テセウスの船|2話ネタバレと感想。心が事件を止め未来が変わる!怪しい翼が死んだ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年1月26日(日)「テセウスの船」が始まりました。2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
文吾に、未来からきたと打ち明けた心。文吾と協力して、運命をかえようとする。

うまく行くのでしょうか。

ラマちゃん
姉の鈴が行方不明に、由紀の事件ノートに書いてないことが起こり、心は動揺する。

心と文吉に亀裂が入るようです。どうなって行くのでしょうか。

心は、和子の計らいで臨時教員として働く。由紀の事件ノートから、次に田中家が火事になると予測。調べに行くと、不気味な少女二人が書かれたノートを発見想定外に、鈴が行方になり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』2話あらすじネタバレと感想

佐野家は賑やかで笑顔が絶えない家族であった。心は、この家族を守るためにも、音臼小学校の事件を止めると決意する。

「警察は千夏の捜査を続けている。でも、案外バレない、本番に向けて、そろそろ次のイベントを始める。」と犯人がワープロを打つ音。

和子の計らいで、心は、音臼小学校の臨時教員としての面接を受け採用される。

面接に付き添ってくれた文吉といっしょに、さつき先生に学校を案内してもらう。無差別殺害事件のあった多目的室を見て、心はさらに事件を止めると決意する。

由紀の事件ノートを読み、3日後に、田中義男が火事で亡くなり、その翌日、三島茜が失踪する。

心は、文吉に、元県会議員の田中義男が火事で亡くなることを伝える。文吉は、さっそく調べに行くと言い、心もついて行く。

田中の家には、新聞配達員の翼が遊んでいた。心を見るなりどろぼうだと毛嫌いする。文吉は心をかばう。

目が見えない田中の家には、息子の正志が休みの日には介護にきたり、村人や小学生が遊びにきていた。詩をつくったのをノートに書き留めてくれていた。

そのノートをみると、不気味なウサギの絵や、女の子の2人絵が描かれていた。田中は知らなかった。文吉と心は、火事が起こる日に見回りを強化しようと話す。

心は、鈴の学級の担任になった。先生になりたかった心は嬉しかった。

加藤みきお、冴島真理、野村佑、佐野鈴、三島茜、児玉直弘、工藤さゆり、西脇勉、佐田悦子、佐藤陽と、全員の名前を呼び、生徒にすごいと言われる。

心は、新聞記事で知っていたのであった。

子供たちは、ウサギを校庭に飼っていた。翼がきて、子供たちにドロップを渡す。翼は子供たちに人気があった。

その夜、佐野家は、心の就職祝いで、かにが丸一匹のった特製ラーメンだった。心は、文吉が殺人犯で捕まったあと悲惨な暮らしを思い出し、この家族を守ると誓う。

「やはりあの薬はすごい!朝になったら皆がどんな顔をするか・・・楽しみ過ぎて今夜は寝られそうにない。」と犯人がワープロを打つ音。

翌朝、うさぎ小屋の扉があいていて、心がウサギが死んでいるのを発見する。翼がまた、子供たちにドロップをやるのをみて何か入っていてはと止める。

子供たちは、翼から、千夏が誤飲した除草剤パラコートを心が盗んだと聞き、心がウサギを殺したと疑う。刑事の金丸も疑い、千夏、ウサギの次にだれを殺すと迫る。

文吉が助けるが、金丸は、昨日今日あっただけの心をなぜ信じると疑問を投げかける。

そのころ、翼は、メッキ工場で働く婚約者の紀子から紙袋に入れた何かを受け取っていた。

心は、田中を訪ね、女の子二人がのった不気味な絵をもらってくる。明日は、田中の家が火事になるので、阻止するため、見張ろうと文吉と話す。

心がウサギを殺したと茜が良い、鈴と喧嘩になった。鈴は茜が死ねばいいというと、和子は、頬を叩き叱る。

翌日心は、鈴に、お母さんは、鈴のために怒っただけだと言う。鈴は自分が悪かったと認める。

「今日はむしゃくしゃする決行だと。」犯人がワープロを打つ音。

翼は、怒り、婚約者の紀子を突き飛ばす。液体の入ったビンとカメラを持って出かける。

文吉と心は、田中家で口実を作って見張っていたが17時が過ぎてもなにも起こらなかった。

目の不自由な田中が、心のリュックをひっかけ、事件ノートの雪崩の事故の記事を文吉が見てしまい驚く。心はすぐに奪い返す。

和子から、鈴が茜に会いに行くと言い、二人とも帰らないと連絡が入る。文吉と心は、田中の息子・正志に火元に気を付けるようにと注意し、鈴たちを探しに行く。

井沢も協力して総出で、鈴と茜を探す。暗くなり、雪も降ってきて、捜査は難航する。

心は、呆然と暗闇に立つ翼を見つける。翼は、茜が小さい頃から見ていいたと動揺を隠せなかった。心は、翼に声をかけるが、翼は闇の中に消えて行く。

文吉が鈴が見つからないとやってくる。心は、茜が行方不明は明日なのにと思わず行ってしまう。

文吉は、鈴を助けたいあまり、先ほどちらっと見てしまった事件ノートを見せて欲しいと頼む。

心は、無差別殺人犯が文吉であるとの記事だけは見せられないと思い断る。文吉は、心が信じれれなくなったと殴ってしまう。

鈴が見つかる。茜に謝ろうとバス停で待っていた。茜には会っていないと刑事の金丸に話す。

金丸は、心を疑うが、心は否定し、茜を雪の中探しに行くが、夜が明けても見つからず、佐野家に帰ってきた。

女児用の手袋が見つかるが茜のものではなかった。茜の両親は、心が何か知っているのではと、文吉に聞いて欲しいと懇願する。

心は、一人で茜を探していた。和子が見つけ、温かいものでも飲んでと渡す。心が早く探してやるたいと言うと、和子はついてきて欲しいと言う。

和子は、氏神様に誘い、二人で拝む。和子が辛いことがあっても、ここで拝むと気分が落ち着き、自然と家族の顔が浮かびなんでも乗り越えてやると思うと語る。

心は、何があってもですかと聞き、父親が殺人犯になり、母親から、父親はいないと思えと言われ家族がバラバラになった友達がいると語る。

和子は、その立場になったら、その母親と同じことを、子供を守るため言うかもしれない。心の奥深くで、父親を信じる。父親も子供のためなら許してくれると語る。

それを聞いた心は、文吉が捕まったあと、和子が、父親がいないと思えと言ったのは、自分たちを守るためだと確信する。

文吉が、慎吾と鈴をつれて和子を探しにくる。文吉は、心が、破れた写真を修復し、鈴に渡し、和子が心配してくれていると言ってくれてありがとう言う。

文吉は、ノートなんてどうでも良い、心を信じると言う。心の目には涙が浮かぶ。

和子は、鈴と慎吾が元気がないのを見て、今日は星が綺麗だと言い、文吉が、皆で手をつなごうと言う。

心を真ん中にして、家族全員で手をつなぎ星を見る。鈴が、茜が見つかるようにと願う。

翌日、翼が新聞配達を休んでいると聞く、翼の様子がおかしかったのを思い出す心。翼の家を尋ねる。

翼の婚約者・紀子が出てくる。心は、紀子がメッキ工場で働いていて、事件ノートで、青酸カリを飲んで死んだ記事を思い出し、青酸カリは紀子が翼に渡したのかと想像する。

心が記事を見ていると、加藤みきおと佐藤陽が声をかける。二人に、気味の悪い絵に描かれた飛行機のようなものを見せると、写生大会で行った小屋にあった風速計ではと言う。

文吾と心は、その小屋に自動車で向かい、チェーンでロックされたドアを壊す。茜が倒れており、文吉が確認すると息があった。

刑事の金丸と部下が入ってきて、心を疑う。気味の悪い絵は、事件ノートに挟んであり、その場で見せることができない。

金丸は、心を逮捕する。金丸に翼が死んだと連絡が入る。心は真犯人はだれだと思う。

鉛筆を鋭利に削る石坂校長、ウサギ小屋をじっと見つめるさつき、タイプを打つ井沢、パラコートを多量に持つ徳本、ウサギの絵を見る正志、茜の写真を燃やす紀子。だれが犯人なのか。

「翼が死んだ。バカなヤツだが盛り上げてはくれた。本番まで、あと2ヶ月。待ちきれない」と犯人のワープロの音。

ここまでがネタバレですが、第2話は、田中家の火事の阻止を文吉と心が協力。行方不明になった茜と鈴を心配する文吾は、事件ノートを見せろと心に迫り.....。

文吾は、心が未来からきたととりあえず理解し、強力することになり親子で事件解決かと思ったのですが、徐々に疑心暗鬼になりました。刑事の金丸の言葉なんて聞くなよと思いました。

文吾は、事件ノートの存在に気づきました。心は、文吾が無差別殺人事件の犯人だと知るとまずいと思い、必死に隠しました。どこかで見てしまうのか心配ですね。

ドラまる
事件ノートにあった田中家の火事は、心たちの警戒によって起こらなかった。茜が行方不明は起きましたが鈴もでした。

少しづつ未来が変わってきているということでしょうか。

ラマちゃん
和子が、子供を守るために、父親はいないと言うだろうというのを聞きます。

母・和子が、事件以来どういう気持ちでいたのかが分かり、少し心が晴れて良かった。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』2話ネット上の反応

ドラまる
犯人探しの考察が始まってますよ。

ラマちゃん
時を超えた家族愛に泣けた方が多くいますね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『テセウスの船』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

テセウスの船|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『テセウスの船』3話のあらすじ

2020年2月2日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第3話のあらすじをご紹介します。

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する!

果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。

心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『テセウスの船』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

田中家火事を防ごうと文吾と心は協力。茜と鈴が行方不明になり、事件ノートを隠す心を文吾は疑うが、鈴が見つかり和解。少女2人の不気味な絵から、茜も無事発見。金丸に心は逮捕される。

ドラまる
心は、金丸に逮捕される瞬間に事件ノートを捨てる。釈放後、免許書は戻ったが事件ノートは戻らない。

犯人の手に渡ってしまったのでしょうか。大丈夫かな。

ラマちゃん
また、奇妙な絵で予告があるようです。

次は、だれが亡くなるのでしょうか。

文吉は、心を疑いましたが、また信頼が復活しました。和子も含め、文吉と犯人を追いつめて、無差別殺害事件を防いで欲しいですね。

事件ノートが無くなり、心はこれからどうやって犯人と対峙して行くのでしょうか。見守りたいですね。

怪しかった翼が、青酸カリを飲んで死んでしまいます。茜の写真を婚約者の紀子が焼く。翼は単に少女好きだった。さて、真犯人は。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA