テセウスの船|3話見逃し動画無料視聴はこちら【2/2配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『テセウスの船』第3話(2020年2月2日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『テセウスの船』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『テセウスの船』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『テセウスの船』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『テセウスの船』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『テセウスの船』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年2月2日(日)放送終了後〜2020年2月9日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『テセウスの船』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『テセウスの船』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじは?

2020年2月2日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじを紹介します。

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!?

まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する!

果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。

心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

amiima
まず、気になることのひとつはノートの存在です。

佐野が犯人として逮捕される事実が、どのようなタイミングでどのようなシチュエーションで明かされてしまうのか、果たして明かされないままなのかということです。

もうひとつは、犯人は一体誰なのかということです。

金丸がライターを何度も触る場面や笹野高史さん演じる石坂がカッターで鉛筆を削る場面などの細やかな描写もとても犯人に繋がりそうで怪しかったです。

番組の終盤では、出演者のほぼ全員が怪しいと思ってしまう映像が流れたので、この中にやはり犯人がいるのではと思いました。

もしくはこれからも新たな出演者が増えていくことも考えられるので、そこも展開が楽しみです。

ペンネーム:amiima(20代・女性)

ふぉーゆー
村人の隠された裏側の顔が、どんどん明らかになっていくのだと思います。

今回は明らかに翼が怪しかったですが、その翼が死んでしまったので、真犯人は別にいるということになります。

心は真犯人を突き止めるのに必死になると思いますが、逮捕されてしまったので、思うように行動できなくなるのが心配です。

また、未来からタイムスリップしてきたなんて、なかなか信じてもらえるものではないので、どのようにして身の潔白を証明するのかが気になります。

そして、今だけでも過去がどんどん変わってきているので、これからどうなっていくのかが益々ハラハラしてしまいます。

ペンネーム:ふぉーゆー(20代・女性)

ハリネズミ
二話の最後に翼の遺体が発見されたと通報が入ったが、翼の手には結婚をしようとしていた佐々木紀子から受け取った瓶を手に持ち倒れていた。

おそらく薬物を摂取したことによるものだと思われるがそれが自殺か他殺か、紀子がカギになってくると思われる。

未来ではその紀子も薬物を摂取したことにより自殺となっている。

過去が変わっても新たな事件が発生したりと目が離せない。

二話最後に本番まであと2ヶ月という文字が現れたが集団死亡事件までことであるがそこに繋がるまでにまた新たな事件が発生しようとしている。

そして次回の翼が死んだ真相、心が捕まったことにより未来のノーの行方など内容の濃い話になると思われます。

ペンネーム:ハリネズミ(30代・女性)

きりん
怪しいと思っていた翼が死んでしまったので、小学生大量殺人の犯人は別にいることになります。

真犯人を突き止めなくてはならない心ですが、金丸刑事に逮捕されてしまっては身動きがとれなくなります。

どうやって釈放されることになるのでしょうか。

明音ちゃんの事件は翼の犯行だということははっきりするのでしょうか。

翼の婚約者の佐々木紀子という女性も、ノートによると亡くなることになっています。

紀子が何を考えているのか、また紀子の死を心は止めることができるのか気になります。

もしかしたら翼は紀子に中身を偽った瓶を渡されていて、そのせいで死んだのかなとも思います。

3話でも心と、文吾や和子たちとの絆がどんどん深まることが予想されるので、また感動的なシーンを見られることを楽しみにしています。

ペンネーム:きりん(40代・女性)

kouasami
心が逮捕されてしまいます。

未来から持参した例のノートを見られてはまずいため、危機一髪でノートを投げ捨てる行動にでる心です。

ところが、釈放後にそのノートが戻ってくるようなのです。

しかも、捨てたはずの免許証まで一緒に。

不気味な絵も、またもや見つかるみたいです。

犯人なのか、それとも別の第三者かが、心のノートを見た恐れが出てきてしまうので、どうすればいいのか混乱をきたす心なのではないでしょうか。

そして、ノートの内容を家族に打ち明ける方がいいのかという気持ちも湧き起こり、激しく動揺すると予想します。

そんな心がおこす行動が楽しみです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

もちゃ。
私が真犯人だと疑っていた長谷川が殺されてしまったことにより、真犯人が誰なのか検討もつかなくなってしまいました。

そしてラストで心は刑事に逮捕されてしまい心はどうなってしまうのかも気になるポイントです。

真犯人は心を捕まえてみろとばかりに煽り始めイラストを送るなど心が現れたことにより過去がどんどんと変わり始めているのでノートもなすすべがないのではないかと思います。

刑事の心への異様な執着の仕方もなんだか怪しく思えてきて実はあの刑事が犯人なのではないかと思います。

そしたら、佐野の家に青酸カリを置くことも簡単なような気がします。

謎が謎を呼びますます面白くなってきたので引き続き推理をしながら楽しみたいと思います。

ペンネーム:もちゃ。(20代・男性)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まい

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

警察に逮捕されそうになったしんは、事件の全貌が書かれたノートと免許証を雪山の中に捨てて、逮捕されます。

しかし、金丸刑事は何か思いたったのかしんを釈放します。

村人はしんが人殺しだと思い、佐野家族に嫌がらせします。

家に捨てたはずの免許証が生年月日の部分を黒く塗ってポストに入れられてしまいました。

雪山の中にノートを探しに行く心ですがノートは見つからず、鈴のキーホルダーが木の枝にかけてあります。

そして学校の入り口には前回と同じように怪しい絵が置いてあり、学校で騒ぎになります。

また、学校に21と書かれた入れ物にオレンジジュースが入っていて、心は驚きます。

犯人はノートをみて心を挑発しているような感じです。

そして、佐野に心は事件のこと、犯人のことを戸惑いながらも伝えます。

行き先がなくなった心は金丸刑事に真実を伝え、何かするときは金丸刑事に言うようにと約束をしますが、金丸刑事は誰かと繋がっている様子です。

寝て覚めた心のソファの上にまた絵が置いてあります。

鈴が狙われている絵です。

神社で心は誰かに突き落とされますが、そこに佐野がちょうど到着し、佐野の話を信じ、この村を守りたいから事件を阻止すると言います。

金丸刑事が誰かに突き落とされ、そこで佐野は現在に戻ってきますが、過去は変わっていないどころか母と兄が亡くなっているのです。

『テセウスの船』第3話の感想

佐野の何があっても心の味方だと、家族を明るくさせる姿はとてもかっこよくて素敵だと思いました。

こんな父親だから心も父親を信じることができていると思います。

家族思いの佐野に心は真実を伝えることができず、苦しんでいる描写がすごく惹きつけられました。

心は佐野に事件のことや犯人のことを迷った挙句伝えますが、結局信じきれずむしゃくしゃして心を追い出してしまいますが、うまく気持ちが通い合わず見ていて本当に苦しかったです。

心の演技をする竹内涼真は役に合っていて、演技力も前より良くてとても引き込まれます。

毎回ドラマの終盤がとても感動的で家族の絆の素晴らしさを感じます。

ペンネーム:まい(20代・女性)

kouasami

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

心は、とうとう金丸刑事に逮捕されてしまいます。

その前に、心はノートと免許証を投げ捨てていきました。

しばらくして、心は釈放されます。その理由は教えてもらえなくて、心はそれが気になります。

村人たちの目は相変わらず冷たく、釈放後に佐野家に向かう心の足取りは重いものでした。

それでも、家族は心を暖かく迎え入れてくれました。

犯人が書いたと思われる不気味な女の子の絵が、鈴を指すと思われるため、心の気持ちは波立ちます。

文吾に全てを打ち明ける心です。

受け入れられない文吾は心をうちから叩き出しました。

深い霧に包まれた心は、現代へと戻ります。

『テセウスの船』第3話の感想

怒涛の展開には、圧倒されました。

心が文吾に全てを打ち明けた後、叩き出されてしまった時には、絶望感が湧いてきました。

それでも心は、藁にでもすがるかのように金丸刑事を訪ねる行為にはすごいと感じます。

それほどに、心の家族を助けたい気持ちは必死なのでしょう。

金丸刑事のことはまだ謎の部分が多く、誰と接触しているかも分からずじまいなので、掴みきれません。

ラストでは、その金丸の安否も危ういものに感じられましたが、なんと現代へ戻ってしまう心には驚いてしまいます。

いきなり突き放されてしまったかのようでした。

Google検索の結果からは、やはり絶望感、でした。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

きりん

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

逮捕されそうになった心は、何としても見られてはいけないと、ノートと免許証を崖から投げ捨てます。

逮捕されたもののなぜか釈放され、佐野家に戻りますが、心のせいで家族は辛い思いをしていました。

考えた末、心は文吾に音臼小で起こる事件について打ち明けます。

犯人が自分だと言われ衝撃を受けた文吾は、心に出ていけと言います。

心は金丸にも同じことを打ち明け、二人でノートを探します。

鈴が事件に巻き込まれることを暗示した絵が見つかり、神社に向かった心は、階段の上から何者かに突き落とされます。

駆けつけた文吾と、鈴が事件に巻き込まれるのはダミーではないかと話し合っていたとき、今度は金丸が崖から突き落とされていました。

吹雪が強まり、気づくと心は現代に戻っていました。

音臼小事件はやはり発生し、和子と兄が死んだと知って心は茫然とします。

『テセウスの船』第3話の感想

今回も息をのむ展開でした。

ノートと免許を拾ったのは誰なんでしょうね。

心は金丸のことをすっかり信じている様子でしたが、本当に金丸は信じてもいい人物なのか疑問に思いました。

心が逮捕されたことで、村の人たちから白い目で見られている佐野家の人達ですが、文吾が腹芸をして盛り上げている様子が本当に明るくて楽しかったです。

最後に心はまた現代に戻ってきましたが、過去が変わっていました。

和子と兄が死んでいて、以前よりも状況が悪くなっていました。

こうやって少しずつ過去が変わっていくことで現在も変わっていってしまったら、最終的にどうなるのか不安になります。

ペンネーム:きりん(40代・女性)

りっちー

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

心は張り込んでいた警察によって逮捕されるが、なぜかすぐに釈放された。

それに対して村人は心のことを殺人犯と決めつけているので、釈放された心を邪険にするが、文吾の家族だけは温かく歓迎する。

そんな家族は村人からの執拗ないやがらせにあうようになる。

心を痛める心だが、それでも明るく振る舞う家族に救われるのだった。

心を決め、21人が殺され、文吾が逮捕された事件のことを文吾に話す。

そして、自分はあなたの息子であることを告げる。

そして真犯人に使われないように今すぐ家族とこの村を出てほしいと頼む。

しかし、文吾は自分が殺人犯としてこれから31年間も収容されることになり、家族がばらばらになる未来を受け入れることができず、嘘つきだと心のことを突き放してしまう。

それでも数日後、心のピンチにいてもたってもいられず現場に向かう文吾。

倒れている心を擁護し、前回のことを詫びる。

それでも自分は警察官の身、これからおきる事件から自分だけ逃げることはできない、この村を救いたい、一緒に乗り越えようと告げる。

『テセウスの船』第3話の感想

心がいくら村人から責められようと、それでもそんな心のことを受け入れ、そして自分たちがいくら罵られようと、心をかばい続ける姿には本当に心がうたれました。

そして、心は色んな意味でもう少しやりようがあるんじゃないかな。

というのも、未来がわかっていることを自分の中だけに留めていること、それゆえ周りからさらに不信に思われてしまっているのだと思います。

そして今回、心が文吾が捕まることになる事件のことを文吾に打ち明け、自分が息子であることを告げるシーンはとても良かったです。

原作は見ていませんが、原作とは違う展開なのではないでしょうか。

未来を受け入れられない心を受け入れられない文吾の気持ちは普通だと思うし、それでも最終的には信じる文吾はやはり優しいなと思いましたね。

そしてユースケが急に良い人に役になってどうも怪しいなと思いましたが、信頼できそうだなと思った矢先に殺されてしまって、、なんとも後味が悪いラストでした。

ペンネーム:りっちー(30代・男性)

oga777

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!?

まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する!

果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。

心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

『テセウスの船』第3話の感想

竹内涼真さんの熱演が印象的な第3話でした。

文吾への告白のシーンは、家族への思いや、過去の悔しさなど、いろんな気持ちが入り交ざってとても濃いシーンでしたね。

今までさわやか系のイケメン俳優だと思っていましたが、重厚感が増していて素晴らしい演技でした。

ラストではまさかの現代への再タイムスリップ、来週も怒涛の展開が待ち受けています。

ついに貫地谷しほりさんが登場し、未来での心に新しい展開が待っています。

予告には上野樹里さんも再登場しており、第2部のさらなる楽しい物語が始まりますよ!

今後の展開に要注目です。

ペンネーム:oga777(30代・男性)

銀茶

『テセウスの船』第3話のあらすじネタバレ

金丸から手錠をかけられた田村心は、どうしてもノートを見られてはいけないという思いから、金丸を突き飛ばして逃走、崖からノートと免許証を捨てる。

結局金丸に捕まった田村は留置場に入れられ取り調べを受けるが、なぜか釈放され佐野家に戻ってくる。

その佐野家には嫌がらせの電話がひっきりなしにかかってくる。

そうした中で、田村は佐野にすべてを打ち明ける。

小学校で青酸カリで21人が殺される事件が起き、その犯人は佐野であるということ、そして家族はそれを疑わず、父はいないという思いで苦しい中を生きてきたのだ、そして自分は今あなたの妻のおなかの中にいる子どもなのだと。

田村は佐野から追い出される。

そして金丸にすべてを話し、協力を要請する。

小学校に不審なジュースが届く。

その箱には21の文字。

そして学校の門には絵が、キツネ、Sの字、少女。

鈴が殺されるかと田村は神社に向かう。

そこで何ものかに階段上からつき落とされる。

そこに助けに来た佐野。

しかし、佐野の背中を見ながら再度タイムスリップしてしまう田村は現代に戻ってしまう。

『テセウスの船』第3話の感想

父である佐野にすべてを告白した田村心の葛藤が、ドラマとして見ごたえがあった。

竹内涼真がだんだんと良さを示している。

あの線の細さが逆に役にはまってきて、それが魅力になってきた。

今回は、ユースケ・サンタマリア演じる金丸が、はたして誰と通じていたのかというのが、最大の謎であり、次への期待。

しかし、次は時代が現代に戻るので、それがどのようにストーリーに絡んでくるのかが想像つかないので、一層期待は膨らむ。

前を歩く父の背中を見ながら、またタイムスリップしてしまう田村の姿は実に切なかった。

最後に、過去が変わって、一家心中で母と兄が死んだと知る田村。

この展開が大胆で、次への期待が膨らんだ。

ペンネーム:銀茶(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA