テセウスの船|5話ネタバレと感想。文吾の証人を殺すさつき(麻生祐未)怖すぎ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月16日(日)「テセウスの船」5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
由紀の必死の訴えで、文吉の無実を証明できる証言者が現れるようです。

どんな証言者なのか楽しみですね。

ラマちゃん
さつきは、藍(=鈴)が文吉の娘だと隠していたこと脅し、謀略に協力させるようです。

さつきが真犯人だとすると分かるのが早いよね。だれかのための謀略なのかな。

文吉の無実を証明する証言者がでてきて、喜ぶ心。藍(=鈴)は、さつきに、文吉の娘だと知られ、謀略に協力させられる。突然、証言者が、証言できないと心は連絡を受け、必死に説得.....。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』5話あらすじネタバレと感想

文吾の無実の証拠を証言してくれる松尾という人物から弁護士に連絡があったと由紀から聞いた心は喜ぶ。

文吾に報告に行くので、いっしょにきて、殺人を犯すような人間か見て欲しいと由紀に頼む。由紀は快諾する。

元音臼小学校教諭のさつきは、被害者の会で、無実の証言をしてほしいととんでもないことをいう記者が現れたと藍に語る。顔色が悪くなった藍の様子を疑うようだった。

心のところに松尾から電話があり、31年も大事なことを証言しなくてすみませんと謝り、文吾は無実であるとの証言を法廷でしてくれると言った。

そのことを、姉・鈴(=藍)に伝えると、涙を流して喜ぶ。その様子をさつきは盗撮しており、やはり繋がっていたかと思う。

翌日、心は、由紀と待ち合わせ、仙台に拘留される文吾の元に行く。

心は、松尾が証言してくれると言うが、文吾には、松尾という人物に記憶がなかった。由紀の協力のおかげでもあるというと、文吾は、感謝を述べる。

由紀は、正直、冤罪とは思ってなかったと言い、心に会って見えていない面があったのではと思うようになったと素直に述べる。真相を必ずあばくと約束する。

文吾は、心のことを宜しくと、まるで、父が恋人にお願いするような口で言うと、心は恥ずかしがり、そういう関係ではないと否定する。

文吾に会って由紀も見方が変わったと言う。月曜日に松尾に会う時にも同席して欲しいと心が頼むと、快諾する。由紀は、記者として見返したいのでネタとして扱わせて欲しいと。

みきおが仕事でいない藍の家に、さつきが訪ねてくる。

さつきは、音臼小の写真を見ながら、「素直な子が大嘘つきになった。殺人犯文吾の娘・鈴ちゃんと。みきおにもだれにも言わないよ」と藍(=鈴)迫る。

松尾から、娘に反対され、証言できないと断りの電話が入る。

心は、そのことを、喫茶店で藍(=鈴)に伝えると。仕方がない諦めた方がいいと急に弱腰になっていた。

藍は、さつきに、文吾の無実を証言する奴がいるらしいが誰だか知っているかと、文吾を死刑にしたいと皆思っている、今更と釘を刺されていたのであった。

さつきに、藍は、証言しなくなった報告する。さつきは、いつ心変わりするかもしれないからと、名前と住所を調べなさいと強い口調で言われる。

心は諦めることができず、松尾の自宅に会いに行き、夕方まで待っていた。

雨が降る中、仕事で遅れてきた由紀が、松尾の家の前でうずくまる心を見つけ驚く。

由紀は、このままでは心が倒れてしまうと言うと、心は、31年間待った最後の証人だから諦めきれないと言う。

由紀は、文吾に会った時に、自分も真相を暴くと約束したから、心を一人にはさせないいっしょにがんばろうと、温かいシャワーを浴びて出直して考えようと励ます。

シャワーを浴びた心に、由紀は、鍋を作る。

いっしょに鍋を食べながら、由紀は、まずは、自分を大切にした方が良いと言う。心は、結婚していた時の由紀が言っていた言葉といっしょだと嬉しく思う。

今まで、岸田さんと呼んでいたが、由紀さんと呼び始め、二人は近づいていった。

由紀は、松尾も家族がいるならきっと心の気持ちを最後は分かってくれるはずだと励ます。

文吾のところに、松尾が面会にくる。松尾は、旧姓佐々木紀子だった。紀子は、娘に反対され、証言ができなくなったと、一度謝りたくてきたと語る。

文吾は、力を落とすが、紀子の苦しんだ顔を見て、十分苦しまれた、もう、自分の人生を歩いて欲しいと言う。それを聞いた紀子は、肩を震わせ泣き崩れる。

紀子は、雨の中、心が自宅の前に待っていたのを知っていた。心が、運命だからと言って逃げているわけにはいかないという言葉を思い出す。

さつきは、音臼村の関係者に片っ端から電話をかけ、佐々木紀子が、松尾という苗字になっていることと住所を割り出す。

藍をつれて行くと、みきおは無理をしなくてもいいと言うが、さつきは、藍を強引に連れて行く。

行く車の中で、藍と二人になったさつきは、文吾の娘だと紀子に言い、証言しなくてもいいと説得しろと、そして、それでも聞かなかったら、このお手製の芋羊羹を食べさせろと言う。

藍は、芋羊羹の中に何が入っていると疑い、そこまでしてなぜ、証言を止めたいのかと迫る。

さつきは、ここでやめてもいいけど、藍が文吾の娘で、被害者のみきおの子供がいるとマスコミが嗅ぎ付けると騒ぎになるし、可愛い弟も騒動に巻き込まれると脅す。

心から藍にSNSで連絡が入り、紀子が証言してくれることになったと書かれていた。さつきは、鬼のような顔になり、紀子の家に急ぐ。

心は、由紀に電話する。由紀もあとから合流することを約束する。心は急いで、紀子の家に向かう。

心が先に着く、旧姓は佐々木紀子と言うと。紀子は、このまま黙っているわけには、佐野家の皆さんに申し訳ないと。

チャイムの音がなり、藍が入ってくる。藍は、いっしょに聞かせてもらうからと言う。

紀子は、当時付き合っていた翼から、ある人に頼まれたと青酸カリを工場から盗むようにと脅され、盗んで渡したと。

三島茜ちゃん監禁事件が起きて、翼は、ある人の指示通り、茜を殺しきれなかったから、青酸カリで死んだ。

紀子は、青酸カリを探したがなく、怖くなり自殺を考えて林をさまよっていたら、金丸刑事と犯人が言い争う声がとぎれとぎれに聞こえた。

未来が分かる文章があると言い、金丸が崖の下を見ているところをある人が突き落とした。

姿が見えなかったが声は分かるという紀子に、心が、だれですかと聞く。その時、横に座っていた藍が、粒状のものを飲んで倒れる。慌てた心は、救急車を呼び、病院に付き添う。

その様子を外で見ていた、さつきは、「佐野鈴ちゃん、よくできました。」と独り言を言い、心たちが去ったあとの紀子の家に上がる。

さつきは、何を証言するつもりと聞くが、紀子は答えない。

さつきが、31年間証言をしなかったとマスコミに叩かれるよというと、紀子は、後悔したくないから証言をすると言う。

さつきは、特製の芋羊羹を範子に見せる。

心は、藍の母体にも子供にも影響はないと医師から言われる。

由紀から紀子が亡くなったと連絡が入る。驚いた心は、紀子の自宅に向かうと、さつきが救急車で運ばれるところだった。なぜ、さつきがここにいるのか疑問に思う心。

さつきは、命がけだったが、これで守れたと言う。さつきは、藍に、紀子の証言を心が聞きそうになったら、この薬を飲むようにと、死なないからと指示したのであった。

心は、証言してくれる紀子がいなくなったと、これでもうおしまいだとうずくまる。

由紀は、どんなことがあっても諦めないのではと言い、いっしょにこの理不尽な事件と戦うと言ったでしょうという。

心は、「由紀」と言い抱きつく、由紀も心をしっかり受け止め抱く。

ここまでがネタバレですが、第5話は、文吾の無実を証明する証人が現れる。一旦は断られ諦められない心を由紀が支える。さつきは藍を脅し、証人を......。

文吾の無実を信じる心の真っ直ぐなこころに触れて、由紀も、文吾の冤罪を信じるようになりました。いっしょに戦うことを宣言、頼もしい仲間ができましたね。

松尾という証人は、青酸カリで自殺した翼の恋人の佐々木紀子だったのですね。文吾は、紀子の悩み続けた顔を見て、証言してくれなくても大丈夫だと。本当に、人のいい文吾ですね。

ドラまる
さつきが怖かった。紀子が証言すると分かると、怖い顔で運転し、藍を脅し、証言しそうになったらこれ飲むようにと、死なないからというくだりは恐ろしかった。

だれのためにやったのか。みきおが真犯人か。

ラマちゃん
文吾の無実を証明する証人がいなくなったと落ち込む心を、励まし、抱きしめた時の由紀の優しさがにじんできましたね。

二人が、また結ばれた瞬間でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』5話ネット上の反応

ドラまる
さつきを演じた麻生祐未さんの怪演に注目が集まってますよ。さつきが守った真犯人はだれと犯人探しも。

ラマちゃん
由紀を演じる上野樹里さん最高、包容力ありすぎと評価が高いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『テセウスの船』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

テセウスの船|5話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『テセウスの船』6話のあらすじ

2020年2月23日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第6話のあらすじをご紹介します。

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。

そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。

木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。

しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。

そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『テセウスの船』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

文吾の無実を証明する証人が現れるが、断られる。心の説得に心を動かされた証人に会えることに。さつきは、証人を消すべく、心の姉を脅し、心を証人から離す。その隙に、証人を殺す。

ドラまる
心は、姉の話から、紀子を殺したさつきを疑うが、さつきに毒入りジュースが届く。

さつきの裏にはやはりだれかがいるのでしょう。みきおかな。

ラマちゃん
文吾の記憶と、みきおに託されたさつきの手帳をヒントに真犯人に迫る心。

それが、真犯人の罠。心はどうなってしまうのかな。

証人の紀子が殺され落ち込む心を支えたのは、やはり由紀でしたね。この二人は、結ばれる運命なのですね。

原作の漫画通りならみきおが犯人なのですが、犯人は漫画とちがうと発表されています。さつきが命をかけて助けようとすると、恋人ということか、だれだろう。

次話、真犯人からの招待状に心は命をかけて応じる。過去からの招待状の気がする。音臼小学校の碑の前にみきおといっしょにいる。二人でタイムスリップをするのだろうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA