テセウスの船|1話ネタバレと感想。父を断崖から救う息子・竹内涼真に注目!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年1月19日(日)「テセウスの船」が始まりました。1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
父が殺人事件を起こすことで、不幸になった息子が、タイムスリップすることで、家族の未来を変えようとする。

泣ける本格的ミステリーが始まります。楽しみですね。

ラマちゃん
主演は、竹内涼真さん、下町ロケット、陸王、ブラックペアンで熱い演技をしたことは記憶に新しいですね。

殺人犯の父が鈴木亮平さんとそれ以外も豪華な顔ぶれです。期待できそうです。

父親が殺人で逮捕され、加害者家族として厳しい目で見られてきた心。励ましてくれる妻の助言で、父親を信じることに。事件現場の村を訪れ、突然、事件前の31年前にタイムスリップし.....。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』1話あらすじネタバレと感想

31年前、音臼村で起きた音臼小無差別殺人事件の犯人・佐野文吾を父に持つ田村心は、幼いころから、世間のバッシングに会っていた。母・和子は父がいないと思えと耐えてきた。

文吾は、当時、警察官で、死刑判決が出たが、未だに、無実を訴えていた。心は、令和になっても文吾が父であることは変わらずひっそりと生きていた。

心と最愛の妻・由紀との間に、もうすぐ赤ちゃんが誕生する。心は、昔聞いたが曲名が分からない曲を得意のハーモニカで聞かせる。

由紀は、心と父親のこととは関係ないから、目標だった教員を目指して欲しいと言い、父親も無罪を主張しているなら信じてあげた方が良いと言う。

由紀は、当時の記事を調べてスクラップブックにし、音臼小無差別殺人事件の前に不可解な事件が起こっており、心の父親が捕まったのも、家から青酸カリが見つかっただけで物証が少ないと。

心は、由紀と生まれてくる赤ちゃんと3人の幸せを考えたいと言い、父親はいないものと思っていると決意を語る。

由紀の陣痛が始まり、病院に入院する。赤ちゃんは無事生まれるが、由紀は、妊娠中毒症で危険な状態になる。由紀は、心の父親を信じてみてと最後の言葉を残し亡くなる。

由紀の両親は、心の父親のせいで、亡くなったと怒り、赤ちゃんは引き取ると言い出す。心は、どうしてよいか分からず、由紀の最後の言葉を思い出し、赤ちゃんを守ることを決意する。

心は、母・和子に、今まで、世間の目が厳しく、父親のことを避けて隠れるように暮らしてきたが、父親が冤罪だったらどうすると、一度会いたい、娘・未来が幸せに暮らせるようにと。

未来の世話を和子に託し、文吾に会いに行く前に、事件のあった音臼小学校に行った。あたりが霧に囲まれ、心が気が付くと、廃校になった校舎が現れ、廃村になった村も戻っていた。

心が神社に行くと、女の子が階段から落ちて倒れていた。三島医院に担ぎ込み、カレンダーを見ると1989年7月1日だった。元号が平成となったと発表され、心は信じられないと思う。

由紀の残した記事のスクラップを見ると、1989年7月1日に、佐野鈴、心の姉が、転落し頬を怪我したことが書かれていた。心は、鈴の頬の痣は、小学生の時の事故であることを思い出す。

看護婦さんが、佐野の名前を呼ぶ、心が会ったことのない警察官姿の父・文吾であった。文吾が名前を名乗り、心に名前を聞くが、心は、狼狽えてしまい逃げて行く。文吾は不審に思う。

三島病院を出ると、女の子が1人立っているのを見つける。由紀のスクラップには、7月1日に三島病院の次女・千夏に倉庫にあった除草剤パラコートを誤飲して死亡と書かれた記事があった。

女の子は、千夏と名乗り、慌てた心は、倉庫を見せて欲しいと頼み、除草剤パラコートを奪う。千夏に泥棒だと叫ばれ、逃げる。その様子を新聞配達員・長谷川翼に目撃される。

雪の中、林に逃げ込み、除草剤パラコートを廃棄する。これで、千夏は大丈夫だと思うが、文吾が千夏の手を引き連れて行くのが見え、追いかけるが吹雪で見失う。

心に大声でそんなところにいては危ないと声をかける子供連れの女性がいた。その女性は、心の母・和子で、連れていたのは、兄・慎吾だった。

三島医院に行き、和子は、心が、娘の鈴を助けてくれたと知り感謝する。鈴の頬の凍傷は発見が早く軽傷だった。心は、姉・鈴の痣が酷いことから、過去が変わったと、千夏も助かると思う。

文吾が、大声で呼び、倉庫で千夏が倒れていた。心は、除草剤パラコートを廃棄したのにと思い、文吾が、千夏を林の中に引っ張っていったことを怪しむ。

文吾は、駐在所に電話をかけ、男が何かを取って逃げたこと、千夏から聞いた服装を告げる。その服装は、心と同じで、文吾は、心を怪しい目で見る。

和子は、千夏が亡くなったことを知らせる。文吾は、心に話を聞きたいと言い、心は文吾を怪しんでいた。誰かが、除草剤を試したがあれではだめだとワープロで記録していた。

翌日、心は、逃げずに、駐在所に文吾を尋ねる。新聞配達員の翼が新聞を届けにきて、心が、何かを盗み、千夏と話していたと証言する。

文吾が、取り調べをしていると、和子が、鈴の命の恩人に何をしていると怒り、朝食を食べて行ってと心を誘う。

慎吾が、和子のお腹の中にいる心の名前をつけると張り切り、和子も心が見たことないような笑顔で笑っていた。佐野一家は明るく笑顔が絶えなかった。

文吾は、仙南署に行き、刑事の金丸は、千夏が除草剤を誤飲して亡くなったと説明し、その時に逃げた男が怪しいと言う。文吾は、身元不明の心が家にいるという。

心は、佐野家の子供たちにすっかり気に入られる。和子に、父親を捜しにきたと説明する。和子は、しばらく家にいたら良いと勧め、子供たちも大喜びする。

和子は、子供たちを連れて、千夏のお通夜に出かけ、校長の石坂や教員のさつきに会う。石坂が、千夏は、除草剤の誤飲で亡くなったと話すのを心は聞き、千夏を連れて行った文吾を怪しむ。

和子たちがいなくなったあと、心は、駐在所内の文吾の机を調べ、そこに、除草剤パラコートの空の容器を発見し、文吾が千夏を殺したと確証する。

心は、由紀のスクラップを読んで、音臼小学校の無差別殺人事件が起こる前に発生する事件を防ぐことで、家族の未来を変えると決意する。

心と子ども達がいっしょにお風呂に入っている間に、文吾は、心のリュックの中の財布を開き、見たことのないお札と、平成32年と書かれた免許証を見つけ、ますます怪しむ。

平成元年1月9日、午前7時ごろ、木村メッキ工場の木村が雪崩に遭うとの記事を見て止めに行くが聞く耳を持たなかった。木村は、教員のさつきの父親であった。

通りかかった文吾のパトカーに、さつきといっしょに心は乗り、雪崩が起きる現場まで、必死に、木村に止るように叫ぶ。木村が止まると、目の前で雪崩が起きて間一髪助かる。

心は、歴史は変えることができるのだと、木村メッキ工場を後にする。その姿を、メッキ工場で働く、佐々木紀子を見つめる。

文吾は、駐在所の自分のデスクを開け、除草剤パラコートの空の容器を見つめ、どこかに電話をかける。容器は誰かが入れたものではなく、文吾が入れたものなのか。

佐野家に帰った心に、和子は、またお手柄だったと言う。刑事の金丸が所持品を持って署に来てほしいとくる。和子が止めようとするが、文吾が頼んだようであった。

心は、金丸たちの車に乗り込む。外には、文吾が立っており、心は、文吾を凝視する。

ワープロを打つ音、超能力なのか絶対に計画を邪魔させないと書かれていた。

金丸は、心が三島医院の倉庫から盗み出すのを目撃されていると言い、パラコートではと迫る。心は、パラコートの容器を文吾が持っていると言えば良いが、母親たちが同じ目に会うと辞める。

1月10日になり、心はようやく保釈される。雪の中でパラコートの容器を探すがなかった。金丸たちがつけており、心が去ったあとを探す。

鈴が現れ、三嶋医院の長女・明音が行方不明になったと言う。心は、スクラップでは、1月16日からなのにと、文吾が早めたのかと思う。心は、鈴に帰るように言い、探す。

明音は、だれかに連れていかれていた。村人の井沢や徳本も、三島の依頼で探す。教員のさつきも同僚の先生2名や生徒達と探す。

心は、雪の林の中を、明音の名前を呼び探す。足跡を見つけ追うと、銃声が聞こえてきて、血のあとが出てくる。その先は断崖であった。

崖の下を覗くと明音がいた、傍には、文吾がいた。心は、文吾がやったのかと思うと、明音が道に迷って助けてもらったと叫ぶ。血は、熊が現れ、文吾が威嚇したものだった。

文吾は、明音を引き上げて欲しいと言う。心には、お父さんを信じてみてはと言う由紀の顔が浮かぶ。手を伸ばし明音を引き上げ助ける。

心は、文吾がこのままでは凍死すると思い手を伸ばすが、文吾は、足を怪我して歩けないから先に明音を助けろと、子供を救うのが大人の使命だと叫ぶ。

心は、自分の命を捨てて助けようとする文吾を信じる。明音を探しに来た井沢に託し、文吾を助けに戻る。

心は必死に戻るが、佐野が崖の下で、眠っていた。大きな声で名前を叫ぶと、ようやく目を覚ます。文吾は、明音が助かったことを聞き安心し、心一人では無理だと答える。

心は、和子さんや子ども達のためにも死んではだめだと言い、一呼吸いれて、「俺が、死んでもらっては困るのだと」大声で叫ぶ。

文吾に通じ、手を伸ばす。心も手を伸ばし、必死で、文吾を引き上げ助ける。

家に帰った文吾に、和子は、警察官が心配かけてどうすると笑いながら怒る。心に礼をいう。

文吾と心は、露天風呂にいっしょに入る。文吾は、免許証を見てしまったと謝り、正直に話して欲しいと言う。心は覚悟を決め、2020年の未来からきたと告白する。

文吾は、そうでないと、雪崩とかパラコートが説明できないと語り信じる。パラコートの容器は、文吾が回収して、駐在所の机に隠したのであった。

文吾は、未来のことを聞くが、何がなくても家族といっしょに暮していたいと語り、上を向いて歩こうの口笛を吹く。その歌は、心がハーモニカを吹いていた曲だった。

心は、由紀にどんなパパになりたいと聞かれたことを思い出し、いつでも家族のことを思う文吾のような父親になりたいと思い、文吾が父親で良かったと涙を流す。

ここまでがネタバレですが、第1話は、殺人者の父を持ち、悲惨な生活をしてきた心。タイムスリップし、過去を変えることで、家族の未来を変えようと.....。

妻・由紀の言葉に後押しされ、心は、父親と会ってみようと思います。そこでタイムスリップし、過去を変えることで、未来を変えようと奮闘しますね。その姿が良かったです。

心が除草剤パラコートを捨てたのに、だれが、千夏をパラコートで殺したのですかね。空容器を持っていた文吾が怪しいと思ったのですが、回収してしただけでしたね。

ドラまる
断崖で、自分が危ない状況だったのに、子供を先に助けた文吾を見ました。

心は、この人が犯人ではない、信じようと思いましたね。良かったです。

ラマちゃん
心が由紀のお腹の中の赤ちゃんに聞かせていたのが、父親が歌っていた曲とは、驚きでした。

やはり家族だったのですね。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』1話ネット上の反応

ドラまる
竹内涼真さんの演技に引き込まれたとの声も上がってますね。

ラマちゃん
真犯人予想をしてますよ。だれなのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『テセウスの船』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『テセウスの船』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

テセウスの船|1話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『テセウスの船』2話のあらすじ

2020年1月26日(日)放送のドラマ『テセウスの船』第2話のあらすじをご紹介します。

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。

そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。

由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。

田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。

これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。

想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『テセウスの船』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

父親がやった殺人で、叩かれる日々を送ってきた心。事件の直前にタイムスリップする。除草剤で子供を殺したのは父親と思うが、断崖で子供を先に助けた父親に、信じることを決める心。

ドラまる
心は、小学校の臨時職員になり、父・文吾と起こる事件を解決して行こうと考える。

文吾との親子タッグが見れるのかな。

ラマちゃん
姉・鈴が行方不明になり、スクラップブックの記事にない出来事が起こり心は動揺する。

頼りのスクラップブック以外の事が起こり、どうやって変えて行くのでしょうか。

殺人を犯した父により、悲惨な人生を送ってきたのを、タイムスリップして、家族のために変えようとする必死な心。竹内涼真さんが体を張った演技良かったです。

断崖で父親の鈴木亮平さんを息子の竹内涼真さんが救おうとする。親子の絆をみたようで感動しました。

今のところ怪しいのは、メッキ工場で働き青酸カリを入手できる紀子と、千夏が殺された時にいた新聞配達員の翼かな。二人は婚約中で協力もできたと思いますしね。さて、真犯人は。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA