テセウスの船|3話ネタバレと感想。文吾にすべてを告白!しかし、未来は最悪に!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年2月2日(日)「テセウスの船」3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
心は、金丸に逮捕される時、文吉が、犯罪を犯すと知られてはまずいと思い、由紀の事件ノートを捨てる。

いっしょに捨てた免許証だけが戻ってくる。だれが拾ったのだろうか。

ラマちゃん
当てにしていた事件ノートを亡くした上に、奇妙な絵での犯行予告がある。

心はどう文吉の犯罪を未然に防ごうとするのでしょうか。

心は逮捕される瞬間、文吉の未来の犯罪が記された事件ノートを捨てる。釈放された心に免許証だけが届く。またもや奇妙な絵で犯行予告をする真犯人、心は、和子に真実を伝えるか葛藤し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』3話あらすじネタバレと感想

心は、公務執行妨害で、金丸に強引に逮捕される。事件ノートを見られてはまずいと思い、金丸を倒して逃げる。

事件ノートと免許証をかろうじて捨てる。

心は、一連の事件の犯人にされ金丸の取り調べを受けるが、釈放される。街の人々は、心のことを翼殺しの犯人だと噂していた。

佐野家に戻ると、和子や子ども達は温かく迎える。

夕食を食べていると嫌がらせ電話が何度もなり、慎吾も学校でいじめられていることを心は知り謝る。文吾は、沈む家族を励まそうと裸踊りをして笑いを誘う。

心は、金丸が急に釈放したかなぜか分からないかと文吾に聞く。

翼は青酸カリで死に、それは、さつき先生のメッキ工場から盗まれたもので、翼と親しかった紀子が疑われていると。未だに、多量の青酸カリが見つかっていないと語る。

心は、真犯人が着実に、音臼小無差別殺害事件に向かっていると感じる。

平成元年1月19日、駐在所のポストに、発行年が黒塗りされた心の免許書が入れてあった。

心は、ノートが見つかったら大騒ぎになると思い捨てた場所を探すが、見当たらず。鈴のランドセルについていたSの字のキーホルダーが見つかる。

心は、校長に釈放の報告をし、同僚たちは疑うが、さつき先生は、父親をなだれから守ってくれたから信じると。

校門に、女の子にSの字が浮かぶ、奇妙な絵が張られる。

心は、文吾に、拾った鈴のキーフォルダーと、奇妙な絵のSの字を見せ、鈴の身を案じる。

心は、事件ノートで青酸カリで死ぬのは紀子だったのに、過去が変わったと思う。青酸カリのことを知っているのではと、紀子を尋ねるが、追い返される。

心は、文吾に本当のことを話して協力を得た方が良いのか迷ったが、話そうとする。

文吾は、鈴に何かあったら、冷静でいられないと苦しむ。その姿をみて、心は打ち明けることができなかった。

翌日、心が教室に行くと、オレンジジュースを子供たちが飲もうとしていた、その入れ物には21の文字が書かれており、生徒が飲みなんともなかったが心は回収する。

心は、21は、音臼小学校でなくなった人の数で、真犯人が、事件ノートを拾い、心に止めれないと警告していると考える。

心は、こうなったら、家族を守るためには、文吾にすべて話をするべきだと考える。

心は、「3月12日音臼小で青酸カリにより21人が殺される。犯人はあなただ」と文吾に告げる。

自宅に青酸カリがありそれがきっかけで捕まり、死刑判決を受けて今も服役している。

家族は、事件後、殺人犯の家族としてマスコミに追われ、隠れ続けた。だれも、文吾のことを信じなかった。

文吾は、なぜ、そこまで、おれの家族を知っていると迫る。心はついに、「自分は、あなたの息子です。今、和子さんのお腹にいる子で、音臼小事件の後に生まれた」と告白する。

心は、文吾を信じなかったことに、涙を流しながら土下座して謝る。

真犯人は、事件のことが書かれたノートを持っており、あれを逆手にとって、いますぐにでも事件を起こし、文吾を犯人にしてしまうかもしれない。

すぐに、家族をつれて逃げて欲しい。そうすれば、犯人にされることはないから、今告げたと言う。

文吾は、狼狽し、心のいうことを信じることができず、心を家から追い出す。

村の井沢、徳本、田中が駐在所に集まり、怪しい心を追い出して正解だと文吾に言う。文吾の脳裏に、必死に、村から逃げて欲しいと言う心の姿が写る。

打ち手がなくなった心は、鈴も狙われていると思い、刑事の金丸に相談に行く。金丸は、心がこの村にきた目的を話せば、今知っている情報を教えても良いと答える。

心は全部告げるが、まともに信じれる話ではないと金丸は言う。気になる部分もあると、いっしょに捜査することを約束する。

文吾は、県警に行き、茜の意識が戻り、翼に監禁されたことが分かった。翼は、自殺だろうと聞き安堵する。

翌日、事件ノートを捨て、鈴のキーホルダーが見つかった場所を、心と金丸は探すが手がかりはなかった。

金丸は、心が寝泊まりしている小学校まで車で送って行き、何か見つけても一人で捜査するなと注意して去る。

金丸は途中で車を止め、誰かに声をかける。

平成元年1月22日、学校で、心が寝て起きると、足元に、キツネが描かれ音臼神社に鈴らしき女の子が書かれた奇妙な絵があった。

心は、佐野家に電話するが、迷惑電話で回線を切っており出なかった。心は、金丸に電話をする。

金丸は、無線で文吉に連絡し、鈴が家にいることを確認すると。

文吉から聞いた通り、心は未来からきて、音臼小で起こる殺傷事件で、文吉が犯人だと聞いたと話し出す。

心の未来の話は、信じがたいが、佐野家の家族を必死に守ろうとしているのだけは信じられると言う。

「心は、音臼神社に一人で向かっていると思うから、危険だから助けて欲しい。親父殿。俺は、重要な証拠を探しに行く、文吉を殺人犯にしないためにな。」と金丸。

文吉は、心の必死に謝る姿を思い出し、助けに飛び出す。

心は、音臼神社の階段の傍に、青酸カリの瓶が落ちているのを見つけ拾おうとすると、後ろから突き落とされる。

文吉が駆けつけ、階段の下で気を失う心を見つける。心は起き上がり、手を、瓶で怪我をしていた。

文吉はハンカチで止血し、心を追い出したことを謝る。音臼小学校殺傷事件で、心に迷惑をかけたことも謝り、腹をくくり、事件を阻止するために働くと言う。

心にも手伝って欲しいと、息子とは思えないが家族だと思っているからと、心をじっと見つめながら話す。

心は、涙を流しながら、はいと返事する。

犯人は、鈴をターゲットにしているとあからさまにしており、そんなことをすれば警戒するのは見え見えなので、別に目的があったのではと心は、文吾に話す。

そのころ、金丸は、茜が監禁されていた場所にいた。だれかに連れられ、崖のところにくると、後ろから殴られ転落する。

文吾が先に行き、あとを心がついて行くと、心のまわりに靄がかかり、心だけが、現代に戻った。

心が、過去が変わったかとスマホで調べると、音臼小学校の事件の犯人は文吾のままだった。事件後、母・和子と兄・慎吾が亡くなったことが分かり、さらに悲惨な未来になっていた。

ここまでがネタバレですが、第3話は、心は捨てたノートが真犯人の手に渡ったと考え、文吾に、すべてを告白するが受け入れない。刑事の金丸に話し.....。

ついに、心は、文吾にすべてを話し、家族を守ろうと必死に説得しました。心の父を疑ってしまった気持ちが痛いほど伝わり、文吾がすぐに飲み込めない様子も伝わってきましたね。

金丸は、文吾から、心が未来からきたこと、文吾が殺人犯になることを聞いていたのですね。心を救って欲しいおやじどのと言う金丸の言葉がぐっときました。

ドラまる
文吾は、心を家族と思い助けに行く。腹をくくり、心と協力して、事件を阻止しようとする。

二人が向き合う姿に、これで事件が解決すると思いました。

ラマちゃん
しかし、運命なのか、犯人を追いつめそうになる金丸は転落し、心は、現代に戻る。

文吾が犯人のままで、母や兄が自殺していたという現実。心の悲しみが聞こえてきそうでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』3話ネット上の反応

ドラまる
金丸と文吾のやりとりが良かった。金丸生きててくれとの待望論がでてますね。

ラマちゃん
心が頑張っているのに、運命は残酷だと悲しむ声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『テセウスの船』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

テセウスの船|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『テセウスの船』4話のあらすじ

2020年2月9日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第4話のあらすじをご紹介します。

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。

心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。

心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『テセウスの船』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

事件ノートが真犯人の手に渡ったと考えた心。鈴に魔の手が迫り、すべてを文吾に告白が信じない。金丸の協力を得て、文吾も信じ、大量殺害を阻止を決意。心は現代に戻るが、歴史は最悪に。

ドラまる
文吾は犯人のまま、母と兄は自殺という最悪の結果。

最愛の妻・由紀はどうなっているのでしょうか。

ラマちゃん
心は文吾に会い、冤罪を晴らすことを誓う。姉を探し、夫の正体を聞き愕然とする。

心の文吾を救うための無謀な計画とは何だろうか。

これから文吾と心で解決できそうというところで、現代に戻ってしまいました。文吾は、止めることができなかったということですね。文吾は心を知っているということか。

母・和子と兄・慎吾が自殺する。なぜ、姉・鈴だけ残ったのか。心は生まれたのかな。最愛の妻だった由紀とは出会っているのでしょうか。

鈴の夫の正体を聞いて、心が驚くようです。鈴と夫が、事件の鍵を握るようですね。心は、どうやって、文吾を救うのか、展開が楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA