テセウスの船|1話見逃し動画無料視聴はこちら【1/19配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『テセウスの船』第1話(2020年1月19日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『テセウスの船』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『テセウスの船』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『テセウスの船』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『テセウスの船』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『テセウスの船』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年1月19日(日)放送終了後〜2020年1月26日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『テセウスの船』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『テセウスの船』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『テセウスの船』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじは?

2020年1月19日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじを紹介します。

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。

しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。

そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。

過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 

本当に事件の犯人なのか?

心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。

公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちぃ
新ドラマ「テセウスの船」は、汚名を着せられたまま亡くなった父親の真相に迫るべく、息子が事件当時へとタイムスリップをする話のようです。

本来であれば、誰も何も知る事が出来ないまま闇へと葬られてしまう真相をタイムスリップすることで真実を突き止めるというシナリオのドラマは割と多くありましたが、最終的に真相がハッキリとして、スッキリ終われるような物はあまり無かったので、今回のテセウスの船は真実を突き止めたあと、その真相はきちんと現代にて明らかにする事が出来る展開になって欲しいと思っています。

また、現代の人間が関わる事によって未来が変わるような展開になるのか?

現代と過去を行ったり来たりして、真相を持ち帰る事が出来るような設定なのか?

新たな見せ方であるドラマであって欲しいと思います。

ペンネーム:ちぃ(20代・女性)

いき
父親が犯罪者ですごく苦労をしてきた主人公がタイムスリップして若い頃の父親に出会うというエピソードが斬新で興味深いと思った。

父親のせいで息を潜めて生きてきた少年が大人になって父は殺人犯ではないかもしれないという真実を自分の手で明らかにする感じが今までにない感じがして面白そうなので楽しみだ。

タイムスリップがおこるドラマもあったし、ミステリーももちろん今まであったがタイムスリップして自分の家族の無地とを証明しようとするドラマは見たことがないのでどんな内容になるのか想像もつかない分普段のミステリーなら予測が当たることもあるが予測できなさそうで楽しみ。

ペンネーム:いき(20代・女性)

ももか
自分が生まれる前に殺人犯として父親が逮捕され、ひっそりと暮らしてきた主人公が過去にタイムスリップするという物語です。

父親のせいで肩身の狭い思いをしてきて、会ったこともない父親の気持ちなど考えることもしなかった彼が、過去にタイムスリップしてどんな事を思うのか、そこにどんな真実が隠されているのかが楽しみです。

単なる犯罪者の父親だと思っていたのが、実際にタイムスリップしてその姿を見ることできっと気持ちに変化が現れるのではないかと思います。

また、未来からタイムスリップしてきた主人公が過去の人物とどのような形で関わるのかも見どころです。

過去にタイムスリップして事件の真相をつきとめ、幸せな未来へと変わっていくことを期待したいです。

ペンネーム:ももか(20代・女性)

obanabana
生まれた時から否応なしに殺人犯の息子のレッテルを貼られてしまい、ずっと世間から厳しい扱いをうけてきた主人公の田村心が、父親が殺人事件を起こしたとされる少し前の時代にタイムスリップする、という異色のストーリーです。

タイムスリップというと、ちょっとファンタジーっぽくて、リアリティや現実味が無さそうな気がしていましたが、予告で流れた、主人公を演じる竹内涼真の表情や、殺人犯とされた心の父親を演じる鈴木亮平がかもし出す雰囲気を見ていたら、そんな先入観は吹っ飛びました。

どうやら父の殺人事件には複雑な真相が隠されているようですね。

その真相に息子がいかに近づいていけるか、というところがとても興味深いです。

ペンネーム:obanabana(40代・女性)

ミサコ
犯罪者となってしまった父親の冤罪を証明するために、息子がタイムスリップをして、過去の世界に行くストーリーのようです。

この時間枠のドラマはお仕事系の内容が多かっただけに、次回は少し違った趣向になるのだと思いました。

主人公は父親の無実を証明するために、警察官になったのかもしれません。

非現実的なところと事件が絡んだ、少し変わった内容にドラマになるような気がします。

刑事事件のようなので、このドラマを観て明日からの仕事のモチベーションが上がるかどうかは分かりません。

ですが、内容がかなり深いので、きっとかなり見ごたえのあるドラマになるのではないかと思っています。

ペンネーム:ミサコ(50代・女性)

ななこ
「テセウスの船」では竹内涼真主演で田村心を演じ、父親に佐野文吾役に鈴木亮平が31年前を演じる。

他にの豪華俳優たちで脇を固めている。

父親は警察官であったが、殺人容疑で逮捕されてしまう。

殺人犯の息子として、肩身の狭い思いで生きてきた田村心(竹内涼真)は、妻由紀に(上野樹里)父親を信じることを助言れ、父親が犯した現場に向かう。

そんな中、ひょんなことから心は、31年前にタイムスリップしてしまう。

心はタイムスリプして、父親文吾と再会できるのか?父親は本当に犯人なのか?

ミステリ-な内容となり、大いに期待が出来ると感じ楽しみです。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

2020年冬ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

キリン

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

初めての我が子が生まれてくるのを楽しみにしている夫婦。

そんな幸せの中にある夫の心はの父親は、実は有名な殺人犯だった。

そのことで幼い頃から辛い目にあってきた心は父親を恨んでいた。

そんな心に妻は、もしかしたら冤罪かもしれないと言われ、本当の真実を調べるべきか悩む。

妻が出産と共に亡くなり、父親として子供と共に強く生きようとしていた折、過去へタイムトリップしてしまう。

そこで出会ったのは、自分の家族、そして恨んでいた父親だった。

過去に起こった様々な事件を防ごうと必死に行動する心。

父親も心を最初は怪しい人物だと感じていた。

しかし、お互いに関わることで次第に気持ちは変わり、崖から落ちた父を助ける心は、自分の父親は殺人犯なんかではないと強く確信するのであった。

『テセウスの船』第1話の感想

とても深刻な内容のドラマで、最初は重い感じで始りました。

結構ドロドロしている内容かな?と思いましたが、主人公の妻がとても彼を理解している人だったのでホッとしました。

心の子供の頃の家族はいい状況では無かったけど、これからの未来は子供もできて明るくなるなと思った矢先の妻の死は辛かったです。

過去に戻ることになった心が、妻の言葉を信じ、事件を防ごうと必死に訴える姿には胸を打たれました。

父親を救い上げるシーンでは、迫真の演技で見応えがありました。

最後に2人で露天風呂に入ってる時、自分の父親がこの人で良かったと思えた心の嬉しそうな表情が良かったです。

ペンネーム:キリン(40代・女性)

彼方

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

連続殺人事件の犯人として逮捕された父親のせいでずっと身を隠すような生き方をしてきた。

そんな心にも心を許せる妻がいる。

妻は子供を妊娠しており、もうすぐ生まれるのを心も妻も楽しみにしている。

そんな妻・ユキから「どんな父親になりたいか?」と問われてしまう。

自身の父親が犯罪者であることから上手く表現できない心。

ユキは心の父親が犯したと言われている事件について調べていたと言い、新聞の切り抜きが貼られたスクラップブックをみせる。

そして心の父親を殺人なんて犯す人間ではないと信じたいと言うのだ。

そんな話をした矢先にユキは「お腹がいたい!」と言い出した!

『テセウスの船』第1話の感想

とにかく常にハラハラドキドキの連続でした!

霧に包まれて過去にタイムスリップするというのはベタな感じがする展開だったものの、竹内涼真さんの演技が迫真に迫っていて、そんなことはどうでも良くなるくらいに話に引き込まれていきましたね!

特に文吾と心とのやり取りは探あいのような感じで最後のほうまで文吾が犯人なのかも?と心の心情が揺れるところとても良かった!

信じたいけど、犯人なのかもしれないと思う気持ち、そして犯人だとしたら知りたくないという気持ちがとても感じられて面白かった!

ラストで文吾を助け出したあとに和解するところとても心に残りました!

ペンネーム:彼方(40代・女性)

1029

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

21人を殺した無差別毒殺事件「音臼小事件」

この事件で佐野文吾は逮捕され、その家族は世間からの厳しい視線を浴び、辛い日々を送ることに。

そして心は大人になり結婚し妻・由紀は妊娠していて、辛い過去も受け入れつつあった。

そんななか、心の妻・由紀は出産時に命を落としてしまう。

実は由紀は以前から「音臼小事件」について調べていて、その調査ノートを見た心は、もしかしたら父は冤罪かも知れないと思い始め、父の事件について調べることを決意し、事件現場の村へ。

すると突然霧が立ち込め、心は事件直前の平成元年にタイムスリップ。

その後、心は幼い鈴を助け、そして病院にやって来た父・文吾と対面すらのだった。

その後、心はこれから村で起こる事件を防ごうとするも失敗。

その後、心は佐野家に泊まることに。

母・和子は妊娠中でそのお腹の中いるのは生まれる前の心だった。

その後、心はこれから音臼村で起こる全ての事件、そして文吾が犯人として逮捕される「音臼村殺人事件」を止めることを決意するのだった。

その後、村の少女・明音が行方不明に。

本来なら6日後に死亡する事件だった。

心は明音と一緒にいる文吾を発見。

2人は崖から滑落し怪我をしていた。

実は文吾は森に1人でやって来た明音を捜索しにやって来たものの吹雪のなか滑落してしまうのだった。

心は2人を助け、そのなかで文吾が殺人犯ではないということを確信するのだった。

『テセウスの船』第1話の感想

父親が犯人の事件の真相を探るため息子がタイムスリップするという設定に「面白そうだな」と思い見始めました。

ストーリーは謎あり感動ありでとても面白く、続きが気になる展開でした。

心が妻・由紀のお腹の中の子どもにハーモニカである曲を演奏して聞かせる場面がありました。

心はその曲について「子どもの時から耳馴染みのある曲」と話していましたが、もしかしたら父・文吾も同様に心がお腹の中にいた時に聞かせていた曲なのかな?と思いながら観ていたら案の定そうでしたね。

それが明らかになる場面は感動的でした。

初めは文吾のことを信じたいという気持ちを持ちながらも自分たち家族を苦しめた憎い相手として接していた心でしたが、ラストで命をかけてでも村の子どもを守りたい文吾の姿を見た心は、文吾への見方が変わった様子で「殺人犯ではない」と確信していました。

「音臼村殺人事件」の真相がますます気になりました。

ペンネーム:1029(20代・男性)

こたろー

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

主人公である田村心(竹内涼真)の父親である佐野文吾(鈴木亮平)が平成元年に起こした連続毒殺事件について調べていた。

この事件により母である佐野和子(榮倉奈々)や姉、兄と共に世間から厳しい目を向けられていた。

ある日、事件の現場となった音白村を訪れた心はタイムスリップによって事件当時の音白村へ飛ばされてしまう。

タイムスリップ直後から調べていた事件が次々に起きていた。

その事件の中で文吾と初めて出会い、笑顔の溢れていた和子や姉、兄とも出会うのであった。

心は村で起きていた事件を防ごうと過去に起きた事件を書いたノートを元に事件現場へ足を踏み入れていく。

ある日、村の少女が失踪し、それを探しに出た文吾も失踪していた。

心は文吾を疑い、探しに行くと吹雪の吹く、雪深い山中の崖下で踞る少女と文吾の姿を見つけ、心は文吾を問いただす。

少女は文吾は助けに来てくれたと話し、文吾も少女を助けようとしたが足を痛め、崖上へ登ることが難しい状態であった。

吹雪の中、少女を早く村へ送るよう心へ語気を強くして伝え、心は少女を村へ送り届けた。

その後すぐに文吾の元へ向かうと寒さで意識を失っており、心が必死に呼び掛けると文吾は意識を取り戻し、細い声でそれに応えた。

心は手を必死に伸ばして文吾を崖上へ引き上げた。

心は少女の命を第一に考え、身を呈して守ろうとした文吾が本当に殺人犯だったのか疑問に思い始めていた。

村に帰った後、心は文吾に自分が2020年からタイムスリップしてきたことを告げた。

文吾は半信半疑だが心を信じていた。

『テセウスの船』第1話の感想

殺人犯の家族と虐げられてきた心の文吾への憎しみを感じつつも、初めて父や笑顔を見せる母や姉、兄を見ることが出来た心の嬉しい感情を感じられた。

少女を助けた一件で父を見る目が変わり、自分の父が連続殺人犯では無いと確信した心の表情がとても感動的であった。

心が過去の忌まわしい事件によって虐げられてきた人生をこの過去で変えて、幸せな家族を取り戻したいという熱い気持ちも感じられ、応援したくなる気持ちになった。

原作と多少の変更点があると思うため、原作を見た方には違う意見もあると思うが、心のこれらの気持ちは原作にも勝るような気がする。

ペンネーム:こたろー(20代・男性)

旅人

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

実の父親が殺人犯だった主人公。

家族が殺人犯だったためそれまでの人生は決して幸せなものではなかった。

それでも、結婚して子供を授かることができ、人並みの幸せな人生を送ることができるのではないか?

と感じた矢先に出産時に妻が妊娠中毒症から命を落としてしまう。

妻の父親からはお前のせいで心労がたたって命を落としたのだ!というように罵られてしまう。

また、子どもの親権についつも要求されてしまった。

自分がこんなにつらい目に合うのは父親が起こした事件のせいである。

しかし、妻は生前にもしかしたら冤罪だったのではないか?と感じていたようで真相を確かめるために事件の合った場所に向かうのだが…。

『テセウスの船』第1話の感想

榮倉奈々さんのメイクがまずすごいなぁと。

まだ年齢的にも若い女優さんだと思いますが、過去編と現在でメイクが異なり憔悴した感じのメイクがすごいリアルでした。

タイムスリップした舞台の当時の小物なんかも平成になった直後の時代ってこんな感じだったんだなぁと感じるものも多かったですね。

ブラウン管TVや診療所で使われる小物などもどうやって揃えたんだろうと感心しました。

鈴木亮平さんの非言語で表現するシーンの描写も本当に殺人犯なのかそうでないのかわからずに今後どういった展開で物語が進行していくのかというのが気になります。

ペンネーム:旅人(30代・男性)

ペットボトル

『テセウスの船』第1話のあらすじネタバレ

今から約30年前、殺人犯の息子として生まれた主人公・田中心はずっとその十字架に苦しんできた。

そうした生活の中でも理解ある女性と結婚し、子供も授かったのだが、妻は子供の出産と同時に息を引き取ってしまう。

妻の遺言、「冤罪を訴え続けているお義父さんを信じてみてあげて」という言葉を汲んで、心はひとり父の故郷であり殺人事件の舞台でもある冬の山村を訪れる。

すると、そこで心は謎のタイムスリップ現象に遭遇し、30年前――父がやったとされる事件が起こる少し前の時代に放り出されてしまった!

村の中をさ迷い歩くと、30年前の父や母、姉や兄など自分の関係者が次々と現れる。

母は既にお腹が丸々と膨らんでおり、心の出産を控えていた。

混乱しながらも「ここは30年前の世界なんだ」と理解した心は、持参した「妻が30年前の事件について調べた事を書き綴ったノート」を頼りに事件の真相を追っていく。

父が犯人とされる大量殺人事件まではまだ日があるものの、それ以前に似たような毒殺事件が幾つも発生しているのを思い出す心。

彼はノートの事件記録や新聞記事のスクラップを見ながら一人も犠牲者が出ないようにと先回りし続けるのだが、どういうわけかそれによって防げる被害と防げない被害とがあった。

現地の村人から見れば奇妙な言動を繰り返す心を、父である佐野は怪しみ、心もまたそうして警戒してくる佐野を「やっぱりお前が犯人なのか?」と疑う。

しかし佐野は心の手荷物にあった未来の免許証を見たり、彼の預言によって村人が助かった事などから心を信用し、タイムトラベラーである事も受け入れた。

一方で心も父が命がけで村の少女を救おうとしたのを見て、「この人は本当に犯人じゃなかったんだ」と確信するのだった。

『テセウスの船』第1話の感想

お父さんの佐野が怪しくて、途中まで「彼は本当に悪人だったのか……」と思いながら視聴していました。

パラコートが机の引き出しから出てきた時も「お前なのかよ!?」と心と同じようなリアクションをしてしまいましたよ。

しかしあのパラコートの空き容器、彼の私物ではなくて心が雑に捨てていたものを回収してくれていたんですね。

女の子達の手を引いて歩いていたのにもきちんと理由があったと明かされましたし、最終的には「佐野は本当に冤罪だったのか」という風に見方が変わりました。

でも意味深な文章をワープロに打ち込んでいる人間がいるんですよね……。

あれはいったい誰だったのかが気になって仕方ありません。

早く続きを見たいです。

ペンネーム:ペットボトル(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『テセウスの船』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA