トップナイフ -天才脳外科医の条件-|5話見逃し動画無料視聴はこちら【2/8配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話( 2020年2月8日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月8日(土)放送終了後〜2020年2月15日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじ

2020年2月8日(土)放送のドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじを紹介します。

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩くろいわ(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡にしごおり(永山絢斗)と、来島きじま(古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子さちこ(広瀬アリス)。

深山みやま(天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦かげうら祐樹ゆうき(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。

巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。

黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川いまでがわ(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸ねぎし麻理恵まりえ(大西礼芳)を診察する。

西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。

才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。その言葉は激励のようでもあり……。

一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!

そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。

西郡の言葉に励まされ、自分の才能を諦めずに前向きに歩み始める麻理恵。

夢への道が開きかけた矢先、深山は麻理恵の開花した『才能』について、ある真実に気づくのだった-。

公式サイトより引用

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

tomo
今回も珍しいコルサコフ症候群や脳外科の手術で心臓を止めることもあるというのを知ることができて勉強になりました。

今後も色んな疾患や症状、治療や手術について教えてもらいたいと思います。

深山と娘の関係も良くなりそうな感じだし、西郡と母親の確執もなくなりそうな感じだし、カサブランカの来島と幸子もいい関係になりそうなのでそれぞれがどんな風に展開していくのが楽しんで見たいと思います。

黒岩の手術シーンがとてもカッコ良かったので手術シーンをまた見せて欲しいと思います。

脳神経疾患患者の役はとても難しいと思うので、演技力のある俳優さんたちがゲスト出演してくれるのを期待しています。

ペンネーム:tomo(40代・女性)

たまこ
深山と娘の関係が崩れていると感じていたが、深山の堂々としたトップナイフの仕事の熱意を娘に語り、それを受け入れた娘との関係が次第に良好になっていくだろう。

患者に天才ピアニストが、耳が聞こえなくなり深山の病院を訪れる。

彼の脳に腫瘍が見つかるが、オペを失敗してしまうと二度とピアノが弾けなくなってしまう人生を送ることになる。

そんなオペを西郡が執刀することになるが、母の件で彼は自信を失くし迷っていた。

西郡と深山はオペのことで言い争いとなり。命を取るのか!?

彼はピアノを弾けなくなるのか!?と気になる行方です。

ペンネーム:たまこ(50代・女性)

八重洲ですみません。
自分第一で鼻持ちならない黒岩の人間性はともかく、母親の手術で一流の執刀技術を見せつけた黒岩との実力差を感じた西郡と来島というバーテンダーとの恋に振り回され、研修医としていまいち勉強に身の入らない幸子に深山が「自分の才能や自身をなくしてないか」気にかける。

若さゆえのプレッシャーや憤りなど、プライベートも含めて様々な事情に悩まされるのは深山や黒岩らベテラン勢も経験してきたと思うし、自らのキャリアからどんな含蓄のある言葉を投げかけるのかが見物だ。

また天才ピアニスト景浦が病院を訪れて、職業柄命よりも聴覚を優先したいと願い出るも、難しい要求をどう説得し救い出すかまさには一流の外科医の見せどころだろう。

ペンネーム:八重洲ですみません。(20代・男性)

はら
次回は二人のピアニストが何かの病気にかかってしまうらしいです。

そのオペに望むのはおそらく深山と西郡だと思います。

予告の中で西郡がミスしてしまうような場面があったのでその事で落ち込むと思います。

でも西郡にはそれを乗り越えて欲しいです。

きっと母親の手術のトラウマが原因で大胆なオペができなくなっていると思うのでその事を克服したら黒岩を超えるような医師になりそうなので頑張って欲しいです。

あと気になるのは深山と娘の関係です。

すごく衝突していましたがきっと一緒に暮らす事でわかり合っていい関係になっていくと思います。

ペンネーム:はら(30代・男性)

ふじお
母の記憶障害が治ってしまい嬉しいはずなのですが、西郡に向けられた言葉は才能ないねぇーでした。

西郡は複雑な心境だと思います。

オペも率先して自ら行う姿勢を見せていますが、空回りして結果が出ません。

認めてもらいたい気持ちがあるから頑張れるのだと思いますが、危険なことは避けた方がいいと思います。

その人の才能とは何か?努力で克服できないのだろうか?西郡はもがき苦しんでいます。

命よりも大切なものは何か?ほとんどの人が答えられない質問です。

西郡はどこを目指しているのだろうと不思議な気持ちです。

自分が、できることをするのがその人の生き方です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

sarurururu
西郡医師はまだ若く、粋がっていますが、実力が伴っていない医師ですので、次回では、さらに成長できるような場面がありそうですね。

今まであまり目立っていなかった西郡医師に関する話が増えていくことを期待しています。

また、深山医師は仕事のために育てきれなかったことを娘に正直に説明します。

娘もその話に納得し、受け入れたようですが、今後は親子は円満になるのでしょうか。

年頃の娘が来ている深山家の今後も気がかりです。

また、黒岩医師と愛人の子供は、次回で接点持つことができるのでしょうか。

見所たくさんのトップナイフ次回に期待します。

ペンネーム:sarurururu(50代・男性)

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ぽっち

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

西郡の母は,黒岩(椎名桔平)の再手術によって無事回復した。

「才能」の違いを実感させられた西郡に追い打ちをかけるように,母は「あなたやはり才能無いのね…」と厳しい言葉をかける。

そんな中,テレビでも見ない日は無い程に活躍するピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)は,生放送中,自分の耳が聞こえにくいと感じ,脳外を受診する。

巨大な聴神経腫瘍が見つかり,オペ以外に選択肢が無いなか,本人は,聴神経は命よりも大事と言って,残存の確約を求める。

そんな難手術に,なぜか,今出川(三浦友和)は自信を無くしている西郡を指名する。

一方で,自宅ベランダから転落した救急患者(後に自殺未遂と分かるが…)・自称ピアノ講師の根岸麻理恵(大西礼芳)は,ピアニスト景浦と同窓同級生であり,自分の才能の無さを恨んでいた。

診察した西郡は厳しい言葉をかけるが,それは彼女にとって大きな励みになっていた。

西郡の言葉に励まされ,カフェでバイトをしながら前向きに頑張り始めた根岸。

作曲の才能に目覚めたと思いきや,その「才能」はあるものが原因で…。

それを知った西郡は,彼女に真実を告げながらも,己の「才能」に関して考えがまとまり,その考えを母へ伝えにいくのであった。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

今回のストーリーは,「才能」とは何か,「才能」を掴みたくても掴めない者,一方で「才能の持ち主」ともてはやされる側の苦悩を描いたストーリーでした。

西郡は,自分に全く「才能」が無いことを気づいているからこそ,自他ともに,並々ならぬ努力を重ねている。

そんな彼に「才能」について改めて考えさせるひとりの女性,根岸麻理恵を診察します。

全員が全員,才能にあふれた人物では無い。

どんなに努力しても,平凡を超えられずに苦しむ人間は多いと思います。

そんな人たちになにかのメッセージを送るストーリーだったと思います。

一方で,幸子の来島への恋心も,かなり大きく動き出し…じれったくも,次回が気になりますね。

ペンネーム:ぽっち(20代・女性)

たぴおか

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

今回は、イケメン天才ピアニスト影浦の聴神経腫瘍の手術をすることに。

この手術はとても難しいですが、今出川先生の指示で、西郡先生が担当することに。

前回の母親の件で自身を無くしている西郡先生にとって大きなプレッシャーとなりました。

手術は無事修了。

成功しました。

そんな中マネージャーが倒れ、西郡先生が手術することに。

ですが、母親から言われたことを思い出し、手を止めてしまいます。

出血がひどいなか黒岩先生が駆けつけ無事成功。

西郡先生は自分の才能の無さを実感します。

もう1人飛び降りて運ばれたピアノ講師の根岸。

どん底に落ちた彼女ですが、西郡先生の励ましもあり、どんどん曲が浮かび作曲していきます。

レコード会社との契約間近でやっと才能が開花したと思いきや、脳腫瘍のせいで実在する曲を再現して、自分で作曲してるかのように思ってしまうと発覚。

彼女は泣きながら手術後も作曲できると信じ、手術することに。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

序盤、小机先生がカサブランカでBARのマスター来島と一緒に寝ているシーンで上手くいったのかと思いましたが、キスもしてなく、ただほんとうに寝ただけで、がっかりしたような小机先生らしいなと思いました。

今回西郡先生が難しい手術をして、成功しました。

この手術で西郡先生は自身を取り戻して母親に認められると予想していましたが、西郡先生は自ら才能ない事を認め、母親も厳しいなと思いました。

ピアノ講師の根岸さんが才能開花して作曲してると思ったのに、実際は病気のせいで才能がないというのはとても残酷だと思ってしまいましたが、根岸さんはそれを受け入れて手術を決めて、感動しました。

ペンネーム:たぴおか(20代・女性)

さきママ

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

母親から才能が無いと言われた西郡は、自信を持つことが出来ず、オペにも消極的になっていた。

そんな中、天才ピアニストと呼ばれる影浦が来院。

耳が聞こえにくいと言うのだ。

影浦の聴神経には腫瘍があり、オペをしても聴覚と顔面への後遺症のリスクは高かった。

今出川は、そんな難しいオペを、西郡に託すのだった。

一方で、ベランダから転落したという、麻理恵が運ばれてくる。

麻理恵は影浦とは音大の同級生で、対象的で上手く行かない人生を嘆いていた。

麻理恵の境遇を自分と重ね合わせた西郡は、麻理恵の話をよく聞いてあげるようになるのだった。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

麻理恵と西郡の関係性に、どこか切なさを感じました。

お互いによく似た境遇なことで、とても親しくしていた二人ですが、親しくなったことで、西郡が麻理恵に対して冷静な判断が出来なくなっていることがよく分かりました。

命よりも大切なものなどあるわけがありません。

以前の西郡ならば、迷わずオペを勧めていたと思います。

それが出来なくなっていたことが、西郡らしくないと感じました。

そして、親しくなったことで、麻理恵にサヴァン症候群のことを伝える事を辛そうにしていた西郡を見るのも、こちらとしても辛くて切なくなりました。

ただ、西郡の人間味を見た気がしました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

べさきん

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

天才ピアニストの景浦は耳が聞こえにくなり、脳外科に受診して、聴神経腫瘍であることが発覚しました。

西郡は自信をなくしていたが、手術を任されることになりました。

運ばれてきた女性は少し自殺未遂の気があり自宅から転落して骨折をしていました。

ピアノ講師をしている女性は西郡と話しているうちに働く意欲が出てきて作曲もしていました。

女性は腫瘍が見つかり、放射線療法を希望したが深山は手術を推しました。

命より大切なものがあると西郡は深山にいいました。

手術が始まり無事に腫瘍を取り除くことができました。

女性もレコード会社に自分のCDをもっていき成功しましたが、倒れてしまいました。

女性は脳腫瘍からくるサバン症候群ということが発覚しました。

無事に手術も終わりました。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

来島と寝たと言っていたのて、ついに小机とバーのマスターとついに恋人関係になったかぁと思いましたが、小机は側で添い寝しただけでした。なかなかの恋愛経験のない順な女の子だなと思いました。

西郡は手術が好きで自信過剰だと思っていましたが、誰よりも努力家で患者さんのことをしっかりみているなと感じました。

手術が成功してほっとしていましたが、緊急手術で黒岩が対応したときに、助けてくれてよかったと思いました。

いざというときにやっぱり頼りになるなと改めて感じました。

これからもたくさんの人の命を救って欲しいと思いました。

ペンネーム:べさきん(30代・女性)

ナカハラ

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

病院に景浦と根岸いう患者がやってくる。

景浦は聴神経腫瘍であることがわかりピアニストとして聴神経と顔面神経の温存を確約して欲しいと頼んでくる。

その景浦のオペを西郡が担当することになる。

一方、根岸は布団を取り込もうとしてベランダから落ちたらしい。

街路樹に落ちたのが幸いして捻挫と肋骨の骨折だけで済んだ。

念のため頭部の再検査をすることになる。

その後、根岸の頭に腫瘍があることがわかりオペを勧めるが根岸は作曲でうまくいきそうだからチャンスを逃したくないと言ってそれを拒んで放射線治療で様子を見ることになる。

それから景浦のオペを西郡がやりなんとか成功させる。

しかし、待っていた景浦のマネージャーがくも膜下出血で倒れてしまい緊急オペになってしまう。

そこでマネージャーには脳に4本あるはずの血管が1本しかないことがわかり最悪脳死もあり得る状況であることがわかる。

西郡は、自分が切ると言ってオペを始めるがうまくいかず、そこに黒岩がやってきてなんとか一命を取り留める。

その後、また根岸が病院に運び込まれて実はサバン症候群であることがわかる。

作曲がうまくいっていたのはサバンの影響だとわかりこれからどうやって生きていけばいいのか絶望するのだった。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

今回の西郡のオペはとても良かったと思いました。

自分の弱さを認めたことでまた一段階強くなったように感じました。

母親に自分は平凡な医者ですと打ち明けたシーンもとても良かったです。

自分の実力を分かった上でこれから先もっと成長していくと思いました。

あと患者の根岸のことですが作曲がうまくいっていたのはサバン症候群が原因だったなんてとても意外でした。

たしかにあの音楽はとても聴き心地が良くてすごいなと思いました。

でも根岸はショックでしょうね。

自分の実力ではなかったわけですから絶望する気持ちもすごくよくわかります。

ペンネーム:ナカハラ(30代・男性)

sarurururu

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじネタバレ

ショパンコンクール優勝のピアニストの景山祐樹が耳が聞きづらくなったのは、聴神経に腫瘍ができていたからだった。

今出川は西郡医師にオペを任せることにした。

一方で、根岸麻里江は入院先や診察でで西郡医師との会話の機会が増え、作曲の才能を見せ始めていく。

また、景浦は耳が聞こえなくなるより、顔面神経が麻痺する方を恐れていた。

そしてオペは成功するが、西郡は偶然うまくいったと深山に告げる。

その時緊急オペが入るが、西郡は黒岩の助けを受けることになる。

そして、根岸が倒れ、西郡は手術するように説得する。

根岸は、腫瘍を取ったら曲を作れなくなることを告げられる。

根岸は絶望し、西郡に自分の将来を問うが、西郡にも答えることはできない。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話の感想

深山医師は西郡の言動をよく観察しています。

難しいオペを任せて大丈夫かと。

また、小机にも気を使っています。

カサブランカのマスターに対して、小机との関係を問い詰めます。

比較的無表情で厳しい目付きで淡々と話しますが、実際には周りの医師たちもよく見ている素晴らしい医師です。

西郡に怒鳴られても、言い返すことなく受け流していました。

表情一つ変えず、常に落ち着いた対応をしています。

深山医師は男っぽいところもあり、本当に頼もしい医師であり、ドラマでの存在感も抜群ですね。

このドラマを本当に引き立てていると思います。

ペンネーム:sarurururu(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA