トップナイフ -天才脳外科医の条件-|4話見逃し動画無料視聴はこちら【2/1配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話( 2020年2月1日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月1日(土)放送終了後〜2020年2月8日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじ

2020年2月1日(土)放送のドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじを紹介します。

深山 みやま(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。

名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡 にしごおり(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春 ちはる(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。

手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。

さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

そんな中、60代の男性・山口 やまぐち清 きよし(本田博太郎)が幼馴染の内田 うちだ正 ただし(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。

記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。

彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。

今出川 いまでがわ(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩 くろいわ(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。

西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。

一方、来島 きじま(古川雄大)への思いを持て余す幸子 さちこ(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!

記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

公式サイトより引用

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sss
西郡が秘密をしている過去が明らかになりそうだと思いました。

過去オペをした人がまた現れたことで挙動不審になっていたので、手の震えの原因であるのではないかと思いました。

ナイフが出てきたり、西郡の考えは間違えではないという声が聞こえたりと、愛あり気の出来事が起きてきそうです。

幸子の恋がようやく本格的に動き始めているので、ギスギスした中1人恋で悩む姿が癒しになります。

何か進展があればいいなと思いました。

深山の娘ががなぜ家にいるのか、黒岩が預かっている男の子か今後どうなっていくのかも見どころだと思い、楽しみです。

ペンネーム:sss(20代・女性)

さきママ
今回の最後に運ばれてきた女性に、西郡が面識がありそうだったのが気になりました。

西郡といえば、以前から過去に何かあったような様子がありました。

もしかしたら、今回運ばれてきた女性が、その過去のトラウマに何か関係があるのではないかと感じています。

そして、そんな西郡と黒岩が衝突するような予告も気になりました。

西郡は、女性が現れたことで動揺して、またオペでミスをするのではないかと思います。

そして、それを黒岩に指摘されてしまうのではないかと予想しています。

西郡もプライドが高そうなので、大きなトラブルにならないか心配です。

いずれにしても、次回は西郡の回になりそうな気はしています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

トン吉
ドクター達の心の傷が深いようですごく気になってきました。

出る杭は打たれるじゃないですけれどもドクターの中でも群を抜いて腕が立つドクターではやっかみなども多くありそうですし一般市民にはなかなか理解もできないような心の傷がありそうで立ち直ってほしいと心から思います。

いろんな病院へ行ってもわからなかった病気の原因が解明されたりやはりドクターはすごく立派な仕事だと思います改めて思えるドラマです。

脳が心だと思うのはすごく納得できることだしこのドラマを通じていろいろ勉強できるので感動しいろんなことを思い家族で来週も楽しみにしています。

ペンネーム:トン吉(40代・女性)

tomo
終盤で運ばれてきた70代の女性を見た西郡医師の表情で、もしかしたらお母さんかおばあちゃんかな、と思った。

あの女性と西郡医師の関係が気になるのと、なぜ手術中にパニックになって手が震えることがあるのか、どんなトラウマが彼にあるのかが気になる。

深山と黒岩のところに来た子供たちが今後どうなるのかも気になった。

チャラ男に好意を抱いていたり、看護師からも馬鹿にされ、深山からも見下されまくっている幸子の出来の悪さが露呈しているが、今後色んな症例を学んで賢くカッコイイ女医に成長してくれたらと思う。

今出川のほんわかした優しそうな感じに好感が持てるのでもっと出番が増えたらいいと思う。

ペンネーム:tomo(40代・女性)

かはら
次回、西郡に何があったのか秘密がわかると思います。

手術中に震えてしまう原因がなんなのかですが、きっと自分の予想では過去にオペでミスをしてしまい患者を死に追いやってしまったと思います。

なので患者が死にそうになるとその時のことを思い出してしまい手が震えだす様な気がします。

予告では黒岩と西郡が言い合いをしていたので対立関係になってしまいそうです。

そうなった場合、間に入るのは絶対に深山であることは間違いありません。

そして深山と娘の関係もなんだか進展がありそうです。

娘に向かってトップナイフを目指すという事を話していましたからきっと娘は元の旦那のところへ帰すのではないでしょうか。

ペンネーム:かはら(30代・男性)

ふじお
70代の患者が緊急搬送されてきましたが、そこで見たものは信じられない光景でした。

西郡はなぜ驚いていたのか?母親の可能性があるのですが年齢がいまいちつかめません。

遅い時の子供ならば可能性がありますが、助けたい気持ちがあるのでしょうか?

親を憎んでいる息子もいると思うので、何とも言えません。

この病院は複雑な人間模様が描かれています。

病気を治すために医者は存在しませが、心のケアまでしてくれています。

脳外科医という難しい職業で学ぶことは人間とは何か?を極めると思います。

完治してもそこから先は患者の生きる力が言い渡されます。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

tomo

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

救急に運ばれてきた身元不明の70代の女性は有名な心臓外科医でもある西郡の母親でした。

逆行性健忘になったのは脳腫瘍の手術で取りきれなかった腫瘍のせいだと自分を責めていた西郡に、黒岩は脳外科医としてのスキルを否定します。

小さい頃から優秀な兄たちと比較されて来た西郡がわざと母親の手術を失敗したのではないかと妹に疑われていた西郡でしたが、プライドを捨てて黒岩に母親ん手術を依頼します。

手術は成功し、母親は意識を取り戻します。

一方包丁を隠し持った山口が33歳で記憶が止まっている3分間の記憶も忘れてしまう幼馴染の内田を連れて病院にやってきます。

バブルが弾けたあと、自分の両親の旅館を買収して自殺に追いやった幼馴染に記憶を取り戻させて復讐するつもりでしたが、深山から内田が山口を心から好きであることを聞かされたため山口は思い直します。

記憶のない内田が一緒にりんごを食べながら山口のことを気にかけていたことで復讐をするのをやめます。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

前回運ばれてきた記憶のない女性が西郡の母親なんじゃないかと想像していたけど、心臓外科医で脳腫瘍になった時に西郡が手術したというのは医師が自分の親族の手術をするというのをあまり聞かないので違和感がありました。

山口と内田が車椅子で外に行く時にあんな薄着で行かせる看護師はどうかと思ったし、包丁を隠し持っているのを知っている医師が没収しないのもどうかと思います。

病院では事件や事故を防止するために果物ナイフでさえ禁止しているところが多いからです。

ドラマのストーリーとしてはコルサコフ症候群について知ることができたし、脳外科の手術でも出血を抑えるために心臓を止めることがあることも知ることができ、深山と娘、西郡と母親の親子関係、内田と山口の友情関係が丸く収まって良かったと思いました。

ペンネーム:tomo(40代・女性)

たまこ

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

西郡の母・喜和子は心臓外科医であったが、2年前に脳腫瘍を発症して息子・西郡が執刀した。

その結果、喜和子は記憶が亡くなってしまった。

西郡は喜和子の再手術を黒岩にお願いして、黒岩が執刀することになり手際の良いオペで無事に成功させる。

一方患者・山口は30年前の記憶しか持っていなかった、

そんな山口を幼馴染の内田が心配して病院に付き添いに来たが、彼のバッグに包丁を隠し持っていることを、今出川が気づいていた。

ある日、内田は山口を連れ出し、過去を問い詰めようとしている所に深山が見つけた。

山口と内田は深山のおかげで友情を取り戻した。 

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

西郡の兄たちは優秀で、西郡はコンプレックスを持っていたと思う。

名誉挽回のために喜和子の難手術を執刀したが、逆向性健忘を引き起こし妹からも黒岩からも責められる。

しかし深山だけが、彼を尊重して彼女の人としての偉大さを感じた。

自分を過信していた西郡だったが黒岩に頭を下げ、無事手術を成功となり喜和子が「「才能ないね」の開口一番に優しさを感じた。

幼馴染の山口と内田は仲の良い関係だと思ったが、内田が包丁を隠し持っていたことで殺意を感じた。

深山が心の深いとことまで詰め寄り、内田の心が動きリンゴの皮を剥くシ-ンが良かった。 

ペンネーム:たまこ(50代・女性)

八重洲ですみません。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

救急搬送された女性患者は西郡の母親であることが明らかになり、二年前の手術が引き金になって現在も記憶がないままだ。

妹・千春からも責められ、複雑な胸中を吐露する西郡に黒岩がさらに執拗にミスを指摘するので心中は穏やかでない。

責任感からリスクの高いオペを引く受ける西郡だが、プライドを捨て黒岩に協力を求めて母親のオペに取り掛かる。

黒岩の尽力もあって手術は無事成功に見えたか、目を覚ました元心臓外科医の名医である母親が発した第一声に西郡は苦悶する。

一方、山口は記憶が3分しかもたない幼馴染みの内田を連れて入院するが、何故かバッグに包丁を持ち合わせている。

必死に彼を介抱する山口にはかけがえのない内田との思い出があった。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

トップナイフと言われる一流の外科医達も皆何らかの事情を抱えているようで、人間らしい一面や心の葛藤が垣間見えて少しホッとしました。

深山には仕事を優先するが故の娘との確執があり、黒岩は女好きの一面を見せある意味健全だが、新人の幸子は酒に溺れてバーテンダーに恋している。

西郡は記憶障害の母親の過失に加わってしまったのではないかという自責の念があり、一流の外科医にはやはり尋常でないストレスがかかっているのだなと実感した。

誰しもが人間だし、キャリアと自分の人生を両立するのが簡単でないのは医師に限らず多忙な現代社会では当然なのかもしれない。

ペンネーム:八重洲ですみません。(20代・男性)

はら

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

西郡の母親が逆行性健忘と診断される。

過去に西郡は母親の手術をしていて腫瘍を全て摘出できなかったらしい。

その事で逆行性健忘になってしまっていると指摘して黒岩は自分なら摘出できると西郡を挑発するのだった。

その後、内田という前向性健忘の患者がやってくる。

しかし付き添いに来ていた幼馴染の山口に恨まれていて外に連れ出されて包丁で殺されそうになってしまう。

間一髪で深山が止めに入って内田は助かる。

そして、山口に話を聞くと内田が家の旅館を潰してしまったと話してそれが原因で父親も死んでしまったと語る。

それを聞いた深山は山口を説得してなんとかなだめるのだった。

それから西郡は母親の手術を黒岩に頼んで救ってもらう。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

今回の話で前向性健忘と逆行性健忘という病気があることを知りました。

認知症とも違う感じだったのですごく興味津々に見ていました。

やはり興味がある病気が話の中心だととても面白く感じます。

それにオペのシーンもすごく緊迫感のある内容だったのですごく満足です。

1分間心臓を止める行為がすごく怖かったです。

1分後に止血が終わってなかったら患者は死んでしまっていたのでしょうか。

あのシーンのハラハラ感はドラマとしては最高でした。

やはり少し危険な感じのオペでないと面白くありません。

最後に助かった西郡の母親が才能ないと言った言葉がすごく印象的でした。

ペンネーム:はら(30代・男性)

ふじお

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

搬送されてきた患者は、西郡の母でした。

2年前の秘密が明らかになり西郡は隠し切れませんでした。

自分がオペをして記憶障害にしてしまった過去があります。

今回は、黒岩先生が担当して見事に腫瘍を取り除くことに成功しました。

わずかな時間で成功させる神業に誰もが認めるしかない事態です。

心臓と止めて、わずか一分間で脳腫瘍を取り除く極めて困難なオペでした。

無事に成功した患者は、西郡に才能ないねぇーと浴びせます。

治った証拠ですが、相当傷ついたと思います。

自分の母を救えないセンスがない医者のレッテルをはられてしまいました。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

並行してもう一つの物語がありました。

患者は内田さんですが、自分で33歳と言い張ります。

見舞いに来ている人も誰か?分かっていませんでした。

山口さんは、自分でおじさんと言ってますが内田さんの幼なじみです。

現在は1992年と言っているので、約30年間の記憶が途絶えてしまっています。

もう60過ぎているのに、気持ちは若い時のままで現在の記憶がありません。

記憶も3分間しか持たないので厄介な病気です。

子供の頃に遊んだ山口さんを思い出していましたが、すぐそばに居るのにどうしているのだろう?と重症でした。

山口さんが包丁を持っていたことが気になりましたが、殺意はあったのでしょうか?

刺すことはありませんでしたが、年を取る怖さを思い知るドラマです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

sarurururu

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじネタバレ

記憶をなくした女性患者が運ばれてきましたが、身元がわからず、深山医師たちは困っています。

そんななか、西郡医師が患者を自分の母親だと話し始めました。

患者の娘千春の説明では、患者は心臓外科医の第一人者でしたが、脳腫瘍になり、その難手術を息子の西郡医師が執刀し、記憶をなくす結果になったのでした。

ただ、脳外科医としてやるべきことはやったと深山医師は娘に説明します。

腫瘍が全摘できていないが、黒岩医師なら全部取るとのこと、ビビったのだろうと言うと、西郡は顔色を変えて、黒岩に詰め寄ります。

一方、記憶が持たずに自分が33歳だと思いこんでいる60代の男性が付き添いの幼馴染と病院にやってきます。

30数年前から記憶が止まっており、また、記憶が3分しか持ちません。

記憶を失った患者が付き添いとともに散歩に行った際に、昔の過ちを責めるがやはり覚えていません。

深山医師に声を掛けられ、さらに記憶はなくしても、感情が覚えているので、患者は付き添い者が大好きなんだと説明します。

また、西郡医師は考えを改めて、黒岩医師に母親のオペを依頼します。

そして、黒岩は1分で全摘することを宣言し、手術は成功します。

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話の感想

深山医師は相変わらず、医師たちの間を取り持っている感じがします。

西郡医師の手術の経緯説明に同意し、黒岩医師の厳しい意見に反論します。

一見、冷たい目に見えますが、実は温かい面も持っている実践的な医師で、ここに惹かれて、画面に引き込まれていきます。

また、深山医師は記憶を失った患者の付き添い者に記憶を失っても、感情の記憶が残っていることを説明します。

復讐をしようとした付き添い者を思いとどまらせた深山医師。

人の心までも救う深山医師は本当に素晴らしい医師ですね。

また、犯罪までも未然に防いでしまいました。

今後も大活躍が期待されます。

ペンネーム:sarurururu(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA