テセウスの船|6話ネタバレと感想。真犯人はみきお(安藤政信)!刺された心は再タイムスリップ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月23日(日)「テセウスの船」6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
唯一の証人・紀子が、さつきにより殺害される。心はさつきを真犯人と思うが。

さつきも、毒入りオレンジジュースで殺されてしまうのか。真犯人はだれ。

ラマちゃん
みきおの持つさつきの手帳と、文吾の記憶をたよりに真犯人に心は近づくが、罠だった。

心はどうなってしまうのでしょうか。また由紀が助けるのでしょうか。

文吾の無実を証明する証人・紀子を殺したさつき。毒入りジュースが届き、真犯人の事件を嗅ぎまわるなという警告が心にくる。由紀の協力で心は、みきおの持つさつきの手帳を頼りに.....。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』6話あらすじネタバレと感想

藍(=鈴)の意識が戻り、病院に由紀と向かう。さつきは、藍が毒入りの芋羊羹を紀子に食べさせ殺したと警察から言われたと藍。

藍は、文吾の娘だとばらされたくなければ、協力するように言われただけだと、真犯人がだれか分かる直前でゴメンと謝る。

心と藍は、真犯人をそこまで隠したがるのは、さつきが真犯人なのではと考える。由紀に、さつきの搬送された病院を聞き尋ねる。

病室に入ると、さつきが、毒入りジュースで殺されていた。心はここにいては疑われると逃げるが、防犯カメラにばっちり写っていた。

心の自宅に、音臼小学校事件前の奇妙な絵と同じタッチの21人殺された絵が届く、もう詮索するなという脅しだと由紀に話していると見知らぬ番号から電話が入る。みきおだった。

みきおは、さつきの部屋に心と由紀を入れる。藍が会ってくれないとショックを受けていた。

さつきの部屋の壁には、奇妙な絵が沢山張られていた。青酸カリの瓶もあった。

みきおは、母・さつきも真犯人に脅され、証人の紀子を殺したのでは。それを明らかにして、藍に謝り、元に戻りたいと気持ちを語る。

みきおは、母・さつきの病室から、小柄で小太りのメガネをかけた人物が逃げて行ったと警察は言っていると語る。

心は、みきおに真犯人を捕まえると約束する。さつきの交友関係が書かれた手帳をもらい、警察情報に似た音臼小学校関係者を由紀と探す。

見つからず沈む心を、由紀は諦めが早いと言い一呼吸入れようと海岸沿いで座る。

結婚前の由紀がしていて無くしたという祖母の形見の指輪が光っていた。友達の話として心は語りだす。

結婚前に、祖母の形見の指輪を浜辺で亡くしたと言い必死に探す由紀。その時、心はプロポーズをしようとしていて、どうでもよくなって諦めようと言う。

由紀は、諦めるのが悪いくせだと心に言う。結局見つからず、後日心は、同じ浜辺に誘い、由紀の指に、見つかったよと言い婚約指輪をはめた。

という話をすると、由紀は笑い、心とは、昔から知っているような気がしてならないと言う。

由紀と仲良くなるいいところで、文吾の弁護士から電話が入る。紀子とさつきが殺され、気づいたことがあると文吾が言っているから会いに行って欲しいと。

心は、文吾に、金丸刑事を殺した犯人の声を紀子は聞いていたとまで分かったと伝える。

文吾は、部下の森刑事の話では、金丸刑事が亡くなる前、監禁されていた茜の首を絞めた跡をずいぶん気にしていたと言ってたことを思い出したと言う。

金丸の部下森刑事の居所を由紀に探してもらう。

森刑事は亡くなっていたが、奥さんから、生前、文吾が犯人だと思えないと語っていたと言われ、森刑事が独自に調べていた資料を渡される。

心と由紀は、記事のスクラップなどから、金丸刑事が気にしていた茜の写真を見つける。特に不審な点はないと思われた。

由紀は、編集長から、書いた記事のクレーマーがくるから社に戻れと命じられ帰る。

心は、地道に、さつきの手帳を当たって行くしかないと、神崎を尋ねる。小柄な人物として、事件で亡くなった田中議員の息子・田中正志が近いのではと言われる。

由紀は、クレーマーこないと思っていたら、心から、有力な人物・田中正志に会いに行くとSNSで連絡が入る。

心が田中の部屋を尋ねると、田中は首を絞められ死んでいた。そこに、通報があったと警察がきて心は捕まってしまう。

由紀は、ネットで、田中が亡くなったことを知り、近くにいた男が事情聴取されていることが分かり、心を心配して、会社から向かう。

心は、行った時には亡くなっていたと言うが警察は信じない。文吾は犯人だとなじられ、怒りをぶつけ、留置場に入れられてしまう。

翌朝、心より先に入った人物がいたと防犯カメラの映像を持ってきてすごい剣幕で違法逮捕だという女記者が現れたから釈放だと言われる心。

警察の外に出ると由紀が待っていてくれた。由紀は、防犯カメラから、目指し帽子を深くかぶって背も高くもなく低くもない犯人で特徴はなかったと語る。

心に今は休んだ方がいいと言い、部屋に戻る心。

明日の日付の3月8日ENDと書かれた音臼小学校慰霊碑の前に、赤い涙を流す人物が書かれた奇妙な絵が、木村さつきから届く。

心は、みきおにその絵を見せ、赤い涙を流す人物は、自分で、犯人が呼んでいるのではないかと思うと。

慰霊碑の前で心を殺して、終わりにするという意味だと説明する。

みきおは、いっしょに行くと言うが、心は、姉・藍を心配かけたくないと言い、絶対に言わないで欲しいと涙を流す。みきおもいっしょに涙を流す。

その夜、心は、由紀に会い、世間がビックリするタイムスリップした男の話をしてあげると切り出し、由紀は本気にしないながらも喜ぶ。

平成元年その男は21人を毒殺した殺人犯の息子として生まれたと語り始め、父を信じれなかったが、妻から信じて見たいと言われ亡くなり、事件に向き合うことを決めた。

事件現場に行った男は、事件が起こる前にタイムスリップしてしまったと。めちゃくちゃ明るい父と家族に会い、事件を止めようとしたが、また現代に戻ってきてしまった。

父は死刑囚のまま、姉は名前も変えていたさらに厳しい現実だった。最愛の妻が生きて前に現れ励まされた。

その男は、妻にプロポーズした時に、笑って了解してくれたように、その女性の笑顔に助けられた。

「こんな話信じられますか」と心は涙を浮かべ尋ねる。由紀の目にも涙が浮かぶ。

由紀は、「その男性は心さん。その妻は私ですか」と尋ねる。YUKI to SHIN と刻んだ結婚指輪を渡し、由紀の手に握らせ、「ありがとう信じてくれて」と言う。

由紀は、「確かに超特ダネだけど記事にかけない。私の胸に大切にしまっておきます。」と指輪を心に返す。

明日事件に解決につながる大事なことに向かうと言い、由紀も行くというが断わる。

帰ったら、美味しい鍋でも食べましょうと言い別れる。由紀は、もう一度会えますよねと涙を流しながら言う。心はうなずく。

心は、心の中で、次会った時は必ず、由紀と幸せになると決意する。

令和2年3月8日、心は慰霊碑の前に立つ。車椅子のみきおが許せなくてきたと近づいてくる。

心は、犯人に自首させ、21人も殺した罪をくいてもらうというと。

後ろから、みきおが立ち上がり、「心先生それはできないよ。完全犯罪だったのに。」と言い、心の腹をナイフで刺す。

心は、金丸が分からないと言っていた茜の首についた跡は、子供のみきおの手だったのかと思う。

心に乗りかかるみきおに、なぜ、21人も殺したと言うと、みきおは、昔のことだから忘れたと言い反省していない。

遠くからパトカーのサイレンの音がなる。心は、さつきを殺したと言い、警察を呼んだと。今証言したこともレコーダーで録音したと迫る。

みきおは、ナイフを持って去って行く、追いかけようとする心のまわりがまた霧が現れタイムスリップしてしまった。

心が気がつくとベットの上だった。事件の2日前、1989年3月10日だった。

心はみきおが犯人だと文吾に知らせなくてはと起き上がる。その傍に、オレンジジュースが置いてあった。

みきお少年は、心が倒れている隙に、レコーダーを回収していたのであった。

ここまでがネタバレですが、第6話は、無実を証明する紀子を殺したさつきも殺される。みきおから預かったさつきの手帳を頼りに、由紀と真犯人を追うが.....。

いきなり、さつきが毒入りジュースで殺されてしまいましたね。みきおに、さつきの部屋を案内されたら、奇妙な絵がいっぱいありました。みきおが怪しいと思わなのかなと思ってしまった。

文吾が、金丸刑事が監禁されていた茜の首を絞めた跡を気にしていたという意味をもっと考えてとヒヤヒヤしてみてましたよ。

ドラまる
自分の妻(=由紀)に背中を押されタイムスリップして戻ってきたという話を、由紀が信じてくれて、結婚指輪を見せるシーン感動的でしたね。

涙がでそうでした。

ラマちゃん
慰霊碑に行った心を襲ったのはみきお。それも、立つことができてビックリ。

心も警察を呼びレコーダーで会話を記録していてこれで終わりかと思ったらタイムスリップでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』6話ネット上の反応

ドラまる
次のタイムスリップ後も、由紀と幸せになって欲しいと皆さん願ってます。

ラマちゃん
みきおの車いすと、あな番の伏線回収が話題。みきお少年ひとりではできないだろうとの新たな真犯人説を考察する人も。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『テセウスの船』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

テセウスの船|6話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『テセウスの船』7話のあらすじ

2020年3月1日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第7話のあらすじをご紹介します。

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。

みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。

事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する!

家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『テセウスの船』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

さつきも殺され、みきおから託されたさつきの手帳で真犯人を追う。真犯人からの招待状を受けた心、由紀に、結婚していたこと告白。真犯人はみきおで、心は刺され、再度タイムスリップ。

ドラまる
心は、文吾と、みきお少年を探すが忽然と村からいなくなる。

あと事件発生まで2日、どうするのだろうか。

ラマちゃん
みきお少年は、計画をじゃましようとする心を消すため、心がお腹の中にいる母・和子の命を奪おうとする。

心はそれを止めることができるのか。

さつきが命をかけても守ろうとするならみきおかなと思っていたら、やはり、真犯人はみきおでしたね。さつきはいつの時点で気が付いたのでしょうかね。

再タイムスリップした時に、みきおもしたように見えましたね。大人のみきおも、平成元年にいるということ。みきお少年を操っていたのは大人のみきおなのでしょうか。

次話、再びタイムスリップした心は、文吾といっしょに、真犯人みきおを追う。また、家族がバラバラの危機にあうようです。どうやって、乗り越えて行くのか家族愛も楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA