シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|1話ネタバレと感想。清野さんのアクションと田中圭さんの登場に興奮!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年1月12日(日)にドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話が放送されました。

ドラまる
新たな挑戦を見せている新日曜ドラマは、『今日から俺は!!』に出演の清野菜名さんと『あなたの番です』に出演していた横浜流星さんがダブル主演だよ。
ラマちゃん
白黒つけられない世の中に白黒つけてくるのよね。

二人のアクションシーンは楽しみだわ。

こちらの記事では、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話あらすじネタバレと感想

とある場所で目を覚ましたミスパンダ(清野菜名)

飼育員さん(横浜流星)の言う通り、女性に性的暴行したとされる国会議員を貶め、全国民に向けその暴露を届けるミスパンダ。

最初から白髪に白い衣装でシロクロつけるミスパンダを演じる清野さんのアクションが冴えわたっていますね。

一方、囲碁の勝負に挑む川田レン(清野菜名)。

こちらも白と黒の世界ですね。

ネガティブ過ぎるレンは対戦相手の息子の応援する声に反応し、わざと負けてしまいます。

試合後、ミスパンダのニュースを見るレンは、自分はあんなふうに振る舞うことはできないと感じていました。

そんな中、世間ではIT企業の社員・横山愛菜が顔に包帯を巻いた動画を残し自殺を図ったショッキングな事件が話題になっていました。


Mr.ノーコンプライアンスと名乗る佐島(佐藤二朗)に呼び出された飼育員こと森島直輝(横浜流星)は、自殺として処理されたこの事件のシロクロをつけるよう依頼されます。

女性の自殺した原因が整形の失敗にあると噂になったことを番組で取り上げようとするフリーのディレクター・神代一樹(要潤)ですが、局側に整形を施した医院がスポンサーであるため反対されてしまいます。

しかし、神代は引き下がらず、森島の恋人である佐島あずさ(白石聖)をつれて取材へと出かけていきました。

その頃、極端なネガティブ思考を治そうと精神科医の門田明宏(山崎樹範)の診察を受けるレンは、門田の教え子の森島に会えることも楽しみにしていました。

森島に「パンケーキを一緒に食べに行かない?」と誘われ、パンケーキにかかるシロップを見ているうちに意識が遠のいていくレン。

これがレンをミスパンダにするスイッチになっているんですね。

森島がかけた催眠術にかかったレンはミスパンダへと変貌を遂げました。

ミスパンダ「待ちくたびれたよ、飼育員さん。」

自殺した愛菜の葬儀に喪服で現れたミスパンダ。

そこで披露された映像は、愛菜は自ら死を選んだのではなく、何者かに殺害されたのではないかという疑問を呈していました。

ネットで世間の注目を集めた愛菜の動画には続きがありました。

顔をくるんでいた包帯を取ると「これが生まれ変わった新しい私。」と整形が成功し院長に感謝している様子が映し出されていました。

これに怯えていたのは彼女の勤めていたIT企業の社長・江本達郎(和田正人)です。

会社に戻り、処分したはずのトロフィーを見て驚きます。

待ち構えていた森島にすべてを見抜かれ抵抗した江本ですが、ミスパンダのお仕置きタイムが始まりました。

手術台に寝かされた江本に、ミスパンダはさらなる動画の続きを見せます。

その様子は、世間に実況中継されていました。

愛菜に対し曲がった愛情を向けていた江本の行為に、苦悩していた彼女は江本の重なるセクハラ行為を告発する動画を残していました。

そのことを知った江本は逆上し彼女をトロフィーで殴打し転落させていたのです。

江本に対し、クロの判定を下したミスパンダはとどめを刺そうとしますが飼育員さんに止められました。

仕事が終わり「お疲れさま」と抱きしめられたミスパンダは眠りに落ちていきました。

翌朝、ベッドで目を覚ましたレンからはミスパンダの記憶は無くなっていたのでした。

そして森島に対し、グレーなものにシロクロつけるよう依頼したMr.ノーコンプライアンス佐島は法務大臣でした。

しかも、森島の恋人のあずさと同じ名字。

これは何かあると考えていたら、森島パパ役で田中圭さんが登場です。

その亡くなった警察官の父親が残したパンダのぬいぐるみから見つかったメモリーには誘拐事件の映像が。

さらにレンの母・川田麻衣子(山口紗弥加)は病気療養していましたが、レンの自宅に残っていた写真と病室に飾ってあった写真。

同じ写真なのにお互いに違う子供の方を消しているという謎が残されました。

スポンサーリンク

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
田中圭さんが横浜流星さんの父役!!!

しかも「パパ」って呼んでたね。

ラマちゃん
こっそり戦隊モノ対決だったわ。

ドラまる
清野さんと言えば、可憐な顔立ちとは裏腹の迫力のアクションシーンだよね。

次回も存分に楽しめそうだよ。

ラマちゃん
やっぱりイケメンは最高よ。

私も優しくハグされたい~。パンケーキにも誘われたい~。

ドラまる
Mr.ノーコンプライアンスの佐藤二朗さんはあんまりふざけてなかったね。

ラマちゃん
いろいろあった山口さんの出演は、素直に応援したいわ。

スポンサーリンク

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話あらすじ

2020年1月19日(日) 22:30時から放送のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話のあらすじをご紹介します。

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。

男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。

事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。

池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。

犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。

“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。

東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。

その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。

赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。

さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。

レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。

パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。

そして、ミスパンダが出現。

直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。

しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。

そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

奇抜なスタイルなので、慣れるまで時間がかかりそうですが、ミスパンダに変貌した後の清野さんはイキイキとしていて楽しそうに見えました。

そして、友情出演の田中圭さん。

シークレット扱いになっていたことに納得してしまいました。

レンも母との間に秘密があり、森島も父との間に謎を残している。

これからが気になる終わり方でしたね。

ドラまる
一話完結のように見えて、気になる部分を散りばめた第一話だったね。
ラマちゃん
Mr.ノーコンプライアンスは法務大臣で、もしかしたらあずさの父親っぽいわね。

そして、森島の父が誘拐に関係している???

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA