知らなくていいコト|最終回ネタバレと感想。尾高とケイトは結ばれるべきだった?

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2020年冬ドラマ『知らなくていいコト』最終回が2020年3月11日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
弁護士の話から浮上した乃十阿冤罪説。

結末は?

こちらの記事では、ドラマ『知らなくていいコト』最終回のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『知らなくていいコト』最終回のあらすじネタバレと感想

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていました。

ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとしますが、すでに息子と会っていたケイト。

結局、息子を目の当たりにしたケイトは息子に何も言うことが出来ず帰国してきました。

そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫ります。

乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイト。

ですが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出します。

乃十阿が息子がハリヒメソウを入れている写真を入手するなど事件の真相究明が進む中、自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイト。

数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞きます。

その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていました。

記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれます。

真実を書くことを躊躇するケイトに対し、記事を書くべきだという尾高。

さらに、奥さんに離婚を承知してもらったことを伝え「結婚しよう」という尾高。

「私も好き」と答えるケイトでしたが「離婚はしないで欲しい」と伝えます。

ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱いていたのです。

その後、子どもと離婚届を置いて奥さんに出て行かれてしまった尾高はシングルファザーに。

そして、記事を書く決意をしたケイトはついに自分の手で記事を書き上げました。

ケイトの記事を絶賛する岩谷。

ところが状況証拠だけで記事を書いてしまい遺族からの反発を恐れた社長は記事をボツにしろと岩谷に伝えます。

納得のいかない岩谷でしたが、強行突破して自分とケイトが飛ばされる可能性を考え結局記事を見送ることにしました。

その後、ボツになった記事を乃十阿に持って行ったケイト。

ケイトが自分の娘と認めないことで、ケイトを殺人犯にしたくない。

ケイトはそう解釈していたのでした。

数年後、野中は作家デビューして成功、岩谷は局長、黒川は編集長、そしてケイトはデスクへそれぞれ昇格していました。

以上が「知らなくていいコト」最終回のネタバレ。

やはり乃十阿は息子をかばっていたのでしたね。

そして、結局ケイトと尾高は結ばれませんでした。

シングルファザーになった尾高に一緒に育てる?と聞くケイトでしたが、今度はそれを断る尾高さん。

若干もやっとする結末でしたが、これでよかったのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『知らなくていいコト』最終回のネットの反応や評価は?

ドラまる
結末にもやっとする視聴者が多数!

ラマちゃん
賛否両論みたいね~

ドラまる
野中がまさかの小説家デビュー!
ラマちゃん
これは思わず笑ったわ!

スポンサーリンク

ドラマ『知らなくていいコト』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『知らなくていいコト』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『知らなくていいコト』(第10話)の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『知らなくていいコト』9話のあらすじネタバレと感想と最終回のあらすじをご紹介しました。

離婚は成立しつつも結ばれることはなかったケイトと尾高さん。

離婚の末とはいえ、この結末には賛否両論でした。

確かに話し合ったうえで離婚が成立したならもう不倫ではないのですが、子どものことを考えるとこれでよかったのかもしれません。

ドラまる
とうとう迎えた最終回!
ラマちゃん
来週から尾高さんロスね~

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA