった同じ施設出身のみきの怪我を治すための費用を用意しようと兄弟同然に育った望月と滝本が相談して行った犯行だとわかりました。

『イチケイのカラス』第4話の感想

初めて裁判長を務める千鶴の裁判ぶりをとても期待してみていると千鶴のキャラクター全開でゲスト出演していた永野芽郁さんや広瀬アリスさんと対峙していた姿にちょっと笑えてきました。

少年事件がいつものようにすっきりした解決にならなかったのがとても辛いです。

事件に疑問を持ち裁判官主導でいつものように調査していくと問題の原因が強い者を守った法律により弱い望月たちを追い詰めた結果に起こした事件だったのです。

裁判長としての判決は千鶴にとってとても辛いものになってしまいました。

しかし入間が遊園地の不備を認めさせるため民事裁判を起こしみきを救う措置を進めることを提言したことで心が少しホッとしました。

ペンネーム:coco(50代・女性)

方言美人姉妹

『イチケイのカラス』第4話のあらすじネタバレ

千鶴の元に妹の絵真がやって来てみちおから裁判を傍聴するように勧められ、その最中に駒沢から少年事件を合議制で行い裁判長は千鶴とみちおが推薦し、起訴内容は遊園地で働く望月博人が売上金の5000万円を盗み警察に追われビルの非常階段から金をばら蒔いた案件で、公判が始まったがずっと黙秘を続けるため、真実を知るためみちおと駒沢に検察官の井出と捜査権の発動を促し千鶴は決断、望月は施設育ちで同時期に入った瀧本陸と吉沢未希と兄弟のように暮らし、未希はピアニストの夢が叶いそうだったが遊園地での怪我で断念、誘った望月が悔やんでいたと判明、遊園地側の責任は無いと判決が出ていた。

望月は犯行当日の防犯カメラ映像から金を盗んだ後にガード下で瀧本と会っていたとわかり、裁判で問われると望月は1人でやったと言いながら土下座をする。

千鶴たちは話を聞くために瀧本と吉沢の元で所在尋問を行い、手を怪我した吉沢は最先端の治療を行えば完治する可能性があり、望月は手術費用分を瀧本に渡して残りをバラ撒いて金額がわからなくなるように計画、吉沢には寄付金と伝えていたが盗んだ金と気が付いていて言ってしまうと2人が捕まると黙っていたとわかり、2人は涙を流し罪を重くしないように懇願、裁判で千鶴は望月に執行猶予の実刑、瀧本は家庭裁判所で取り扱い、吉沢の手術は無くなったと伝え、暴れる望月に千鶴は近づき思い通りにならないが犯罪はしてはならず、望月の人生が切り開ける事を願っていると告げる。

千鶴はみちおから民事訴訟で遊園地から吉沢の手術費用を取る弁護士を探したと言われ、千鶴は望月たち3人が一緒の施設と学校に通えるように行動すると話し笑顔になり、その2人を石倉が目撃してしまう。

『イチケイのカラス』第4話の感想

望月の表情が病んでいるように見えてしまう所に付け加えて法律を嫌う言葉を放つので相当厄介な案件かと思いましたが、施設育ちで仲良し3人組の雰囲気の良さが際立つ流れになる展開は予想外で、望月がピアニストになれそうな吉沢の夢を壊したと後悔して自身の人生をかけての犯行だったとは心のピュアさが招いた犯行だった切なさが堪らなく、事故を起こした遊園地側の弁護士の裁判をゲームような言い方にはイライラさせられ、大人は腐ってるなと感じました。

金目的の弁護士に対してみちおが用意した弁護士がマネーが大好きと挑戦的な態度で挑んだ姿に爆笑させられ、目には目を歯には歯をという言葉を上手く使う所が愉快だなと思いました。

ペンネーム:方言美人姉妹(30代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2021年春の月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『イチケイのカラス』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『イチケイのカラス』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA