パパがも一度恋をした|最終回(8話)見逃し動画無料視聴はこちら【3/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話 2020年3月21日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『パパがも一度恋をした』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年3月21日(土)放送終了〜2020年3月28日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『パパがも一度恋をした』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじ

2020年3月21日(土)23時40分放送のドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじをご紹介します。

おっさん多恵子(塚地武雅)の中にいる多恵子(本上まなみ)が天国に戻るまであとわずか!

そんな中、突然、おっさん多恵子が警察に追われることに。

実はおっさん多恵子の外身は詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地武雅・二役)という実在の男だったのだ。

警察を振り切り何とか山下家に戻った吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子。

すると、ふいに辰夫の人格が現れて…

ただでさえ時間がない中、問題山積の山下家。

しかし吾郎は急にハローワークに通い始める。

ママとの時間を大切にしてほしいトモ(福本莉子)は吾郎を責めるが、おっさん多恵子は家事をしたりといつもと変わらぬ生活を送る。

二人の意図が分からないトモ。

そんな中、吾郎はやっと見つけた工事現場の交通整理の仕事中に、ヤクザが辰夫の娘のことを話しているのを聞いてしまい……

警察の目をかいくぐり辰夫の娘・ユカリ(阿部純子)に会いに行く吾郎とおっさん多恵子。

だが、ユカリはやくざ稼業だった父に憎しみに近い感情を抱いていた。

辰夫の中にある娘への愛情に気付いた吾郎は、何とか辰夫を許してやってほしいと奮闘するが聞き入れないユカリ。

「あの人のせいでお母さんもいなくなったし私はいじめにあったの!」

刻一刻と迫る多恵子との別れの時。

辰夫とユカリは仲直りできるのか!?

そして多恵子が最後に遺すものとは……純粋すぎるほどの愛は時に奇跡を巻き起こす!

世にも奇妙な究極の純愛物語、ついに完結!

ドラマ公式サイトより引用)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちー
最終回なので、嫌だなあ。

パパはたえことの時間を、最後まで幸せに過ごせるといいですが、警察に追われてしまうから、とりあえずは逃げ切って、ママを送り届けてからおじさんは逮捕されるのではないかと思う。

予告では、家の中でもおじさんの本性が出ているシーンがあったので、少しずつたえこ半分、おじさん半分、な具合になっていくのかなとも思いました。

最初は、パパも娘も、見た目がおじさんのたえこをなかなか受け入れられなかった部分もあるが、今ではすっかりおじさんの姿のたえこを愛しているので、人は見た目ではなく中身だ、という終わり方をしてほしいなと思っています。

ペンネーム:ちー(20代・女性)

ワンス
おっさん多恵子の外身は、詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地武雅・二役)という男。

そのため、突然、おっさん多恵子が警察に追われるはめに。

警察を振り切って、山下家に戻った吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子。

トモ(福本莉子)は、急にハローワークに通い始める吾郎に、ママとの時間を大切にしてほしいと責めます。

おっさん多恵子は、いつもと変わらぬ生活を送り。

そして、吾郎の仕事は、工事現場の交通整理。その時、偶然、ヤクザが、辰夫の娘のことを話しているのを聞いてしまう。

吾郎とおっさん多恵子は、警察の目をかいくぐり辰夫の娘・ユカリ(阿部純子)に会いに行く。

ユカリは、やくざ稼業だった父に憎しみを覚えるが、辰夫の娘への愛情が感じられため、吾郎は、ユカリに何とか辰夫を許してやってほしいと伝える。

でも、聞き入れる事ができない。あの人のせいで、お母さんもいなくなったし私はいじめにあったと。

色々ある中、多恵子との別れの時間が、どんどん迫ってくる。辰夫とユカリは仲直りができるのか。

そして、最後に、多恵子が遺すものは何か。

ペンネーム:ワンス(50代・女性)

toko3
おっさん多恵子に似た指名手配の男性辰夫のせいで、おっさん多恵子は落ち着かない日々を送っていた。

そんな中、吾郎はハローワークに通い交通整理の仕事を見つけてきた。

工事現場で働いていると、やくざが辰夫の娘の話をしているのを吾郎は聞くことが出来た。

辰夫の娘のユカリに吾郎たちは会いに行くことになった。

ユカリは辰夫のことを恨んでおり、ユカリと母は大変な思いをして生活していたことを話す。

辰夫のことを許す様子がないユカリをおっさん多恵子は残念に思う。

また、多恵子が天国に戻るカウントダウンが始まる山下家は、何となく落ち着かなかったが、吾郎は毎日を大切に過ごしていくと予想する。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

しばちやん
多恵子が、いつもそばにいてくれて、僕は世界の誰よりも幸せだった、ということ、人生は辛いことばかりだけどかけがえのないこともたくさんあって、 亡くなったら楽しかったことしかなくなると、残らないんだな、という風にこのドラマを見て思いました。また最後の一秒まで大切にしなければならないという言葉に、はっとしました。

当たり前の日常も、もうすぐなくなってしまう五郎は、悲しさにうちひしがれています。

あと8日しかない多恵子との別れが、どのようにして 別れが来るのかな、ということに興味があります。

残り8日間しかないのに、 五郎は多恵子を忘れられるだろうか、もっと二人の時間を大切に使いたいのに、警察が迫っていることに時間を費やしてしまい、 今後の展開が更に気になります。

ペンネーム:しばちやん(60代・女性)

1029
今回のラストでおっさん多恵子の外身であるおっさんが犯罪者だと明らかになりました。

そしてそのおっさんは辰夫という人物で、詐欺容疑で指名手配中のようです。

そして次回、突然おっさん多恵子にその辰夫の人格が戻るようなので、どんな展開になるのか楽しみです。

さらに次回、辰夫に娘がいることが判明しそれを知った吾郎はおっさん多恵子を連れて警察の目をかいくぐりながら辰夫の娘・ユカリに会いに行くようです。

もしかしたら吾郎はそこで父と娘の在り方について学ぶことがあるかもしれませんね。

次回は最終回ということで終わってしまう寂しさはありますが、どんな結末になるのか楽しみです。

ペンネーム:1029(20代・男性)

トカレフ
ついに最終回ということでおっさん多恵子が天国へ帰ってしまうのかそれともこの世に残る事があるのかが気になるところです。

ドラマの雰囲気的にはおっさん多恵子がこの世に残れそうな雰囲気がしています。

おっさん多恵子の外身である詐欺容疑で指名手配中の川上が何らかの理由になってくるのかなと感じています。

川上がたまに今までも現れていましたが頻繁に最終回では出てくるようです。

何かの手違いでおっさん多恵子が天国へ帰らなくて良くなるという展開を予想しながらドラマを楽しみたいと思います。

どんなクライマックスを迎えるのか期待しながら見たいです。

ペンネーム:トカレフ(40代・男性)

2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

のりさん

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

おっさんに変わったママは警察に追われていましたが、なんとか家に帰ることができました。

すると、突然中身もおっさんに代わり、実は詐欺をしていたけど、改心しようとしていること、娘がいることを伝えます。

またママにもどりますが、その娘に会いにいくことにします。

しかし、娘は最初なかなか話をしようとはしませんが、なんとか誤解を解くことができました。

またパパはママに安心させるために、仕事を見つけようと必死になりだしました。

そしてママが天国に戻る最後の日、家族や仲間揃ってご飯を食べていると、また、警察から追われることになりました。

そしてなんとか神さまに助けてもらい、家族水要らずになると、決心したパパはママにたくさんの感謝の気持ちを伝えます。

そして、ママも愛してます、ごろうさんと告げると、記憶が消されます。

そして、1年後、パパ仕事、娘は大学生活と前向きに進んでいっていました。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

パパがママとの最後に、感謝の気持ちをこれでもかというくらいたくさん述べているところが、とても良かったです。

そして、記憶を忘れる言葉が愛してますという言葉が、このドラマの暖かさにピッタリだと思いました。

ママは天国に戻ったけれど、きっと素敵な思い出ができ、パパの気持ちも伝わり、とても幸せだったと思います。

また、パパも立ち上がり、前向きに生きていけるようになって、ママが戻ってきた意味があったのではないのでしょうか。

最後に忘れているはずなのに、中身もおっさんになった元ママに、なつかしいと抱きつく姿が面白かったです。

ペンネーム:のりさん(30代・女性)

ぱるる

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

多恵子が天国に帰るまであと数日ということになってしまいました。

多恵子が今体を借りている男性はタツオという名前で現在指名手配中だということがわかります。

どういうわけかくしゃみをきっかけにタツオ人格が出てきたりするようになってしまった多恵子。

一方吾郎はこれまで仕事探しすらしていなかったのに、ハローワークに通い始め、どんな仕事でもいいからやりたいと言います。

トモは多恵子が天国に帰るまで日がないのにあまり一緒にいない2人のことを不満に思っていましたが、多恵子はこれでいいんだと普段通り生活していました。

そしてある日、タツオの1人娘に会いに行かないかという話になります。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

天国に帰るには記憶を消さないといけないというのが酷なことだなと思いましたが、残された人のことを思えばそれが一番いいのかもしれません。

そして記憶を消す言葉が吾郎を愛しているという言葉だったというのがまた涙を誘いました。

外見のタツオは指名手配中なので何度も天国に帰る日に捕まりそうになりましたが、その度に町のみんなが助けてくれて、おっさんの姿の多恵子はみんなにとって大きな存在になっていたんだなと実感しました。

吾郎もようやくハローワークに通ったりして仕事を始めており、多恵子も安心して天国にいられるんじゃないかなと思えた素敵な最終回でした。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

みわこ

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

多恵子の外の人、辰夫が指名手配され、吾郎の自宅まで警察が追いかけてきていた。

吾郎は辰夫には娘がいて、疎遠になっていることを聞いてしまう。

吾郎たちは辰夫の娘を訪ね、辰夫がことあるごとに神社に娘、ユカリのことを祈願していたことをユカリに伝え、辰夫とユカリのわだかまりを解消する。

多恵子が天国に帰る日が近づいている。

トモはおっさんの姿のままでもよいからそのまま居てくれないかと頼むが、多恵子は自分が消える時には記憶もすべて消して去らないといけないと諭す。

吾郎はその話を聞いてしまい家を飛び出してしまう。

連れ戻された吾郎は最後の晩餐として、多恵子が作った朝ご飯を皆で食べていると警察が辰夫を捕まえにきた。

みなで協力して、吾郎たちを逃がし3人で最後のお別れをする。

吾郎が多恵子に、ありがとうと伝えると、記憶を消す魔法が実行され、記憶も消え、多恵子も消えて辰夫に戻っていた。

一年後。

トモは大学に進学し、吾郎は社会復帰し多恵子のことを忘れたかに思ったが、吾郎の愛が神様の記憶を消す魔法を凌駕し、記憶は残っているようだった。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

トモと多恵子が多恵子汁を作っているシーンで、トモは多恵子から味のお墨付きをもらっていたが、これは多恵子が消えても多恵子の味を出せることで、吾郎に多恵子を感じてもらえるようにとトモの努力なのだなと思った。

例え、多恵子がいなくてもその存在を感じることができればトモ自身も寂しくないと思えると思う。

また、多恵子が最後に逃げるためにお別れを言う場面で、多恵子の両親に別れを告げるときに、この世とあの世に別れても、母子の関係は変わらない。

いつまでも私たちの娘だと言うところで、前回は交通事故だったので、ちゃんとお別れを言えなかったけれど、今回はちゃんとお別れを言うことができたのもよかったなと感じた。

引きこもりで、自殺までしようとしてる吾郎を救うために復活した多恵子の愛もだが、どんな見た目でも恋をすることができる吾郎の愛のほうが、何倍もすごいしそんな吾郎に愛されていた多恵子は幸せだなと思った。

ペンネーム:みわこ(30代・女性)

kawawa

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

おっさん多恵子の外側は、指名手配中の川上でした。

詐欺をして後悔し、組のお金を持ち逃げし、警察からも組からも追われていたのです。

多恵子が天国に帰るまであとわずかになり、吾郎とトモは、川上を娘に会わせてあげました。

川上は今までのことを詫びて、心を通わせることができました。

吾郎は仕事をさがし、工事現場で働き始めました。

トモは多恵子汁の作り方をマスターしました。

最後の日、多恵子の両親も来て、みんなで記念写真を撮り終えると、警察が来ました。

トモの友達やテニスのコーチなど、みんなに助けられ、最後には神様が現れて、おっさん多恵子と吾郎とトモを飛ばします。

公園に三人が着き、今までの思い出や、感謝の気持ちを伝え合います。

そして、魔法の言葉「愛しています。吾郎さん。」と言って、記憶を消して多恵子は天国に帰りました。

1年後、トモは大学に通い、吾郎は仕事に行っています。

川上に出会っても、何かを感じるだけで思い出せません。

多恵子のお墓参りに行き、「あと50年、遠距離恋愛みたいなものだね。」と吾郎は言いました。

奇跡の愛の物語がこうして終わりました。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

おっさん多恵子の外側の正体が指名手配犯の川上だとわかり、驚きました。

しかし、娘を思う気持ちは同じだったので、吾郎とトモが川上を娘に会わせて話すことができました。

吾郎たちはいつも人のために動くところがとても良いです。

多恵子が天国に帰る数日間を、みんなで普通に過ごす様子が愛おしかったです。

最後はバタバタしましたが、きちんとお別れができて、感謝の気持ちも十分に伝えることができて、3人の願いはかなったと思います。

吾郎が仕事をしてトモが大学に通い、多恵子の死を乗り越えられたことが一番良かったです。

吾郎が多恵子のお墓の前で言った「遠距離恋愛」と言う言葉が、人の死を受け入れるのに、ぴったりだと思いました。

温かい気持ちになるドラマでした。

ペンネーム:kawawa(60代・女性)

マン

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

多恵子おじさんと吾郎はトカレフの恋を見守った後、家に帰ると警察が来ていた。

そこで多恵子の外の人が詐欺の犯罪者だとわかり追われてしまう。

なんとか逃げ切り変装して家に帰ってくる。

そこで多恵子の外の辰夫が何者なのかを話していると多恵子おじさんが気を失い辰夫が目覚めてしまう。

話を聞くと辰夫には娘がいることがわかる。

翌日、吾郎と多恵子とトモは辰夫の娘に会いに行き辰夫と娘を和解させる。

家に帰ってきた多恵子おじさんはトモだけに天国に帰るときにみんなの記憶を消していくことを話す。

それを聞いてしまった吾郎はショックを受けるのだった。

翌日、親族みんなを呼んで最後の朝ごはんを食べる。

その後、外が騒がしいので見てみると警察が辰夫を捕まえにやってきた。

吾郎と多恵子とトモは逃げますが囲まれて困っていると神様が現れて3人をどこかに飛ばしてくれる。

そして、別の安全な場所で3人は思い出話をして多恵子が天国に帰ることになってしまう。

一年後、山下家は前向きに生活していた。

そして、ある日の仕事帰りに吾郎は辰夫にばったり遭遇して抱きついてしまうのだった。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

やっぱり最終回は寂しい気持ちになりましたね。

多恵子おじさんのコミカルな言動にすごくハマっていたので、お別れの場面は少しだけジーンときてしまいました。

でもその後の山下家がかなり明るく生活していたのでホッとしました。

記憶を消されたわけですから多恵子おじさんのことはもう覚えていないでしょうけど、ラストシーンでまさかの吾郎が辰夫に抱きつくとは思いませんでした。

それだけ多恵子のことが好きだったという気持ちの表れだと自分は判断しました。

訳がわからなかった辰夫の言動もすごくいい感じでラストシーンにはぴったりの展開でした。

ペンネーム:マン(30代・男性)

ふじお

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

おっさん多恵子が天国に戻るまで残りわずかになりました。

そんな時、おっさん多恵子が警察に追われる羽目になります。

おっさん多恵子の外ずらは、指名手配犯の川上辰夫でした。

ある時、胡椒でくしゃみをしたら元の多恵子に戻ってしまい、さらにくしゃみをすると辰夫になります。

辰夫は娘に未練があったにしても、多恵子として現代に現れてしまいます。

天国に帰る当日、山下家に警察がやってきました。

逃げる吾郎とトモ、おっさん多恵子でしたが、警察に囲まれてしまいます。

絶体絶命の危機に現れた神様は、3人を宙に浮かせてしまい逃げさせます。

『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)の感想

吾郎は多恵子が居なくても生きて行ける力を身に付けました。

いつまでも多恵子に頼っていてはいけないと思う気持ちが強くなりました。

就職もして以前の生活に戻りつつあります。

多恵子がおっさんになって現れたのは、吾郎に本来のものを取り戻して欲しいからだと思います。

問題が山積みになっていた山下家に救世主になった気がします。

一家の大黒柱が引きこもっていてはいけない、いつまでもくよくよしてる場合ではないと思いました。

新しい環境になって暮らしている人はたくさんいます。

それでも亡くなった人は、生きてる人の心の中で生きています。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』最終回(第8話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年4月から同枠でドラマ『隕石家族』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくので、引き続きよろしくね☆

『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『パパがも一度恋をした』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA