テセウスの船|8話見逃し動画無料視聴はこちら【3/8配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『テセウスの船』第8話(2020年3月8日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『テセウスの船』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『テセウスの船』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『テセウスの船』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『テセウスの船』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『テセウスの船』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年3月8日(日)放送終了後〜2020年3月15日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『テセウスの船』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『テセウスの船』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第8話のあらすじは?

2020年3月8日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第8話のあらすじを紹介します。

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。

食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。

心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。

食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!

また、村では同時に新たな事件が進行していた!

和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る!

そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!

ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

いき
いよいよお楽しみ会の日がやってきてクライマックスという感じがしてとてもドキドキしています。

次回予告の感じではみきおには共犯者がいてその人物が真犯人で母親や鈴たちを狙っている感じがしたので心配です。

みきおも毒を自分で飲んで自殺を図るような描写が見られたのでお楽しみ会もどうなってしまうのか予想もつかずドキドキしています。

このお楽しみ会での21人の子供たちの命をしっかり守り切りまた心さんたちが幸せな家族になれたらいいなと思います。

心さんたちはお楽しみ会ばっかりに注目してしまっているので母さんたちを守れるか心配だけどしっかり守ってほしいです。

そしてまたゆきさんと出会ってくれたらいいなと思います。

ペンネーム:いき(20代・女性)

ぱるる
正直実行犯がみきお一人とは思えません。

みきおがタイムスリップしてきたみきおなのか、幼いままのみきおなのかは分かりませんが、後者だとしたらまだ幼い子供がそんな残酷なことをするだろうかと思ってしまいます。

幼くして両親を亡くしたとはいえ、そんなことを1人で実行するだろうかと疑ってしまいます。

いよいよお楽しみ会の日になってしまいましたが、ここでみきおを捕まえておしまいというわけにはいかないでしょう。

みきおを操っている黒幕が他にいるんじゃないかと思っています。

いよいよ最終回まであと数話になってしまいましたが、どういう結末を迎えるのか楽しみです。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

@maru
次回はいよいよ音臼小お楽しみ会を迎えます。

事件を防ごうと奔走する心と文吾を嘲笑うようなミキオ。

何かを口にいれて苦しげに倒れるシーンがありましたが、原作通りに死んだフリなのか、はたまた本当にヤバイのか。

ニヤリと子供達と立ち去るあたり、やはり原作通りな感じがします。

一方、村を出るはずの和子たち佐野家も拉致?されたようです。

あれ、これも原作通り..?

ただ、今回も細部が原作とは違うので、家族で危険にさらされている可能性があります。

死ぬことはないと思うけれどいったいどうなっているのか。

そして佐野家を拉致したのは現代からきたミキオなのか、それとも他の真犯人なのか、早く続きが見たいです。

ペンネーム:@maru(30代・女性)

電気イルカ
みきおを発見することができましたが、これでOKとは当然いかないと思います。

みきおは恐らく2人を自分のところにおびき出そうとしていたのだと思います。

というのも、2人が自分のところに来れば和子らを守る人間がいなくなるわけですから、これで和子らに手を出しやすくなるのです。

そういう策略がありそうな気がして、みきおがどうなるのか?音臼小学校での事件がどうなるのか?ということも気になりますけど、和子らの状況というのが気になるので、そこが楽しみと言えると思います。

心と文吾は和子らを避難させて安心しきっている感じでしたから、2人がいつその部分に気付くのか?というのが注目でしょう。

ペンネーム:電気イルカ(30代・男性)

おがとろ
大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。

食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。

心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の事件を迎えてしまう。

食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!

また、村では同時に新たな事件が進行していた!

和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る!

そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!

ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

ペンネーム:おがとろ(30代・男性)

イカロス
次回気になるポイントは、なんといっても心と佐野が事件を防げるのかということだと思います。

ミキオは自分から居場所を二人に伝えるぐらいに、自信満々な感じなので、計画は万全で完全犯罪を狙っていると思います。

もちろん証拠もないと思うので、ミキオの犯行を暴くのは難しいと思います。

そして、ミキオが苦しむようなシーンも予告であったので、ミキオは自分でも毒を飲んでいる可能性があると思いました。

また、和子の身に危険が及んでいるような描写もあったので、どういうことが起こるのかが気になります。

次回も心と佐野の活躍を期待しています。

ペンネーム:イカロス(40代・男性)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

はる

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

みきおが放送室にいることが分かって、必死に事件を止めようとするしんさんとお父さん。

でも、みきおに泣かれたりして阻止をすることが難しく、見張ることしか出来なかった。

ハット汁を飲むことになり、しんさんが最初に飲んでみると毒は入っていなくて無事にその会が終わったが、お母さんたちが何者かに連れ去られたことが分かって、その現場に行くと、謎の絵が置いてあった。

そこには、お父さんが吊るされている絵で、狙いは佐野文吾だということが分かった。

小学校に監禁されていて、お母さんと子供たちは何とか帰ってくることができ、お母さんに事情を話したしんさん。

何があってもお父さんを守ると決意していた。

そして、お父さんは自分が何とかすると決意し、みきおからの電話でキャンプ場へ行き、しんさんが手紙が置いてあって、後をついていくと、パトカーにはみきおがいた。

『テセウスの船』第8話の感想

みきおに会ったしんさんとお父さんは、必死に止めようとしていて周りには真実が言えないから、いい大人が子供をいじめているように見えます。

お楽しみ会でみんなでハット汁を飲もうとしたが、毒入りだからと止めたのに、そんなことはないとみんなから言われたのは、心が痛かったです。

裏手にとって、ハット汁をしんさんが飲もうとしていて、お父さんが必死に止めたけど、止められなかったが、飲んでも大丈夫で、何も起きなくてよかったです。

でも、お母さんとすずたちが車からいなくなっていることを発見し、タイヤの跡が残っていてみきおには共犯者がいることが分かって、誰なのか何のためにそういうことをするのか腹が立ちます。

お母さんにしんさんがお話がありますと言い、すべてのことを話し始めて、まだ事件は終わっていないと告げた時のお母さんの顔が嘘だと思っただろうけど、ちゃんと話を聞いて納得してあげてたのが、優しいなと思いました。

お父さんを狙っているということで、危険があったらと思うとしんさんは必死だなと思いました。

ペンネーム:はる(20代・女性)

湊海

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

心と文吾は、音臼小事件を防ぐため、お楽しみ会当日にみきおを監視しました。

みきおはクラスメイトにジュースを配りますが、心は毒入りだと飲まないように警告しました。

ですが、みきおはジュースを飲み干してしまいます。

そこには青酸カリは入っておらず、心は今度ははっと汁の方を疑います。

文吾が隙をついて捨てましたが、子供の分は先に取り分けられ、教室に運ばれてしまっていました。

心は子供を制止しますが、周りから非難され、文吾に疑いが向かないように自ら飲み干しました。

結局、そこにも毒は入っておらず、事件は起こりませんでした。

一方、村を出ようとしていた和子達は何者かに拉致され、音臼小の体育館の中に監禁されていました。

心と文吾はみきおに共犯者がいたと確信しますが、学校にいた人数が多く、絞り切れませんでした。

翌日、みきおは自分を捕まえて欲しいと文吾に連絡しますが、やってきた文吾は何者かにスタンガンで気絶されられました。

心は文吾が向かった先を突き止め、現場に行くと、パトカーの中でみきおが倒れているのでした。

『テセウスの船』第8話の感想

とりあえず、音臼小事件は起こらなくてホッとしましたが、みきおも真犯人に利用されただけだったというのがちょっとかわいそうでした。

みきおはサイコパスのようにも見えましたが、実は単純に鈴のことが好きで、全面的に父親を信頼しているところに嫉妬していただけなのかなと思いました。

あれだけのことを子供がやってのけられるとはとても思えないし、やはり大人が入れ知恵したんだと思います。

みきおの純粋な気持ちを利用したんだと思うと、真犯人が本当に許せないと思いました。

まだ文吾が恨まれる要素が全く見えてこないので、真犯人の予想がつかないところがモヤモヤします。

ペンネーム:湊海(40代・女性)

まぁし

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

心さんが再び過去に戻って、犯行当日の音臼小の話。

幹雄を犯人だと追いかけ回すが煽るだけで行動はせず事件は何も起きなかった。

しかし村から出た佐野家の3人が誰かに監禁されてしまった。

そんな中電話があり3人が幹雄に助けられたと。

無事救出されたが3人共目隠しをされていて犯人は見ていなかった。

場所は音臼小の体育館倉庫。

黒幕は音臼小のお楽しみ会に参加してたと推測。

家族が危険だと感じた心さんは再度、村を出てくれと頼み込むが、佐野和子は出ないと拒否。

駐在所に幹雄から電話があり1人で来て欲しいと。

佐野文吾が俺が決着をつけると覚悟を決め1人で向かった。

心さんが駐在所に帰ってくると置き手紙があり、1人で行ってしまった事に苛立つ。

置き手紙をよく見ると筆圧による跡があり指定された場所がキャンプ場だとわかり追いかける。

佐野文吾はキャンプ場に到着し幹雄と遭遇するが話の途中に背後から黒幕にスタンガンで気絶させられる。

その後どうすると幹雄が黒幕に尋ねると黒幕が裏切り幹雄もスタンガンでやられてしまった。

『テセウスの船』第8話の感想

実際、音臼小で起きた事件とはだいぶ変化があって犯行当日は殺人は起きなかった。

未来は少し変わったのか?と思ったのも束の間。

また新たな事件が起きて見ていても全然黒幕が検討もつきません。

佐野文吾さんと佐野和子さんの過去のお話が少し出てきて健気に夫を支える妻に感動致しました。

心さんがお父さんを失いたくない気持ち。

佐野文吾が息子を失いたくない気持ち。

その両方が見ていて辛かったです。

指定されたキャンプ場で佐野文吾がスタンガンでやられてしまい幹雄も裏切られてますます展開がヒートアップしてきてすごく面白い回でした。

ペンネーム:まぁし(20代・男性)

プリウスの車

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

ついに音臼小学校のお楽しみ会当日がやってきました。

心と文吾は事件を防ごうとみきおを監視しているのですが結局、食べ物に毒は入れられず事件は起こりませんでした。

代わりに和子たちを乗せた車が放置されている無線が文吾の元へ入り、誘拐事件が起こってしまいます。

必死に家族を探すのですがなかなか見つからず、心も文語も途方に暮れていたところ、無事に見つかったと無線が入ります。

そしてそれを見つけた人物がみきおという事で、この誘拐事件にみきおと共犯者が関わっていることを知ります。

そんな中、文吾の元へみきおから電話がかかってきて2人で会うことになりました。

『テセウスの船』第8話の感想

いよいよ悲惨な事件が起こるお楽しみ会がやってきてしまいました。

みきおさえ抑えておけば事件を防げるのですが、みきおの頭脳は心や文吾を上回っており、なかなか捕まえることができません。

本当にサイコパスかつ恐ろしい子供です。

しかし事件が起こらず、村の外へ逃がした和子たちの誘拐事件が起きた事で共犯者の存在が明らかになりました。

この共犯者こそが真の黒幕だと思うし、お楽しみ会の中にいた村の中の人物であることは間違いないでしょう。

そしてこの黒幕は子供のみきおを裏切るようなので、ますます展開が複雑になってきました。

ペンネーム:プリウスの車(30代・男性)

イカロス

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

心と佐野はみきおを逮捕しようとしますが、証拠がなくて事件が起きないように見守ることにします。

その後、みきおは持ってきた粉をジュースに入れて、クラスメイトに飲ませようとします。

しかし、心が止めたので自分が飲みますが、苦しんだふりをしますが、何事も起こりませんでした。

その後もみきおの行動を見ていましたが、何事も起こりませんでした。

そして、和子たちが拉致されるという事件が起こりますが、無事に発見されました。

そして、みきおから佐野に電話があります。

佐野は、呼び出しに応じて指定の場所に行きますが、共犯者によりスタンガンで倒されていしまいます。

『テセウスの船』第8話の感想

今回も、手に汗握るような展開が満載だったと思います。

心も、佐野が犯人とならないように自分が犠牲になるつもりで、毒が入っているかもしれない料理を食べたりしたので心配でした。

それにしても、みきおはふざけすぎているような気がします。

ジュースを飲んで自作自演で苦しむふりをするというのは、最低だと思いました。

しかし、みきおの狙いがなんなのかが謎だと思いました。

和子たちを拉致したのに逃がしたりと意味が分からないと思いました。

犯人はみきおだとわかっているのに、捕まえられないというのはもどかしすぎると思いました。

ペンネーム:イカロス(40代・男性)

有原

『テセウスの船』第8話のあらすじネタバレ

放送室でみきおを見つけたが証拠がないことから引き止めることが出来ずに佐野と田村心はみきおを監視することしか出来ないでいました。

ずっと見張る2人だったが結局みきおは犯行を行わなかったのでした。

お楽しみ会が無事終わったことに安堵する佐野だったが和子と子供達が何者かに誘拐されてしまうのでした。

心配する佐野と田村心だったが無事3人が保護されて見つけたのはみきおという事実に驚く田村心でした。

3人を誘拐した犯人が分からない中で佐野にみきおから2人で会いたいと電話があり呼び出された場所に向かう佐野でした。

しかしそんな佐野はスタンガンを何者かに当てられ意識を失うのでした。

『テセウスの船』第8話の感想

みきおに翻弄されている佐野と田村心を見ながら歯痒い気持ちで見ていました。

個人的には殺人事件が起こるくらいならみきおを連れ去るのが荒っぽいがベストかなと思いながら見ていました。

みきおが結局は歪んだ発想で鈴のことが好きで父親の佐野が気に入らなかったという理由かなと感じました。

まあ変に色んな伏線があるよりみきおの理由としてはある意味分かりやすくて良かったかなと感じました。

ただみきおに良いように使われていると思った犯人が実は真犯人になるようでそれが誰なのかまた楽しみが出来ました。

次回を見るのが待ち遠しいです。

ペンネーム:有原(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『テセウスの船』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA