シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|3話ネタバレと感想。生き残ったのはレン?それとも?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年1月26日(日)にドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話が放送されました。

ドラまる
日曜のしめはシロクロパンダで決まり!
ラマちゃん
今日も痛快にグレーなことにシロクロつけるよ。

森島とレンの抱えている闇にも注目だわ。

こちらの記事では、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話あらすじネタバレと感想

病院で精神科医の門田明宏(山崎樹範)の治療を受けている川田レン(清野菜名)。

表情が豊かになったと言われ、その理由として森島直輝(横浜流星)を思い浮かべます。

レンの治療を終えると双子の記憶交換の記録を取り出す門田。

火災で双子の姉のリコが亡くなり、レンは生き残った。

記憶だけが入れ替わっているのですかね。生きているのはレン?リコ?どちらでしょう。

その頃、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵(秋元才加)が練習中の不慮の事故で世界選手権を辞退することを発表しました。

沙奈恵はレンの中学の同級生で、彼女は練習中に何者かにロープを切られたと訴えかけます。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に呼び出された森島は、この件にシロクロつけることになりました。

呼び出し名はMNCでしたね(笑)

沙奈恵は前コーチ・磯貝誠(六平直政)を突然解任していたこともあり、全日テレビのフリーのディレクター・神代一樹(要潤)は磯貝を容疑者として考えていました。

沙奈恵の代わりに代表として出場する北里亜香里の練習場にスピードクライミングの有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチ(フィフィ)が現れます。

そこへミスパンダに変貌したレンも乱入し驚異的な身体能力で壁を登り切ってしまいます。

そして、亜香里に沙奈恵のロープを切ったのではないかと詰め寄ります。

挑発に乗った亜香里は沙奈恵の記録を破り自己ベストを出してしまいました。

その頃、入院中の沙奈恵の元にお見舞いに訪れたレンは昔話に花を咲かせようとしますがリコの話が出たとたんレンの顔色は変化しました。

昔、母・川田麻衣子(山口紗弥加)に可愛がられていたレン、檻の中に閉じ込められ虐げられていたリコ。

そう記憶していたレン。

森島に助けを求めたレンは大学に向かいます。

「直輝」「レン」呼びが初々しいですね。

そして10年前、キャンプに出掛けたバンガローで放火事件に遭い、双子の姉を亡くしたことを打ち明けます。

助けに行かなかった後悔。

森島も、父親を亡くした苦しい過去を打ち明けレンを抱きしめてあげました。

「じゃあ、パンケーキ食べに行こうか。」

そんな様子を見ていたのは、コアラ男でした。

森島の父親の事件に関係のある人物でしたね。怖い怖い。

沙奈恵の事件には一つの進展が見られました。

沙奈恵と現コーチの鹿野博史(三浦貴大)が熱愛関係にあることが明るみになりました。

そこへパンダチャンネルが始まります。

映し出されたのは亜香里の練習場でした。

亜香里のロープを切ったミスパンダ。なんてことをするのでしょうか。

これには視聴者も非難の声をあげます。

一度切れた配信の後、再び始まったのは寝起きドッキリ。

今度はホテルの一室で交わされている、鹿野とコリーナのコーチのミルコビッチとの逢瀬の様子を映し出しました。

ミルコビッチはコリーナを勝たせるため、そして鹿野はミルコビッチの国の代表コーチの座を手に入れるため、沙奈恵に怪我をさせていたのです。

鹿野が沙奈恵と恋人関係になったのは磯貝を追い出すためでした。

亜香里が報道陣の前で好タイムを出した時、飼育員さんはコーチであるのに喜ばなかった鹿野のことが気になっていました。

そしてミスパンダに亜香里のロープを切らせたのも飼育員さんの罠でした。

亜香里はケガをすることもなく、沙奈恵は磯貝を再びコーチに呼び戻し再起を誓います。

そして森島はレンの正体について門田にある質問をぶつけていました。

スポンサーリンク

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
ミスパンダと飼育員さんのハイタッチも、一緒に戦うのもますます息がぴったりになって気持ちがいいね。

ラマちゃん
レンの時の清野菜名さん、本当に可愛いわ。

ドラまる
秋元さんも気の強いアスリートをしっかり演じてたけど、それ以上にフィフィ姐さんに度肝抜かれたね。

ラマちゃん
これは、キュン死しろということね。

こんなこと言われてハグされたら誤解しちゃうわ~。

ドラまる
治療を施した門田が真実を語るのも時間の問題だね。

スポンサーリンク

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(第3話)の動画を無料で見る方法はこちら

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話あらすじ

2020年2月2日(日) 22:30時から放送のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4 話のあらすじをご紹介します。

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。

レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。

彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。

3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。

涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。

涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。

翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。

ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。

会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。

会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。

あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。

涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。

その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。

しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。

一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。

ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

「私を檻から出して。」その記憶を鮮明に覚えているのは閉じ込められ、母から虐げられていたリコ。

火災で生き残ったのは実はリコだったのでは?

天才囲碁少女だったレンが生き残って喜んでいた母から守るために精神科医の門田が記憶操作をしたのではないでしょうか。

リコは学校では活発だったことが沙奈恵の証言からわかったように、ミスパンダが運動神経抜群なのもレンが実はリコだったと仮定すれば納得がいきますね。

そして、そのことを聞いた森島がどうするのかも気になるところです。

ドラまる
次回はレンの正体に気が付いた森島が、真実を知ることになりそうだね。
ラマちゃん
Mr.ノーコンプライアンスが持っていた森島の父(田中圭)の警察手帳も疑問が残ったわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA