テセウスの船|あらすじと原作情報【竹内涼真主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2020年冬のTBS系「日曜劇場」枠は、竹内涼真さんを主演に迎え、ドラマ『テセウスの船』が放送されることが決定しています!

本作は、竹内涼真がTBS日曜劇場で初主演!『泣ける本格ミステリー』に挑む! ということで注目を集めています!!

こちらの記事では、2020年冬ドラマ『テセウスの船』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
ブラックペアンや陸王、下町ロケットといった日曜劇場には欠かせないともいえる俳優の竹内涼真さんが、満を持して主演をするんだね!
ラマちゃん
どうやら、31年前にタイムスリップしてしまうところから物語は始まるみたいなんだけど…。

まずは、どんな物語なのか、一緒に予習してみましょう☆

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ『テセウスの船』作品紹介

ドラマ『テセウスの船』とは、2020年1月の日曜21時にスタートするTBS系「日曜劇場」枠で放送されるドラマです。

このドラマは、時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語。です。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』気になるあらすじや見どころは?

家族の運命を変えた警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年・田村心。

心と母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。

ある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。

しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう!

令和から平成へ 父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップ!

父はなぜ事件を起こしたのか?

本当に殺人犯なのか?

心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村だった。

その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。

父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる!

心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。

時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語。

公式サイトより引用

ドラまる
SFミステリーって感じかなぁ。

笑顔溢れる過去を取り戻しに行く物語って感じかな。

ラマちゃん
最愛の妻の言葉をきっかけにっていう感じが、奥さんも何かカギを握ってるような気がするわね!

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』製作スタッフ情報

原作

原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉さんによる同名漫画で、今年6月20日(木)に発売された「モーニング」29号でドラマ化を発表し、翌週発売の30号で最終回を迎えました。

脚本

脚本担当には、髙橋麻紀さんが発表されています。

代表作
  • アイシテル ~海容(かいよう)~ (2009)
  • 美男(イケメン)ですね (2011)
  • ぴんとこな (2013)
  • アリスの棘 (2014)
  • 結婚式の前日に (2015)

参照元:allcinema/髙橋麻紀

主題歌

※発表され次第、追記します。

まとめ

2020年冬ドラマ『テセウスの船』のあらすじや原作情報・製作スタッフについてご紹介しました!

ドラまる
過去に戻って、自分の人生を取り戻すお話って感じだね!

キッカケは、奥さんの一言から始まるみたいだけど…。

ラマちゃん
過去を変えることで、どんな展開が待ち受けているのか…。

この最愛の奥さんとのつながりも消えてしまうかもしれないって思うわね…。

色々不安だわ…。

黒猫葵
この後は、登場人物についても、紹介していきますので、以下の記事も合わせてお読みいただければ幸いです♪

テセウスの船|キャスト・出演者一覧はこちら【竹内涼真主演ドラマ】

「テセウスの船」は2020年1月スタート!

絶対見逃せないですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA